ドット柄とは

ドット柄とは

ドット柄

ドット柄とは

 

ドット柄は水玉模様のことです。
小さな丸も大きな丸も連続した模様は、すべてドット柄です。

 

シャツ(ドット柄)の着こなしはこちら

 

ドット柄の種類

 

ドット柄はその大きさによって種類が分けられます。

 

【ピンドット】
直径1〜2ミリの丸柄が連続した模様のことです。
ピンドットのように水玉が小さなものは、落ち着いたイメージがあります。

 

【コインドット】
水玉が直径2〜3センチぐらいのものです。

 

【ポルカドット】
ピンドットとコインドットの間ぐらいの大きさで、極めてオーソドックスな水玉模様です。

 

ビジネスシーンにもあるドット柄

 

ドット柄も水玉の大きさを選べば、ビジネスファッションに取り入れることもできます。
ピンドット柄はトラッドな着こなしにもあるので、オフィスに着ていくネクタイの柄として
も最適です。ポルカドットでも色を落ち着いた色にして比較的小さな柄を選べば、
スーツに合わせることができます。

 

 

着こなしガイド TOPページへ

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


ドット柄とは関連ページ一覧

無地とは
Tシャツや靴下、シャツなど、無地の服は組み合わせのバリエーションがあるので、数を多めに持っていると非常に便利ですね。ここではそんな無地について、色々と説明しています。
迷彩柄とは
迷彩柄はミリタリーファッションの定番模様ですが、そのバリエーションは驚くほど多く、最近ではファッショナブルになっています。ここではそんな迷彩柄について、色々と説明しています。
チェック柄とは
ポップなイメージとは裏腹に、とても歴史のある伝統的な模様のチェック柄は、非常に種類が豊富です。ここではそんなチェック柄の特徴や歴史、種類などについて、色々と詳しく説明しています。
花柄とは
メンズファッションにはあまり縁の無いように思える花柄ですが、最近ではカジュアルファッションアイテムに使用されることが目立ってきました。ここでは花柄について、色々と説明しています。
ボーダー柄とは
マリンファッションには欠かせないボーダー柄は、その太さによってもイメージが大分変わります。ここではそんなボーダー柄の特徴や種類について、色々と詳しく説明しています。
小紋柄とは
洋服に用いられる模様やデザインの中には、日本の着物からインスピレーションを得た者が多くあります。小紋柄もその一つで、ここではその小紋柄の特徴や種類などについて、色々と説明しています。
千鳥柄とは
千鳥柄はレディースのスーツなどによく用いられますが、メンズファッションでもパンツやコートなどにもちいられることが多いです。ここではその千鳥柄について、詳しく説明しています。
ストライプ柄とは
洋服に用いられる模様は非常に多くの種類がありますが、その中でもストライプは馴染みの深い柄の一つです。ここではストライプ柄の特徴や種類などについて、色々と詳しく説明しています。
ジャガード柄とは
冬はファッションを楽しむ最適な季節で、様々な色や柄を楽しむことができます。その中でも冬にピッタリな柄と言えば、ジャガード柄です。ここではそんなジャガード柄について、説明しています。
アーガイル柄とは
アーガイル柄はスクールファッションにも良くあいますが、トラッドな大人のメンズファッションに取り入れることもできます。ここではアーガイル柄の特徴について、詳しく説明しています。
ノルディック柄とは
冬の防寒具としてニットは欠かせませんが、編み込み模様や立体的な網目など、様々な柄があります。ノルディック柄もニットの模様で有名ですが、ここではノルディック柄について色々と説明しています。
プリント柄とは
ファッションアイテムに施される模様は、編み込み模様、織目模様などのほかにプリント柄があります。プリント柄だと様々な模様を施すことができます。ここではプリント柄について、色々と説明しています。
和柄とは
日本風のデザインは外国人に人気がありますが、その良さに日本人でも気付いて和側ブームが起きています。ここではそんな和柄の特徴やモチーフの種類など様々な事柄について説明しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP