収縮色とは

収縮色とは

収縮色

収縮色とは

 

膨張色の反対で、実際の面積より小さく見せる効果のある色を収縮色
と呼びます。暖色よりも寒色の方が収縮効果があるとされています。

 

明度と収縮色

 

色の明るさを示すのが明度ですが、明度が低いとより収縮効果がアップします。
例えば明るいブルーのカラーデニムを着るよりも、インディゴブルーのデニムパンツを
穿いた方が下半身はスッキリと見せることができます。

 

効果的な収縮色の使い方

 

収縮色は体型カバーに役立つ色ですが、上から下まで黒づくめにすると重たく
暗いイメージになるだけです。効果的に着やせ効果を狙うなら、特に気になる
部分に収縮色を持ってきて、違う場所にはやや膨張する色や明度の高い色
を持ってきます。

 

メリハリを持たすことで、より収縮効果をアップできます。

 

 

着こなしガイド TOPページへ

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


収縮色とは関連ページ一覧

差し色とは
色合いが暗くなりがちな平凡なコーディネートでも、差し色が加わるだけでイメージがガラッと変わります。ここでは差し色の意味やポイントなど、詳細について説明しています。
バイカラーとは
バイカラーはここ最近聞かれるようになったファッション用語ですが、いまいち正しい意味が分からないという人も多いのではないでしょうか?ここでは今更人に聞きづらいバイカラーについて説明しています。
パステルカラーとは
春のコーディネートに欠かせないパステルカラーですが、レディースファッションだけではなくメンズファッションでも広く用いられます。ここでは、パステルカラーの詳細について説明しています。
パーソナルカラーとは
カラーコーディネートは流行りの色を持ってくるのも大事ですが、個人によって似合う色が異なるので、パーソナルカラーを意識するのも大切です。ここではパーソナルカラーの詳細について説明しています。
ビビッドカラーとは
ファッションコーディネートをするときにカラーコーディネートはとても大事なポイントで、ビビッドカラーを上手に着こなせればかなりのオシャレ上級者です。ここではビビッドカラーの詳細について説明しています。
膨張色とは
ファッションコーディネートを上手にするには、色の持つ効果を把握するのが大切です。色の合わせ方で、体型が違って見えるからです。ここでは色の中でも膨張色について説明しています。
暖色とは
季節を考えたファッションコーディネートを考えるときには、暖色の持つ効果を知っていると便利です。ここではそんな暖色の特徴や使い方など、詳細について説明しています。
寒色とは
暑い季節には涼しげなファッション、寒い季節には暖かいファッションをしますが、色使いによってより効果をアップすることができます。ここでは夏に便利な寒色の詳細について説明しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP