着丈とは

着丈とは

着丈

着丈とは

 

着丈は、襟の後ろから服の裾までの寸法です。ちょうど首のグリグリが
あるところから測ります。

 

特にTシャツやパーカ、シャツ、コートなど、上着を選んだり仕立てたり
するときに重要になってきます。試着ができないネットショッピングの場
合、商品詳細の着丈をチェックして着たときにどのくらいの長さになる
のかをしっかりイメージして買うようにします。

 

コートは着丈で選ぶ

 

冬のカジュアル、ビジネス、フォーマルとどんなときにも欠かせない
ファッションアイテムといえば、コートです。コートは目的に応じて
異なる着丈で選ぶのもひとつのポイントです。

 

短い着丈のコートは軽やかなイメージがありますから、フォーマル
やビジネスには不向きで、カジュアルやスポーツに向いています。

 

ビジネススーツの上に着るコートはひざ丈がベストと言われており、
他の場合でもジャケットよりは長めにするのが大切です。

 

着丈選びはネックラインに注意

 

ジャケットやシャツなどはネックラインが着丈に影響することはあまり
ありませんが、カットソーは襟ぐりのカットによって着丈が異なってきます。

 

首周りの開きが大きいラウンドネックに比べて、首の詰まったクルーネック
は着丈が長くなる傾向にあります。ネックラインのデザインにも注目して
商品を選ぶのもいいですね。

 

テーラードジャケットの着丈

 

テーラードジャケットは寒い冬だと上からコートを着ることもあるので、
ジャストサイズを選ぶのが大事です。肩幅なども大事なのですが、
着丈も注意したいポイントのひとつです。

 

長すぎるとまるでスーツのジャケットを着ているようになるので、後ろ
から見てちょっとお尻に掛かるぐらいの着丈がベストになります。

 

また、コーディネートによっても適している着丈は異なるので、自分が
やりたい着こなしを頭に入れて、どこぐらいの着丈がいいのかを考え
るのも良いですね。

 

 

着こなしガイド TOPページへ

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


着丈とは関連ページ一覧

袖丈とは
上着をジャストフィットで着るには袖丈も重要なポイントですが、いったいどこからどこまでのサイズなのかはっきり分からない人もいます。ここでは袖丈について説明しています。
肩幅とは
男性は女性よりも比較的肩幅が広く、男性用の服も大きめに作られています。特に体型ががっちりした人は上着を合わせるのが大変なようです。ここではそんな肩幅について説明しています。
胸囲とは
スポーツをしている人は胸囲が普通よりも発達していて、標準サイズの服がきつくなってしまうことがあります。胸囲の測り方、人よりも胸囲が大きい人の服選びなど色々とまとめています。
ゆき丈とは
胸囲や胴囲は耳に馴染みがあるものの、ゆき丈はあまり聞いたことがないという人も多いのではないでしょうか?ここではシャツ選びに役立つゆき丈の詳細について説明しています。
ウエストとは
ボトムスを選ぶ上で重要なのがウエストサイズですが、男性は自分の正確なウエストサイズを知らない人もいます。ウエストとはいったいどの部分のサイズなのか、詳細を説明しています。
ヒップとは
男性は女性に比べると、ヒップが小さめの傾向があります。その体形の違いもあり、同じようなファションアイテムでも男性用と女性用ではラインが異なります。ここではヒップについて説明しています。
股上とは
ボトムスの股上の深さは時代によっても大きく移り変わり、ファッションの流行を感じさせます。同じようなアイテムでも股上次第で印象が異なります。ここではそんな股上の詳細について、説明しています。
股下とは
脚が長いとスタイルがよく見え、ファッションもカッコよく決まる印象があります。ロングボトムスを選ぶ上で股下は重要なポイントですが、ここでは股下について説明しています。 女性の場合はヒップの付き方が欧米と日本で異なるので、より脚の長さの差があるように思えます。
わたりとは
服のサイズ表記の中に、わたりというものがありますが、いまいちピンとこないという人も多いのではないでしょうか。ここでは服のサイズのわたりについて、詳細を説明しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP