ダウンジャケット

ダウンジャケットの着こなし方

ダウンジャケットの着こなし方

ダウンジャケット(グレー)・シャツ(白)・カーゴパンツ(黒)・ブーツ(茶)

 

グレーのダウンジャケットの着こなし画像

 

ホワイトシャツにボトムス、ダウンジャケットのコーディネートです。足元にはマウンテンブーツを合わせています。ダウンジャケットは冬に重宝しますが、ボリュームがある為に着膨れしてしまいがちです。そこで黒のタイトフィットカーゴパンツをチョイス。

 

そうすることでスマートな印象に仕上がります。インナーはカットソーでもOKなのですが、こちらでは長袖シャツを合わせて清潔感をプラス。通勤や通学にも使える冬のコーディネートです。

 

 

ダウンジャケット(赤)・カットソー(ボーダー)デニムカーゴパンツ・スニーカー(白)

 

赤のダウンジャケットの着こなし画像

 

黒や茶色が定番のダウンジャケットですが、赤のような派手めなカラーをチョイスすると都会的なセンスを感じさせる印象に。インナーの色選びによってはジャケットが強調され過ぎてしまう事がありますが、ボーダーカットソーならうまく調和してくれます。

 

デニムカーゴパンツ、スニーカーでまとめれば夜の街遊びにもピッタリなカジュアルスタイルの完成です。全体的に締まりがないと感じる時には、ベルトをアクセントにチラ見せするとGOODです。

 

 

ダウンジャケット(カーキ)・シャツ(白・ドット柄)・カラーパンツ(黒)・ブーツ(茶)

カーキのダウンジャケットの着こなし画像

 

ダウンジャケットの着こなしのポイントは、ボトムスに細身の物を合わせて、上下のバランスをとることです。その為、シューズもコンパクトにまとめがちですが、こちらのコーデのようにボトムスで締まった印象になっていれば、シューズに存在感を持たせて履いてもOKです。

 

この場合、シューズの色はブラウンやベージュをチョイスすれば重たい印象にならずに済みます。さらにインナーにシャツで清潔感をプラス。ドット柄シャツならお洒落感もUPです。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

ダウンジャケットをどんな風に着こなしていますか?【男性へアンケート調査】

 

冬場は毎日のようにダウンジャケットを着ていますが、ボリュームのあるダウンジャケットを着るときは、スリム系のデニムなどと合わせて身体全体のシルエットにメリハリが出るよう意識しています。全部ボリューム感を出していしまうと、服に埋もれてもこもこした感じになってしまうので、ダウンジャケットの軽さが消えてしまわないように気をつけています。【男性 30代】

着こなしは基本的に下はジーンズですが、ダウンジャケットの下に着るシャツはダウンジャケットの裾の下から出た時にダウンジャケットの色に対してシャツの色や柄がよく映える物を着るようにしています。普段はフードにファーの付いた白のダウンジャケットを着ていますのでその下には赤系などのよく目立つものでチェック柄のシャツなどにしています。白いダウンジャケットですと男性が着ると、どうしても女性っぽく見えてしまう事がありますので少しでも男らしさを見せるようにジーンズの色や、それにつけるアクセサリーなどに気を使っています。【男性 40代】

ワインレッドのダウンジャケットを着ています。インナーは、ちょっとその辺まで、というときはあまり気にせずパーカなどを合わせ、ボトムもゆるめのデニム、という具合ですが、ちょっとお洒落に着るときはインナーにシャツ、ニットもしくはカーディガンを合わせ、ボトムにはウール素材のカーゴパンツ、または迷彩色のカーゴパンツに革靴かブーツです。【男性 20代】

ダウンジャケットはとにかく防寒第一な気がしている。僕の場合、体格がなかなか良いのでそれを着ると体が一回り以上大きくなってしまうので避けることが多いので背に腹は変えられない。そこで僕が気を付けていることは、なるべくインナーを薄めにすることだ。それは本末転倒な気がしないでもないけれど、今はヒートテック系のものがあり、激しいモコモコ感を抑えることが出来るのです。【男性 30代】

ダウンジャケットは冬のマストアイテムというぐらいに流行っています。ダウンの空気が暖かく軽いので人気があると思います。ダウンの人気もここしばらく定番的に長続きしていますが、デザインも少しずつ変化しています。最近はキルティングの目の細かいのが多く出ていてもこもこ感が抑えてあるのでダウンジャケットでもすっきり着る事ができるのでシルエットもすっきりなるようにパンツも細身を選んでいます。

 

好感のもてる男性のダウンジャケットの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

冬山にこもるような感じのモコモコしたダウンジャケットよりも、薄くて温かそうなダウンジャケットの方がオシャレで好感が持てます。首までジッパーをぎゅっとあげているよりも、清潔感のある白シャツと合わせたり、組み合わせも重要ですね。女の子が寒そうにしていたら、いつでも抜いて上から羽織らせてくれる、そんなスマートな振る舞いができる男性だったら最高にドキドキしちゃいます。【女性 20代】

ダウンジャケットは、冬になると便利ですよね。流行りもありますが、来た時に顔色が明るく見えるダウンジャケットが好ましいです。これは、一概に言えませんがモノトーン系が似合う人もいれば暖かい色が似合う人もいます。冬だと明るい色に暖かさを感じます。丈の短いダウンジャケットをコンパクトに羽織るとこなれた感じがして、カッコよく見えますよ。【女性30代】

暖かさ重視のアウターであるダウンジャケットはサイズ選びで印象が変わってくると思います。大きすぎるとヒップホップ系の人っぽいし、子どもっぽい。中途半端だとおしゃれに興味が無い人という印象に。出来るだけタイトで大人っぽいものか、アウトドア系のものがおしゃれで好感がもてます。それとボリュームが出るダウンに合わせるボトムはすっきりした細めのものを選ぶと全体のバランスがいいと思います。【女性 30代】

 

ジャケットの着こなし方一覧に戻る

 

ダウンジャケットの着こなし画像集【迷ったときのコーディネートの参考に!】

このエントリーをはてなブックマークに追加


ダウンジャケットの着こなし方関連ページ一覧

テーラードジャケットの着こなし方
白のカットソーにカーゴパンツ、にテーラードジャケットを羽織るだけで、いつものカジュアルスタイルがきれいめスタイルになります。ちょっとしたお出かけやデートなど、どんな場所でも外さないコーディネートです。
レザージャケットの着こなし方
カッチリスタイルやワイルドイメージのレザージャケットも、合わせるインナー変えれば男らしさを程良く感じさせるカジュアルスタイルになります。パーカーをインナーに、ワイルド過ぎないカジュアルコーディネートです。
メルトンジャケットの着こなし方
大人っぽさを感じさせるメルトンジャケットに、カジュアル感のあるダメージデニムを合わせることで、大人カジュアルスタイルに仕上げたコーディネートです。黒のスウェードバブーシュシューズで全体の印象をまとめます。
トレンチジャケットの着こなし方
シャツ、カーディガン、ボトムスにトレンチジャケットを羽織っただけの簡単キレイめコーディネートです。合わせるボトムスの選び方でトレンチジャケットの堅苦しさをマイナスしています。デートにも使えるスタイルです。
デニムジャケットの着こなし方
デニムジャケットに、白カットソー、ワークパンツ、スニーカー、幅広い年齢の方に好まれるポピュラーなコーディネートだからこそ、崩れのない仕上がりに。デニムジャケットの選び方でコーディネートの印象に違いが出ます。
ライダースジャケットの着こなし方
ピッタリとタイトに着こなすイメージのライダースジャケットを、シャツとデニムパンツでカジュアルに仕上げたコーディネートです。幅広い年齢の方に見ていただける、体型も気にならない大人カジュアルスタイルです。
ミリタリージャケットの着こなし方
ミリタリージャケットに、ボタンダウンシャツ・デニムカーゴパンツ・レーザーブーツのコーディネートで、清潔感と大人っぽさをプラス。アイテムのバランスを考えた、幅広い年齢にマッチする大人カジュアルスタイルです。
ツイードジャケットの着こなし方
存在感のあるツイードジャケットは、シンプルなアイテムと合わせるとGOOD。インナーに白シャツ、ボトムスに濃い色目のデニムパンツをチョイスすれば、ツイードジャケットが引き立つシンプルコーディネートの完成です。
ナイロンジャケットの着こなし方
気軽に羽織れるナイロンジャケットは、どんなコーディネートにも合わせやすいアイテムです。ミリタリーテイストで男らしさを演出すれば、休日の優しいカジュアルスタイルにもアクセントが生まれ、着こなしの幅が広がります。
スタジャンの着こなし方
カジュアル代表のアイテム、スタジャンの着こなしは、カジュアルさの中にも清潔感を出す事をポイントにコーディネートするのがコツです。ホワイトシャツ、濃い色目のデニムパンツ、ホワイトスニーカーでまとめてみました。
トラックジャケットの着こなし方
トラックジャケットはゆったりカジュアルスタイルだけじゃない?ボタンダウンシャツ・カラーパンツとの組み合わせで、トラックジャケットの魅力を生かした、きれいめなのに堅苦しくない、ゆったり清楚スタイルの完成です。
パーカージャケットの着こなし方
黒のパーカージャケットに黒のデニム、ブラック+ブラックの地味なスタイルでも差し色を入れる事でオシャレ度がUP。パーカージャケットをハードユーズしたくなる、パッと着てパッと出掛けられるコーディネートです。
ジャケット(黒)の着こなし方
黒のジャケットにジーンズを合わせれば、失敗なしのコーディネートが完成。黒のジャケットは重たい印象にならないように、明るめカラーをボトムスに持ってくるのがポイントです。定番のジーンズでも色の選び方で印象が変わります。
ジャケット(グレー)の着こなし方
グレーのジャケットに白のカットソーと黒のパンツを合わせると堅苦しすぎないキレイめコーデに仕上がります。足元にバブーシュシューズで大人っぽさをプラスすると、お食事デートにもピッタリな大人コーデの完成です。
ジャケット(カーキ)の着こなし方
ミリタリーなイメージになりがちなカーキのジャケットは、濃い色のボトムスと合わせるとキレイに着こなすことができます。インディゴのデニムパンツとレザートレッキングスニーカーで男らしいキレイめコーデの完成です。
ジャケット(ネイビー)の着こなし方
ネイビーのジャケットはスマートな印象に仕上げやすいアイテムです。そこにあえてダメージ加工のデニムパンツを合わせると真面目さがほど良く抜けたキレイめカジュアルに仕上がります。足元にはレザーブーツを合わせます。
ジャケット(ベージュ)の着こなし方
ベージュのジャケット、Vネックニット、デニムパンツ、トレッキングスニーカーの組み合わせでデートにも街歩きにも外しのない大人カジュアルスタイルに。さらにキレイめに仕上げたい場合は、襟付きシャツがおすすめです。
ジャケット(赤)の着こなし方
赤のジャケットはホワイトとベージュでコーディネートすると配色良く仕上がります。さらに黒のアイテムを取り入れれば全体にまとまりのあるベストコーディネートに。ジャケットに合わせてスタイルを決めるとGOOD。
ジャケット(青)の着こなし方
青のジャケットは派手になりすぎないようにインナーやボトムスにはダークカラーを合わせます。さらにアクセントカラーとしてホワイト系のアイテムをプラスすればベストです。ブルーとホワイトの色合いが、爽やかな印象に。
ジャケット(キャメル)の着こなし方
キャメルカラーのジャケットは、いろんなカラーやスタイルとマッチするハードユーズ必須のアイテムです。オフのカジュアルスタイルはもちろん、スラックスパンツとも相性良し。キャメルカラーが大人の魅力を引き立てます。
ジャケット(チェック柄)の着こなし方
チェック柄ジャケットは、合わせるインナーの色選びでスマートに着こなすことができます。インナーにグレーのカットソー、ボトムスにチノパン、足元はスニーカーでまとめたシンプルでオシャレなコーディネートです。
ジャケット(迷彩柄)の着こなし方
迷彩柄のジャケットはカジュアルながらもクールな印象にコーディネートするとカッコよく決まります。さらに迷彩柄と相性の良いデニムパンツと、靴などの黒色アイテムでうまく配色すると崩れのないメリハリのある配色に。
ジャケット(ドット柄)の着こなし方
ドット柄のジャケットはシンプルなアイテムと合わせると派手になりすぎません。デニムパンツとの相性もとても良いです。足元にカジュアルながら軽すぎない黒のスニーカーを合せれば、ドット柄ジャケットコーデの完成です。
ジャケット+カーディガンの着こなし方
ジャケットはお気に入りがあるが、それに合わせるカーディガンが見つからない。コーディネートのコツは、丈と色の組み合わせにあります。テイストの違う素材を上手く重ねて、旬のオシャレコーデを目指します。
ジャケット+シャツの着こなし方
ジャケットの下にどんなシャツを着るかは、重要なオシャレポイントです。ジャケットをフロントオープンで着た時に、シャツをカッコ良くスタイリッシュに見せるための着こなしについて、ご紹介します。
ジャケット+カットソーの着こなし方
カットソーにジャケットを羽織る人は多いと思いますが、手持ちのジャケットにどんなカットソーを合わせるかで印象は大きく変わります。いつものジャケットをよりカッコ良く見せるカットソー選びが大切です。
ジャケット+セーターの着こなし方
ジャケットとニットセーターの組み合わせは定番ですが、定番すぎてイマイチ垢抜けない印象にもなりがちです。いつものファー付きジャケットをよりオシャレに着こなすためには、思い切って華やか系のニットを選ぶのがおススメです。
ジャケット+デニムパンツの着こなし方
鮮やかな色味に引かれてジャケットを買ったは良いものの、どんなボトムと合わせれば良いのかピンとこない事はよくあります。それ一枚で主役級の存在感があるジャケットには、シンプルなデニムスタイルがぴったりです。
ジャケット+カラーパンツの着こなし方
深みのある色合いのキルトジャケットには、ついデニムばかりを合わせてしまいがちですが、カラーパンツとのコーディネートもおススメです。定番カラーのベージュパンツが、シックなキレイ目スタイルに決まります。
ジャケット+カーゴパンツの着こなし方
ナイロンジャケットにカーゴパンツのコーディネートは定番中の定番ですが、着こなしによってはルーズになりがちです。手持ちのジャケットにぴったりのカーゴパンツをチョイスすれば、隙のないカジュアルスタイルの完成です。
ジャケット+サルエルパンツの着こなし方
ルーズなスタイルが人気のサルエルパンツ。大人のキレイめスタイルで着こなすなら、ジャケットとのコーディネートがおススメです。ルーズに見えがちなシルエットをスマートに引き締め、オシャレ感を演出してくれます。
ジャケット+マフラーの着こなし方
寒い冬に重宝するマフラーは、コーディネートを一工夫するだけでオシャレ度をぐんと引き上げてくれます。ジャケットの上から軽くひと巻きで、いつものキレイ目スタイルがさらにランクアップ。デートにもぴったりの着こなしです。
10代20代女性が好むジャケットの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで10代・20代の若い女性が選ぶ、男性に着てほしいジャケットのコーディネート一覧
20代女性が好むジャケットの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで20代女性が選ぶ、男性に着てほしいジャケットのコーディネート一覧
30代女性が好むジャケットの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで30代女性が選ぶ、男性に着てほしいジャケットのコーディネート一覧
40代女性が好むジャケットの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで40代女性が選ぶ、男性に着てほしいジャケットのコーディネート一覧
20代男性が選ぶジャケットの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで20代男性が選ぶジャケットのコーディネート一覧
30代男性が選ぶジャケットの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで30代男性が選ぶジャケットのコーディネート一覧
40代男性が選ぶジャケットの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで40代男性が選ぶジャケットのコーディネート一覧

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP