ジーンズ パーカー コーデ

デニムパンツ+パーカーの着こなし方

デニムパンツとパーカーを合わせる着こなし方

デニムパンツ(ダメージ)・パーカー(黒)・カットソー(白)・ブーツ(黒)

 

ダメージ加工のデニムパンツと黒のパーカーを合わせた着こなし画像

 

インナーにVネックカットソー、ボトムスにデニム、アウターにパーカー、シューズはレザートレッキングブーツを合わせたコーディネートです。デニムパンツとパーカーを合わせる場合、シンプルなパーカーだと地味な印象になってしまいますが、こちらではジップがレインボーカラーになっている物をチョイス。

 

前締めでもお洒落で派手すぎないコーデに仕上げています。ダブルジップなら上下を少し開けてインナーを見せても良いアクセントになります。

 

 

デニムパンツ(ユーズド)・パーカー(グレー)・カットソー(黒)・ブーツ(茶)

 

ユーズドのデニムパンツにグレーのパーカーを合わせた着こなし画像

 

ブラックのカットソーの上には薄手のグレーのパーカーを羽織っています。ダブルジッパーなので、前を閉めても重たい雰囲気になりません。

 

ボトムスには、ユーズドのデニムを合わせることで、一気にカジュアル感をプラス。足元はブラウンのマウンテンブーツで軽さとスポーティー感も加わり、アクティブなコーディネートに仕上がっています。野外デートやアスレチックなイベントにもピッタリです。

 

 

デニムパンツ(インディゴ)・パーカー(グレー)・ニット(黒)・スニーカー(黒)

 

インディゴのデニムにグレーのパーカーを合わせた着こなし画像

 

ブラックのニットは、よく見るとノルディック柄でオシャレ。そのおかげで重い印象にもならず上から羽織ったグレーのパーカーとも馴染みます。

 

上半身のカジュアル感に合うのはやはりデニム。ボトムスにはインディゴのデニムパンツを合わせて、ダークトーンで統一したカジュアルコーデに仕上げています。リアルレザーのトレッキングスニーカーはブラウンを選び、軽さをプラスしています。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

デニムパンツとパーカーを合わせる着こなし方 A

デニム(ユーズド)・パーカー(グレー)・シャツ(白)・ブーツ(茶)

 

デニムにグレーのパーカーを合わせた着こなし画像

 

デニムとパーカーの組み合わせはストリートスタイルの定番。春や秋にパーカーを1枚着るだけの簡単なコーディネートです。

 

しかし「プルパーカーだけでは何だか物足りない」そんなときには、このコーディネートのようにインナーにシャツを合わせるとオシャレに見えます寒い時期には、このパーカーの上に、黒のテーラードジャケットや茶系色のジャケット、黒のベストを合わせることができるため、冬にもピッタリなコーディネートです。

 

 

デニム(ユーズド)・パーカー(赤)・シャツ(白)・シューズ(ベージュ)

 

デニムにボーダーのパーカーを合わせた着こなし画像

 

デニムをカジュアルに着こなすなら赤を取り入れたパーカーも使えます。春先や晩秋の肌寒い時期にも、白シャツの上に一枚羽織るだけで簡単にオシャレを楽しむことができます。

 

ただの白シャツを選ぶのではなく、さりげなくラインやが入ってるような白シャツを選ぶとよりおしゃれ感が出ます。差し色にはベルトに赤っぽい色を取り入れ、足元はローシューズにすると軽快に見えます。

 

 

デニム(ユーズド)・パーカー(グレー)・チェックストール(赤×黒)・シューズ(茶)

 

デニムにドット柄のパーカーを合わせた着こなし画像

 

色落ち加工のデニムにパーカーをあわせるなら、フードの裏地がドット柄になっているようなパーカーを選ぶと遊び心が表れます。かわいい系男子によく似合うアイテムです。

 

単色だけではぼやけてしまいがちなパーカーとデニムの組み合わせですが、柄を取り入れるだけでこじゃれた感じになります。インナーがカットソーだけなので首元にストールを巻くとオシャレな着こなしになり、チェック柄の赤の差し色が印象に残ります。足元はブーツ系のローシューズで仕上げます。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

デニムパンツとパーカーをどんな風に着こなしますか?【男性へアンケート調査】

 

パーカーにデニムは定番だからサイジングとカラーリングで人と差をつけたい。少しタイトめのパーカー(デザインはどシンプルなもの)にスキニーデニムを合わせて今っぽくするか、かなりオーバーサイズのパーカーにスキニー+スニーカーでも相性良さそう。パーカーのカラーは好きなものでいいとおもうけど、デニムと靴の色を同じものにしてあげれば脚長効果が期待できる!【男性 30代】

パーカーはゆったりとした着こなしの部類に入ると考えています。そこでデニムも同様にゆったりしたものを選ぶと「だらしない」とも受け取られる可能性があります。そこで、パーカーを着る時にはなるべく、細身のデニムを選ぶようにしています。またデニムはパーカーの色がどうであれ、古着のようなタイプではなく、色が濃く、新品風なものを履くようにし、バランスをとるようにしています。【男性 30代】

私が着こなしているデニム&パーカーは、チープマンデーやエイプリル77のようなスキニーパンツに、パーカーはグレーのROCKなパーカーを着ています。色はブラック。エイプリル77のスキニーパンツは、黒でもほかにはない繊細な色を出しています。ブーツはドクターマーチンの8ホールのブーツ。スキニーをブーツにインして、ROCKなテイストで履きこなしています。ポイントとしては、パーカーの柄が地味になりすぎないこと。30代ですが、恥ずかしがらずに全面にROCKテイストを打ち出しています。【男性 30代】

ホワイトカラーの細身のコットン素材のカットソーをトップスにもっていき、その上にグレーカラーのパーカーを合わせます。これも素材はコットンでオーソドックスなものです。その上に多少光沢のあるブラックカラーのナイロン素材のベストを合わせます。デニムパンツはホワイトカラーで若干太めのものを合わせます。靴はグレーカラーのシンプルなデザインのスニーカーです。【男性 30代】

デニムパンツとパーカーの着こなしは難しいのであまり得意ではありません。間が抜けた感じ好きになれないのです。雑誌などの着こなしではフードパーカーの上からジャケットを合わせているものが多く一つのアイデアだと思います。私ならブルージーンズの上に薄いアーミーブリーンのフードパーカー上に茶系のヘリンボーンのジャケットを合わせます。【男性 40代】

 

好感のもてるデニムパンツとパーカーの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

デニムとパーカーはカジュアルなスタイルの定番ですが、あえてきれいめな着こなしをされている方を見るとセンスがいいなあと思います。よくあるのは、ダボッとしたゆったりしたシルエットですが、そうではなくて細みのぴったりしたパーカーに、デニムパンツもスキニーなものを合わせているスタイルが好きです。パーカーの色もダークな落ち着いた色合いがいいと思います。【女性 20代】

デニムパンツとパーカーの組み合わせですが、カジュアルな感じでいいですよね。私は、このカジュアルな感じは好きです。パーカーの色はグレーか黒が良いですね。中には白か黒のプリントTシャツが良いです。それに、シルバーのアクセを合わせてもらい、ブーツインをしてもらうとオシャレだなと感じます。パーカーは無地の方で、インナーやアクセでオシャレをするのが好きです。【女性 30代】

デニムとパーカーの組み合わせは定番ですが、個人的には男性のファッションで一番好感の持てるスタイルです。無地のシンプルなパーカーを合わせた格好が好きで、色はグレーや黒、ネイビーの定番色がやっぱり素敵だと思います。デニムパンツもパーカーも、タイト過ぎずダボダボとし過ぎていない、体型にあったものが清潔感があって良いです。リュックやショルダーバッグなどを合わせてカジュアルに着こなして欲しいですね。【女性 30代】

 

デニムパンツの着こなし方一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


デニムパンツ+パーカーの着こなし方関連ページ一覧

ストレートデニムの着こなし方
デニムパンツはオールシーズン着回せる定番アイテムですが、着こなすのが難しいアイテムでもあります。ストレートタイプのデニムをより綺麗なシルエットで着こなすためには、カジュアルなだけでない、工夫を凝らしたコーディネートが必要です。
デニムカーゴパンツの着こなし方
メンズの定番ボトムスの中でも、特に人気なのがデニム素材のカーゴパンツです。カジュアルな中にも確かな男らしさを持つアイテムを、よりスタイリッシュに着こなすためには、トップスやシューズとのコーデが欠かせません。
サルエルデニムの着こなし方
個性的なシルエットが人気のサルエルパンツも、デニム素材ならちょっとハードな印象がプラスでき、大人のカジュアルスタイルにおススメです。デニムサルエルの魅力を生かした個性的なコーデは、大人のオシャレ上級者ならではの楽しみです。
オールインワンデニムの着こなし方
男らしさを極限まで追求したデニムアイテム、それがオールインワンです。それ一着だけで着こなすもよし、トップスを脱いでインナーとのコーデを楽しむもよし、オーソドックスにトレンドに、幅広く楽しめる点がポイントです。
クロップドデニムの着こなし方
足元を軽く見せてくれるクロップドパンツは、カッコ良く着こなすのが以外と難しいアイテム。デニム生地のクロップドなら、大人っぽく着こなせておススメです。スリムなトップスと組み合わせて、キレイめシルエットを楽しみます。
ショートデニムの着こなし方
軽やかなスタイリングで人気の、ショート丈デニムパンツ。子供っぽくなりがちなショーツタイプデニムは、ダメージ加工のアイテムや少しハード目なトップスとの組み合わせで、可愛すぎないカジュアル感を演出するのがポイントです。
ローライズデニムの着こなし方
脚長効果で人気のローライズデニムパンツですが、シルエットに満足してコーディネートを忘れていませんか?メリハリの付いたコーディネートで、定番の美脚デニムをよりスマートにカッコよく履きこなすコツをご紹介します。
スキニーデニムの着こなし方
メンズファッションの定番ボトムスと言えば、デニム。中でも、ストレッチの効いたスキニーデニムは、美しいシルエットで抜群の存在感があります。ボトムスを主役にしたコーディネートは、シンプルかつスマートな物がおススメです。
ブーツカットデニムの着こなし方
美脚効果抜群のマストアイテム、ブーツカットデニム。さっと履いて歩くだけで様になるデニムスタイルは、トップスとの組み合わせでさらにカッコよく決まります。着こなしを工夫してさらにワンランク上のオシャレを目指します。
リーバイスのデニムパンツの着こなし方
男のデニムの定番、リーバイス501。デニム好きなら、一本は持っておきたいアイテムです。シャツに、カットソーに、レイヤードに、オールシーズン幅広く着回せる501の魅力を、写真と共にご紹介しています。
ヴィンテージ加工デニムの着こなし方
定番ボトムは数あれど、一本は持っておきたいのがヴィンテージ加工を施されたデニムです。色味、こなれ感、シルエット、どれを取ってもカッコいいヴィンテージデニムを、コーディネートに工夫を凝らして、個性豊かに着こなします。
ダメージ加工デニムの着こなし方
デニムスタイルをよりカッコ良く見せてくれるのが、ダメージ加工の施されたデニムパンツです。脚線美を意識したイマドキのデニムに、視線を引き付けるダメージ加工で男らしさをプラス。大人っぽいカジュアルデニムコーデの完成です。
ユーズド加工デニムの着こなし方
大胆なユーズド加工が施されたデニムパンツはカッコいいけど、シルエットは今風に、スタイリッシュに決めたい。シルエットやデザインにこだわったユーズドデニムを、トップスとの着こなしでさらに洗練されたオシャレに変えるコツをご紹介します。
クラッシュ加工デニムの着こなし方
様々な加工が施されたデニムパンツの中でも、程良い加工で人気のクラッシュウォッシュデニム。シンプルでスリムなトップスとコーディネートする事で、カジュアルながらも程良く上品な大人のデニムスタイルが楽しめます。
デニムサルエルカーゴパンツの着こなし方
カジュアルでラフな印象の強いカーゴパンツやサルエルパンツを、少し大人っぽく着こなしたいならデニム素材がおススメです。シンプルなシャツとのコーデでも、シルエットに個性を持たせて一味違うオシャレを楽しむ事ができます。
デニムパンツ(インディゴ)の着こなし方
男らしさのあるヴィンテージカラーのデニムも良いけれど、深みのあるインディゴブルーのデニムが一本あると、休日の着回しに重宝します。加工のないシンプルなデニムは、ホワイトシャツなどの上品なアイテムと好相性です。
デニムパンツ(ネイビー)の着こなし方
ついつい緩めのカジュアルばかりになりそうな休日のコーデも、キレイめシルエットのネイビーのデニムなら、清潔感ある大人のオシャレが楽しめます。ラフなカットソースタイルもネイビーカラーでよりスマートに決まります。
デニムパンツ(ベージュ)の着こなし方
周囲とは一味違うデニムスタイルを楽しみたいなら、ベージュカラーもおススメです。さっぱりとした色合いのボトムは、個性的なトップスを絶妙なバランスで引き立ててくれます。爽やかなイメージで、デートにもぴったりです。
デニムパンツ(カーキ)の着こなし方
渋みのあるカーキのデニムは、大人のカジュアルスタイルにぴったりのアイテムです。程良い男らしさを残しつつも、シャツやカーディガンなど上品で落ち付きのあるコーディネートのコツを、写真と共にご紹介します。
デニムパンツ+ジャケットの着こなし方
デニムパンツとジャケットの組み合わせは定番ですが、中でも鮮やかな色合いのカラージャケットとのコーデはおススメです。デニムだからこそ決まる、爽やかで若々しい着こなしで、ワンランク上のオシャレを楽しみます。
デニムパンツ+コートの着こなし方
デニムパンツに合わせるコートはショート丈のものがおすすめです。さらにキレイめなデザインの物ならダボッとした印象にならず、デニムパンツやインナーにカットソーを合わせてもキレイめカジュアルに仕上がります。
デニムパンツ+セーターの着こなし方
セーターは襟がやや高めのデザインになっている物だと大人っぽい雰囲気を演出することができます。襟口から白シャツをのぞかせるとさらに大人度UPです。デニムパンツと合わせてもお洒落な大人の雰囲気に仕上がります。
デニムパンツ+カーディガンの着こなし方
アウターにカーディガン、インナーに白のUネックカットソー、デニムパンツという定番のコーディネートも、カーディガンを襟・ボタン付きの物に、デニムをジンバブエコットンデニムパンツに代えると大人の装いになります。
デニムパンツ+シャツの着こなし方
シャツとデニムパンツの組み合わせはキレイめ大人カジュアルの定番とも言えるコーディネートですが、シャツの袖をロールアップにしたり、ユーズド感のあるデニムにしたりすると、さり気ないオシャレを演出できます。
デニムパンツ+カットソーの着こなし方
アウターに、インナーに、寒さを感じる季節に活躍するのがニットカットソーです。黒のニットカットソーならインナーにVネックカットソーで重ね着にし、細身のデニムパンツ、バブーシュシューズで大人っぽくまとめます。
デニムパンツ+Tシャツの着こなし方
デニムとTシャツは当たり前の着こなしになりがち、そこでユーズドのクロップドデニムにしてみたり、シューズをアレンジし、ネックレスや時計などをアクセントにするのもお勧めです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP