コンバースとは

CONVERSE(コンバース)

CONVERSE(コンバース)

CONVERSE(コンバース)とは

 

コンバースはアメリカのシューズメーカーで、1908年からの歴史があります。
初めてバスケット専用のシューズを製造したメーカーとしても知られています。
現在は同じシューズブランドであるナイキが親会社になっています。

 

また、「コンバース」というブランドのライセンス発行を頻繁に行っており、
靴以外でもロゴをデザインしたグッズが多く見られます。

 

コンバースの特徴

 

コンバースはシューズメーカーでもスニーカーを中心に製造しています。
キャンバス生地、もしくはレザーを使用したシンプルなデザインがベーシックに
なっていて、アメカジをはじめとするあらゆるファッションに合わせることができます。

 

非常に長持ちするのも特徴のひとつです。ナイキのエアマックスに代表される
ようなハイテクスニーカーに対し、ローテクスニーカーと呼ばれています。

 

コンバースの種類

 

スニーカーマニアの間でも根強いファンのいるコンバースですが、色々と種類があります。

 

【オールスター】

 

コンバースのシューズを代表する種類ですが、本来はソールのことを指しています。
初めてコンバースが製造したバスケットシューズで、バスケ選手の名前を取ってチャ
ック・テイラーとも呼ばれます。

 

ローカット、ハイカットがあり、素材はキャンバス生地以外にレザーが使用されること
もあります。オーソドックスなデザインは単色ですが、様々な色や柄をあしらったデザ
インがシーズンごとに発表されます。

 

ハイカットの場合、くるぶし部分のスターマークが特徴的で、近年はチャック・テイラー
のサインが入っています。

 

【ジャックパーセル】

 

つま先部分にラインが入ったデザインが特徴で、軽量化されたスニーカーです。
ハイカットもローカットもあります。

 

オルタナティブロックをけん引した「ニルヴァーナ」のボーカリストであるカート・コ
バーンが愛用していたことでも知られています。

 

【ワンスター】

 

レザーを使用したローカットスニーカーで、サイド部分にスターマークが入っています。

 

コンバースのキャンバスシューズの手入れ方法

 

コンバースといえばキャンバス生地のスニーカーですが、合皮やレザー製に比べると
手入れも簡単で、長持ちします。布なので汚れれば洗えるのですが、洗うときには靴
ひもを外し、洗剤を溶かしたぬるま湯にしばらく浸してからにします。

 

靴洗い専用のブラシで汚れ部分を擦り、しっかりと濯げば乾燥させます。直射日光の
下で干すとソールのゴムの劣化が早くなってしまうため、風通しのよい日陰で干します。

 

 

着こなしガイド TOPページへ

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


CONVERSE(コンバース)関連ページ一覧

Calvin Klein(カルバンクライン)
日本でも大人気のCalvin Klein(カルバンクライン)は、アパレルだけではなく様々なアイテムを手掛けています。ここではそんなカルバンクラインについて説明しています。
Cartier(カルティエ)
ハイブランドの中でも長年日本で人気を誇っている数少ないブランドが、Cartier(カルティエ)です。様々なアイテムを取り扱っていますが、ここではカルティエについて説明しています。
Champion(チャンピオン)
スポーツウェアもカジュアルファッションのカテゴリーとして人気で、タウンウェアとして活用する人が増えています。ここではスポーツブランドChampion(チャンピオン)について説明しています。
CHANEL(シャネル)
CHANEL(シャネル)はブランドに興味が無い人でも、その名前を知っているぐらい有名な海外ブランドですね。ここではそんなシャネルの詳細について説明しています。
Columbia(コロンビア)
Columbia(コロンビア)はアメリカの帽子問屋がルーツですが、今では世界中に愛用者がいるアウトドアブランドです。ここではそんなコロンビアの詳細について説明しています。
COMME des GARCONS(コム・デ・ギャルソン)
一時代を造ったCOMME des GARCONS (コム・デ・ギャルソン)は、今でも根強いファンが世界中にいます。ここではそんなコム・デ・ギャルソンの詳細について説明しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP