アパレル 用語

その他ファッション用語集

その他ファッション用語集記事一覧

アウターとは

アウターとはアウターは、外側に着る上着・トップスのことです。アウターウェアと呼ぶこともあります。例えばジャケット、パーカ、カーディガン、コートなど、これらはすべてアウターウェアです。アウターを選ぶ時のポイントアウターは下にインナーを重ねて着るものなので、どれだけ着こむかを計算してサイズを選ぶのがポイ...

≫続きを読む

 

アパレルとは

アパレルとはアパレルとは、衣服、アクセサリーなど服飾全般をまとめて指す言葉です。英語のスペルは「apparel」と書きます。アパレルの語源と歴史「apparel」とは、装うという意味の古語が語源となっています。転じて衣服や服装のことをアパレルと呼んでいたのですが、広い意味で靴やアクセサリーなども含め...

≫続きを読む

 

アンダーウェアとは

アンダーウェアとはアンダーウェアは、下着や肌着と呼ばれるものです。肌に直接身に付け、上に着る服の汚れを防ぐ目的があります。それだけではなく肌を摩擦から防ぐ、保温する意味もあります。アンダーウェアの素材アンダーウェアは肌に直接身に付けるものなので、肌触りがよく無くてはいけません。吸湿性や通気性も必要な...

≫続きを読む

 

インナーとは

インナーとはインナーは、内側に着る服のことを指します。下着や肌着と同じ様に使うことも多いですが、シャツの中に着るTシャツやタンクトップ、カットソーのことをインナーと呼ぶことも多いです。アウターがコートの場合は、ジャケットやブルゾンがインナーになることもあります。インナー選びのポイントデニムジャケット...

≫続きを読む

 

イメチェンとは

イメチェンとはイメチェンは、イメージチェンジの略です。つまり、周囲に与えるイメージを変化させることを指します。コンタクトレンズでイメチェンする方法人により、目が悪いわけでもないのに、伊達メガネをして知的なイメージにする人がいます。目元の印象は、その人の大部分のイメージ付けをする重要なポイントになるか...

≫続きを読む

 

ウォームビズとは

ウォームビズとはウォームビズは、できるだけ寒い冬でも暖房に頼りすぎない生活をしようと試みる運動のことです。職場の暖房設定温度を低くし、CO2排出量の削減をしようとするのが目的です。クールビズの冬バージョンで、環境省が提唱し始めました。暖かい服装をするだけではなく、食事や飲み物で工夫する方法もあります...

≫続きを読む

 

オフィシャルとは

オフィシャルとは通常、オフィシャルは「公式・公・公認」という意味で使用されます。例えばタレントなどの公式なグッズを、オフィシャルグッズと呼びます。ファッション業界では、通勤や仕事着など服を着るシチュエーションを指す言葉として使用されることが多いです。冠婚葬祭はフォーマル、オフタイム(仕事じゃ無い時間...

≫続きを読む

 

オフスタイルとは

オフスタイルとは休日や休暇のことをオフタイムと呼びますが、その休暇にふさわしいファッションをオフスタイルと呼びます。オフスタイルのポイント普段はスーツとネクタイで仕事着をバッチリきめている人も、休暇となると肩の力を抜きたくなります。しかし、単に楽な格好をしてしまうだけでは、オシャレには程遠くなります...

≫続きを読む

 

オンリーショップとは

オンリーショップとはひとつのメーカーやブランドの商品だけを取り扱うショップの形態を、オンリーショップと呼びます。日本独自の名称で和製英語です。複数のブランドを取り扱う店は、セレクトショップと呼びます。特定のブランドだけを扱うことから、専門店という呼び方もします。オンリーショップと直営店オンリーショッ...

≫続きを読む

 

カジュアルダウンとは

カジュアルダウンとはカジュアルダウンは、いつものファッションにカジュアルなアイテムを加えて、よりラフな感じを出す着こなし方です。ちょっとキレイ目な服でも一つカジュアルテイストの強いアイテムと合わせることで、カジュアルダウンができます。カジュアルダウンの具体例男性のキレイ目ファッションといえば、白いシ...

≫続きを読む

 

カジュアルアップとは

カジュアルアップとはキレイ目の服を着崩してカジュアル感を出すことは、カジュアルダウンと呼びます。その反対で、カジュアルな装いをベースにしてキレイ目感や質感をアップさせるコーディネートや服の加工を、カジュアルアップと呼ばれていることがあります。カジュアルアップの認識の違いは、人それぞれですが、グレード...

≫続きを読む

 

カラーバリエーションとは

カラーバリエーションとはひとつの商品に対して、何色も違った色の品ぞろえがある場合は、カラーバリエーションが豊富といいます。近年は染色の技術が進化しているので、洋服のカラーバリエーションはほぼ無限に近くなるほど豊富です。また、茶色や黒、ベージュぐらいの色のイメージしか無かった革製品も、赤やピンク、黄色...

≫続きを読む

 

クールビズとは

クールビズとはクールビズは、夏場にオフィスで涼しい格好をして、エアコンの設定温度を高めにして環境対策をしようとするものです。2005年に環境省が発表して、設定温度が高めの室内でも快適に過ごせるような服装の提案がありました。coolとbusinessの略語であるbizを掛けあわせた造語で、今ではかなり...

≫続きを読む

 

シックとは

シックとはファッションで使うシックは、「chic」と書きます。これはフランス語が語源となっており、粋な、洗練されているという意味があります。洗練されていて上品、落ち着いたセンスのあるファッションを、シックなファッションと呼びます。メンズのシックファッションシックなファッションの基本は、余計なものが加...

≫続きを読む

 

シチュエーションとは

シチュエーションとは例えば初めて彼女とデートする時のファッション、面接の時にふさわしいコーディネートなど、そのときの状況に合わせたファッションのことを、シチュエーションにあったファッションと呼びます。TPOに合ったファッションと呼ぶのに似ています。彼女と初めてデートするシチュエーションなら、こだわり...

≫続きを読む

 

シャーリングとは

シャーリングとはシャーリングは服を仕立てる時の技術の名前で、細かいギャザーが入るような縫い方のことです。シャーリングの種類シャーリングには、いくつか種類があります。【ミシンによるシャーリング】ミシンは上糸と下糸が絡んで縫っていくのですが、下糸を引っ張ると細かいシワができます。その仕組みを活かし、ある...

≫続きを読む

 

シルエットとは

シルエットとはシルエット(silhouette)は、フランス語が語源となっています。影絵のように中が黒く塗りつぶされた絵を指すのですが、それから転じて物の形や輪郭を指すようになりました。ファッション用語では、服そのものの形やデザイン、着たときの輪郭をシルエットと表現します。パンツ・ボトムスのシルエッ...

≫続きを読む

 

スタイリッシュとは

スタイリッシュとはスタイリッシュ(stylish)という単語の意味を調べてみると、洗練されている様ですとか風情、優雅さなどと書かれています。ファッション用語として用いる場合には、流行に合っている様やハイセンス、かっこいいといったような意味があります。スタイリッシュなファッションスタイリッシュなファッ...

≫続きを読む

 

セットアップとは

セットアップとはセットアップは、組み立てという意味があります。単品売りしているジャケットとボトムスを組み合わせてスーツにするものをセットアップスーツと呼びます。もしくは上下揃いのことをセットアップと呼ぶこともあります。セットアップのメリット体型には個人差があり、同じ身長・体重であっても胸囲と胴囲に差...

≫続きを読む

 

セレクトショップとは

セレクトショップとはセレクトショップは特定ブランドの商品だけを扱うのではなく、様々なブランドやデザイナーの製品を取りそろえて販売するショップのことです。セレクトショップ一覧はこちらバイヤーと呼ばれる担当が商品を買い付けて、店内で販売する商品を集めます。すべて外部から取り揃える場合もあれば、自社オリジ...

≫続きを読む

 

セレオリとは

セレオリとはセレオリは、セレクトショップのオリジナルという意味があります。通常セレクトショップは店のコンセプトに沿って、様々なブランドやデザイナーの商品を集めて販売する形態です。その中で自社オリジナルの商品もセレクトした品と一緒に売り出そうとしたのが、セレオリです。セレオリの代表的なブランドセレオリ...

≫続きを読む

 

タイトとは

タイトとはタイト(tight)はキツイ、固い、密着したという意味があり、ファッションにおいてはピッタリとした細めの服やファッションのことを指します。タイトなファッションの流行り変わり映えしないように思える男性のビジネススーツですが、実は時代によって大きくデザインが変わっています。バブル全盛期の80年...

≫続きを読む

 

チラ見せとは

チラ見せとはチラ見せは、言葉の通りちらっと見せることです。肌やインナーを少しだけ見せるのが、チラ見せファッションです。チラ見せファッションのポイントチラ見せコーディネートを楽しめるポイントは、襟元、足首、腰、袖の4か所です。色の組み合わせや違う素材の組み合わせで、チラ見せして楽しめます。【襟元】ダー...

≫続きを読む

 

ディティールとは

ディティールとはディティールは細部・詳細などを意味し、服や靴、小物などの細かい部分のデザインのことをディティールと表現します。ファッションのディティールディティールは細部のデザインのことなので、服の第一印象を決定づけるものではありません。しかし、実際に着るときにはとても重要なポイントになります。例え...

≫続きを読む

 

トレンドとは

トレンドとはトレンドは、流行や傾向、動向という意味があります。ファッション関連で使われるときには、一時的な流行という意味以外にも、長期に渡ってユーザーが求めるものや傾向ということを指すこともあります。トレンドはどこから生まれるのかカラーやデザインなど、毎年トレンドがあります。新しく生まれたトレンドは...

≫続きを読む

 

ドレッシーとは

ドレッシーとはドレッシー(dressy)は華やか、キチンとしている、カジュアルではないファッションのことです。フォーマルシーンで見られるようなファッションが、ドレッシーです。ドレッシーなメンズファッションフォーマルシーンのメンズファッションは、ドレッシーよりもシックといったイメージが強いのですが、オ...

≫続きを読む

 

ドレーピングとは

ドレーピングとはドレーピング(draping)は、立体裁断のことです。立体裁断に対して平面裁断がありますが、これはメジャーで測ったサイズを元に平面で製図・裁断していく方法です。ドレーピングは人台と呼ばれる模型に直接布を当てていき、立体的に裁断していく技術のことです。ドレーピングのメリット・デメリット...

≫続きを読む

 

バイアスとは

バイアスとはバイアス(bias)は、斜めとか斜線という意味があります。斜めに走ったストライプはバイアスストライプ、生地を斜めに切ることはバイアスカットと呼びます。バイアスカットの特徴通常服を作る時には、織目に対してできるだけ平行に布を裁断します。それをあえて斜めに裁断することを、バイアスカットと呼び...

≫続きを読む

 

バイヤーとは

バイヤーとはバイヤーは、「buyer」と書きます。直訳すると購入者のことですが、肩書きとして使う場合は、仕入れ担当者のことを指します。個人輸入で海外から品物を買い付けて販売する人も、バイヤーです。アパレル業のバイヤーの仕事内容個人輸入のイメージから、バイヤーは世界中を飛び回っていると思う人もいるかも...

≫続きを読む

 

パイピングとは

パイピングとは布の端を別の素材やバイアステープでくるんで縫い、縁取りをしたデザインのことです。パイピングのメリットパイピングは切りっぱなしの生地の端をバイアステープでくるむので、ほつれにくくなるメリットがあります。実用的なメリット以外にも、デザイン的な要素も高いです。ごく普通のジャケットなどでもパイ...

≫続きを読む

 

フィッティングとは

フィッティングとはフィッティングとは、服を選ぶときに試しに着てみて、サイズやデザインを確かめる行為のことです。つまり試着のことで、試着室はフィッティングルームと呼びます。またはフィッターやスタイリストなど専門の人に、サイズやデザインを選んでもらうことを指すこともあります。服を仕立てるときの仮縫いの段...

≫続きを読む

 

フェイクレイヤードとは

フェイクレイヤードとはフェイクとは偽物、模造品という意味があります。フェイクファーは毛皮に見せかけた作りものということですね。つまり、フェイクレイヤードとは、1枚でレイヤード(重ね着)に見せるアイテムのことです。フェイクレイヤードのアイテムフェイクレイヤードが多く見られるのは、カットソーです。U首や...

≫続きを読む

 

ユニセックスとは

ユニセックスとはユニセックスは、男女どちらでも使用できるアイテムのことです。男女兼用と呼ばれることもあります。ユニセックスのファッションアイテム香水などでもユニセックス仕様のものが増えていますが、それだけはなくファッションアイテムでも色々とあります。例えばTシャツやパーカ、トレーナーなどスポーティー...

≫続きを読む

 

モノトーンとは

モノトーンとはモノトーンのモノ(mono)には単一、一つのという意味があります。白黒、もしくはグレーを用いた無彩色のみの配色を、モノトーンと呼びます。英語圏の場合は、青と水色のように同じ色味を用いた配色もモノトーンになります。モノトーンのメリット・デメリットモノトーンの服はなんにでも合わせやすい色味...

≫続きを読む

 

ラフとは

ラフとはラフは粗っぽい、大まかという意味を含んでいます。ファッションにおいては、堅苦しくない、楽というイメージがあります。ラフなファッションとはカジュアルファッションはキレイ目もあればアメカジもあります。ダメージのないストレートジーンズにテーラードジャケットはカジュアルファッションにも入るのですが、...

≫続きを読む

 

ルーズとは

ルーズとはルーズ(loose)とは、だらしない、ゆったりしているという意味があります。だらしない印象がある服装をルーズということもありますが、ゆったりしたラインの服や着こなしを、ルーズファッションと呼びます。一昔前に女子高生のあいだで流行ったルーズソックスも、ここからきています。ルーズなファッション...

≫続きを読む

 

レイヤードとは

レイヤードとはレイヤード(layered)は、層にした、重ねたという意味があります。ファッションにおいてのレイヤードは、複数のアイテムを重ね着することです。ただ単に重ね着するのではなく、下に着ているアイテムが一部見える状態になっていて、層になっているのが特徴です。メンズファッションのレイヤードメンズ...

≫続きを読む

 

ロールアップとは

ロールアップとはロールアップは、巻き上げるという意味があります。ファッションだとシャツの袖、靴下、パンツの裾などを巻きあげることを、ロールアップと呼びます。ロールアップシャツの着こなしはこちらパンツのロールアップメンズのロングボトムスの裾から足首が見えるのは、以前ならダサいと呼ばれてしまうような着こ...

≫続きを読む

 

ベーシックとは

ベーシックとはベーシック(basic)は基本・基礎のことで、ファッションでは基本のコーディネートやアイテムのことを指しています。メンズのベーシックファッションベーシックなファッションスタイルは、シンプルで無難なファッションと言えます。無難なファッションなんてつまらないという人もいますが、基本的なファ...

≫続きを読む

 

型崩れとは

型崩れとは洋服が新品のときの形から崩れてしまうことを、型崩れと呼びます。あまりいい意味ではなく、見た目も悪くなってしまいます。服の型崩れが起きてしまう要素洋服の型崩れは、縫製の不具合など元々崩れやすい要素を持っているものもあれば、生地の性質上崩れやすいものもあります。プラスチックや金属とは違い繊維は...

≫続きを読む

 

着こなしとは

着こなしとは着こなしは、洋服の着方のことを指します。上手に洋服を着られていない場合は着こなせていない、センスよく上手に着ている場合は着こなしているといいます。着こなしのポイント同じファッションアイテムでも、着こなしが上手な人とそうではない人では、イメージが全く違います。着こなしのポイントは流行を追う...

≫続きを読む

 

着回しとは

着回しとはジャケット、インナー、ボトムスなど複数のアイテムを何通りもの組み合わせをして着ることを、着回しと呼びます。または一つのアイテムでもアクセサリーや小物との組み合わせによって、違うイメージの組み合わせを作ることを着回しと呼びます。着回しが利くとは?様々な組み合わせを楽しめるアイテムを、着回しが...

≫続きを読む

 

着くずれとは

着くずれとは着くずれは着物の着付けが崩れてしまうときによく使いますが、洋服の場合は服自体がくたびれてしまうことを着くずれと呼びます。気に入った服を何度も着ているうちに、首周りや裾、袖口が緩んでだらしなくなってしまうことも、着くずれです。洋服の着くずれを防ぐコツどんなにデザインの良いアイテムでも、生地...

≫続きを読む

 

着ぶくれとは

着ぶくれとは服を重ねて着ることによって、体が厚ぼったくなる様を着ぶくれと呼びます。冬は寒さを防ごうとして重ね着をしますが、冬服の素材が厚めのものが多いので、気を付けないと着ぶくれし過ぎてしまいます。着ぶくれしやすいアイテム着ぶくれしやすいアイテムといえば、ダウンジャケットが挙げられます。ダウンジャケ...

≫続きを読む

 

着やせとは

着やせとは着やせは、服を着ると実際より痩せて見える様のことです。反対に服のせいで実際より太って見えるのは、着太りと呼びます。着やせはオシャレの原点服の着こなしで実際より痩せて見えるのは、コーディネートが上手で自分に似合うものがよく分かっているということが言えます。つまり、自分の欠点をカバーするように...

≫続きを読む

 

ぬけ感とは

ぬけ感とはファッションをきめ過ぎると堅苦しくなりますが、どこかリラックスできる雰囲気を出すことをぬけ感と呼びます。はずしと呼ぶこともあります。ぬけ感ファッションの具体例ジャケットとシャツ、ネクタイといった組み合わせは、大人っぽいものの堅苦しいイメージがあります。もちろんビジネスシーンではそれでいいの...

≫続きを読む

 

季節感とは

季節感とはファッションの季節感とは、季節に合わせたファッションをするということです。冬には冬、夏には夏を感じさせるファッションは、季節感を取り入れていると言えます。季節感を無視したファッション季節感が無いファッションは、その季節の気候に合わない素材の服を着たり、カラーコーディネートをしたりすることで...

≫続きを読む

 

清潔感とは

ファッションの清潔感とはファッションにおける清潔感とは、見た目にも清潔でキチンとした印象があることです。きれいに洗濯をして清潔であっても、だらしなく見えたら清潔感があるとはいえません。清潔感がないファッション清潔感があるファッションを知る前に、清潔感が無いファッションを知るのも大事です。不潔に見える...

≫続きを読む

 

きちんと感とは

きちんと感とはきちんと感という言葉は、ビジネスシーンにも合うきちんとした格好を表す時に使います。リラックス、ルーズな格好はきちんと感があるとは言えません。きちんと感とクールビズ男性がオフィスできちんと感を出すには、スーツにシャツ、ネクタイを着れば間違いありません。しかし、じめじめした夏でも快適に過ご...

≫続きを読む

 

圧迫感とは

圧迫感とは圧迫感とは、強く押さえつけられる、威圧される、息苦しい感じがすることです。圧迫感があるファッションとは見た目に威圧感や息苦しさがある着こなしか、実際に窮屈な着こなしのことです。圧迫感のある色ファッションで圧迫感を与えてしまうのは、色による効果が大きいです。暖色よりも寒色、淡いトーンより暗く...

≫続きを読む

 

身だしなみとは

身だしなみとは身だしなみは、周囲に不快感を与えないように気を配った服装や行動、言動といった意味があります。単にオシャレにこだわってコーディネートするのではなく、一緒にいる人が不快にならないかが大事です。身だしなみが重視される場所場所によって、身だしなみを重視しなくてはいけないところがあります。まずは...

≫続きを読む

 

Aラインとは

AラインとはAラインは、アルファベットのAに見立てたシルエットにまとめたコーディネートのことを指します。トップスが小さく、下に行くに連れ大きく広がっていくようなシルエットです。男性のスタイルをよく見せる効果があります。メンズファッションのAラインレディースだと肩から裾へ広がっていき、ウエストを絞らな...

≫続きを読む

 

TPOとは

TPOとはTPOは、Time(時)・Place(場所)・Occasion(場合)の頭文字を合わせて作った日本独自の造語です。Oの部分は、Opportunityと言われることもあります。ファッションは時と場合、場所を考えて変えないといけないという意味です。TPOの由来元々はファッション業界が提案した言...

≫続きを読む

 

Vゾーンとは

VゾーンとはVゾーンとはジャケットから覗く胸元辺りのことを指し、その形がV字のようなのでVゾーンと呼びます。カジュアルファッションだけではなく、マンネリがちなビジネスファッションでもオシャレができるポイントです。ビジネスシーンのVゾーンビジネスマンのVゾーンはファッションセンスを主張するポイントでも...

≫続きを読む

 

一枚仕立てとは

一枚仕立てとはジャケットやコートなど裏地が付くアイテムにおいて、芯や肩パッド、裏地など付けずに一枚の布だけで仕立てることを、一枚仕立てと呼びます。一枚仕立てのメリット・デメリットスーツのジャケットやコートには、シルエットが崩れないように芯を入れたり、裏地を付けたりします。きれいなシルエットを保つこと...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP