ジャケット グレー

ジャケット(グレー)の着こなし方

ジャケット(グレー)の着こなし方

ジャケット(グレー)・カットソー(白)・カーゴパンツ(黒)・シューズ(黒)

 

グレーのジャケットと黒のボトムスを合わせた着こなし画像

 

白のVネックカットソーと黒のカーゴパンツ、バブーシュシューズ、グレーのジャケットで仕上げたコーディネートです。キレイめジャケットをカットソー、カーゴパンツと合わせることで、ほど良い抜け感が出ますので堅苦しくならずに済みます。

 

グレーはどのような色とでも合わせやすいのでカジュアル感をプラスしたい時はデニムパンツ、シックに仕上げたい時は黒のボトムスというように気分やシーンに合わせて着回すことができます。

 

 

ジャケット(グレー)シャツ・(白)・デニムカーゴパンツ(ユーズド)・シューズ(黒)

 

グレーのジャケットと白シャツを合わせた着こなし画像

 

グレーのジャケットをデニムで合わせたコーディネートがこちらです。インナーはホワイトボタンダウンシャツで清潔感をプラス。ボトムスはカジュアルにデニムカーゴパンツを合わせて若々しい印象に仕上がっています。

 

足元を大人っぽく黒のシューズでまとめれば、きれいめカジュアルスタイルの完成です。着飾らないシンプルな着こなしなので、友達からの急な誘いや、近所への外出でもパッと着てサッと出かけられる、気軽な装いです。

 

 

ジャケット(グレー)・ニット(チェック)・シャツ(白)・パンツ(黒)・シューズ(グレー)

 

グレーのジャケットとチェック柄ニットを合わせた着こなし画像

 

こちらは、インナーにシワ加工ホワイトシャツとVネックニットソーを重ね着し、ジャケットを合わせた着こなしです。ボトムスは黒のカラーパンツ、靴はスウェードバブーシュシューズです。

 

シャツにニットの重ね着、さらにシンプルな色でまとめているので、大人っぽく仕上がっています。ホワイトシャツにスラックスやカラーパンツなどいつもの通勤スタイルに合わせてもオシャレな雰囲気が演出できます。デートや飲み会など仕事後の予定もバッチリです。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

ジャケット(グレー)の着こなし方 A

ジャケット(グレー)・カットソー(黒)・デニム(ウォッシュ)・ブーツ(茶)

 

グレーのジャケットに黒のカットソーを合わせた着こなし画像

 

グレーには温かみがあります。写真のようにインナーに黒を用いると、上半身を引き締める効果とともに、グレーによる温かみの相乗効果で、包容力のある男性に見えます。

 

ウォッシュ加工のデニムをあわせるとカジュアルさが増し、ベルトの赤が挿し色となっておしゃれに見えます。袖が七分丈なので活動的に感じられ、どこに行くにもぴったりのコーディネートです。アクセサリーで飾り過ぎない、シンプルながらも男らしさのあるスタイルです。

 

 

ジャケット(グレー)・ニット(グレー)・ストール(グレー)・デニム(ユーズド)・ブーツ(茶)

 

グレーのジャケットにニットを合わせた着こなし画像

 

インナーのライトグレーのニットは柔らかく、雰囲気を優しく見せてくれます。また写真ではストールもジャケットも、特徴ある織り込みとなっていますので、あわせるだけでぐっとおしゃれになります。

 

ぴしっとした印象をあたえながらも、明るい印象もあたえてくれるコーディネートです。ユーズド加工の色落ちしたデニムを合わせてほどよくカジュアルダウンしています。

 

 

ジャケット(グレー)・カットソー(ワイン)・デニム(インディゴ)・シューズ(ベージュ)

 

グレーのジャケットにワインのカットソーを合わせた着こなし画像

 

グレーとワインの色の組み合わせを上手に着こなすなら、ジャケットはテーラードジャケットがオススメ。テーラードジャケットは大人の雰囲気を持ちながらも、インナーに何を合わせてもシックに着こなせる女性にもわりと好評なアイテムです。

 

このコーディネートでは、杢デザインのカットソーがあわせられていますので、涼しげでカジュアルなお洒落感があります。パンツがデニムですから、硬くなりすぎずブーツの色が薄いので、デニムによる足のシルエットがきれいに見えます。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

グレーのジャケットをどんな風に着こなしていますか?【男性へアンケート調査】

 

グレーのジャケットはどんな背格好の男性にも似合うアイテムだと聞きますし、実際に私も愛用しているアイテムです。着こなす上で注意しているのは、ジーンズに淡い青色の色落ちしたものを選んでいる点です。グレーのジャケットはかっちりとした印象のアイテムなので、色落ちジーンズを合わせることでかっちりし過ぎないカジュアル感を出せると思います。【男性 20代】

グレーの色のジャケットを着こなすには、シャツとかは同系色の明るめでも、パンツは黒とか濃い茶色とか暗めの色にしています。靴に関しては、スニーカーとかは合わせず、革靴かブーツ系で大人っぽく。いわゆる『ジャケット』を着る以上、子供っぽくならないよう気を付けて、全体的にビシッと決まるように心がけています。【男性 30代】

全体のコーディネートはモノトーンになるようにしています。大体、合わせるシャツは黒か白にします。パンツは黒で細めのものにします。グレー色のジャケットは、合わせるシャツによってオヤジっぽくなりやすいので、春、秋は、胸元の開いたカットソーを合わせ、シルバーのネックレスでサロン系のイメージを出しています。冬は、首が緩めのハイネックのセーターを合わせることによって、個性を出すようにしています。あえて、グレーのパンツ、シャツは合わせません。合わせることにより、全体のイメージがぼやけてくるように感じるからです。また、ストライプや柄のものとも合わせません。モノトーンがぼやけてくるように感じるからです。更に、ネクタイはしません。オヤジっぽくなるからです。ちなみに、ネクタイをする必要のある時には、グレーは着ないようにします。【男性 40代】

私はジャケットをよく着ますが、グレーの色のジャケットが好きです。グレーのジャケットのインナーは割りとなんでも合わせやすいですよね。シャツを合わせても、Tシャツを合わせても良いです。色は私は白系の色を合わせますね。Tシャツを合わせる場合は、Tシャツの柄はちょっと目立つプリントがしてあるもの選んで、全体が地味にならないように気をつけます。【男性 20代】

グレーのジャケットを着こなす際は、なるべくスーツっぽくならないようにボトムスに注意します。黒いボトムスだとモードっぽくなり、好きな人はいいかもしれませんが仕事着っぽくなりやすいので、私はインディゴのデニムを合わせることで柔らかいイメージを意識します。ほんの少しであればダメージデニムも相性がいいので、若干遊び心があるデニムでもいいかもしれませんが、ストリートテイストにならないような注意が必要です。【男性 20代】

 

好感のもてる男性のグレージャケットの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

デートに着ていくなら、柔らかい印象になるので、黒よりもグレーのジャケットの方がオススメです。着こなしはちょっとヒネリがある方が良いですね。シャツとジーンズといった着こなしは、容姿に自信がある人じゃないとシンプルすぎて印象に残りません。インナーにきれいな色のニットや柄ものを着ると、これだけでこなれた雰囲気になります。オシャレなレストランに行きたくなる着こなしですね。【女性 20代】

グレーのジャケットは一見地味に見えるかもしれませんが、だからと言って他のアイテムで無理矢理派手さを追加しようとする人が結構いるんですよね。でも私はそれには反対です。そもそも冬は落ち着いた色は似合いますし、ジャケットがグレーならパンツも黒でワークブーツなどのシンプルだけどきまっている着こなしの方が私は好感がもてます。【女性 20代】

黒いパンツなどを合わせると、かっちりしすぎるので、濃い色のデニムなどで少しだけ外しを入れてほしい。グレーのジャケットに白のTシャツ、ブラックデニムの組み合わせだったら、靴をかっちりにするか、あえて白いきれいめなスニーカーで外してもよいかも。あとはジャケットの下からピンクのパーカーを出す、濃い目の色のカーゴパンツを合わせるなどして、カジュアルっぽく来てもいい感じだと思う【女性 20代】

 

ジャケットの着こなし方一覧に戻る

 

ジャケット(グレー)の着こなし画像集【迷ったときのコーディネートの参考に!】

このエントリーをはてなブックマークに追加


ジャケット(グレー)の着こなし方関連ページ一覧

テーラードジャケットの着こなし方
白のカットソーにカーゴパンツ、にテーラードジャケットを羽織るだけで、いつものカジュアルスタイルがきれいめスタイルになります。ちょっとしたお出かけやデートなど、どんな場所でも外さないコーディネートです。
レザージャケットの着こなし方
カッチリスタイルやワイルドイメージのレザージャケットも、合わせるインナー変えれば男らしさを程良く感じさせるカジュアルスタイルになります。パーカーをインナーに、ワイルド過ぎないカジュアルコーディネートです。
ダウンジャケットの着こなし方
着膨れしてしまいがちなダウンジャケットは、合わせるボトムスの選び方で見た目のボリュームダウンができます。モコモコアウター+幅広パンツではなく、ボトムスは細身のブラックで全体をスマートな印象に仕上げます。
メルトンジャケットの着こなし方
大人っぽさを感じさせるメルトンジャケットに、カジュアル感のあるダメージデニムを合わせることで、大人カジュアルスタイルに仕上げたコーディネートです。黒のスウェードバブーシュシューズで全体の印象をまとめます。
トレンチジャケットの着こなし方
シャツ、カーディガン、ボトムスにトレンチジャケットを羽織っただけの簡単キレイめコーディネートです。合わせるボトムスの選び方でトレンチジャケットの堅苦しさをマイナスしています。デートにも使えるスタイルです。
デニムジャケットの着こなし方
デニムジャケットに、白カットソー、ワークパンツ、スニーカー、幅広い年齢の方に好まれるポピュラーなコーディネートだからこそ、崩れのない仕上がりに。デニムジャケットの選び方でコーディネートの印象に違いが出ます。
ライダースジャケットの着こなし方
ピッタリとタイトに着こなすイメージのライダースジャケットを、シャツとデニムパンツでカジュアルに仕上げたコーディネートです。幅広い年齢の方に見ていただける、体型も気にならない大人カジュアルスタイルです。
ミリタリージャケットの着こなし方
ミリタリージャケットに、ボタンダウンシャツ・デニムカーゴパンツ・レーザーブーツのコーディネートで、清潔感と大人っぽさをプラス。アイテムのバランスを考えた、幅広い年齢にマッチする大人カジュアルスタイルです。
ツイードジャケットの着こなし方
存在感のあるツイードジャケットは、シンプルなアイテムと合わせるとGOOD。インナーに白シャツ、ボトムスに濃い色目のデニムパンツをチョイスすれば、ツイードジャケットが引き立つシンプルコーディネートの完成です。
ナイロンジャケットの着こなし方
気軽に羽織れるナイロンジャケットは、どんなコーディネートにも合わせやすいアイテムです。ミリタリーテイストで男らしさを演出すれば、休日の優しいカジュアルスタイルにもアクセントが生まれ、着こなしの幅が広がります。
スタジャンの着こなし方
カジュアル代表のアイテム、スタジャンの着こなしは、カジュアルさの中にも清潔感を出す事をポイントにコーディネートするのがコツです。ホワイトシャツ、濃い色目のデニムパンツ、ホワイトスニーカーでまとめてみました。
トラックジャケットの着こなし方
トラックジャケットはゆったりカジュアルスタイルだけじゃない?ボタンダウンシャツ・カラーパンツとの組み合わせで、トラックジャケットの魅力を生かした、きれいめなのに堅苦しくない、ゆったり清楚スタイルの完成です。
パーカージャケットの着こなし方
黒のパーカージャケットに黒のデニム、ブラック+ブラックの地味なスタイルでも差し色を入れる事でオシャレ度がUP。パーカージャケットをハードユーズしたくなる、パッと着てパッと出掛けられるコーディネートです。
ジャケット(黒)の着こなし方
黒のジャケットにジーンズを合わせれば、失敗なしのコーディネートが完成。黒のジャケットは重たい印象にならないように、明るめカラーをボトムスに持ってくるのがポイントです。定番のジーンズでも色の選び方で印象が変わります。
ジャケット(カーキ)の着こなし方
ミリタリーなイメージになりがちなカーキのジャケットは、濃い色のボトムスと合わせるとキレイに着こなすことができます。インディゴのデニムパンツとレザートレッキングスニーカーで男らしいキレイめコーデの完成です。
ジャケット(ネイビー)の着こなし方
ネイビーのジャケットはスマートな印象に仕上げやすいアイテムです。そこにあえてダメージ加工のデニムパンツを合わせると真面目さがほど良く抜けたキレイめカジュアルに仕上がります。足元にはレザーブーツを合わせます。
ジャケット(ベージュ)の着こなし方
ベージュのジャケット、Vネックニット、デニムパンツ、トレッキングスニーカーの組み合わせでデートにも街歩きにも外しのない大人カジュアルスタイルに。さらにキレイめに仕上げたい場合は、襟付きシャツがおすすめです。
ジャケット(赤)の着こなし方
赤のジャケットはホワイトとベージュでコーディネートすると配色良く仕上がります。さらに黒のアイテムを取り入れれば全体にまとまりのあるベストコーディネートに。ジャケットに合わせてスタイルを決めるとGOOD。
ジャケット(青)の着こなし方
青のジャケットは派手になりすぎないようにインナーやボトムスにはダークカラーを合わせます。さらにアクセントカラーとしてホワイト系のアイテムをプラスすればベストです。ブルーとホワイトの色合いが、爽やかな印象に。
ジャケット(キャメル)の着こなし方
キャメルカラーのジャケットは、いろんなカラーやスタイルとマッチするハードユーズ必須のアイテムです。オフのカジュアルスタイルはもちろん、スラックスパンツとも相性良し。キャメルカラーが大人の魅力を引き立てます。
ジャケット(チェック柄)の着こなし方
チェック柄ジャケットは、合わせるインナーの色選びでスマートに着こなすことができます。インナーにグレーのカットソー、ボトムスにチノパン、足元はスニーカーでまとめたシンプルでオシャレなコーディネートです。
ジャケット(迷彩柄)の着こなし方
迷彩柄のジャケットはカジュアルながらもクールな印象にコーディネートするとカッコよく決まります。さらに迷彩柄と相性の良いデニムパンツと、靴などの黒色アイテムでうまく配色すると崩れのないメリハリのある配色に。
ジャケット(ドット柄)の着こなし方
ドット柄のジャケットはシンプルなアイテムと合わせると派手になりすぎません。デニムパンツとの相性もとても良いです。足元にカジュアルながら軽すぎない黒のスニーカーを合せれば、ドット柄ジャケットコーデの完成です。
ジャケット+カーディガンの着こなし方
ジャケットはお気に入りがあるが、それに合わせるカーディガンが見つからない。コーディネートのコツは、丈と色の組み合わせにあります。テイストの違う素材を上手く重ねて、旬のオシャレコーデを目指します。
ジャケット+シャツの着こなし方
ジャケットの下にどんなシャツを着るかは、重要なオシャレポイントです。ジャケットをフロントオープンで着た時に、シャツをカッコ良くスタイリッシュに見せるための着こなしについて、ご紹介します。
ジャケット+カットソーの着こなし方
カットソーにジャケットを羽織る人は多いと思いますが、手持ちのジャケットにどんなカットソーを合わせるかで印象は大きく変わります。いつものジャケットをよりカッコ良く見せるカットソー選びが大切です。
ジャケット+セーターの着こなし方
ジャケットとニットセーターの組み合わせは定番ですが、定番すぎてイマイチ垢抜けない印象にもなりがちです。いつものファー付きジャケットをよりオシャレに着こなすためには、思い切って華やか系のニットを選ぶのがおススメです。
ジャケット+デニムパンツの着こなし方
鮮やかな色味に引かれてジャケットを買ったは良いものの、どんなボトムと合わせれば良いのかピンとこない事はよくあります。それ一枚で主役級の存在感があるジャケットには、シンプルなデニムスタイルがぴったりです。
ジャケット+カラーパンツの着こなし方
深みのある色合いのキルトジャケットには、ついデニムばかりを合わせてしまいがちですが、カラーパンツとのコーディネートもおススメです。定番カラーのベージュパンツが、シックなキレイ目スタイルに決まります。
ジャケット+カーゴパンツの着こなし方
ナイロンジャケットにカーゴパンツのコーディネートは定番中の定番ですが、着こなしによってはルーズになりがちです。手持ちのジャケットにぴったりのカーゴパンツをチョイスすれば、隙のないカジュアルスタイルの完成です。
ジャケット+サルエルパンツの着こなし方
ルーズなスタイルが人気のサルエルパンツ。大人のキレイめスタイルで着こなすなら、ジャケットとのコーディネートがおススメです。ルーズに見えがちなシルエットをスマートに引き締め、オシャレ感を演出してくれます。
ジャケット+マフラーの着こなし方
寒い冬に重宝するマフラーは、コーディネートを一工夫するだけでオシャレ度をぐんと引き上げてくれます。ジャケットの上から軽くひと巻きで、いつものキレイ目スタイルがさらにランクアップ。デートにもぴったりの着こなしです。
10代20代女性が好むジャケットの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで10代・20代の若い女性が選ぶ、男性に着てほしいジャケットのコーディネート一覧
20代女性が好むジャケットの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで20代女性が選ぶ、男性に着てほしいジャケットのコーディネート一覧
30代女性が好むジャケットの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで30代女性が選ぶ、男性に着てほしいジャケットのコーディネート一覧
40代女性が好むジャケットの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで40代女性が選ぶ、男性に着てほしいジャケットのコーディネート一覧
20代男性が選ぶジャケットの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで20代男性が選ぶジャケットのコーディネート一覧
30代男性が選ぶジャケットの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで30代男性が選ぶジャケットのコーディネート一覧
40代男性が選ぶジャケットの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで40代男性が選ぶジャケットのコーディネート一覧

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP