ミニ襟とは

ミニ襟とは

ミニ襟

ミニ襟とは

 

ミニ襟は、シャツやポロシャツに付いた襟が小さめなタイプを指します。
チビ襟と呼ぶこともあります。

 

ミニ襟のワイシャツ

 

80年代はストンとした太めのラインのスーツが流行りましたが、最近では
カジュアルファッションだけではなくスーツまで細身の傾向が見られます。

 

そのスーツの細身化に合わせて、インナーとして着るシャツの襟も小さくなって
きました。通常だと前襟が7センチから8センチぐらいあるのですが、ミニ襟タイプ
だと5.5センチです。

 

ミニ襟のワイシャツを着るなら、スーツもネクタイも細身で合わせます。
ただし、あまりにも細すぎるラインはビジネスシーンには合いませんので、
着るシチュエーションを考えてから選ぶのが大切です。

 

ミニ襟のポロシャツ

 

メンズファッションでミニ襟がよく見られるアイテムは、ポロシャツです。
ミニ襟のポロシャツは全体的な服のラインも細身で、若い世代に人気があります。

 

ポロシャツは前ボタンを締めず開襟して着ることも多いですが、ミニ襟は上まで
閉じて細身を強調する着こなしもできます。ただし、顔が丸いと詰まった襟は
あまり似合いませんので、上までボタンを締めるのは避けた方が無難です。

 

 

着こなしガイド TOPページへ

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


ミニ襟とは関連ページ一覧

スタンドカラーとは
全てのシャツの襟の原型にもなっているスタンドカラーは、シャツだけではなくアウターにも用いられることがあるオーソドックスな襟です。ここではスタンドカラーについて説明しています。
クレリックカラーとは
シャツの襟の形のひとつであるクレリックカラーは、単調になりがちなジャケットとシャツの組み合わせでも気分を変えることができます。ここではクレリックカラーについて説明しています。
ボタンダウンカラーとは
カジュアルファッションやジャケットスタイルをほどよくカジュアルダウンさせるときにも便利なのが、ボタンダウンカラーです。ここではボタンダウンカラーについて説明しています。
ラウンドカラーとは
シャツの襟は形によってビジネスやフォーマルにふさわしいもの、そうでないものに分かれますが、ラウンドカラーはカジュアルよりです。ここではそんなラウンドカラーの詳細について、説明しています。
ワイドスプレッドカラーとは
レギュラーカラーに次いで馴染みのあるシャツの襟といえば、ワイドスプレッドカラーです。ビジネススーツにもよく合う形ですが、ここではそんなワイドスプレッドカラーについて説明しています。
ショールカラーとは
ジャケットなどアウター用の襟としてよく用いられるショールカラーは、フォーマルシーンでも見かけることがあります。ここではそんなショールカラーについて、説明しています。
二枚襟とは
限られたスーツファッションの中で、個性を演出できる部分といえば襟元です。特にシャツの二枚襟は、キレイ目ファッションを好む男性の中で注目されています。ここでは二枚襟について説明しています。
襟ぐりとは
洋服の襟ぐりには様々な種類があり、それぞれに異なった印象があります。顔の形や体型によってもフィットするデザインがありますね。ここではそんな襟ぐりについて説明しています。
Vネックとは
Vネックのトップスは、大人っぽいコーディネートや涼しげなコーディネート、または重ね着ファッションにと便利に活用できます。ここではそんなVネックの詳細について説明しています。
Uネックとは
あまりシルエットに変わり映えしないように思えるTシャツでも、実は襟ぐりの形にバリエーションがあります。ここでは襟ぐりの形の一種であるUネックについて説明しています。
ハイネックとは
トップスの襟ぐりの種類の一種であるハイネックは、実用的な面だけではなく、ファッション面でも注目され始めています。ここではそんなハイネックの詳細について説明しています。
ボリュームネックとは
単調になりがちなメンズファッションも、襟ぐりに工夫を凝らしたデザインで遊び心を感じさせるアイテムがあります。ここでは襟ぐりのデザインのひとつであるボリュームネックについて説明しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP