シェラックとは

SHELLAC(シェラック)

SHELLAC(シェラック)

SHELLAC(シェラック)とは

 

シェラックは、2000年に設立した日本のメンズファッションブランドです。
デザイナーは丸屋秀之氏で、「5351プールオム」のチーフデザイナー
などの実績があります。

 

シェラックの特徴

 

シェラックのブランドコンセプトは「ありふれた常識を覆す。男の本質と
美学を追求し、骨っぽさとその裏側にある色っぽさの共存」です。

 

「SHELLAC」には「打ちのめす、ぶち壊す」という意味を持つスラング
なのだそうです。シェラックの服にはそんな男性の反発心や骨っぽさを
表現しています

 

服の見た目の特徴としては、全体的にシルエットが細めな事が挙げら
れます。

 

シェラックの選び方

 

シェラックは黒を基調としたアイテムが多いですが、青などのカラーも
あります。

 

黒を好んで選ぶ人もいますが、全体に黒を持ってくるのではなく、淡い
色や鮮やかな色を合わせた方が黒も活きます。

 

また、選び方ですが、シャツやレザージャケット、パンツに至るまでかなり
細めのシルエットをしているので、サイズ表記にこだわらず自分の体格を
考えて選ぶのが大切です。

 

 

着こなしガイド TOPページへ

このエントリーをはてなブックマークに追加


SHELLAC(シェラック)関連ページ一覧

SABLE CLUTCH(セーブル クラッチ)
ベーシックなカジュアルはどんな世代にも人気がありますが、SABLE CLUTCH(セーブル クラッチ)はそんな人たちにピッタリです。ここではそんなセーブルクラッチについて説明しています。
schott(ショット)
様々なブランドがライダースジャケットを製造していますが、正当派が欲しければschott(ショット)がオススメです。ここではそんなショットの詳細について色々と説明しています。
SHAREEF(シャリーフ)
海外のブランドより質のいいドメスティックブランドを好んで着こなす人も多いですが、そんな中でSHAREEF(シャリーフ)も注目されています。ここではシャリーフについて説明しています。
SHIPS JET BLUE(シップスジェットブルー)
セレクトショップにはSHIPS JET BLUE(シップスジェットブルー)のようにオリジナルブランドを手掛けることも多いです。ここではそんなシップスジェットブルーについて説明しています。
SHIPS(シップス)
セレクトショップは国内外にたくさんありますが、日本で有名なショップのひとつがSHIPS(シップス)で、数多くの人に愛されています。ここではそんなシップスの詳細について説明しています。
SILAS(サイラス)
ストリートブランドは何も日本国内だけではなく、SILAS(サイラス)のような海外ブランドも人気があります。ここではそんなサイラスの詳細について色々と説明しています。
SKOOKUM(スクーカム)
アメカジの定番アイテムスタジャンが好きな人にはおなじみのブランドといえばSKOOKUM(スクーカム)です。ここではスクーカムの詳細について色々と説明しています。
some might say(サムマイトセイ)
キレイ目ファッションは女性ウケもよく無難に着こなせますが、そのトータルコーディネートに便利なのがsome might say(サムマイトセイ)です。ここではサムマイトセイについて説明しています。
STUSSY(ステューシー)
裏原宿ではドメスティックブランドの勢いがありますが、その中にあって海外ブランドのSTUSSY(ステューシー)は人気です。ここではそんなステューシーについて説明しています。
Subciety(サブサエティー)
ストリートファッションは流行というよりも定番になりつつありますが、そんなジャンルで人気なのがSubciety(サブサエティー)です。ここではサブサエティーについて説明しています。
SUN SURF(サンサーフ)
存在感のあるハワイアンシャツは夏のファッションの必須アイテムですが、SUN SURF(サンサーフ)のアイテムも人気です。ここでは酸サーフの詳細について色々と説明しています。
Supreme(シュプリーム)
スケーターカルチャーは音楽だけではなくファッションにも影響を与え、様々なブランドが生まれました。Supreme(シュプリーム)もそのひとつですが、ここではそのシュプリームについて説明しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP