ライダースジャケット

ライダースジャケットの着こなし方

ライダースジャケットの着こなし方

ライダースジャケット(黒)・シャツ(白)・デニムカーゴ・トレッキングスニーカー(黒)

 

黒のライダースジャケットの着こなし画像

ライダースジャケットのコーディネートと言えばタイトなボトムスにブーツというクールスタイルが定番ですが、こちらではカジュアルで大人っぽい、年齢も体型も気にしないライダースジャケットのコーディネートをご紹介します。

 

インナーにホワイトシャツ、ボトムスにはデニムパンツ、シューズはトレッキングスニーカーです。ホワイトシャツでキレイ感を出しつつ、ゆったりめのボトムスでジャケットのカッチリ感を和らげているのがポイントです。

 

 

ライダースジャケット(キャメル)・シャツ(黒チェック)・デニムカーゴ・ブーツ(茶)

 

キャメルのライダースジャケットの着こなし画像

 

ライダースジャケットを爽やかに着こなしたい時はベージュやキャメルといった柔らかめのカラーがおすすめです。インナーはカットソーでもよく似合いますが、大人っぽさや清潔感のある印象を持たせたい時はシャツが打ってつけです。チェック柄ならオシャレ感もUP。

 

ボトムスは、カジュアル感を強めに出したい時はデニムカーゴパンツ、落ち着いた雰囲気を出したい時は黒系のボトムスがおすすめです。靴にトレッキングブーツを合わせ完成です。

 

 

ライダースジャケット(ブラウン)・カットソー(グレー)・パンツ(黒)・ブーツ(茶)

 

ブラウンのライダースジャケットの着こなし画像

 

ライダースジャケットを大人っぽく着ようとするとついハード感が強くなってしまう、という方におすすめなのは、インナーにプリントカットソーを合わせるコーディネートです。

 

また、ボーダー柄のタンクトップをのぞかせてもハード感を程よく抜く事ができます。ジャケットのカラーは黒が定番ですが、ブラウンならライダースの風合いはそのままに上質な印象を与えます。夜の街遊びやデートなど、男らしく決めたい時にもぴったりです。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

ライダースジャケットをどんな風に着こなしていますか?【男性へアンケート調査】

 

デニムに合わせている人が多いので、自分はカーゴパンツに合わせています。ライダースジャケットは服単体のシルエットが完成されすぎていて、素人目には手に取るまでがハードルの高いアイテムですが、いざ着てみるとどんな組み合わせでも、それなりにきちんとまとまるので、万能感のあるアウターという感じです。むしろ自分のような初心者に優しいジャケットでした。【男性 30代】

根っからのバイク乗りなのでファッションでは着ていません。季節によって色々と組み合わせは変えていますがこれからの季節なら、化繊系のジャケットにライディングパンツ。インナーはフリーストヒートテックでかなりの寒さでもしのげます。バイク乗りであるが故に見た目のカッコよさよりも機能性と安全性を重視して選び組み合わせを考えています。【男性 40代】

私は黒のショート丈のライダースジャケットをよく着ます。あまり厚手ではなく、すっきり着れるためきれいめに着ることを心がけています。インナーには、秋などはUネックTシャツなどを着て、ボトムは気分により細身か太めのデニムを合わせます。太めの時はスニーカー、細身の時はブーツか革靴を合わせます。+気分でストールやマフラーを合わせたりもします。【男性 20代】

ライダースジャケットは、黒のカウハイドレザーで着脱式インナーベストが付いたものです。足元は、ジャッケトに合わせて黒のワークブーツです。上下が皮は、重い感じがするので、パンツは、濃いベージュのカーゴパンツを履いています。アンダーに無地の白のTシャツを着ています。頭にバンダナを巻くことはしていませんが、眼鏡は定番のレイバンのドロップ型を使用しています。【男性 40代】

バイク乗りですのでファッションよりも実用着としてライダースを着ています。ただし、着る時はシャツなどを裾からは出さずにライダースはファスナーを襟元まで上げてきっちりと着るようにしています。ライダースを着る時は下は皮パンを履く事が多いです。皮パンにバンクセンサーを取り付けて、本気仕様で着る事も多いです。注意している事は、ライダースは上下を皮でまとめ、きっちりと前を閉めスマートで精悍なイメージで見えるようにしている事です。【男性 40代】

 

好感のもてる男性のライダースジャケットの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

女性のライダースだと辛くなり過ぎない、甘辛コーデでミックスにすると思うんですけど、男性も、決まり過ぎない外し?を一点入れると良いと思います。でも、主役はライダースだと思うんで他が目立ち過ぎない様に注意です!そうすると、単純に〜色が黒の王道に、デニムと合わせるシンプルコーデがハズレがなくて……自分は好きです!あと、最近流行ってるカラ―パンツを取り入れたりすると〜シンプルだけどカッコよく纏まるんじゃないかなと思います☆【女性 20代】

個人的にロックっぽい着こなしが好きなので、ライダースはきれいめにも着れるけどロックな感じに着てほしい。だけどボトムスにレザーパンツなんかを合わせたら本物のライダーみたいでやりすぎで引いちゃう。インナーにグレーのパーカーを合わせてボトムは黒のスキニー、ハイカットの黒のコンバースでほどよく。ライダースは今女の子の間でもはやってるからさりげなくペアルックも出来そう。【女性 30代】

ライダースジャケットはハードなイメージが強いから、ジーンズとかチノパン等でハードなイメージをちょっと崩した感じが安心感があって良いです。ライダースジャケットのハードな雰囲気を微妙にコーディネイトに足した感じが、かっこよく見えます。靴とかは、ニューバランスやナイキ等のスニーカーと組み合わせてるのが好きです。袖が余るとか丈が長めとか、ちょっとサイズオーバーな感じで着こなすのも可愛めで女子目線で好感が持てます。【女性 30代】

 

ジャケットの着こなし方一覧に戻る

 

ライダースジャケットの着こなし画像集【迷ったときのコーディネートの参考に!】

このエントリーをはてなブックマークに追加


ライダースジャケットの着こなし方関連ページ一覧

テーラードジャケットの着こなし方
白のカットソーにカーゴパンツ、にテーラードジャケットを羽織るだけで、いつものカジュアルスタイルがきれいめスタイルになります。ちょっとしたお出かけやデートなど、どんな場所でも外さないコーディネートです。
レザージャケットの着こなし方
カッチリスタイルやワイルドイメージのレザージャケットも、合わせるインナー変えれば男らしさを程良く感じさせるカジュアルスタイルになります。パーカーをインナーに、ワイルド過ぎないカジュアルコーディネートです。
ダウンジャケットの着こなし方
着膨れしてしまいがちなダウンジャケットは、合わせるボトムスの選び方で見た目のボリュームダウンができます。モコモコアウター+幅広パンツではなく、ボトムスは細身のブラックで全体をスマートな印象に仕上げます。
メルトンジャケットの着こなし方
大人っぽさを感じさせるメルトンジャケットに、カジュアル感のあるダメージデニムを合わせることで、大人カジュアルスタイルに仕上げたコーディネートです。黒のスウェードバブーシュシューズで全体の印象をまとめます。
トレンチジャケットの着こなし方
シャツ、カーディガン、ボトムスにトレンチジャケットを羽織っただけの簡単キレイめコーディネートです。合わせるボトムスの選び方でトレンチジャケットの堅苦しさをマイナスしています。デートにも使えるスタイルです。
デニムジャケットの着こなし方
デニムジャケットに、白カットソー、ワークパンツ、スニーカー、幅広い年齢の方に好まれるポピュラーなコーディネートだからこそ、崩れのない仕上がりに。デニムジャケットの選び方でコーディネートの印象に違いが出ます。
ミリタリージャケットの着こなし方
ミリタリージャケットに、ボタンダウンシャツ・デニムカーゴパンツ・レーザーブーツのコーディネートで、清潔感と大人っぽさをプラス。アイテムのバランスを考えた、幅広い年齢にマッチする大人カジュアルスタイルです。
ツイードジャケットの着こなし方
存在感のあるツイードジャケットは、シンプルなアイテムと合わせるとGOOD。インナーに白シャツ、ボトムスに濃い色目のデニムパンツをチョイスすれば、ツイードジャケットが引き立つシンプルコーディネートの完成です。
ナイロンジャケットの着こなし方
気軽に羽織れるナイロンジャケットは、どんなコーディネートにも合わせやすいアイテムです。ミリタリーテイストで男らしさを演出すれば、休日の優しいカジュアルスタイルにもアクセントが生まれ、着こなしの幅が広がります。
スタジャンの着こなし方
カジュアル代表のアイテム、スタジャンの着こなしは、カジュアルさの中にも清潔感を出す事をポイントにコーディネートするのがコツです。ホワイトシャツ、濃い色目のデニムパンツ、ホワイトスニーカーでまとめてみました。
トラックジャケットの着こなし方
トラックジャケットはゆったりカジュアルスタイルだけじゃない?ボタンダウンシャツ・カラーパンツとの組み合わせで、トラックジャケットの魅力を生かした、きれいめなのに堅苦しくない、ゆったり清楚スタイルの完成です。
パーカージャケットの着こなし方
黒のパーカージャケットに黒のデニム、ブラック+ブラックの地味なスタイルでも差し色を入れる事でオシャレ度がUP。パーカージャケットをハードユーズしたくなる、パッと着てパッと出掛けられるコーディネートです。
ジャケット(黒)の着こなし方
黒のジャケットにジーンズを合わせれば、失敗なしのコーディネートが完成。黒のジャケットは重たい印象にならないように、明るめカラーをボトムスに持ってくるのがポイントです。定番のジーンズでも色の選び方で印象が変わります。
ジャケット(グレー)の着こなし方
グレーのジャケットに白のカットソーと黒のパンツを合わせると堅苦しすぎないキレイめコーデに仕上がります。足元にバブーシュシューズで大人っぽさをプラスすると、お食事デートにもピッタリな大人コーデの完成です。
ジャケット(カーキ)の着こなし方
ミリタリーなイメージになりがちなカーキのジャケットは、濃い色のボトムスと合わせるとキレイに着こなすことができます。インディゴのデニムパンツとレザートレッキングスニーカーで男らしいキレイめコーデの完成です。
ジャケット(ネイビー)の着こなし方
ネイビーのジャケットはスマートな印象に仕上げやすいアイテムです。そこにあえてダメージ加工のデニムパンツを合わせると真面目さがほど良く抜けたキレイめカジュアルに仕上がります。足元にはレザーブーツを合わせます。
ジャケット(ベージュ)の着こなし方
ベージュのジャケット、Vネックニット、デニムパンツ、トレッキングスニーカーの組み合わせでデートにも街歩きにも外しのない大人カジュアルスタイルに。さらにキレイめに仕上げたい場合は、襟付きシャツがおすすめです。
ジャケット(赤)の着こなし方
赤のジャケットはホワイトとベージュでコーディネートすると配色良く仕上がります。さらに黒のアイテムを取り入れれば全体にまとまりのあるベストコーディネートに。ジャケットに合わせてスタイルを決めるとGOOD。
ジャケット(青)の着こなし方
青のジャケットは派手になりすぎないようにインナーやボトムスにはダークカラーを合わせます。さらにアクセントカラーとしてホワイト系のアイテムをプラスすればベストです。ブルーとホワイトの色合いが、爽やかな印象に。
ジャケット(キャメル)の着こなし方
キャメルカラーのジャケットは、いろんなカラーやスタイルとマッチするハードユーズ必須のアイテムです。オフのカジュアルスタイルはもちろん、スラックスパンツとも相性良し。キャメルカラーが大人の魅力を引き立てます。
ジャケット(チェック柄)の着こなし方
チェック柄ジャケットは、合わせるインナーの色選びでスマートに着こなすことができます。インナーにグレーのカットソー、ボトムスにチノパン、足元はスニーカーでまとめたシンプルでオシャレなコーディネートです。
ジャケット(迷彩柄)の着こなし方
迷彩柄のジャケットはカジュアルながらもクールな印象にコーディネートするとカッコよく決まります。さらに迷彩柄と相性の良いデニムパンツと、靴などの黒色アイテムでうまく配色すると崩れのないメリハリのある配色に。
ジャケット(ドット柄)の着こなし方
ドット柄のジャケットはシンプルなアイテムと合わせると派手になりすぎません。デニムパンツとの相性もとても良いです。足元にカジュアルながら軽すぎない黒のスニーカーを合せれば、ドット柄ジャケットコーデの完成です。
ジャケット+カーディガンの着こなし方
ジャケットはお気に入りがあるが、それに合わせるカーディガンが見つからない。コーディネートのコツは、丈と色の組み合わせにあります。テイストの違う素材を上手く重ねて、旬のオシャレコーデを目指します。
ジャケット+シャツの着こなし方
ジャケットの下にどんなシャツを着るかは、重要なオシャレポイントです。ジャケットをフロントオープンで着た時に、シャツをカッコ良くスタイリッシュに見せるための着こなしについて、ご紹介します。
ジャケット+カットソーの着こなし方
カットソーにジャケットを羽織る人は多いと思いますが、手持ちのジャケットにどんなカットソーを合わせるかで印象は大きく変わります。いつものジャケットをよりカッコ良く見せるカットソー選びが大切です。
ジャケット+セーターの着こなし方
ジャケットとニットセーターの組み合わせは定番ですが、定番すぎてイマイチ垢抜けない印象にもなりがちです。いつものファー付きジャケットをよりオシャレに着こなすためには、思い切って華やか系のニットを選ぶのがおススメです。
ジャケット+デニムパンツの着こなし方
鮮やかな色味に引かれてジャケットを買ったは良いものの、どんなボトムと合わせれば良いのかピンとこない事はよくあります。それ一枚で主役級の存在感があるジャケットには、シンプルなデニムスタイルがぴったりです。
ジャケット+カラーパンツの着こなし方
深みのある色合いのキルトジャケットには、ついデニムばかりを合わせてしまいがちですが、カラーパンツとのコーディネートもおススメです。定番カラーのベージュパンツが、シックなキレイ目スタイルに決まります。
ジャケット+カーゴパンツの着こなし方
ナイロンジャケットにカーゴパンツのコーディネートは定番中の定番ですが、着こなしによってはルーズになりがちです。手持ちのジャケットにぴったりのカーゴパンツをチョイスすれば、隙のないカジュアルスタイルの完成です。
ジャケット+サルエルパンツの着こなし方
ルーズなスタイルが人気のサルエルパンツ。大人のキレイめスタイルで着こなすなら、ジャケットとのコーディネートがおススメです。ルーズに見えがちなシルエットをスマートに引き締め、オシャレ感を演出してくれます。
ジャケット+マフラーの着こなし方
寒い冬に重宝するマフラーは、コーディネートを一工夫するだけでオシャレ度をぐんと引き上げてくれます。ジャケットの上から軽くひと巻きで、いつものキレイ目スタイルがさらにランクアップ。デートにもぴったりの着こなしです。
10代20代女性が好むジャケットの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで10代・20代の若い女性が選ぶ、男性に着てほしいジャケットのコーディネート一覧
20代女性が好むジャケットの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで20代女性が選ぶ、男性に着てほしいジャケットのコーディネート一覧
30代女性が好むジャケットの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで30代女性が選ぶ、男性に着てほしいジャケットのコーディネート一覧
40代女性が好むジャケットの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで40代女性が選ぶ、男性に着てほしいジャケットのコーディネート一覧
20代男性が選ぶジャケットの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで20代男性が選ぶジャケットのコーディネート一覧
30代男性が選ぶジャケットの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで30代男性が選ぶジャケットのコーディネート一覧
40代男性が選ぶジャケットの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで40代男性が選ぶジャケットのコーディネート一覧

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP