北海道 鉄道旅行 服装

北海道へ鉄道旅行に行った時の服装 体験談(1月)

北海道へ鉄道旅行に行った時の服装 体験談(1月中旬)

1月半ばの北海道に鉄道旅行に行った時の事です。北海道に行くのは初めてでして、
真冬なので寒さ対策はしっかりと行おうと思いました。しかし、鉄道での移動がメインで
したので、北海道の鉄道はかなり暖房が利いているという情報を得て、車内での服装、
車外での服装となるべく脱ぎ着が容易である服装を心掛ける事にしました。

 

車内用としてはトレーナーとウールのスラックス、バッグに車外用として厚手のセーター、
防水性の軽めのジャンパー、そして靴は雪対策としてトレッキングシューズにしました。
実際に旅行で北海道に着いてみると、車内は確かにしっかりと暖房が利いていました。
トレーナーでも暑いぐらいです。しかし、それよりも薄手の服では駅に着いた時のドアの
開け閉めで気温が下がるので、トレーナーぐらいが丁度良かったと思います。

 

暑くて汗をかく時がありますので、下着は予備を持って行った方が良いと思います。
外に出ると、確かに真冬の北海道は寒かったです。セーターは良かったのですが、
ジャンパーでなくもう少し厚手のジャケットが良かったと思いました。

 

最後に靴ですが、路面が凍結していますので、靴底がプレーンな物は危険です。
なるべくトレッキングシューズなど、滑らない物を履いていくのが良いと思いました。

 

(50歳 男性 茨城県在住)

 

 

 

北海道旅行の服装 体験談一覧 へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加



ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP