ステューシーとは

STUSSY(ステューシー)

STUSSY(ステューシー)

STUSSY(ステューシー)とは

 

ステューシーは、1980年にカリフォルニアで設立されたファッションブランドです。
ボードシェイパー(サーフボード職人)のショーン・ステューシーが友人のために
作ったTシャツが原点です。

 

ステューシーの特徴

 

ステューシーはサーフブランドとしてスタートしたので、サーフファッションにある
ラフなアイテムが特徴です。また、サーフカルチャーから生まれたブランドですが、
レゲエミュージシャンやスケーターなど様々なアーティストやそのファンたちに人気
があります。

 

他のブランドとのコラボの盛んに行っており、NIKEとコラボしたトレーナーエンダー
も話題になりました。

 

ステューシーが似合いそうな人

 

ステューシーは10代からも人気があるブランドですが、価格は決して10代の子
が気軽に買えるような設定ではありません。若くないと着られないと感じる人も
いますが、30代になってもステューシーを愛用している人は結構います。

 

Tシャツのサイズがゆったり目なので、タイトシルエットに抵抗がある人でも気軽
に着こなせるようです。

 

ステューシーの人気アイテム

 

ステューシーの原点はTシャツで、やはり人気アイテムもプリントTシャツです。
カラーバリエーションが豊富ですが、やはりブランドロゴがはっきりと入っている
プリントTシャツが定番で人気です。

 

白やグレーなどの涼しげな色もあるので、何枚合っても邪魔になりません。

 

 

着こなしガイド TOPページへ

このエントリーをはてなブックマークに追加


STUSSY(ステューシー)関連ページ一覧

SABLE CLUTCH(セーブル クラッチ)
ベーシックなカジュアルはどんな世代にも人気がありますが、SABLE CLUTCH(セーブル クラッチ)はそんな人たちにピッタリです。ここではそんなセーブルクラッチについて説明しています。
schott(ショット)
様々なブランドがライダースジャケットを製造していますが、正当派が欲しければschott(ショット)がオススメです。ここではそんなショットの詳細について色々と説明しています。
SHAREEF(シャリーフ)
海外のブランドより質のいいドメスティックブランドを好んで着こなす人も多いですが、そんな中でSHAREEF(シャリーフ)も注目されています。ここではシャリーフについて説明しています。
SHELLAC(シェラック)
メンズブランドは昔に比べると全体的にシルエットが細くなっている傾向にありますが、SHELLAC(シェラック)もそんなブランドです。ここではシェラックの詳細について説明しています。
SHIPS JET BLUE(シップスジェットブルー)
セレクトショップにはSHIPS JET BLUE(シップスジェットブルー)のようにオリジナルブランドを手掛けることも多いです。ここではそんなシップスジェットブルーについて説明しています。
SHIPS(シップス)
セレクトショップは国内外にたくさんありますが、日本で有名なショップのひとつがSHIPS(シップス)で、数多くの人に愛されています。ここではそんなシップスの詳細について説明しています。
SILAS(サイラス)
ストリートブランドは何も日本国内だけではなく、SILAS(サイラス)のような海外ブランドも人気があります。ここではそんなサイラスの詳細について色々と説明しています。
SKOOKUM(スクーカム)
アメカジの定番アイテムスタジャンが好きな人にはおなじみのブランドといえばSKOOKUM(スクーカム)です。ここではスクーカムの詳細について色々と説明しています。
some might say(サムマイトセイ)
キレイ目ファッションは女性ウケもよく無難に着こなせますが、そのトータルコーディネートに便利なのがsome might say(サムマイトセイ)です。ここではサムマイトセイについて説明しています。
Subciety(サブサエティー)
ストリートファッションは流行というよりも定番になりつつありますが、そんなジャンルで人気なのがSubciety(サブサエティー)です。ここではサブサエティーについて説明しています。
SUN SURF(サンサーフ)
存在感のあるハワイアンシャツは夏のファッションの必須アイテムですが、SUN SURF(サンサーフ)のアイテムも人気です。ここでは酸サーフの詳細について色々と説明しています。
Supreme(シュプリーム)
スケーターカルチャーは音楽だけではなくファッションにも影響を与え、様々なブランドが生まれました。Supreme(シュプリーム)もそのひとつですが、ここではそのシュプリームについて説明しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP