Rolex(ロレックス)

Rolex(ロレックス)

Rolex(ロレックス)とは

 

ロレックスはスイスの腕時計ブランドです。1905年からの歴史がある高級ブランド
ですが、最初はイギリスで創業されました。ヨーロッパのどの国の言葉でも同じ発音
になるということで、ロレックスと名付けられました。

 

腕時計ブランドでもムーブメントなどは別会社に外注するのが多いですが、ロレックス
はすべて自社一貫製造するマニュファクチュールです。

 

さらに厳しい精度に達した証しであるクロノメーター認定を受けています。スイス国内
で生産される時計の約3%程度だというので、それだけロレックスが高品質な時計だ
ということが分かります。

 

また、ロレックスはメインライン以外にもチュードルというラインがあります。
イギリス王家チューダー家にちなんだ名前で、盾のマークが特徴です。

 

ロレックスのロゴマーク

 

ロレックスの特徴なのが、ロゴマークに用いられている王冠のマークです。
正面の突起は5本あり先端に丸い形が付いています。カエルの手のよう
にも見えますが、実は王冠ではなく職人の5本指をモチーフにしていると
言われています。

 

この王冠マークは偽物対策で、クリスタルの6時側に透かしマークとして
刻印されています。

 

非常に小さな刻印なので、うっかりすると見逃してしまいます。

 

ロレックスの人気アイテム

 

百年以上にも及ぶロレックスの歴史の中では、様々な人気モデルが誕生
しています。その中でも代表的なのが、以下のモデルです。

 

【エクスプローラー】

 

スポーツウォッチの先駆けともいえるモデルです。「探検者」という意味がある
通り、探検家モデルです。Iは実際にエベレスト登頂に成功したエドモンド・ヒラ
リーが装着していたと言われています。

 

クロノメーター認定取得で、現在でも人気です。また、エクスプローラーIIは洞窟
探検家用と言われ、暗い洞窟内でも24時間針で昼夜を判断できるようになって
います。

 

【サブマリーナ】

 

潜水用の時計として、1953年に発表されました。エクスプローラーが陸上用で、
サブマリーナが海上用です。逆回転防止ベゼルを有して酸素ボンベの残量を
知ることができますが、時計回りには回らないようになっています。

 

【デイトナ】

 

デイトナは24時間耐久カーレースの名前から付けられました。
クロノグラフといって、ストップウォッチ機能を持った腕時計です。

 

ロレックスのメンテナンス

 

ロレックスは腕の振りなどで自動的にゼンマイが巻かれる時計です。5年ぐらいは
油を差さなくても平気だと言われていますが、万が一切れてしまえばやはり内部の
機械に負担が掛かります。そのため、定期的なオーバーホールが必要になります。

 

腕時計周囲を専門に扱っている業者もありますが、日本ロレックスに依頼するのが
無難です。

 

ロレックスの特別な価値

 

ロレックスはその昔、船乗りがよく愛用していた時計でした。もちろん正確性と
耐久性も選ばれる理由のひとつではあったのですが、ロレックスの資産価値の
高さが選ばれる理由でもありました。

 

万が一のために備えて金や不動産を購入しておく話はよくありますが、金は重い
し不動産は動かせません。

 

ロレックスは世界中でよく知られている高級時計で、故障した中古でも高値が
つくこともあります。

 

それはロレックスの部品の希少性によるものですが、そのためロレックスは動か
なくなっても欲しがる人はたくさんいます。世界中を旅する船乗りにとって、腕時計
として持ち運びができる資産は手っ取り早かったという理由もあります。

 

ロレックスの呼び方

 

ある程度年齢を重ねた人はROLEXをローレックスと呼ぶ人が多いですが、今は
ロレックスと呼びます。以前は両方の呼び名があったのですが、日本の正規代理
店が「日本ロレックス社」という名称です。

 

そのため、現在ではロレックスと表記するのが正しいとされ、その呼び名も浸透して
いきました。

 

 

着こなしガイド TOPページへ

このエントリーをはてなブックマークに追加


Rolex(ロレックス)関連ページ一覧

RAF SIMONS(ラフシモンズ)
イギリス・フランス・イタリア以外のヨーロッパブランドにも注目が集まるなか、RAF SIMONS(ラフシモンズ)も人気です。ここではそんなラフシモンズについて説明しています。
RAGEBLUE(レイジブルー)
ファッションセンスを磨くのに大金を掛ける必要はありません。RAGEBLUE(レイジブルー)なら学生でも購入しやすいアイテムがあります。ここではレイジブルーについて説明しています。
Ralph Lauren(ラルフローレン)
夏のキレイ目ファッションに欠かせないポロシャツの代表的ブランドと言えば、Ralph Lauren(ラルフローレン)です。ここではラルフローレンの詳細について説明しています。
RANDOM(ランダム)
ストリート系ファッションは若い世代だけのファッションではなく、30代以上でもファンは多いです。そんなストリート系ファッションにあるブランドのRANDOM(ランダム)について説明しています。
Reebok(リーボック)
リーボックも他スポーツ用品メーカーと同様にスニーカーの人気が高く、ファッションアイテムのひとつとして扱われています。ここではそんなリーボックの詳細について説明しています。
Richard James(リチャードジェームス)
ブリティッシュトラッドの本場イギリスではスーツがかっこいいブランドが多く、Richard James(リチャードジェームス)もそのひとつです。ここではリチャードジェームスについて説明しています。
ROTHCO(ロスコ)
ミリタリーアイテムを扱っているブランドは国内外に多いですが、ROTHCO(ロスコ)も外せないブランドのひとつです。ここではロスコの詳細について色々と説明しています。
RUGBY by Ralph Lauren(ラグビーバイラルフローレン)
大きなブランドはコンセプト毎に数多くのラインに分かれているものですが、RUGBY by Ralph Lauren(ラグビーバイラルフローレン)もそのひとつです。ここではラグビーバイラルフローレンについて説明しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP