ストレートデニム 着こなし

ストレートデニムの着こなし方

ストレートデニムの着こなし方

ストレートデニム(黒)・テーラードジャケット(黒)・シャツ(白)・シューズ(黒)

 

黒のストレートデニムパンツと黒のテーラードジャケットを合わせた着こなし画像

 

ストレートタイプのデニムパンツのコーディネートと言えば、カットソーやニットなどのカジュアルアイテムが定番です。一方で、テーラードジャケットなどのかっちり系アイテムと組み合わせてもオシャレ。

 

写真はシルエットの綺麗なスリムデニムなので、テーラードの上品さを失わず、程良いカジュアル感をプラスできます。ハード目なブルゾンと合わせて、男らしさを演出するのもおススメです。シューズもスニーカーだけでなく、バブーシュシューズともよく合います。

 

 

ストレートデニム(紺)・パーカー(黒)・シャツ(白)・スニーカー(白)

 

ストレートデニムパンツと黒のパーカーを合わせた着こなし画像

 

図書館やカフェ、ゆったりとオシャレに過ごす休日にはホワイトシャツに、パーカーをオン。足元を白のスニーカーでまとめれば爽やかなキレイめカジュアルスタイルが完成します。

 

少しキレイ感が強いかな、と感じる時にはパーカーの裾からインナーをチラ見せしたり、ベルトのバックルをのぞかせるとGOOD。また、ダブルジップタイプのパーカーなら、上下を少し開けてもオシャレ感が演出できます。シンプルな装いなので帽子も良く似合います。

 

 

ストレートデニム(青)・ポロシャツ(白)・タンクトップ(ジャガード)・サンダル(黒)

 

ストレートデニムと白のポロシャツを合わせた着こなし画像

 

夏のカジュアルスタイルにも使いやすいのがストレートデニムパンツの魅力です。トップスがコンパクトにまとまりがちな夏のコーデでは、シンプルながらもウォッシュド加工やヴィンテージ加工などの、やや存在感のあるデニムをチョイスすると地味な印象にならずにすみます。

 

大人っぽさのあるカジュアルスタイルなら、トップスは半袖ポロシャツがおすすめ。インナーにジャガード柄のタンクトップを合わせれば、こなれ感を演出できます。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

ストレートデニムの着こなし方 A

ストレートデニム(ユーズド)・Tシャツ(赤)・ジャケット(黒)・ブーツ(茶)

 

ストレートデニムに赤いTシャツと黒いジャケットを合わせた着こなし画像

 

カジュアルだけどカジュアルじゃない着こなしならストレートデニムに濃い赤のTシャツがおすすめ。オシャレな街に似合うのはさらにその上にジャケットを羽織るスタイル。

 

最近はデニムにジャケットスタイルがオシャレの定番。デニムとジャケットを合わせるならTシャツの丈を短めにすれば、黒とワインレッドの組み合わせがよりできる男を演出してくれます。デニムパンツならどんなスタイルにも合わせられるから、1本は持っておきたいマストアイテム。バッグを組み合わせるなら大きめの黒のトートバッグで都会的な男の印象に。

 

 

ストレートデニム(ユーズド)・Tシャツ(白)・シャツ(薄ピンク)・ブーツ(茶)

 

ストレートデニムにピンクシャツを合わせた着こなし画像

 

デニムにシャツを合わせるなら、Tシャツはシャツよりも短めの丈ですっきりとした印象に。ベルトの一部を見せるくらいがベスト。シャツはTシャツより少しだけ長めです。シャツの色は春ならピンクもおすすめ。

 

ピンクはピンクでも淡い色のものを選んでいます。デニムと淡いピンクがマッチして、優しい印象の爽やかボーイを演出。足元は靴ひものある革靴で引き締めて、ハード&ソフトに仕上げるのがコツ。皮ひものペンダントと太目のベルトの時計を合わせて全体的にまとめると爽やかオシャレ男の完成です。

 

ストレートデニム(ユーズド)・ダウンベスト(黒)・カーディガン(紺×白)・シャツ(グレー)

 

ストレートデニムにダウンベストとカーディガンを合わせた着こなし画像

 

ちょっと肌寒い日や昼と夜の気温差が激しい季節はダウンベストがあると便利です。デニムにあわせるなら黒のダウンベストがおすすめ。インナーはグレーのライン入りシャツがマッチし、ボタンの色は白より黒がベスト。

 

さらに寒いと感じる日はカーディガンを羽織ればOK。黒のダウンベストにあわせるなら紺と白のグラデーションボーダーがおすすめです。ベルトを赤などの強い色にして差し色にすれば、街を行くおしゃれ男子の出来上がりです。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

ストレートデニムをどんな風に着こなしていますか?【男性へアンケート調査】

 

私のストレートデニムの着こなす上でのルールはデニム選びの段階で、極端にダメージ加工を施したものや、刺しゅうなどのデザインが入ったものは避けて購入するようにしています。あまりに個性の強いデニムを選んでしまうと、コーディネートがデニム主役オンリーになってしまいがちになるからです。最近はなるべく色落ちしていない(もしくは自然な色落ち)デニムにトップスはシャンプレーシャツなどを合わせて、足元はレザーシューズできれい目に締める。といった大人カジュアルを心掛けています。年齢的にもあまり崩しすぎな着こなしは、くたびれた印象を与えてしまいがちなので、注意しています。ブルージーンズのみならず、カラージーンズで全体の色目を調節したりもしています。【男性 40代】

私はデニムの色に合わせて上着の色(濃淡)を変えています。色落ちのしているデニムを履く場合には、出来るだけ濃い色のTシャツやシャツを着るようにしています。理由は全体にボケた感じにならないようにする為です。逆に濃い色のデニムの場合には、薄い色にしています。理由はあまり堅いイメージにならないようにする為です。デニムにはTシャツ・ジャケットなどを合わせることが多いです。【男性 30代】

ストレートデニムを履いているといっても、ユニクロのものでそんな高いものは持っていません。履いていて楽だからいつもそれになってしまいます。合わせるのは無地のカットソーなどですね。デニムの色を黒っぽい色にして、カットソーをピンクとか若々しい色にして楽しんでいます。たまにはボーダー柄なんかも着たりします。 【男性 30代】

何事もオーソドックスや王道こそが正義と考えている自分の場合、デニムもストレートこそ本来のデニムジーンズとの信念から、ストレートしか選びません。若い頃はO脚を気にしてストレート以外で何とかごまかせないか工夫したものですが、むしろストレート以外の方が足の形をさらに悪く見せることに気づき、ストレートの魅力を再認識してからはストレート一筋です。【男性 30代】

ストレートのデニムは良く履きます。色は、一般的なブルーのものか、黒です。上は日によってバラバラです。Tシャツ一枚のときもあれば、上からジャケットを羽織ることもあり、ワイシャツの場合もあります。デニムだけで寂しいときなど、良くチェーンを付けている方を見かけますが、私の場合は懐中時計のチェーンを引っ掛けて持ち歩いています。【男性 20代】

 

好感のもてる男性のストレートデニムの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

ストレートデニムはどんなコーディネートにも合いそうだけど、ボーダーのカットソーにニットカーデやニットコートを羽織ったちょっと大人っぽいシンプルなコーデがすきかな。ニット帽やワークキャップ、マフラーなどこの小物をプラスしてするとシンプル過ぎずおしゃれに気を使ってる感じがしていいかも。足元はデザートブーツとかスエード素材のブーツで上品に。【女性 30代】

ストレートのデニムパンツが似合う男性って素敵ですよね。シンプルなだけに着こなしは難しいアイテムかも。夏はTシャツにストレートデニムというシンプルが良いと思いますが、冬ならキリッとしたジャケットを組み合わせても素敵かも!アウターはキッチリ、でもパンツはラフにデニム…という着こなしが理想です。【女性 30代】

ストレートデニムは、太すぎず細すぎないちょうどいい感じのサイズを選んで、夏だったらシンプルにポロシャツか古着のTシャツ、冬だったらカウチンニットなどの雰囲気のあるニットまたは、ヘリンボーンのジャケットなんかを合わせておしゃれに着こなしてほしいです。どんなアイテムにも合わせやすいし男性が着る中で一番かっこよく見えるラインのデニムだと思います。【女性 30代】

 

デニムパンツの着こなし方一覧に戻る

 

ストレートデニムの着こなし画像集(迷ったときのコーディネートの参考に!)

このエントリーをはてなブックマークに追加


ストレートデニムの着こなし方関連ページ一覧

デニムカーゴパンツの着こなし方
メンズの定番ボトムスの中でも、特に人気なのがデニム素材のカーゴパンツです。カジュアルな中にも確かな男らしさを持つアイテムを、よりスタイリッシュに着こなすためには、トップスやシューズとのコーデが欠かせません。
サルエルデニムの着こなし方
個性的なシルエットが人気のサルエルパンツも、デニム素材ならちょっとハードな印象がプラスでき、大人のカジュアルスタイルにおススメです。デニムサルエルの魅力を生かした個性的なコーデは、大人のオシャレ上級者ならではの楽しみです。
オールインワンデニムの着こなし方
男らしさを極限まで追求したデニムアイテム、それがオールインワンです。それ一着だけで着こなすもよし、トップスを脱いでインナーとのコーデを楽しむもよし、オーソドックスにトレンドに、幅広く楽しめる点がポイントです。
クロップドデニムの着こなし方
足元を軽く見せてくれるクロップドパンツは、カッコ良く着こなすのが以外と難しいアイテム。デニム生地のクロップドなら、大人っぽく着こなせておススメです。スリムなトップスと組み合わせて、キレイめシルエットを楽しみます。
ショートデニムの着こなし方
軽やかなスタイリングで人気の、ショート丈デニムパンツ。子供っぽくなりがちなショーツタイプデニムは、ダメージ加工のアイテムや少しハード目なトップスとの組み合わせで、可愛すぎないカジュアル感を演出するのがポイントです。
ローライズデニムの着こなし方
脚長効果で人気のローライズデニムパンツですが、シルエットに満足してコーディネートを忘れていませんか?メリハリの付いたコーディネートで、定番の美脚デニムをよりスマートにカッコよく履きこなすコツをご紹介します。
スキニーデニムの着こなし方
メンズファッションの定番ボトムスと言えば、デニム。中でも、ストレッチの効いたスキニーデニムは、美しいシルエットで抜群の存在感があります。ボトムスを主役にしたコーディネートは、シンプルかつスマートな物がおススメです。
ブーツカットデニムの着こなし方
美脚効果抜群のマストアイテム、ブーツカットデニム。さっと履いて歩くだけで様になるデニムスタイルは、トップスとの組み合わせでさらにカッコよく決まります。着こなしを工夫してさらにワンランク上のオシャレを目指します。
リーバイスのデニムパンツの着こなし方
男のデニムの定番、リーバイス501。デニム好きなら、一本は持っておきたいアイテムです。シャツに、カットソーに、レイヤードに、オールシーズン幅広く着回せる501の魅力を、写真と共にご紹介しています。
ヴィンテージ加工デニムの着こなし方
定番ボトムは数あれど、一本は持っておきたいのがヴィンテージ加工を施されたデニムです。色味、こなれ感、シルエット、どれを取ってもカッコいいヴィンテージデニムを、コーディネートに工夫を凝らして、個性豊かに着こなします。
ダメージ加工デニムの着こなし方
デニムスタイルをよりカッコ良く見せてくれるのが、ダメージ加工の施されたデニムパンツです。脚線美を意識したイマドキのデニムに、視線を引き付けるダメージ加工で男らしさをプラス。大人っぽいカジュアルデニムコーデの完成です。
ユーズド加工デニムの着こなし方
大胆なユーズド加工が施されたデニムパンツはカッコいいけど、シルエットは今風に、スタイリッシュに決めたい。シルエットやデザインにこだわったユーズドデニムを、トップスとの着こなしでさらに洗練されたオシャレに変えるコツをご紹介します。
クラッシュ加工デニムの着こなし方
様々な加工が施されたデニムパンツの中でも、程良い加工で人気のクラッシュウォッシュデニム。シンプルでスリムなトップスとコーディネートする事で、カジュアルながらも程良く上品な大人のデニムスタイルが楽しめます。
デニムサルエルカーゴパンツの着こなし方
カジュアルでラフな印象の強いカーゴパンツやサルエルパンツを、少し大人っぽく着こなしたいならデニム素材がおススメです。シンプルなシャツとのコーデでも、シルエットに個性を持たせて一味違うオシャレを楽しむ事ができます。
デニムパンツ(インディゴ)の着こなし方
男らしさのあるヴィンテージカラーのデニムも良いけれど、深みのあるインディゴブルーのデニムが一本あると、休日の着回しに重宝します。加工のないシンプルなデニムは、ホワイトシャツなどの上品なアイテムと好相性です。
デニムパンツ(ネイビー)の着こなし方
ついつい緩めのカジュアルばかりになりそうな休日のコーデも、キレイめシルエットのネイビーのデニムなら、清潔感ある大人のオシャレが楽しめます。ラフなカットソースタイルもネイビーカラーでよりスマートに決まります。
デニムパンツ(ベージュ)の着こなし方
周囲とは一味違うデニムスタイルを楽しみたいなら、ベージュカラーもおススメです。さっぱりとした色合いのボトムは、個性的なトップスを絶妙なバランスで引き立ててくれます。爽やかなイメージで、デートにもぴったりです。
デニムパンツ(カーキ)の着こなし方
渋みのあるカーキのデニムは、大人のカジュアルスタイルにぴったりのアイテムです。程良い男らしさを残しつつも、シャツやカーディガンなど上品で落ち付きのあるコーディネートのコツを、写真と共にご紹介します。
デニムパンツ+ジャケットの着こなし方
デニムパンツとジャケットの組み合わせは定番ですが、中でも鮮やかな色合いのカラージャケットとのコーデはおススメです。デニムだからこそ決まる、爽やかで若々しい着こなしで、ワンランク上のオシャレを楽しみます。
デニムパンツ+コートの着こなし方
デニムパンツに合わせるコートはショート丈のものがおすすめです。さらにキレイめなデザインの物ならダボッとした印象にならず、デニムパンツやインナーにカットソーを合わせてもキレイめカジュアルに仕上がります。
デニムパンツ+パーカーの着こなし方
デニムパンツとパーカーの組み合わせは地味な印象になってしまいがちですが、遊び心のあるデザインのパーカーならお洒落に着こなせます。例えば、ダブルジップの上下を開けてインナーをアクセントにしてもGOODです。
デニムパンツ+セーターの着こなし方
セーターは襟がやや高めのデザインになっている物だと大人っぽい雰囲気を演出することができます。襟口から白シャツをのぞかせるとさらに大人度UPです。デニムパンツと合わせてもお洒落な大人の雰囲気に仕上がります。
デニムパンツ+カーディガンの着こなし方
アウターにカーディガン、インナーに白のUネックカットソー、デニムパンツという定番のコーディネートも、カーディガンを襟・ボタン付きの物に、デニムをジンバブエコットンデニムパンツに代えると大人の装いになります。
デニムパンツ+シャツの着こなし方
シャツとデニムパンツの組み合わせはキレイめ大人カジュアルの定番とも言えるコーディネートですが、シャツの袖をロールアップにしたり、ユーズド感のあるデニムにしたりすると、さり気ないオシャレを演出できます。
デニムパンツ+カットソーの着こなし方
アウターに、インナーに、寒さを感じる季節に活躍するのがニットカットソーです。黒のニットカットソーならインナーにVネックカットソーで重ね着にし、細身のデニムパンツ、バブーシュシューズで大人っぽくまとめます。
デニムパンツ+Tシャツの着こなし方
デニムとTシャツは当たり前の着こなしになりがち、そこでユーズドのクロップドデニムにしてみたり、シューズをアレンジし、ネックレスや時計などをアクセントにするのもお勧めです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP