ジャケット カットソー 着こなし

ジャケット+カットソーの着こなし方

ジャケットとカットソーを合わせる着こなし方

ジャケット(ワイン)・カットソー(グレー×黒)・カーゴパンツ(黒)・シューズ(黒)

 

ワインレッドのジャケットとカットソーを合わせた着こなし画像

 

写真では、シンプルなグレーのニットソーに華やかな印象のあるワインカラーのジャケットをコーディネートしています。このように、少し派手目のジャケットには、外れの少ないグレー系のカットソーで落ち着きを与えてあげるのがベスト。

 

レイヤードでさらにインナーに深みを加えるのもおススメです。あくまで主役はジャケットなので、カットソーもそれを引き立てるように控えめなデザインを合わせると、よりスタイリッシュな印象が引き立ちます。

 

 

ジャケット(紺)・カットソー(ボーダー)・カーゴパンツ(黒)・シューズ(黒)

 

紺のジャケットとボーダーカットソーを合わせた着こなし画像

 

アクティブなオフにはカットソーにキルティングジャケットを軽く羽織ったスタイルがハマります。モノクロで全体のバランスをまとめつつ、ボトムスにカーゴパンツ、シューズに重厚感のあるトレッキングスニーカーを合わせれば友人との街歩きにもピッタリな男カジュアルスタイルの完成です。

 

よりカジュアルに仕上げたい時には、シューズをスポーティーなスニーカーに変えてもOKです。これなら公園での散歩や、軽い運動にも使えます。

 

 

ジャケット(黒)・カットソー(白)・カラーパンツ(ベージュ)・シューズ(茶)

 

黒のジャケットと白のカットソーを合わせた着こなし画像

 

男らしくシックにキメたいけど、モノクロスタイルでは重すぎる…。そんな時には、ジャケットとカットソーをモノクロでまとめ、ボトムやシューズはベージュやブラウン系で軽さを加えてあげると爽やかさがUPできます。

 

こちらの写真では、プリントカットソーに黒の7分袖Gジャンで男らしく、ボトムスにはベージュのカラーパンツ、靴はブラウンで仕上げています。白やベージュ優しい色合いがGジャンのハード感を程よく抜いてくれています。

 

ジャケット(キャメル)・カットソー(白)・カーゴパンツ(カーキ)・ブーツ(茶)

 

キャメルのコートと白のカットソーを合わせた着こなし画像

 

落ち着いた色みのジャケットは、インナーの色選びを間違えてしまうと全体が一気に重たい印象になってしまうので注意です。爽やかさを演出するならカットソーは白で。また、こちらの写真のようにカットソーの素材で軽さを演出することも可能です。

 

ちなみに、着用しているのはワッフル生地。Vネックをチョイスして首元に色気を出してもGOODです。ジャケットが上品さのあるアイテムなので、ボトムスはゆったりと合わせてカジュアル感を加えます。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

ジャケットとカットソーをどんな風に着こなしますか?【男性へアンケート調査】

 

少し厚手のホワイトのカットソーの上にダークグリーン基調のチェックのジャケットを羽織り、ネイビーカラーのマフラーを首に巻き、ブラウンカラーの細身のパンツ、靴はグレーのスニーカーを合わせました。ミスマッチするかのように思えるスタイルですがジャケットが丈の少し短いアンユージュラルなものだったので全体的に程よくまとまりました。【男性 30代】

カットソーにジャケットは私もよくする組み合わせの一つです。カットソーはジャケットによりますが、ジャケットが黒色とかだと、カットソーは白色か、赤、イエロー、ネイビーなんかいいんじゃないでしょうか。ちょっと派手な柄があっても面白いですね。下はベージュのパンツかデニムのパンツなんかが定番ですが、良いと思います。【男性 20代】

黒のレザージャケットでフォーマルな雰囲気を作ります。ズボンは黒のスキニーで全体を細く見せるようにします。ただ足元を強調するように、ブーツを履きます。よりフォーマルになるように、サイドゴアブーツがおすすめです。カットソーはVネックのTシャツで、色は単色のものを選びます。いくつか色が入っていたり、柄や絵があるものだと、全体の印象と釣り合いが悪くなるので、なにもない無地のものを。色もジャケットとズボンが黒なので、明るいがちょっとセクシーで落ち着いた紫を着ます。胸元が少しあいていて寂しいので、ネックレスをつけます。最後に黒のジャケットを着れば、ちょっと大人でフォーマルな格好になるかと思います。【男性 20代】

特にテーラードタイプジャケットならデザインを選ばずカットソーとの相性もいいと思います。黒のジャケットならどんな色でも万能的に合うと思います。ジャケットを着てしまうと首周りしかカットソーが見えないのでVネックなどのデザインだと変化もつけられます。パンツはカラージーンズを選ぶことが多いです。シューズはジャケットが黒なので黒いスニーカーで合わすようにしています。【男性 40代】

カットソー+ジャケットの場合、ジャケットがカチットしたものだとコーディネートしにくいので、私はやわらかい生地で、肩パッドの入っていないジャケットとあわせるのが好きです。中間期は麻の柔らかい茶のジャケット、晩秋くらいまでは濃紺のジャージー素材のジャケットをよくあわせます。茶の下には白かグレーのカットソー、濃紺の下には白、墨黒か紺です。パンツは柔らかいテンセル生地のミディアムグレーをあわせます。靴は黒皮のシンプルなウォーキングシューズです。【男性 40代】

 

好感のもてるジャケットとカットソーの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

ジャケットとカットソーの組み合わせは、セクシーに着こなしている男性が多いですが、個人的にはどちらかといえばきちんと感が出ている着こなしが好きです。そのため、あまり襟ぐりの深くない浅いVネックやヘンリーネック、ハイネックのカットソーにきちんとしたテーラードジャケットを合わせていると好感です。広い襟ぐりのカットソーなら中に白シャツを合わせているといい感じだと思います。【女性 30代】

ジャケットとカットソーは年代を問わず、誰でも着こなせる組み合わせです。黒のテーラードジャケットに白のプリントTシャツという組み合わせを良く見ますが、シンプルなので清潔感はあるけれど、個性がないなとも思っちゃいます。ジャケットを明るめのブルーやベージュにしたり、小物を投入してアクセントをつけた着こなしだと、一気におしゃれに見えますね。シンプルな組み合わせだけに、アイテム選びにこだわって欲しいです。【女性 20代】

ジャケットはデザイン上カッチリ見えるアイテムなので、カットソーを合わせるなら形はベーシックながら少し固めのコットンでできたカジュアルな印象のカットソーと合わせるとそのミスマッチ感がおしゃれだと思います。例を挙げると、LLビーンやランズエンドなどにありそうなシンプルで、ラインがタイトすぎないカットソーです。【女性 30代】

 

ジャケットの着こなし方一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


ジャケット+カットソーの着こなし方関連ページ一覧

テーラードジャケットの着こなし方
白のカットソーにカーゴパンツ、にテーラードジャケットを羽織るだけで、いつものカジュアルスタイルがきれいめスタイルになります。ちょっとしたお出かけやデートなど、どんな場所でも外さないコーディネートです。
レザージャケットの着こなし方
カッチリスタイルやワイルドイメージのレザージャケットも、合わせるインナー変えれば男らしさを程良く感じさせるカジュアルスタイルになります。パーカーをインナーに、ワイルド過ぎないカジュアルコーディネートです。
ダウンジャケットの着こなし方
着膨れしてしまいがちなダウンジャケットは、合わせるボトムスの選び方で見た目のボリュームダウンができます。モコモコアウター+幅広パンツではなく、ボトムスは細身のブラックで全体をスマートな印象に仕上げます。
メルトンジャケットの着こなし方
大人っぽさを感じさせるメルトンジャケットに、カジュアル感のあるダメージデニムを合わせることで、大人カジュアルスタイルに仕上げたコーディネートです。黒のスウェードバブーシュシューズで全体の印象をまとめます。
トレンチジャケットの着こなし方
シャツ、カーディガン、ボトムスにトレンチジャケットを羽織っただけの簡単キレイめコーディネートです。合わせるボトムスの選び方でトレンチジャケットの堅苦しさをマイナスしています。デートにも使えるスタイルです。
デニムジャケットの着こなし方
デニムジャケットに、白カットソー、ワークパンツ、スニーカー、幅広い年齢の方に好まれるポピュラーなコーディネートだからこそ、崩れのない仕上がりに。デニムジャケットの選び方でコーディネートの印象に違いが出ます。
ライダースジャケットの着こなし方
ピッタリとタイトに着こなすイメージのライダースジャケットを、シャツとデニムパンツでカジュアルに仕上げたコーディネートです。幅広い年齢の方に見ていただける、体型も気にならない大人カジュアルスタイルです。
ミリタリージャケットの着こなし方
ミリタリージャケットに、ボタンダウンシャツ・デニムカーゴパンツ・レーザーブーツのコーディネートで、清潔感と大人っぽさをプラス。アイテムのバランスを考えた、幅広い年齢にマッチする大人カジュアルスタイルです。
ツイードジャケットの着こなし方
存在感のあるツイードジャケットは、シンプルなアイテムと合わせるとGOOD。インナーに白シャツ、ボトムスに濃い色目のデニムパンツをチョイスすれば、ツイードジャケットが引き立つシンプルコーディネートの完成です。
ナイロンジャケットの着こなし方
気軽に羽織れるナイロンジャケットは、どんなコーディネートにも合わせやすいアイテムです。ミリタリーテイストで男らしさを演出すれば、休日の優しいカジュアルスタイルにもアクセントが生まれ、着こなしの幅が広がります。
スタジャンの着こなし方
カジュアル代表のアイテム、スタジャンの着こなしは、カジュアルさの中にも清潔感を出す事をポイントにコーディネートするのがコツです。ホワイトシャツ、濃い色目のデニムパンツ、ホワイトスニーカーでまとめてみました。
トラックジャケットの着こなし方
トラックジャケットはゆったりカジュアルスタイルだけじゃない?ボタンダウンシャツ・カラーパンツとの組み合わせで、トラックジャケットの魅力を生かした、きれいめなのに堅苦しくない、ゆったり清楚スタイルの完成です。
パーカージャケットの着こなし方
黒のパーカージャケットに黒のデニム、ブラック+ブラックの地味なスタイルでも差し色を入れる事でオシャレ度がUP。パーカージャケットをハードユーズしたくなる、パッと着てパッと出掛けられるコーディネートです。
ジャケット(黒)の着こなし方
黒のジャケットにジーンズを合わせれば、失敗なしのコーディネートが完成。黒のジャケットは重たい印象にならないように、明るめカラーをボトムスに持ってくるのがポイントです。定番のジーンズでも色の選び方で印象が変わります。
ジャケット(グレー)の着こなし方
グレーのジャケットに白のカットソーと黒のパンツを合わせると堅苦しすぎないキレイめコーデに仕上がります。足元にバブーシュシューズで大人っぽさをプラスすると、お食事デートにもピッタリな大人コーデの完成です。
ジャケット(カーキ)の着こなし方
ミリタリーなイメージになりがちなカーキのジャケットは、濃い色のボトムスと合わせるとキレイに着こなすことができます。インディゴのデニムパンツとレザートレッキングスニーカーで男らしいキレイめコーデの完成です。
ジャケット(ネイビー)の着こなし方
ネイビーのジャケットはスマートな印象に仕上げやすいアイテムです。そこにあえてダメージ加工のデニムパンツを合わせると真面目さがほど良く抜けたキレイめカジュアルに仕上がります。足元にはレザーブーツを合わせます。
ジャケット(ベージュ)の着こなし方
ベージュのジャケット、Vネックニット、デニムパンツ、トレッキングスニーカーの組み合わせでデートにも街歩きにも外しのない大人カジュアルスタイルに。さらにキレイめに仕上げたい場合は、襟付きシャツがおすすめです。
ジャケット(赤)の着こなし方
赤のジャケットはホワイトとベージュでコーディネートすると配色良く仕上がります。さらに黒のアイテムを取り入れれば全体にまとまりのあるベストコーディネートに。ジャケットに合わせてスタイルを決めるとGOOD。
ジャケット(青)の着こなし方
青のジャケットは派手になりすぎないようにインナーやボトムスにはダークカラーを合わせます。さらにアクセントカラーとしてホワイト系のアイテムをプラスすればベストです。ブルーとホワイトの色合いが、爽やかな印象に。
ジャケット(キャメル)の着こなし方
キャメルカラーのジャケットは、いろんなカラーやスタイルとマッチするハードユーズ必須のアイテムです。オフのカジュアルスタイルはもちろん、スラックスパンツとも相性良し。キャメルカラーが大人の魅力を引き立てます。
ジャケット(チェック柄)の着こなし方
チェック柄ジャケットは、合わせるインナーの色選びでスマートに着こなすことができます。インナーにグレーのカットソー、ボトムスにチノパン、足元はスニーカーでまとめたシンプルでオシャレなコーディネートです。
ジャケット(迷彩柄)の着こなし方
迷彩柄のジャケットはカジュアルながらもクールな印象にコーディネートするとカッコよく決まります。さらに迷彩柄と相性の良いデニムパンツと、靴などの黒色アイテムでうまく配色すると崩れのないメリハリのある配色に。
ジャケット(ドット柄)の着こなし方
ドット柄のジャケットはシンプルなアイテムと合わせると派手になりすぎません。デニムパンツとの相性もとても良いです。足元にカジュアルながら軽すぎない黒のスニーカーを合せれば、ドット柄ジャケットコーデの完成です。
ジャケット+カーディガンの着こなし方
ジャケットはお気に入りがあるが、それに合わせるカーディガンが見つからない。コーディネートのコツは、丈と色の組み合わせにあります。テイストの違う素材を上手く重ねて、旬のオシャレコーデを目指します。
ジャケット+シャツの着こなし方
ジャケットの下にどんなシャツを着るかは、重要なオシャレポイントです。ジャケットをフロントオープンで着た時に、シャツをカッコ良くスタイリッシュに見せるための着こなしについて、ご紹介します。
ジャケット+セーターの着こなし方
ジャケットとニットセーターの組み合わせは定番ですが、定番すぎてイマイチ垢抜けない印象にもなりがちです。いつものファー付きジャケットをよりオシャレに着こなすためには、思い切って華やか系のニットを選ぶのがおススメです。
ジャケット+デニムパンツの着こなし方
鮮やかな色味に引かれてジャケットを買ったは良いものの、どんなボトムと合わせれば良いのかピンとこない事はよくあります。それ一枚で主役級の存在感があるジャケットには、シンプルなデニムスタイルがぴったりです。
ジャケット+カラーパンツの着こなし方
深みのある色合いのキルトジャケットには、ついデニムばかりを合わせてしまいがちですが、カラーパンツとのコーディネートもおススメです。定番カラーのベージュパンツが、シックなキレイ目スタイルに決まります。
ジャケット+カーゴパンツの着こなし方
ナイロンジャケットにカーゴパンツのコーディネートは定番中の定番ですが、着こなしによってはルーズになりがちです。手持ちのジャケットにぴったりのカーゴパンツをチョイスすれば、隙のないカジュアルスタイルの完成です。
ジャケット+サルエルパンツの着こなし方
ルーズなスタイルが人気のサルエルパンツ。大人のキレイめスタイルで着こなすなら、ジャケットとのコーディネートがおススメです。ルーズに見えがちなシルエットをスマートに引き締め、オシャレ感を演出してくれます。
ジャケット+マフラーの着こなし方
寒い冬に重宝するマフラーは、コーディネートを一工夫するだけでオシャレ度をぐんと引き上げてくれます。ジャケットの上から軽くひと巻きで、いつものキレイ目スタイルがさらにランクアップ。デートにもぴったりの着こなしです。
10代20代女性が好むジャケットの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで10代・20代の若い女性が選ぶ、男性に着てほしいジャケットのコーディネート一覧
20代女性が好むジャケットの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで20代女性が選ぶ、男性に着てほしいジャケットのコーディネート一覧
30代女性が好むジャケットの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで30代女性が選ぶ、男性に着てほしいジャケットのコーディネート一覧
40代女性が好むジャケットの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで40代女性が選ぶ、男性に着てほしいジャケットのコーディネート一覧
20代男性が選ぶジャケットの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで20代男性が選ぶジャケットのコーディネート一覧
30代男性が選ぶジャケットの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで30代男性が選ぶジャケットのコーディネート一覧
40代男性が選ぶジャケットの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで40代男性が選ぶジャケットのコーディネート一覧

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP