コムデギャルソンとは

COMME des GARCONS(コム・デ・ギャルソン)

COMME des GARCONS(コム・デ・ギャルソン)

COMME des GARCONS (コム・デ・ギャルソン)とは

 

コム・デ・ギャルソンは日本生まれのプレタポルテ(高級既製服)ブランドで、
世界に通用するレベルにあります。

 

ブランド名の「コムデギャルソン」には、少年のようにという意味があります。
元々はレディースブランドとしてスタートしましたが非常にラインが豊富で、
メンズラインも多く手掛けています。

 

コム・デ・ギャルソンの特徴

 

コム・デ・ギャルソンの特徴は、モノトーンです。
レディースでも女性らしさとは対極にあるモノトーンを中心に使い、独特な世界観
を醸し出しています。黒い服の代名詞にもなっていたことがあり、コム・デ・ギャル
ソンを着る人たちをカラス族と呼んでいたこともありました。

 

服のシルエットが特徴的で、時には体に纏う生地でねじれなどを表現しています。
体のラインにフィットせずゆったりとしたシルエットが特徴ですが、最近では時代の
流れに押されて幾分か細身になってきています。

 

素材や縫製を日本製にしているところもコム・デ・ギャルソンのこだわりのひとつです。

 

コム・デ・ギャルソンの愛用者

 

コム・デ・ギャルソンの愛用者は、日本の芸能人に多くいます。アイドルや俳優だけ
ではなく、スポーツ選手や文化人でもコム・デ・ギャルソンを好んで着る人が多くいます。

 

また、海外のセレブでも愛用している人がいて、特にリアーナやジャスティンビーバーが
身に付けていたことで話題になりました。

 

コム・デ・ギャルソンのターゲット層

 

コム・デ・ギャルソンのアイテムはやや価格設定が高めなので、ある程度収入を持つ
大人に愛用者が多いです。しかし、特定の年齢層をターゲットにしているというよりも、
コム・デ・ギャルソンの世界観に共感する人たちが愛用するため、着る人たちの年齢
や性別は選びません。

 

コム・デ・ギャルソンの着こなし

 

コム・デ・ギャルソンのアイテムは色が派手じゃなくても、シルエットに特徴がある個性的
なものが多くあります。

 

同じブランドで揃えるのが無難ですが、他のブランドと組み合わせるときにはコム・デ・
ギャルソンのアイテム1点をメインに持ってきて、個性を潰さないようにあまり主張しない
ようなアイテムを合わせた方がいいかもしれません。

 

コム・デ・ギャルソンのホームページについて

 

今ではどんな小さなお店でもホームページを開設するのが当たり前となっていますが、
コム・デ・ギャルソンは長年公式サイトを持っていませんでした。
2010年にようやくオフィシャルサイトを開設しています。

 

しかし、従来の概念に当てはまるオフィシャルサイトではなく、必要な情報にたどり着く
ためには迷路のようにドット模様をクリックし続けなくてはいけません。

 

店舗情報などを調べるのには向いていませんが、いかにもコム・デ・ギャルソンの世界
観を象徴した個性的な仕上がりになっています。

 

 

着こなしガイド TOPページへ

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


COMME des GARCONS(コム・デ・ギャルソン)関連ページ一覧

Calvin Klein(カルバンクライン)
日本でも大人気のCalvin Klein(カルバンクライン)は、アパレルだけではなく様々なアイテムを手掛けています。ここではそんなカルバンクラインについて説明しています。
Cartier(カルティエ)
ハイブランドの中でも長年日本で人気を誇っている数少ないブランドが、Cartier(カルティエ)です。様々なアイテムを取り扱っていますが、ここではカルティエについて説明しています。
Champion(チャンピオン)
スポーツウェアもカジュアルファッションのカテゴリーとして人気で、タウンウェアとして活用する人が増えています。ここではスポーツブランドChampion(チャンピオン)について説明しています。
CHANEL(シャネル)
CHANEL(シャネル)はブランドに興味が無い人でも、その名前を知っているぐらい有名な海外ブランドですね。ここではそんなシャネルの詳細について説明しています。
Columbia(コロンビア)
Columbia(コロンビア)はアメリカの帽子問屋がルーツですが、今では世界中に愛用者がいるアウトドアブランドです。ここではそんなコロンビアの詳細について説明しています。
CONVERSE(コンバース)
スニーカーに詳しくない人でもその名前を知っている靴メーカーのコンバースは、普遍的な人気を誇っています。ここではそんなコンバースの詳細について説明しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP