ジーンズ セーター

デニムパンツ+セーターの着こなし方

デニムパンツとセーターを合わせる着こなし方

デニムパンツ・セーター(黒)・シャツ(サックス)・シューズ(黒)

 

デニムパンツと黒のセーターを合わせた着こなし画像

 

セーターをトップスにデニムパンツと合わせる場合、派手すぎずシンプルすぎないデザインのセーターを選ぶとキレイに着こなせます。

 

こちらのコーディネートは、ゆったりとした、やや高さのある襟デザインが特徴のセーターに、インナーは清潔感のある白シャツ、ボトムスにストレートデニムパンツを合わせ、足元は黒のバブーシュシューズでまとめています。セーターがメインになったコーデですが、お洒落な大人の雰囲気に仕上がっています。

 

 

デニムパンツ(ワンウォッシュ)・ニット(青ボーダー)・白(カットソー)・スニーカー(黒)

 

ワンウォッシュのデニムパンツに青ボーダーのニットを合わせた着こなし画像

 

インクブルーとグレーのボーダーが印象的なニットは、落ちついた色なので子供っぽくなり過ぎず、またメインとなるので重宝できます。

 

ボトムスはワンウォッシュで暗めの色になので、インナーのカットソーの差し色(ホワイト)のチラ見せが良いアクセントになっています。スニーカーはリアルレザーで高級感をプラスすることで、さらにシックさを増した大人のカジュアルコーデとなっています。

 

 

デニムパンツ(ワンウォッシュ)・ニットセーター(黒)・シューズ(黒茶)

 

ワンウォッシュのデニムパンツに黒のニットを合わせた着こなし画像

 

リブの目立つブラックのタートルネックのニットは重厚感があり、重ね着する必要もないのでこれ1枚で済んでしまう手軽さがあります。そんなニットに合うのは、やはりカジュアル感を抑えたワンウォッシュのデニムパンツ。

 

上下ともにダークトーンなので、すっきりとスリムに見える効果もあります。バブーシュシューズはダークブラウンでやや色味を変えています。全体的にダークトーンで統一しても色味を少しずつ変えるとよりオシャレになります。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

デニムパンツとセーターを合わせる着こなし方 A

デニム(ユーズド)・ボーダーセーター(黒×白)・シャツ(グレー)・ブーツ(茶)

 

デニムにボーダー柄セーターを合わせた着こなし画像

 

肌寒くなってきた季節には、デニムとセーターでカジュアルに着るのも定番。この写真では少し濃い色のデニムに、黒と白のボーダーで合わせてすっきりとした着こなしになっています。

 

ボーダーラインが均一でないのが特徴。一番下に赤いラインの入ったボーダーのセーターにすることで、別途差し色を入れなくてもよくなります。ベルトを同系色にしてちらっとみせるのもよりおしゃれになります。

 

 

デニム(ユーズド)・セーター(ブルー)・シャツ(ラベンダー)・シューズ(こげ茶)

 

デニムに青のセーターを合わせた着こなし画像

 

デニムとセーターの組み合わせはラフな印象なので、学生さんにも社会人にもぴったりです。デニムとセーターを大人の男性風に着こなすなら、シャツの色はセーターより薄めを選択。

 

写真ではラベンダーのシャツにブルーのセーター、そして紺のユーズドデニムを合わせています。下に行くにつれて色が濃くなると、全体的に引き締まった印象になります。足元はさらに色の濃いシューズで引き締め、カバンを差し色としてバランスを取っています。

 

 

デニム(ユーズド)・セーター(ホワイト)・シャツ(白)・ブーツ(茶)

 

デニムに白のセーターを合わせた着こなし画像

 

濃い色のデニムに白いセーターを組み合わせると清潔感が出て女性からも好印象です。男性らしさを表現するならポイントはシャツ。シャツを均一で当たり前の色合いにするのではなく、2枚襟でボタンの色を変えたシャツを選ぶと、独自性のある着こなしになります。

 

セーターが白いと印象が淡泊になりがちなので、写真のように襟元に黒の入ったシャツを選び差し色にします。足元は少し濃い茶色のブーツでまとまります。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

デニムパンツとセーターをどんな風に着こなしますか?【男性へアンケート調査】

 

大人っぽくしたいので素肌にネイビーかブラックのVネックセーターをざっくり着たい。お尻がすっぽり隠れるくらいのサイズで、デニムはスキニーを合わせる。色はセーターと同系色のインディゴブルーやブラック。これだけだとシルエットが少しフェミニン過ぎるので、靴はドクターマーチンの編み上げブーツとか、ゴツいエンジニアブーツでもよさそう。【男性 30代】

デニムパンツとセーターを合わせて着こなすことになると、セーターの色はメインは灰色にしようと思います。やはり青系や黒などの暗い色合いを着ているとデニムパンツと合わせたときに全身暗くなってしまうからです。柄をアーガイルなど派手目なものにすれば、地味になりすぎることもないかと思いますし、カジュアルさが出てよいと思います。

インディゴブルーのデニムパンツに、グレーのタートルセーター。グレーは明るめのもの。靴はキャメル色のレザー。ブーツでももちろんいいと思います。春先ならこのままでいいですが、冬なら上にコーヒーブラウンかダークグレーのダウンコート、あるいはPコート。どちらにするかで印象が全然ちがってくると思います。そこはTPОに合わせて、ということになると思います。コートは黒でもいいですが、あまり重くなりすぎるような気がするので、コーヒーかグレーを選びます。【男性 30代】

デニムパンツにセーターを合わせる場合、デニムパンツが普通のブルージーンズ(濃いブルーでない)にきれいなブルーのセーターをあわせるのが好きです。ラムウールかカシミアのVネックに下には丸首の白いカットソーを合わせます。またきれいなブルーのタートルネックを一枚あわせるのもきれいです。靴は茶系のデザートブーツ。 【男性 40代】

私がデニムパンツに合わせてセーター を着こなすとしたら、家族で遊園地に行くことを想像してコーディネイトします。デニムパンツは、ノンウォッシュで16オンス以上のヘビーオンスの物を選びます。厚みがあって冬場でも寒くなく、すっきりとしたシルエットです。セーターは、ネイビーのVネックをチョイスします。襟元などに数本ラインの入ったシンプルなデザインのもので、素材は暖かくてチクチクしないベビーアルパカなどが好きです。インナーは、デニムパンツよりも若干薄めのデニムシャツで合わせます。靴は、ティンバーランドのプレーントゥチャッカブーツを選びます。カラーはブラックで足元はスッキリと見せます。最後にニットのハンチングでコーディネート完成です。【男性 30代】

 

好感のもてるデニムパンツとセーターの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

デニムに合わせるセーターなら、体にフィットしたシルエットのハイネックのセーターを合わせるのが、素敵だと思います。知的な印象の着こなしになると思います。小物も、眼鏡や腕時計など細かいところにこだわってる方を見るとおしゃれだなと感じます。セーターの色は、モノトーンやネイビーなど無難な色でもいいのですが、鮮やかな赤のハイネックなんかをさらっと着こなしてると印象的です。【女性 20代】

デニムパンツにセーターの組み合わせでは清潔感や好青年のイメージがあります。セーターを合わせるときは明るめのVセーターを合わせてほしいです。デニムは細身が良いですね。セーターはオレンジやピンクなどの明るめのを合わせている男性が好きです。ピンクの場合はサーモンピンクやうすいピンクが良いです。インナーはシャツだと型ぐるしくなるので首周りから少しTシャツが見えるくらいが良いです。セーターでもブーツインでカジュアルな感じにも出来る点がオシャレをしている感じがあって魅力的です。【女性 30代】

デニムパンツに合わせるセーターは、大きすぎたり分厚すぎたりしない感じのすっきりしたタイプのものが好きです。グレーや黒、ネイビーの定番色やボーダーもいいと思います。どちらかというとVネックのセーターよりも丸首タイプのセーターの方が好きです。インナーは襟つきよりも襟なしのものを合わせている方が好きです。派手な柄物よりも無地などシンプルなものの方が好感持てます。【女性 30代】

 

デニムパンツの着こなし方一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


デニムパンツ+セーターの着こなし方関連ページ一覧

ストレートデニムの着こなし方
デニムパンツはオールシーズン着回せる定番アイテムですが、着こなすのが難しいアイテムでもあります。ストレートタイプのデニムをより綺麗なシルエットで着こなすためには、カジュアルなだけでない、工夫を凝らしたコーディネートが必要です。
デニムカーゴパンツの着こなし方
メンズの定番ボトムスの中でも、特に人気なのがデニム素材のカーゴパンツです。カジュアルな中にも確かな男らしさを持つアイテムを、よりスタイリッシュに着こなすためには、トップスやシューズとのコーデが欠かせません。
サルエルデニムの着こなし方
個性的なシルエットが人気のサルエルパンツも、デニム素材ならちょっとハードな印象がプラスでき、大人のカジュアルスタイルにおススメです。デニムサルエルの魅力を生かした個性的なコーデは、大人のオシャレ上級者ならではの楽しみです。
オールインワンデニムの着こなし方
男らしさを極限まで追求したデニムアイテム、それがオールインワンです。それ一着だけで着こなすもよし、トップスを脱いでインナーとのコーデを楽しむもよし、オーソドックスにトレンドに、幅広く楽しめる点がポイントです。
クロップドデニムの着こなし方
足元を軽く見せてくれるクロップドパンツは、カッコ良く着こなすのが以外と難しいアイテム。デニム生地のクロップドなら、大人っぽく着こなせておススメです。スリムなトップスと組み合わせて、キレイめシルエットを楽しみます。
ショートデニムの着こなし方
軽やかなスタイリングで人気の、ショート丈デニムパンツ。子供っぽくなりがちなショーツタイプデニムは、ダメージ加工のアイテムや少しハード目なトップスとの組み合わせで、可愛すぎないカジュアル感を演出するのがポイントです。
ローライズデニムの着こなし方
脚長効果で人気のローライズデニムパンツですが、シルエットに満足してコーディネートを忘れていませんか?メリハリの付いたコーディネートで、定番の美脚デニムをよりスマートにカッコよく履きこなすコツをご紹介します。
スキニーデニムの着こなし方
メンズファッションの定番ボトムスと言えば、デニム。中でも、ストレッチの効いたスキニーデニムは、美しいシルエットで抜群の存在感があります。ボトムスを主役にしたコーディネートは、シンプルかつスマートな物がおススメです。
ブーツカットデニムの着こなし方
美脚効果抜群のマストアイテム、ブーツカットデニム。さっと履いて歩くだけで様になるデニムスタイルは、トップスとの組み合わせでさらにカッコよく決まります。着こなしを工夫してさらにワンランク上のオシャレを目指します。
リーバイスのデニムパンツの着こなし方
男のデニムの定番、リーバイス501。デニム好きなら、一本は持っておきたいアイテムです。シャツに、カットソーに、レイヤードに、オールシーズン幅広く着回せる501の魅力を、写真と共にご紹介しています。
ヴィンテージ加工デニムの着こなし方
定番ボトムは数あれど、一本は持っておきたいのがヴィンテージ加工を施されたデニムです。色味、こなれ感、シルエット、どれを取ってもカッコいいヴィンテージデニムを、コーディネートに工夫を凝らして、個性豊かに着こなします。
ダメージ加工デニムの着こなし方
デニムスタイルをよりカッコ良く見せてくれるのが、ダメージ加工の施されたデニムパンツです。脚線美を意識したイマドキのデニムに、視線を引き付けるダメージ加工で男らしさをプラス。大人っぽいカジュアルデニムコーデの完成です。
ユーズド加工デニムの着こなし方
大胆なユーズド加工が施されたデニムパンツはカッコいいけど、シルエットは今風に、スタイリッシュに決めたい。シルエットやデザインにこだわったユーズドデニムを、トップスとの着こなしでさらに洗練されたオシャレに変えるコツをご紹介します。
クラッシュ加工デニムの着こなし方
様々な加工が施されたデニムパンツの中でも、程良い加工で人気のクラッシュウォッシュデニム。シンプルでスリムなトップスとコーディネートする事で、カジュアルながらも程良く上品な大人のデニムスタイルが楽しめます。
デニムサルエルカーゴパンツの着こなし方
カジュアルでラフな印象の強いカーゴパンツやサルエルパンツを、少し大人っぽく着こなしたいならデニム素材がおススメです。シンプルなシャツとのコーデでも、シルエットに個性を持たせて一味違うオシャレを楽しむ事ができます。
デニムパンツ(インディゴ)の着こなし方
男らしさのあるヴィンテージカラーのデニムも良いけれど、深みのあるインディゴブルーのデニムが一本あると、休日の着回しに重宝します。加工のないシンプルなデニムは、ホワイトシャツなどの上品なアイテムと好相性です。
デニムパンツ(ネイビー)の着こなし方
ついつい緩めのカジュアルばかりになりそうな休日のコーデも、キレイめシルエットのネイビーのデニムなら、清潔感ある大人のオシャレが楽しめます。ラフなカットソースタイルもネイビーカラーでよりスマートに決まります。
デニムパンツ(ベージュ)の着こなし方
周囲とは一味違うデニムスタイルを楽しみたいなら、ベージュカラーもおススメです。さっぱりとした色合いのボトムは、個性的なトップスを絶妙なバランスで引き立ててくれます。爽やかなイメージで、デートにもぴったりです。
デニムパンツ(カーキ)の着こなし方
渋みのあるカーキのデニムは、大人のカジュアルスタイルにぴったりのアイテムです。程良い男らしさを残しつつも、シャツやカーディガンなど上品で落ち付きのあるコーディネートのコツを、写真と共にご紹介します。
デニムパンツ+ジャケットの着こなし方
デニムパンツとジャケットの組み合わせは定番ですが、中でも鮮やかな色合いのカラージャケットとのコーデはおススメです。デニムだからこそ決まる、爽やかで若々しい着こなしで、ワンランク上のオシャレを楽しみます。
デニムパンツ+コートの着こなし方
デニムパンツに合わせるコートはショート丈のものがおすすめです。さらにキレイめなデザインの物ならダボッとした印象にならず、デニムパンツやインナーにカットソーを合わせてもキレイめカジュアルに仕上がります。
デニムパンツ+パーカーの着こなし方
デニムパンツとパーカーの組み合わせは地味な印象になってしまいがちですが、遊び心のあるデザインのパーカーならお洒落に着こなせます。例えば、ダブルジップの上下を開けてインナーをアクセントにしてもGOODです。
デニムパンツ+カーディガンの着こなし方
アウターにカーディガン、インナーに白のUネックカットソー、デニムパンツという定番のコーディネートも、カーディガンを襟・ボタン付きの物に、デニムをジンバブエコットンデニムパンツに代えると大人の装いになります。
デニムパンツ+シャツの着こなし方
シャツとデニムパンツの組み合わせはキレイめ大人カジュアルの定番とも言えるコーディネートですが、シャツの袖をロールアップにしたり、ユーズド感のあるデニムにしたりすると、さり気ないオシャレを演出できます。
デニムパンツ+カットソーの着こなし方
アウターに、インナーに、寒さを感じる季節に活躍するのがニットカットソーです。黒のニットカットソーならインナーにVネックカットソーで重ね着にし、細身のデニムパンツ、バブーシュシューズで大人っぽくまとめます。
デニムパンツ+Tシャツの着こなし方
デニムとTシャツは当たり前の着こなしになりがち、そこでユーズドのクロップドデニムにしてみたり、シューズをアレンジし、ネックレスや時計などをアクセントにするのもお勧めです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP