ジャケット マフラー 着こなし

ジャケット+マフラーの着こなし方

ジャケットとマフラーを合わせる着こなし方

ジャケット(黒)・マフラー(ランダムライン)・カットソー(白)・パンツ(茶)・ブーツ(黒)

 

黒のテーラードジャケットとランダムラインのマフラーを合わせた着こなし画像

 

少し肌寒いけれどコートを羽織るほどではない日に活躍するのが、マフラーです。ジャケットの上から巻く時には、シックな印象を崩さない柄をチョイスするのがおススメです。王道のチェック柄は、ジャケットの持つ綺麗なシルエットを引き立て、より洗練された印象を与えます。

 

首回りにボリュームが出る分、インナーやボトムの色で軽さをプラスするのもポイントです。落ち着きと華やかさを併せ持つ、大人のデートスタイルの完成です。

 

 

ジャケット(黒)・マフラー(チェック)・カットソー(白)・パンツ(グレー)・シューズ(黒)

 

黒のジャケットとチェック柄のマフラーを合わせた着こなし画像

 

キレイ感は残したまま、男らしくキメるなら配色はやはり定番のモノクロコーデ。黒のテーラードジャケットに合わせるマフラーも白×黒のチェック柄をチョイス、カーゴパンツもさりげなくチェック柄が入っているものを選びます。
マフラーは、こちらの写真で着用しているような、カラーに切り替えが入っているものならベスト。単調になりがちなモノクロスタイルに、奥行きが出て、こなれた印象に仕上がります。マフラーを際立たせるように、インナーは白のカットソーを合わせるのがおすすめです。

 

 

ジャケット(黒)・マフラー(茶)・シャツ(白)・チノパン(ベージュ)・ブーツ(茶)

 

黒のジャケットとベージュのチノパンを合わせた着こなし画像

 

ありがちな配色なのにオシャレを感じさせるのがこちらのジャケット+マフラーコーデです。着こなしのポイントとなっているのは上品さのあるテーラードジャケットとマフラーに、ゆったりとしたシャツとボトムスを合わせているキレイ感とゆったり感の絶妙なバランスです。

 

また、マフラーの裏表の色をうまく見せることで地味な印象にならずにすんでいます。色はブラウンと赤のマルチボーダー柄でもOK。赤が入れば華やかさが加わります。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

ジャケットとマフラーをどんな風に着こなしますか?【男性へアンケート調査】

 

どちらも非常に好きなアイテムでよく着用します。最近はライトグリーンカラーのタートルネックニットにブラックカラーのコーディロイジャケットを羽織り、マフラーはネイビーカラーの編み目の少し粗いものを首に巻き、細身のグレーカラーのパンツをよく合わせています。靴はスエードのブラウンカラーのものをよく履きます。 【男性 30代】

マフラーは大好きで冬の必須アイテムです。いくつもパターンがありますが、自分で一番気に入ってる「マイベストコーディネイト」を書きます。真紅のカシミアのマフラーがテーマ。黒いVネックのセーターにチャコールグレイのシャツ、モスグリーンのチノパン、靴はダークブラウン。コーヒーブラウンのダウンジャケットか、ダークグレイのコート。全体に暗めの落ち着いた色で統一して、マフラーの真紅を際立たせる色合わせで、プロが見れば「おかしい」ということになるかもしれませんが、自分では「こうしたいんです」という主張のある組み合わせなんです。シャツをアイボリーにすることもありますが、チャコールグレイのほうがより気に入っています。試したことはありませんが、これにグレイ系のニット帽もありかな、と今思いました。【男性 30代】

ジャケットとマフラーは基本的に違う色合いのものを身につけるようにします。ジャケットは黒やグレーが多いかと思いますが、同系色でまとめるとせっかくのアイテムがかすんで見えてしまうので、例えばマフラーには指し色でオレンジや赤など、首もとに視線が集まるような色が入っているマフラーを選ぶとバランスがとれます。パターンは、遊び心を出した場合は縞模様やドット柄、モード感を出したい場合はモノトーンで合わせるとかっこいいのではないでしょうか。 【男性 20代】

マフラーはいろいろなコーディネイトとあわせやすいようにモノトーンに茶色の色が入ったストライプのものをよく使っています。モノトーンに茶色が入っていると黒いジャケットにも茶色のジャケットにも両方にカラーコーディネートできます。落ち着いた配色なので大人っぽい着こなしになりパンツもジーンズやチノパンなどにしてもシックにまとまります。【男性 40代】

ジャケットは黒や茶系の地味な色が多いため、マフラーはなるべく赤やオレンジの入った「明るい色」を選ぶようにしています。「青」でも良いのですが冬に青は寒々しい感じがするのでなるべく避けています。逆にジャケットが明るめの時は、マフラーを黒にしてバランスを取るようにしています。両方とも地味ですと暗いですし、明るいとウルサい感じがするからです。【男性 30代】

 

好感のもてるジャケットとマフラーの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

黒っぽいジャケットに黒いマフラーをしている人を多く見ますが、キレイ色のマフラーを使ってほしいなといつも思います。モノトーンのコーディネートもカッコいいですが、色を上手に使っている人をみるとおしゃれだなと思ってしまいますね。シンプルなジャケットだと、ちょっとさびしい感じがしてしまうから、個性があるマフラーでアクセントをつけると、素敵なコーディネートになると思います。【女性 20代】

私は柄の入ったツイードのジャケットが大好きなので、マフラーはあくまでそれを引き立てる無地、またはストライプのものが好きです。色は、黒、紺、ベージュ、茶、グレーなど、やはりベーシックな色がいいですね。巻き方も、二つに折ってできた輪っかに両端を通すシンプルな巻き方が大人っぽくて良いと思います。【女性 30代】 

冬になると防寒だけでなくお洒落さをアップしてくれるマフラーが大活躍ですね。私の好きな着こなしは、薄目の色のレザージャケットに黒かこげ茶のマフラーを巻くことです。柄は、なしかあっても同色系の薄い色を使った柄が入っているくらいが良いですね。マフラーの巻き方は、あまりこった感じでなく、シンプルな方が素敵です。【女性 30代】

 

ジャケットの着こなし方一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


ジャケット+マフラーの着こなし方関連ページ一覧

テーラードジャケットの着こなし方
白のカットソーにカーゴパンツ、にテーラードジャケットを羽織るだけで、いつものカジュアルスタイルがきれいめスタイルになります。ちょっとしたお出かけやデートなど、どんな場所でも外さないコーディネートです。
レザージャケットの着こなし方
カッチリスタイルやワイルドイメージのレザージャケットも、合わせるインナー変えれば男らしさを程良く感じさせるカジュアルスタイルになります。パーカーをインナーに、ワイルド過ぎないカジュアルコーディネートです。
ダウンジャケットの着こなし方
着膨れしてしまいがちなダウンジャケットは、合わせるボトムスの選び方で見た目のボリュームダウンができます。モコモコアウター+幅広パンツではなく、ボトムスは細身のブラックで全体をスマートな印象に仕上げます。
メルトンジャケットの着こなし方
大人っぽさを感じさせるメルトンジャケットに、カジュアル感のあるダメージデニムを合わせることで、大人カジュアルスタイルに仕上げたコーディネートです。黒のスウェードバブーシュシューズで全体の印象をまとめます。
トレンチジャケットの着こなし方
シャツ、カーディガン、ボトムスにトレンチジャケットを羽織っただけの簡単キレイめコーディネートです。合わせるボトムスの選び方でトレンチジャケットの堅苦しさをマイナスしています。デートにも使えるスタイルです。
デニムジャケットの着こなし方
デニムジャケットに、白カットソー、ワークパンツ、スニーカー、幅広い年齢の方に好まれるポピュラーなコーディネートだからこそ、崩れのない仕上がりに。デニムジャケットの選び方でコーディネートの印象に違いが出ます。
ライダースジャケットの着こなし方
ピッタリとタイトに着こなすイメージのライダースジャケットを、シャツとデニムパンツでカジュアルに仕上げたコーディネートです。幅広い年齢の方に見ていただける、体型も気にならない大人カジュアルスタイルです。
ミリタリージャケットの着こなし方
ミリタリージャケットに、ボタンダウンシャツ・デニムカーゴパンツ・レーザーブーツのコーディネートで、清潔感と大人っぽさをプラス。アイテムのバランスを考えた、幅広い年齢にマッチする大人カジュアルスタイルです。
ツイードジャケットの着こなし方
存在感のあるツイードジャケットは、シンプルなアイテムと合わせるとGOOD。インナーに白シャツ、ボトムスに濃い色目のデニムパンツをチョイスすれば、ツイードジャケットが引き立つシンプルコーディネートの完成です。
ナイロンジャケットの着こなし方
気軽に羽織れるナイロンジャケットは、どんなコーディネートにも合わせやすいアイテムです。ミリタリーテイストで男らしさを演出すれば、休日の優しいカジュアルスタイルにもアクセントが生まれ、着こなしの幅が広がります。
スタジャンの着こなし方
カジュアル代表のアイテム、スタジャンの着こなしは、カジュアルさの中にも清潔感を出す事をポイントにコーディネートするのがコツです。ホワイトシャツ、濃い色目のデニムパンツ、ホワイトスニーカーでまとめてみました。
トラックジャケットの着こなし方
トラックジャケットはゆったりカジュアルスタイルだけじゃない?ボタンダウンシャツ・カラーパンツとの組み合わせで、トラックジャケットの魅力を生かした、きれいめなのに堅苦しくない、ゆったり清楚スタイルの完成です。
パーカージャケットの着こなし方
黒のパーカージャケットに黒のデニム、ブラック+ブラックの地味なスタイルでも差し色を入れる事でオシャレ度がUP。パーカージャケットをハードユーズしたくなる、パッと着てパッと出掛けられるコーディネートです。
ジャケット(黒)の着こなし方
黒のジャケットにジーンズを合わせれば、失敗なしのコーディネートが完成。黒のジャケットは重たい印象にならないように、明るめカラーをボトムスに持ってくるのがポイントです。定番のジーンズでも色の選び方で印象が変わります。
ジャケット(グレー)の着こなし方
グレーのジャケットに白のカットソーと黒のパンツを合わせると堅苦しすぎないキレイめコーデに仕上がります。足元にバブーシュシューズで大人っぽさをプラスすると、お食事デートにもピッタリな大人コーデの完成です。
ジャケット(カーキ)の着こなし方
ミリタリーなイメージになりがちなカーキのジャケットは、濃い色のボトムスと合わせるとキレイに着こなすことができます。インディゴのデニムパンツとレザートレッキングスニーカーで男らしいキレイめコーデの完成です。
ジャケット(ネイビー)の着こなし方
ネイビーのジャケットはスマートな印象に仕上げやすいアイテムです。そこにあえてダメージ加工のデニムパンツを合わせると真面目さがほど良く抜けたキレイめカジュアルに仕上がります。足元にはレザーブーツを合わせます。
ジャケット(ベージュ)の着こなし方
ベージュのジャケット、Vネックニット、デニムパンツ、トレッキングスニーカーの組み合わせでデートにも街歩きにも外しのない大人カジュアルスタイルに。さらにキレイめに仕上げたい場合は、襟付きシャツがおすすめです。
ジャケット(赤)の着こなし方
赤のジャケットはホワイトとベージュでコーディネートすると配色良く仕上がります。さらに黒のアイテムを取り入れれば全体にまとまりのあるベストコーディネートに。ジャケットに合わせてスタイルを決めるとGOOD。
ジャケット(青)の着こなし方
青のジャケットは派手になりすぎないようにインナーやボトムスにはダークカラーを合わせます。さらにアクセントカラーとしてホワイト系のアイテムをプラスすればベストです。ブルーとホワイトの色合いが、爽やかな印象に。
ジャケット(キャメル)の着こなし方
キャメルカラーのジャケットは、いろんなカラーやスタイルとマッチするハードユーズ必須のアイテムです。オフのカジュアルスタイルはもちろん、スラックスパンツとも相性良し。キャメルカラーが大人の魅力を引き立てます。
ジャケット(チェック柄)の着こなし方
チェック柄ジャケットは、合わせるインナーの色選びでスマートに着こなすことができます。インナーにグレーのカットソー、ボトムスにチノパン、足元はスニーカーでまとめたシンプルでオシャレなコーディネートです。
ジャケット(迷彩柄)の着こなし方
迷彩柄のジャケットはカジュアルながらもクールな印象にコーディネートするとカッコよく決まります。さらに迷彩柄と相性の良いデニムパンツと、靴などの黒色アイテムでうまく配色すると崩れのないメリハリのある配色に。
ジャケット(ドット柄)の着こなし方
ドット柄のジャケットはシンプルなアイテムと合わせると派手になりすぎません。デニムパンツとの相性もとても良いです。足元にカジュアルながら軽すぎない黒のスニーカーを合せれば、ドット柄ジャケットコーデの完成です。
ジャケット+カーディガンの着こなし方
ジャケットはお気に入りがあるが、それに合わせるカーディガンが見つからない。コーディネートのコツは、丈と色の組み合わせにあります。テイストの違う素材を上手く重ねて、旬のオシャレコーデを目指します。
ジャケット+シャツの着こなし方
ジャケットの下にどんなシャツを着るかは、重要なオシャレポイントです。ジャケットをフロントオープンで着た時に、シャツをカッコ良くスタイリッシュに見せるための着こなしについて、ご紹介します。
ジャケット+カットソーの着こなし方
カットソーにジャケットを羽織る人は多いと思いますが、手持ちのジャケットにどんなカットソーを合わせるかで印象は大きく変わります。いつものジャケットをよりカッコ良く見せるカットソー選びが大切です。
ジャケット+セーターの着こなし方
ジャケットとニットセーターの組み合わせは定番ですが、定番すぎてイマイチ垢抜けない印象にもなりがちです。いつものファー付きジャケットをよりオシャレに着こなすためには、思い切って華やか系のニットを選ぶのがおススメです。
ジャケット+デニムパンツの着こなし方
鮮やかな色味に引かれてジャケットを買ったは良いものの、どんなボトムと合わせれば良いのかピンとこない事はよくあります。それ一枚で主役級の存在感があるジャケットには、シンプルなデニムスタイルがぴったりです。
ジャケット+カラーパンツの着こなし方
深みのある色合いのキルトジャケットには、ついデニムばかりを合わせてしまいがちですが、カラーパンツとのコーディネートもおススメです。定番カラーのベージュパンツが、シックなキレイ目スタイルに決まります。
ジャケット+カーゴパンツの着こなし方
ナイロンジャケットにカーゴパンツのコーディネートは定番中の定番ですが、着こなしによってはルーズになりがちです。手持ちのジャケットにぴったりのカーゴパンツをチョイスすれば、隙のないカジュアルスタイルの完成です。
ジャケット+サルエルパンツの着こなし方
ルーズなスタイルが人気のサルエルパンツ。大人のキレイめスタイルで着こなすなら、ジャケットとのコーディネートがおススメです。ルーズに見えがちなシルエットをスマートに引き締め、オシャレ感を演出してくれます。
10代20代女性が好むジャケットの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで10代・20代の若い女性が選ぶ、男性に着てほしいジャケットのコーディネート一覧
20代女性が好むジャケットの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで20代女性が選ぶ、男性に着てほしいジャケットのコーディネート一覧
30代女性が好むジャケットの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで30代女性が選ぶ、男性に着てほしいジャケットのコーディネート一覧
40代女性が好むジャケットの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで40代女性が選ぶ、男性に着てほしいジャケットのコーディネート一覧
20代男性が選ぶジャケットの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで20代男性が選ぶジャケットのコーディネート一覧
30代男性が選ぶジャケットの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで30代男性が選ぶジャケットのコーディネート一覧
40代男性が選ぶジャケットの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで40代男性が選ぶジャケットのコーディネート一覧

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP