カルティエとは

Cartier(カルティエ)

Cartier(カルティエ)

Cartier(カルティエ)とは

 

カルティエは、フランスを拠点とするジュエリーブランドです。
ジュエリーだけではなく、時計や香水なども取り扱っています。

 

カルティエのジュエリー

 

カルティエは非常に歴史のあるジュエリーブランドで、歴史的にはフランスの
ウジェニー皇后が顧客だったこともあります。数々の王家や貴族が顧客で、
非常にきらびやかで高級なジュエリーとして知られています。

 

エレガンスなカルティエは一般にも憧れを持つ人が多く、LOVEコレクション
のリングやトリニティリングには特に人気があります。

 

トリニティリングは、3つのリングが合わさったカルティエのジュエリーの代表的
な製品です。3色のゴールドはそれぞれ意味が込められており、ピンクゴール
ドは愛、イエローゴールドは忠誠、ホワイトゴールドは友情を表しています。

 

ペアリングとしても人気がありますが、男性向けにはブラックセラミックのリング
をあしらったトリニティリングもあります。

 

LOVEコレクションは、ねじ山がモチーフとなった変わったデザインです。
ブレスレットのビス(ねじ)を小さなドライバーで止め、愛を誓い合うと
いうコンセプトが受けてたちまち人気になりました。

 

LOVEコレクションにはブレスレットだけではなく、リングもあります。

 

カルティエの時計

 

元々ジュエリーブランドとしてスタートしたカルティエですが、1888年には時計
部門がスタートし、その後転機が訪れます。

 

ブラジル人飛行士のアルベルト・サントス・デュモンから飛行機の中で使用する
のに便利な時計を作ってくれと頼まれ、腕時計を製作します。これまでの時計
と言えば懐中時計が当り前でしたので、腕時計はカルティエが世界初と言わ
れています。

 

定番ウォッチには原点となったサントスドゥカルティエも名を連ねています。
また、タンクウォッチもカルティエの時計で人気がありますが、こちらも1917年
からの歴史があります。

 

ジュエリーはとても華やかですが。時計はシックなデザインも多く、長く愛用する
のにピッリです。

 

カルティエとカルチェ

 

カルティエは以前、日本でカルチェを発音されていました。
今では英語圏の発音に近いカルティエに統一されていますが、ある一定の年齢
層になるとカルチェと呼び、若い世代とのギャップが生まれることもあります。

 

 

着こなしガイド TOPページへ

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


Cartier(カルティエ)関連ページ一覧

Calvin Klein(カルバンクライン)
日本でも大人気のCalvin Klein(カルバンクライン)は、アパレルだけではなく様々なアイテムを手掛けています。ここではそんなカルバンクラインについて説明しています。
Champion(チャンピオン)
スポーツウェアもカジュアルファッションのカテゴリーとして人気で、タウンウェアとして活用する人が増えています。ここではスポーツブランドChampion(チャンピオン)について説明しています。
CHANEL(シャネル)
CHANEL(シャネル)はブランドに興味が無い人でも、その名前を知っているぐらい有名な海外ブランドですね。ここではそんなシャネルの詳細について説明しています。
Columbia(コロンビア)
Columbia(コロンビア)はアメリカの帽子問屋がルーツですが、今では世界中に愛用者がいるアウトドアブランドです。ここではそんなコロンビアの詳細について説明しています。
COMME des GARCONS(コム・デ・ギャルソン)
一時代を造ったCOMME des GARCONS (コム・デ・ギャルソン)は、今でも根強いファンが世界中にいます。ここではそんなコム・デ・ギャルソンの詳細について説明しています。
CONVERSE(コンバース)
スニーカーに詳しくない人でもその名前を知っている靴メーカーのコンバースは、普遍的な人気を誇っています。ここではそんなコンバースの詳細について説明しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP