30代 男性 ジャケット

30代男性が選ぶジャケットの着こなし方

人気通販サイトで30代男性が選ぶ男性のジャケットの着こなし方は?

 

30代の男性に「自分好みのコーディネート」を選んでもらい、
コメントを書いてもらいました。客観的な意見を参考にしてみてください。

 

着こなし提案元はコチラ

 

ラフな印象のジャケット

【 男性 34歳 会社員 】

 

デートやショッピングで出かける場合にはスーツやジャンパーのようなジャケットよりも、こういった軽めのジャケットのほうが見た目もいいし重くもないし、ラフな感じで好感が持てます。

 

暖房などで暑かった場合にもボタンをふたつみっつ開けるだけでよりラフな印象を相手に与えることができます。真冬ではない限りボアのついたビニール生地のいわゆる防寒着としてのジャケットよりも綿主体のこういったジャケットのほうが軽くて良いと思います。

 

 

 

 

 

メルトン生地のジャケット

【 男性 34歳 会社員 】

 

首元や大き目のボタン、フードがアクセントになっていながら、全体としてはとてもシンプルなデザインのジャケット。いろんなタイプのパンツに合わせやすい一着だと思いますが、細身のパンツだと相性が◎。

 

メルトン生地を使用していて、上品で落ち着いた印象があるので、普段使いだけでなくビジネスシーンでも十分活躍できます。メルトン生地は保温性が高いので、インナーをスッキリさせることができるのもプラスポイントです。

 

 

 

 

 

自転車に合うジャケット

【 男性 39歳 自営業 】

 

スポーティーな印象を与えるこのジャケットは、バイクや自転車などに乗るときにおしゃれを演出してくれるものです。写真が示しているようにリュックサックなどを持つことで、さらにアクティブな印象を与えることができます。

 

また個人的にはブラウンカラーのスリムフィットタイプのパンツにホワイトカラーのスニーカーを合わせてもおしゃれに着こなせるのではないかと思います。またスーツにもマッチしそうで、あらゆるシーンで活躍するジャケットです。

 

 

 

 

 

ピーコートと明るい色のインナー

【 男性 34歳 自営業 】

 

ピーコートっぽいけどそうじゃないデザインが非常に良いです。着こなしはピーコートと同じ考え方でOKだと思います。パンツはデニムを履いておけば間違いないので合わせやすいです。

 

持ってるデニムが青系ならグレーを、黒系ならネイビーを選べば良いでしょう。トップスは悩みますが、どちらにしても暗い色なので、白や明るいピンクのシャツやカットソーがいいですね。トップスも黒にしてしまうと途端に全身黒ずくめでダサくなってしまいます。

 

 

 

 

 

和風な着物

【 男性 36歳 会社員 】

 

お祭以外で浴衣で外出することはありませんし、人の目が恥ずかしくて浴衣で外出しようとは思いません。町を歩いていても浴衣で出歩いている人など見たことはありません。

 

しかし、外出用以外の用途でなら、浴衣は大変着心地がよく愛用しています。家の中で過ごす時くらいは、普段着る機会の少ない和風な着物を着て過ごすほうが精神的に癒されますし、パジャマの代わりや、バスローブの代用などにも使っています。

 

 

 

 

 

色々なシーンで使えるジャケット

【 男性 36歳 公務員 】

 

フォーマルな感じもあり、カジュアルな感じもあり、非常に色々なシーンに適応できる着こなしであると思います。仕事に着て行くことも可能ですし、休日のデートなどにも着ていくにもいいと思います。

 

ジャケットの下に何を着るかでもガラッと印象が変わると思います。下にどのような服を合わせても、このジャケットにより全体的に引き締められる効果があると思います。このような服を1着持っていると、非常に便利であると思います。

 

 

 

 

 

お食事にも使えるジャケット

【 男性 35歳 自営業 】

 

日本製なのでヨーロッパ製と比べるとデザイン的にはまじめな印象ですが、その分流行に左右されずに長く着用できるのが魅力なジャケットです。デートでレストランでお食事するときにも気軽に着用しやすいです。

 

中はワイシャツでなくてもTシャツ一枚でもオシャレに見えるのが良い点です。オフィスで着用しても全く違和感のない仕上がりで幅広いシーンで着用することが可能です。カラーも落ち着いた印象で30代からの大人のファッションに一枚持っておくと大変便利です。

 

 

 

 

 

シンプルな黒ジャケットのコーディネート

【 男性 34歳 自営業 】

 

ジャケットがシンプルなブラックなので、インナーは白の目障りにならない程の格子柄でちょうど良いと思います。他にも白ベースのシャツやTシャツ、ベージュや薄いピンクまでの色合いであれば何でも合うと思います。

 

無地よりもちょっとした柄の入っているインナーが良いと思います。またボトムですがオリーブのカーゴパンツなので、フォーマル過ぎず且つカジュアル過ぎず良いです。緑〜茶系統のスラックスであれば合うと思います。

 

 

 

 

 

合わせやすいジャケット

【 男性 33歳 会社員 】

 

フォーマルなジャケットでどのようなシーンにも合わせやすいと思います。ただ、レジャーなどの場よりももう少しだけ改まった場、例えばデートやちょっとした遠出などの際に重宝しそうです。

 

白のインナーが定番で間違いがなさそうですが、あえて赤や紫など色を外した組み合わせをしても面白いと思います。ジャケットの前は開け、薄めの色のインナーに燻したシルバーネックレスなどの小物を合わせると、アクセントが強くなってかっこいいですね。

 

 

 

 

 

遊び心のあるジャケット

【 男性 32歳 アルバイト 】

 

ジャケットでスッキリ見せたいけれど、少し遊び心のある着こなしにしたいときに良いと思います。柄の面積が増えるので他は極力シンプルにして、アクセサリーも無しが良いでしょう。眼鏡をすればより知的さが増してキレイめ感と外し感のギャップが増すと思います。

 

帽子をかぶるならニット帽が合うと思います。中折れ帽だと狙ってる感が増し、目線も上に集まりすぎます。靴はスニーカー。ただし色や柄、形などはシンプルが合うと思います。

 

 

 

 

 

ライダースジャケットの定番コーディネート

【 男性 32歳 会社員 】

 

ライダースジャケットを着る時のお手本のようなコーディネイトだと思います。シンプルかつエレガントにまとめられていてライダースジャケットの着こなしにありがちな小汚さが全くありません。

 

ジャケットの下にグレーのニットを合わることでロックティスから外れたライダースジャケットの着こなしを演出していますよね。余計なカラーを使わずに全身の色をダーク系で統一することによって若い人だけでなく30代から50代まで幅広く着こなせるコーディネイトになっていると思います。

 

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


30代男性が選ぶジャケットの着こなし方関連ページ一覧

テーラードジャケットの着こなし方
白のカットソーにカーゴパンツ、にテーラードジャケットを羽織るだけで、いつものカジュアルスタイルがきれいめスタイルになります。ちょっとしたお出かけやデートなど、どんな場所でも外さないコーディネートです。
レザージャケットの着こなし方
カッチリスタイルやワイルドイメージのレザージャケットも、合わせるインナー変えれば男らしさを程良く感じさせるカジュアルスタイルになります。パーカーをインナーに、ワイルド過ぎないカジュアルコーディネートです。
ダウンジャケットの着こなし方
着膨れしてしまいがちなダウンジャケットは、合わせるボトムスの選び方で見た目のボリュームダウンができます。モコモコアウター+幅広パンツではなく、ボトムスは細身のブラックで全体をスマートな印象に仕上げます。
メルトンジャケットの着こなし方
大人っぽさを感じさせるメルトンジャケットに、カジュアル感のあるダメージデニムを合わせることで、大人カジュアルスタイルに仕上げたコーディネートです。黒のスウェードバブーシュシューズで全体の印象をまとめます。
トレンチジャケットの着こなし方
シャツ、カーディガン、ボトムスにトレンチジャケットを羽織っただけの簡単キレイめコーディネートです。合わせるボトムスの選び方でトレンチジャケットの堅苦しさをマイナスしています。デートにも使えるスタイルです。
デニムジャケットの着こなし方
デニムジャケットに、白カットソー、ワークパンツ、スニーカー、幅広い年齢の方に好まれるポピュラーなコーディネートだからこそ、崩れのない仕上がりに。デニムジャケットの選び方でコーディネートの印象に違いが出ます。
ライダースジャケットの着こなし方
ピッタリとタイトに着こなすイメージのライダースジャケットを、シャツとデニムパンツでカジュアルに仕上げたコーディネートです。幅広い年齢の方に見ていただける、体型も気にならない大人カジュアルスタイルです。
ミリタリージャケットの着こなし方
ミリタリージャケットに、ボタンダウンシャツ・デニムカーゴパンツ・レーザーブーツのコーディネートで、清潔感と大人っぽさをプラス。アイテムのバランスを考えた、幅広い年齢にマッチする大人カジュアルスタイルです。
ツイードジャケットの着こなし方
存在感のあるツイードジャケットは、シンプルなアイテムと合わせるとGOOD。インナーに白シャツ、ボトムスに濃い色目のデニムパンツをチョイスすれば、ツイードジャケットが引き立つシンプルコーディネートの完成です。
ナイロンジャケットの着こなし方
気軽に羽織れるナイロンジャケットは、どんなコーディネートにも合わせやすいアイテムです。ミリタリーテイストで男らしさを演出すれば、休日の優しいカジュアルスタイルにもアクセントが生まれ、着こなしの幅が広がります。
スタジャンの着こなし方
カジュアル代表のアイテム、スタジャンの着こなしは、カジュアルさの中にも清潔感を出す事をポイントにコーディネートするのがコツです。ホワイトシャツ、濃い色目のデニムパンツ、ホワイトスニーカーでまとめてみました。
トラックジャケットの着こなし方
トラックジャケットはゆったりカジュアルスタイルだけじゃない?ボタンダウンシャツ・カラーパンツとの組み合わせで、トラックジャケットの魅力を生かした、きれいめなのに堅苦しくない、ゆったり清楚スタイルの完成です。
パーカージャケットの着こなし方
黒のパーカージャケットに黒のデニム、ブラック+ブラックの地味なスタイルでも差し色を入れる事でオシャレ度がUP。パーカージャケットをハードユーズしたくなる、パッと着てパッと出掛けられるコーディネートです。
ジャケット(黒)の着こなし方
黒のジャケットにジーンズを合わせれば、失敗なしのコーディネートが完成。黒のジャケットは重たい印象にならないように、明るめカラーをボトムスに持ってくるのがポイントです。定番のジーンズでも色の選び方で印象が変わります。
ジャケット(グレー)の着こなし方
グレーのジャケットに白のカットソーと黒のパンツを合わせると堅苦しすぎないキレイめコーデに仕上がります。足元にバブーシュシューズで大人っぽさをプラスすると、お食事デートにもピッタリな大人コーデの完成です。
ジャケット(カーキ)の着こなし方
ミリタリーなイメージになりがちなカーキのジャケットは、濃い色のボトムスと合わせるとキレイに着こなすことができます。インディゴのデニムパンツとレザートレッキングスニーカーで男らしいキレイめコーデの完成です。
ジャケット(ネイビー)の着こなし方
ネイビーのジャケットはスマートな印象に仕上げやすいアイテムです。そこにあえてダメージ加工のデニムパンツを合わせると真面目さがほど良く抜けたキレイめカジュアルに仕上がります。足元にはレザーブーツを合わせます。
ジャケット(ベージュ)の着こなし方
ベージュのジャケット、Vネックニット、デニムパンツ、トレッキングスニーカーの組み合わせでデートにも街歩きにも外しのない大人カジュアルスタイルに。さらにキレイめに仕上げたい場合は、襟付きシャツがおすすめです。
ジャケット(赤)の着こなし方
赤のジャケットはホワイトとベージュでコーディネートすると配色良く仕上がります。さらに黒のアイテムを取り入れれば全体にまとまりのあるベストコーディネートに。ジャケットに合わせてスタイルを決めるとGOOD。
ジャケット(青)の着こなし方
青のジャケットは派手になりすぎないようにインナーやボトムスにはダークカラーを合わせます。さらにアクセントカラーとしてホワイト系のアイテムをプラスすればベストです。ブルーとホワイトの色合いが、爽やかな印象に。
ジャケット(キャメル)の着こなし方
キャメルカラーのジャケットは、いろんなカラーやスタイルとマッチするハードユーズ必須のアイテムです。オフのカジュアルスタイルはもちろん、スラックスパンツとも相性良し。キャメルカラーが大人の魅力を引き立てます。
ジャケット(チェック柄)の着こなし方
チェック柄ジャケットは、合わせるインナーの色選びでスマートに着こなすことができます。インナーにグレーのカットソー、ボトムスにチノパン、足元はスニーカーでまとめたシンプルでオシャレなコーディネートです。
ジャケット(迷彩柄)の着こなし方
迷彩柄のジャケットはカジュアルながらもクールな印象にコーディネートするとカッコよく決まります。さらに迷彩柄と相性の良いデニムパンツと、靴などの黒色アイテムでうまく配色すると崩れのないメリハリのある配色に。
ジャケット(ドット柄)の着こなし方
ドット柄のジャケットはシンプルなアイテムと合わせると派手になりすぎません。デニムパンツとの相性もとても良いです。足元にカジュアルながら軽すぎない黒のスニーカーを合せれば、ドット柄ジャケットコーデの完成です。
ジャケット+カーディガンの着こなし方
ジャケットはお気に入りがあるが、それに合わせるカーディガンが見つからない。コーディネートのコツは、丈と色の組み合わせにあります。テイストの違う素材を上手く重ねて、旬のオシャレコーデを目指します。
ジャケット+シャツの着こなし方
ジャケットの下にどんなシャツを着るかは、重要なオシャレポイントです。ジャケットをフロントオープンで着た時に、シャツをカッコ良くスタイリッシュに見せるための着こなしについて、ご紹介します。
ジャケット+カットソーの着こなし方
カットソーにジャケットを羽織る人は多いと思いますが、手持ちのジャケットにどんなカットソーを合わせるかで印象は大きく変わります。いつものジャケットをよりカッコ良く見せるカットソー選びが大切です。
ジャケット+セーターの着こなし方
ジャケットとニットセーターの組み合わせは定番ですが、定番すぎてイマイチ垢抜けない印象にもなりがちです。いつものファー付きジャケットをよりオシャレに着こなすためには、思い切って華やか系のニットを選ぶのがおススメです。
ジャケット+デニムパンツの着こなし方
鮮やかな色味に引かれてジャケットを買ったは良いものの、どんなボトムと合わせれば良いのかピンとこない事はよくあります。それ一枚で主役級の存在感があるジャケットには、シンプルなデニムスタイルがぴったりです。
ジャケット+カラーパンツの着こなし方
深みのある色合いのキルトジャケットには、ついデニムばかりを合わせてしまいがちですが、カラーパンツとのコーディネートもおススメです。定番カラーのベージュパンツが、シックなキレイ目スタイルに決まります。
ジャケット+カーゴパンツの着こなし方
ナイロンジャケットにカーゴパンツのコーディネートは定番中の定番ですが、着こなしによってはルーズになりがちです。手持ちのジャケットにぴったりのカーゴパンツをチョイスすれば、隙のないカジュアルスタイルの完成です。
ジャケット+サルエルパンツの着こなし方
ルーズなスタイルが人気のサルエルパンツ。大人のキレイめスタイルで着こなすなら、ジャケットとのコーディネートがおススメです。ルーズに見えがちなシルエットをスマートに引き締め、オシャレ感を演出してくれます。
ジャケット+マフラーの着こなし方
寒い冬に重宝するマフラーは、コーディネートを一工夫するだけでオシャレ度をぐんと引き上げてくれます。ジャケットの上から軽くひと巻きで、いつものキレイ目スタイルがさらにランクアップ。デートにもぴったりの着こなしです。
10代20代女性が好むジャケットの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで10代・20代の若い女性が選ぶ、男性に着てほしいジャケットのコーディネート一覧
20代女性が好むジャケットの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで20代女性が選ぶ、男性に着てほしいジャケットのコーディネート一覧
30代女性が好むジャケットの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで30代女性が選ぶ、男性に着てほしいジャケットのコーディネート一覧
40代女性が好むジャケットの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで40代女性が選ぶ、男性に着てほしいジャケットのコーディネート一覧
20代男性が選ぶジャケットの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで20代男性が選ぶジャケットのコーディネート一覧
40代男性が選ぶジャケットの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで40代男性が選ぶジャケットのコーディネート一覧

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP