padroneとは

PADRONE(パドローネ)

PADRONE(パドローネ)

PADRONE(パドローネ)とは

 

パドローネは人気のある日本の靴ブランドのひとつですが、ファクトリーブランド
という分類になります。ファクトリーブランドはアパレルメーカーから依頼されて製造
されるブランドのことで、パドローネを製造しているのはミウラというシューズ工場です。

 

パドローネだけではなく様々な靴ブランドの製造を手掛けています。

 

パドローネの特徴

 

PADRONE(パドローネ)はイタリア語で雇い主という意味があります。

 

熟練した技を持つ靴職人の親方の技術を現代にも継承していこうという気持ちが
ブランド名に込められています。良質なレザーと丁寧な製法で作られたブーツは
シンプルで高級感がありますが、伝統的な技術に現代のエッセンスを加えたのが
パドローネの靴です。

 

パドローネの製法について

 

パドローネの靴は、MG(マッケイグッド)製法と呼ばれる方法で作られています。日本
では元々1897年からマッケイ式という伝統的な製法で革靴などが製造されていました。

 

軽量化できてコストも低く抑えられるメリットがありましたが、中物が無くてクッション性
がよくないのが難点でした。そのデメリットを改良したのが、MG製法です。

 

中物にコルクやフェルトを用い、クッション性を持たせています。

 

パドローネの人気アイテム

 

パドローネには良質は革靴が色々とありますが、バックジップブーツやプレーントゥ
などの非常にシンプルで様々なファッションに合わせやすいものに人気が集中します。

 

バックジップブーツは最初から既に履きこんだような加工がされており、靴のつま先が
上に上がっています。

 

さらに履きこむことで、皮が軟らかくなってよりフィット感が増します。

 

パドローネの修理とアフターケア

 

パドローネはMG製法で靴を作っていますが、修理も受け付けてくれます。しかも
アフターケアには定評があり、非常に丁寧な仕事で傷ついた靴をリペアしてくれます。

 

バックジップブーツであればジッパーの修理、ソールの張替、中敷きの交換などにも
対応してくれます。3万円前後と非常に高価な靴ですが、大事に手入れと修理を
することで長く愛用することも可能です。

 

 

着こなしガイド TOPページへ

このエントリーをはてなブックマークに追加


PADRONE(パドローネ)関連ページ一覧

Paul Smith(ポールスミス)
日本人にも人気で馴染みのあるブランドのPaul Smith(ポールスミス)のスーツは、社会人が1着持っていると便利です。ここではそんなポールスミスの詳細について説明しています。
Paul Stuart(ポールスチュアート)
世界のファッション発信地といえばNY、ロンドン、ミラノ、パリ、マドリッド・・その中のNYのブランドとしてPaul Stuart(ポールスチュアート)は人気です。ここではポールスチュアートについて説明しています。
PORTER(ポーター)
バッグを持たない派の男性もいますが、PORTER(ポーター)のようなバッグを持ちあるけば荷物もスマートにまとめられます。ここではそんなポーターの詳細について説明しています。
PRADA(プラダ)
女性に人気というイメージのあるPRADA(プラダ)ですが、質の良さから男性にもファンはたくさんいます。ここではそんなプラダの詳細について、色々と説明しています。
PUMA(プーマ)
スニーカーは最早スポーツアイテムと言うよりもファッションアイテムですが、PUMA(プーマ)もそんなブランドのひとつです。ここではプーマの詳細について説明しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP