リーバイスとは

Levis(リーバイス)

Levis(リーバイス)

Levis(リーバイス)とは

 

リーバイスは、アメリカ生まれのファッションブランドです。デニムを中心とした商品
展開をしており、デニム・ジーンズといえばリーバイスを想像する人が多いぐらい
日本でも浸透しています。

 

その歴史は1853年から続いており、古いデニムは欲しがるコレクターがたくさん
います。リー、ラングラー、リーバイスは、3大ジーンズブランドと呼ばれています。

 

リーバイスの特徴

 

今ではポケットに金属リベットを使って補強する技術は珍しくありませんが、
これはリーバイスが始めたことです。金属リベットはリーバイスが特許を取って
おり、その特許取得日を記念して5月20日をジーンズの誕生日になっています。

 

バックポケットのステッチがカモメが飛んでいるようなラインになっていて、後ろ
姿を見ればすぐにリーバイスを穿いていることが分かります。

 

リーバイスの人気アイテム

 

リーバイスはコレクターがヴィンテージものを集めるぐらいファンが多いです。
長い歴史の中でさまざまな商品が発表されていますが、その中でも501と
505は定番商品で、人気が高いです。

 

リーバイス501はストレートシルエットで、オーソドックスなデニムパンツです。
定番商品ではありますが、時代によってディテールやシルエットにやや変化
があり、その違いを楽しむのも楽しいものです。

 

しかし5ポケット、バックステッチ、ポケットのリベット、ボタンフライはずっと
変わりません。501のシルエットは好きだけどボタンフライに馴染めない
という人には、ジッパーになった502がオススメです。

 

505もストレートデニムパンツですが、シルエットは501よりも細めでジッパー、
テーパードになっているのが特徴です。また、他にも517などブーツカットも
根強い人気があります。

 

リーバイス501の特徴

 

リーバイスというよりもデニムパンツの代表的な存在でもある501は、非常に
人気があります。100年以上続くリーバイスの歴史の中でずっと定番アイテム
として君臨しており、時代によって微妙に違いを楽しめます。

 

しかし、絶対に変わらない特徴がボタンフライとシュリンク・トゥー・フィットです。
シュリンク・トゥー・フィットとは自分の体にあったサイズや形の服を選ぶのでは
なく、大きめのサイズを買って自分の体に合わせていく概念のことです。

 

洗い加工をしていない501の生デニムは非常に縮みますが、敢えて生デニムを
購入して自分好みに育てるのがマニアの楽しみ方です。

 

そして生地が縮んでしまうときにジッパーだと下ろしづらくなってしまいますが、
ボタンフライだとそんなことはありません。だから生デニムでボタンフライの501
を大きめサイズで購入して、自ら洗いに掛けて加工していく楽しみができます。

 

リーバイスの赤タブについて

 

赤タブとは、右側のバックポケットなどに付けられた赤いタブのことです。
「LEVI’S」もしくは「Levi’s」と縦にブランド名が入っていますが、Rを丸で
囲んだレジスターマークだけの赤タブも存在します。

 

リーバイスの赤タブは商標登録しており取りつけ位置なども決められて
いますが、時代によってタブの色や字の形などが異なっています。

 

そのため、リーバイスのヴィンテージ品を見極めるポイントのひとつに
なっています。

 

 

着こなしガイド TOPページへ

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


Levis(リーバイス)関連ページ一覧

LACOSTE(ラコステ)
ポロシャツが有名なブランドはたくさんありますが、中でもLACOSTE(ラコステ)は非常に知名度の高いブランドです。ここではそんなラコステの詳細について、色々と説明しています。
LARDINI(ラルディーニ)
イタリアのファッションブランドはエレガントで大人っぽいイメージがありますが、LARDINI(ラルディーニ)もそんなブランドのひとつです。ここではラルディーニについて説明しています。
LAVENHAM(ラベンハム)
ブリティッシュファッションはファンも多く女性ウケもいいですが、そんなスタイルを目指すならLAVENHAM(ラベンハム)も押さえておいた方がいいです。そんなラベンハムの特徴について説明しています。
Lee(リー)
デニムはカジュアルブランドだけではなくハイブランドでも取り入れることがある素材ですが、Lee(リー)はデニムが得意なブランドです。ここではリーについて説明しています。
LITHIUM HOMME(リチウムオム)
2000年以降も数多くのドメスティックブランドが誕生していますが、LITHIUM HOMME(リチウムオム)そのひとつです。ここではリチウムオムの詳細について説明しています。
LONE ONES(ロンワンズ)
男性向けのシルバーアクセサリーといえば真っ先にクロムハーツを思い浮かべる人もいますが、LONE ONES(ロンワンズ)もあります。ここではロンワンズについて説明しています。
Louis Vuitton(ルイヴィトン)
フランスには有名なブランドがたくさんありますが、その中でもLouis Vuitton(ルイヴィトン)は日本でもなじみ深いブランドです。ここではルイヴィトンの詳細について説明しています。
LOUNGE LIZARD(ラウンジリザード)
ミリタリーファッションでも細身でモード感溢れる着こなしをする人もいますが、そんなブランドのひとつがLOUNGE LIZARD(ラウンジリザード)です。ラウンジリザードについて説明しています。
LRG(エルアールジー)
90年代に盛り上がりを見せたストリートファッションですが、そのジャンルをテーマとしたブランドのひとつがLRG(エルアールジー)です。ここではLRGの詳細について説明しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP