パーカージャケット

パーカージャケットの着こなし方

パーカージャケットの着こなし方

パーカージャケット(黒)・デニムパンツ(黒・ダメージ)・シャーズ(赤)

 

黒のパーカージャケットの着こなし画像

 

軽く羽織れるパーカージャケットはついついハードユーズになってしまいがち。そんな気軽なスタイルでもセンスが光るのがこちらのコーディネートです。ポイントは赤のスウェードバブーシュシューズ。

 

黒のデニムパンツに黒のパーカージャケットを合わせただけのラフスタイルですが、差し色となる赤を足元に配色することでおしゃれな雰囲気が演出されています。気軽なのにどこかオシャレを感じさせる、日常的に使えるコーディネートです。

 

 

パーカージャケット(ベージュ)・デニムパンツ(スリム)・トレッキングスニーカー(黒)

 

ベージュ色のパーカージャケットの着こなし画像

 

重苦しくなりがちなパーカージャケットを爽やかに着こなしたい、という時におすすめなのがベージュのパーカージャケットです。シルエットが細めなものならデニムパンツとの相性も抜群です。

 

足元にレザートレッキングスニーカーを合わせれば程良いカジュアル感と大人っぽさがプラス。異性からの好感度が高い、冬の爽やかカジュアルの完成です。さらに真面目感や清楚感を足したい時は、インナーに白シャツをチョイスすると良いです。

 

 

パーカージャケット(カーキ)・Tシャツ(プリント)・カーゴパンツ(黒)・シューズ(黒)

 

カーキ色のパーカージャケットの着こなし画像

 

プリントTシャツ、細身のカーゴパンツ、バブーシュシューズで、パーカージャケットを男らしくクールに着こなしているのがこちらのコーディネートです。ツヤ感やボリューム感のあるジャケットは、丈が短めなものを選ぶとダボッとした印象にならずカッコよく着こなすことができます。

 

また、ボトムスは細身の物がおすすめです。シューズはスニーカーやブーツも良く似合います。スニーカーだとカジュアルな印象に、ブーツならワイルドな印象を与えます。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

パーカージャケットをどんな風に着こなしていますか?【男性へアンケート調査】

 

パーカージャケットはだぼっとしたシルエットになるため、細身のパンツと合わせるのように気をつけています。また、それとは逆にすこしタイトなパーカージャケットを着るときはゆったりとしたボトムスとあわせるようにし、上下でメリハリをつけます。パーカーは少し若いイメージがありますが、下手にあわせると”ガキっぽく”なってしまいます。そうならないように注意しています。【男性 20代】

パーカーをそのままアウターで着ることはほとんどしていません、基本的にはジャケットの下にパーカーを着て、フードだけ出すというよくあるスタイルで着ています。そのときに気をつけているのは清潔感です。アウターで着る想定のボリュームのあるパーカーをジャケットの下に着ると、どうしても野暮ったい感じになるので、インナーに合うタイプのパーカーを選ぶように気をつけています。【男性 30代】

無造作ヘアーならぬ無造作ファッションなるものが存在するならば、パーカージャケットはそれに分類されると思います。メンタルに関してですが、私はできるかぎり無造作に着こなすことを心がけていますので、パーカージャケットをハンガーにかけてクローゼットに収納することは決してせず、ソファーやイスの背もたれなどにナチュラルに置いておき、無造作に手に取り、無造作に羽織っています。シチュエーションでは、コンビニなどへのちょっとした買い物時や友達と近場で遊ぶ時などに着るのが、より無造作に見えて良いかと思います。【男性 30代】

パーカーは変に着ていると子供のように見られかねない欠点があります。なのでわざと周りの服を高めにしたり、時計などアクセサリーを高級品にして遊び心がある大人だということを示せるようにしています。また上にテーラードジャケットを合わせるなどの着方もスマートに見えておしゃれだと思うので、よく街角で見かけることがあります。【男性 20代】

自分は普段からパーカーを着込んでいるので特に意識している点はありませんが、色は白か灰色など派手めでない色を選んでいます。着こなす上で注意しているのは先ほどの派手めでない色を選ぶところを特に意識しています。パーカーはどちらかと言えば主張せず、だけど存在感があるという感じが重要だと思っています。逆にあまり派手な色(例えば赤など)のパーカーだと周囲から浮いてしまうだけでなくほかの服との相性が悪くなるかもと感じています。あくまでも静かな主役、それがパーカーだと思います。【男性 20代】

 

好感のもてる男性のパーカージャケットの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

パーカージャケットだとラフな組み合わせがいいなと私は思いますね。少しゆるい感じのデニムとか。靴はマウンテンブーツやスニーカーとか。バックはレザー以外がいいですね。布製がしっくりくるかな。アクセサリーは付けない方が好みです。パーカーのジッパーは細い方は閉めても閉めなくてもかっこいいと思いますが、ぽっちゃりしてる方は開けて欲しいです。【女性 20代】

男性のパーカー姿が嫌いな女性はいないと思います。少なくとも私は大好き。少しボリュームのあるパーカーをきれいめに着こなしていると好感度大です。色もネイビーやモスグリーン、チェリーレッドなど個性的だとさらにいいです。個人的には、レイヤードでごちゃごちゃとポイントをあちこちつくるよりも、少なめのアイテムですっきり着こなしているほうが好きです。【女性 30代】

パーカージャケットを着ている男性をあまり見かけませんが、これが似合う人というのは中性的な魅力を感じます。男々した雰囲気ではなく、どこか女性らしさをかもしだしているのです。また、少年っぽさを表現するのにも適しています。これだと、インナーには薄手のロングTシャツなんかが、コーディネートとしては合うと思います。【女性 30代】

 

ジャケットの着こなし方一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


パーカージャケットの着こなし方関連ページ一覧

テーラードジャケットの着こなし方
白のカットソーにカーゴパンツ、にテーラードジャケットを羽織るだけで、いつものカジュアルスタイルがきれいめスタイルになります。ちょっとしたお出かけやデートなど、どんな場所でも外さないコーディネートです。
レザージャケットの着こなし方
カッチリスタイルやワイルドイメージのレザージャケットも、合わせるインナー変えれば男らしさを程良く感じさせるカジュアルスタイルになります。パーカーをインナーに、ワイルド過ぎないカジュアルコーディネートです。
ダウンジャケットの着こなし方
着膨れしてしまいがちなダウンジャケットは、合わせるボトムスの選び方で見た目のボリュームダウンができます。モコモコアウター+幅広パンツではなく、ボトムスは細身のブラックで全体をスマートな印象に仕上げます。
メルトンジャケットの着こなし方
大人っぽさを感じさせるメルトンジャケットに、カジュアル感のあるダメージデニムを合わせることで、大人カジュアルスタイルに仕上げたコーディネートです。黒のスウェードバブーシュシューズで全体の印象をまとめます。
トレンチジャケットの着こなし方
シャツ、カーディガン、ボトムスにトレンチジャケットを羽織っただけの簡単キレイめコーディネートです。合わせるボトムスの選び方でトレンチジャケットの堅苦しさをマイナスしています。デートにも使えるスタイルです。
デニムジャケットの着こなし方
デニムジャケットに、白カットソー、ワークパンツ、スニーカー、幅広い年齢の方に好まれるポピュラーなコーディネートだからこそ、崩れのない仕上がりに。デニムジャケットの選び方でコーディネートの印象に違いが出ます。
ライダースジャケットの着こなし方
ピッタリとタイトに着こなすイメージのライダースジャケットを、シャツとデニムパンツでカジュアルに仕上げたコーディネートです。幅広い年齢の方に見ていただける、体型も気にならない大人カジュアルスタイルです。
ミリタリージャケットの着こなし方
ミリタリージャケットに、ボタンダウンシャツ・デニムカーゴパンツ・レーザーブーツのコーディネートで、清潔感と大人っぽさをプラス。アイテムのバランスを考えた、幅広い年齢にマッチする大人カジュアルスタイルです。
ツイードジャケットの着こなし方
存在感のあるツイードジャケットは、シンプルなアイテムと合わせるとGOOD。インナーに白シャツ、ボトムスに濃い色目のデニムパンツをチョイスすれば、ツイードジャケットが引き立つシンプルコーディネートの完成です。
ナイロンジャケットの着こなし方
気軽に羽織れるナイロンジャケットは、どんなコーディネートにも合わせやすいアイテムです。ミリタリーテイストで男らしさを演出すれば、休日の優しいカジュアルスタイルにもアクセントが生まれ、着こなしの幅が広がります。
スタジャンの着こなし方
カジュアル代表のアイテム、スタジャンの着こなしは、カジュアルさの中にも清潔感を出す事をポイントにコーディネートするのがコツです。ホワイトシャツ、濃い色目のデニムパンツ、ホワイトスニーカーでまとめてみました。
トラックジャケットの着こなし方
トラックジャケットはゆったりカジュアルスタイルだけじゃない?ボタンダウンシャツ・カラーパンツとの組み合わせで、トラックジャケットの魅力を生かした、きれいめなのに堅苦しくない、ゆったり清楚スタイルの完成です。
ジャケット(黒)の着こなし方
黒のジャケットにジーンズを合わせれば、失敗なしのコーディネートが完成。黒のジャケットは重たい印象にならないように、明るめカラーをボトムスに持ってくるのがポイントです。定番のジーンズでも色の選び方で印象が変わります。
ジャケット(グレー)の着こなし方
グレーのジャケットに白のカットソーと黒のパンツを合わせると堅苦しすぎないキレイめコーデに仕上がります。足元にバブーシュシューズで大人っぽさをプラスすると、お食事デートにもピッタリな大人コーデの完成です。
ジャケット(カーキ)の着こなし方
ミリタリーなイメージになりがちなカーキのジャケットは、濃い色のボトムスと合わせるとキレイに着こなすことができます。インディゴのデニムパンツとレザートレッキングスニーカーで男らしいキレイめコーデの完成です。
ジャケット(ネイビー)の着こなし方
ネイビーのジャケットはスマートな印象に仕上げやすいアイテムです。そこにあえてダメージ加工のデニムパンツを合わせると真面目さがほど良く抜けたキレイめカジュアルに仕上がります。足元にはレザーブーツを合わせます。
ジャケット(ベージュ)の着こなし方
ベージュのジャケット、Vネックニット、デニムパンツ、トレッキングスニーカーの組み合わせでデートにも街歩きにも外しのない大人カジュアルスタイルに。さらにキレイめに仕上げたい場合は、襟付きシャツがおすすめです。
ジャケット(赤)の着こなし方
赤のジャケットはホワイトとベージュでコーディネートすると配色良く仕上がります。さらに黒のアイテムを取り入れれば全体にまとまりのあるベストコーディネートに。ジャケットに合わせてスタイルを決めるとGOOD。
ジャケット(青)の着こなし方
青のジャケットは派手になりすぎないようにインナーやボトムスにはダークカラーを合わせます。さらにアクセントカラーとしてホワイト系のアイテムをプラスすればベストです。ブルーとホワイトの色合いが、爽やかな印象に。
ジャケット(キャメル)の着こなし方
キャメルカラーのジャケットは、いろんなカラーやスタイルとマッチするハードユーズ必須のアイテムです。オフのカジュアルスタイルはもちろん、スラックスパンツとも相性良し。キャメルカラーが大人の魅力を引き立てます。
ジャケット(チェック柄)の着こなし方
チェック柄ジャケットは、合わせるインナーの色選びでスマートに着こなすことができます。インナーにグレーのカットソー、ボトムスにチノパン、足元はスニーカーでまとめたシンプルでオシャレなコーディネートです。
ジャケット(迷彩柄)の着こなし方
迷彩柄のジャケットはカジュアルながらもクールな印象にコーディネートするとカッコよく決まります。さらに迷彩柄と相性の良いデニムパンツと、靴などの黒色アイテムでうまく配色すると崩れのないメリハリのある配色に。
ジャケット(ドット柄)の着こなし方
ドット柄のジャケットはシンプルなアイテムと合わせると派手になりすぎません。デニムパンツとの相性もとても良いです。足元にカジュアルながら軽すぎない黒のスニーカーを合せれば、ドット柄ジャケットコーデの完成です。
ジャケット+カーディガンの着こなし方
ジャケットはお気に入りがあるが、それに合わせるカーディガンが見つからない。コーディネートのコツは、丈と色の組み合わせにあります。テイストの違う素材を上手く重ねて、旬のオシャレコーデを目指します。
ジャケット+シャツの着こなし方
ジャケットの下にどんなシャツを着るかは、重要なオシャレポイントです。ジャケットをフロントオープンで着た時に、シャツをカッコ良くスタイリッシュに見せるための着こなしについて、ご紹介します。
ジャケット+カットソーの着こなし方
カットソーにジャケットを羽織る人は多いと思いますが、手持ちのジャケットにどんなカットソーを合わせるかで印象は大きく変わります。いつものジャケットをよりカッコ良く見せるカットソー選びが大切です。
ジャケット+セーターの着こなし方
ジャケットとニットセーターの組み合わせは定番ですが、定番すぎてイマイチ垢抜けない印象にもなりがちです。いつものファー付きジャケットをよりオシャレに着こなすためには、思い切って華やか系のニットを選ぶのがおススメです。
ジャケット+デニムパンツの着こなし方
鮮やかな色味に引かれてジャケットを買ったは良いものの、どんなボトムと合わせれば良いのかピンとこない事はよくあります。それ一枚で主役級の存在感があるジャケットには、シンプルなデニムスタイルがぴったりです。
ジャケット+カラーパンツの着こなし方
深みのある色合いのキルトジャケットには、ついデニムばかりを合わせてしまいがちですが、カラーパンツとのコーディネートもおススメです。定番カラーのベージュパンツが、シックなキレイ目スタイルに決まります。
ジャケット+カーゴパンツの着こなし方
ナイロンジャケットにカーゴパンツのコーディネートは定番中の定番ですが、着こなしによってはルーズになりがちです。手持ちのジャケットにぴったりのカーゴパンツをチョイスすれば、隙のないカジュアルスタイルの完成です。
ジャケット+サルエルパンツの着こなし方
ルーズなスタイルが人気のサルエルパンツ。大人のキレイめスタイルで着こなすなら、ジャケットとのコーディネートがおススメです。ルーズに見えがちなシルエットをスマートに引き締め、オシャレ感を演出してくれます。
ジャケット+マフラーの着こなし方
寒い冬に重宝するマフラーは、コーディネートを一工夫するだけでオシャレ度をぐんと引き上げてくれます。ジャケットの上から軽くひと巻きで、いつものキレイ目スタイルがさらにランクアップ。デートにもぴったりの着こなしです。
10代20代女性が好むジャケットの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで10代・20代の若い女性が選ぶ、男性に着てほしいジャケットのコーディネート一覧
20代女性が好むジャケットの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで20代女性が選ぶ、男性に着てほしいジャケットのコーディネート一覧
30代女性が好むジャケットの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで30代女性が選ぶ、男性に着てほしいジャケットのコーディネート一覧
40代女性が好むジャケットの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで40代女性が選ぶ、男性に着てほしいジャケットのコーディネート一覧
20代男性が選ぶジャケットの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで20代男性が選ぶジャケットのコーディネート一覧
30代男性が選ぶジャケットの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで30代男性が選ぶジャケットのコーディネート一覧
40代男性が選ぶジャケットの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで40代男性が選ぶジャケットのコーディネート一覧

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP