デニムに合うコート

デニムパンツ+コートの着こなし方

デニムパンツとコートを合わせる着こなし方

デニム(ユーズド)・ピーコート(黒)・ニット(グレー)・カットソー(黒)・シューズ(黒)

 

デニムパンツと黒のピーコートを合わせた着こなし画像

 

ラフにもキレイめにも、何かと着回しが利くデニムパンツですが、コートを合わせるなら、全体をスッキリと見せてくれるショート丈の物がおすすめです。また、スマートデザインの物なら、トップス×デニムパンツのシンプルなコーデに羽織るだけでキレイめにまとまります。

 

こちらのコーディネートでは、デニムパンツに黒のショート丈コートを合わせています。ちなみにコートの素材はプレミアムウールメルトンです。インナーは白シャツでも良く合います。

 

 

デニム(インディゴ)・コート(キャメル)・カーデ(チャコール)・シャツ(白)・ブーツ(黒)

 

インディゴのデニムパンツにキャメルのコートを合わせた着こなし画像

 

カーディガンとシャツはアンサンブルになっているので、一緒に着たり別々に着たり色々な楽しみ方ができるので便利です。こちらはセットで着て、ボトムスはインディゴのデニムを合わせて爽やかなコーディネートにしています。

 

さらに、キャメルのコートは襟を立てて着てスタイリッシュに。ボタンを開けて中を見せることで重たい印象になりません。コートが明るめなので、ブーツはブラックにすると全体が引き締まった印象になります。

 

 

デニム(ダメージ)・コート(カーキ)・ニット(黒)カットソー(白)・・スニーカー(黒)

 

青のデニムパンツにカーキのコートを合わせた着こなし画像

 

ブラックのニットアンサンブルにカーキのコートを合わせ、落ち着いた雰囲気のコーディネートになっています。コートは前を開けた方が、よりスマートな印象になります。

 

ボトムスは雰囲気をガラッと変えてダメージ加工のデニムを合わせカジュアル感をプラス。また、ブラックのカラーパンツでも全体的に落ち着いたコーディネートに仕上がるので、オススメです。足元はリアルレザーの高級感溢れるスニーカーで、大人のコーデに。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

デニムパンツとコートを合わせる着こなし方 A

デニム(ユーズド)・コート(ベージュ)・ニット(グレー)・ブーツ(茶)

 

デニムにトレンチコートを合わせた着こなし画像

 

色落ちのあるデニムにコートを合わせるなら、トレンチコートもおすすめです。さっと羽織るだけで出かけられるようなデザインでシルエットもキレイなのでスリムな印象も与えます。

 

インナーはラフなグレーのメッシュニットに黒のタンクトップとなっていますので、より引き締まって見えます。ボトムはブラスト加工でユーズド加工の遊び心のあるデニムパンツ。足元はすらっとした印象のブーツで仕上げています。

 

 

デニム(ユーズド)・コート(黒)・カーディガン(オレンジ)・ブーツ(茶)

 

デニムにボアつきコートを合わせた着こなし画像

 

肌寒い時期に、ボアのついたコートを使うと冬らしい暖かな印象の着こなしになります。写真ではインナーを差し色としてオレンジが使われており、オシャレ男子といった印象に。

 

この着こなしでは、コートの前を開けていますが、寒い時にはコートの前をしっかりと閉じて、シャツの襟元が見えるように着こなすのもおすすめです。その時、シャツを赤チェックの柄にして着こなしてみるのも、コートの黒とマッチするのでおすすめです。

 

 

デニム(ユーズド)・チェック柄コート(黒×白)・Tシャツ(黒)・ブーツ(茶)

 

デニムにコートを合わせた着こなし画像

 

デニムをカジュアルに着こなすならチェック柄のPコートを使うとインパクトがあります。丈が短い分、足もやや長く見えます。襟元がしっかりとしているPコートなので写真のように襟を立てると首元が暖かく風の強い日にも重宝します。

 

インナーはアウターの色と同色のカットソーを選び、2色の明暗のあるトップスにするとクールな印象に。ボトムはジップとカーゴデザインが独特なユーズドデニム、足元をブーツで仕上げれば、こなれた感じの着こなしの完成です。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

デニムパンツとコートをどんな風に着こなしますか?【男性へアンケート調査】

 

トップスはホワイトカラーのシャツに薄いピンクカラーの細身のカーディガンを合わせます。コートはベージュカラーの細身で襟が少し大きめのシングルタイプのものを合わせます。素材はコットンです。グリーンカラーのマフラーを首に巻きます。デニムパンツは色落ちのないきれいめのものでスリムフィットスタイルです。靴はブラウンカラーのスエード素材のものを合わせます。【男性 30代】

ピーコートやトレンチコート、ダッフルコートとデニムパンツをあわせて着ます。コートの色は黒やグレーなど冬らしく落ち着いた色にします。インナーはセーターまたはカーディガンなど温かみのある素材のアイテムを選び、重ね着はあまりしないようにします。全体的に地味になるので、帽子(ハット系)やスニーカーで明るい色のものを選びアクセントをつけます。【男性 30代】

デニムパンツとコートを着こなす場合、デニムパンツが普通のブルージーンズならばコートはフードライナー付きの薄いアーミーグリーンの中綿入りナイロン素材のハーフコートを合わせます。中には黒か焦茶のフルタートルネックのセーターかカットソーを着ます。きれいなブルーのフルタートルもきれいです。靴は茶系のデザートブーツ 【男性 40代】

季節感のあるメルトンやウール素材のショート丈ピーコートに、ジャスト〜ややゆったりめのデニムが相性良さそう。スタイル良く長身に見せたいなら、上下のバランスを4:6くらいにして、同系色でまとめたら垢抜けて見えるはず。足もとはUGGのムートンブーツを合わせたら今年っぽくなっていいかも。小顔に自信のある人だったら首にマフラーぐるぐる巻きでも可愛くなりそう!【男性 30代】

私がデニムパンツとコートを合わせて着こなすことになったとしたら、コートはベージュ系のものにして、デニムパンツも細身のスッキリした見た目にしたいです。黒いコートや普通のデニムパンツではやぼったく見えるので、ベージュのコートで全身をスッキリと見せて、パンツも細身で全体的にきれいなシルエットになるようにしたいです。

 

好感のもてるデニムパンツとコートの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

デニムにかっちりしたきれいめのコートを合わせる時は、マフラーとかの小物を上手に使っていると素敵です。マルチストライプの柄のマフラーと、黒いコート、デニムをあわせてる着こなしがいいなあと思ったことがあります。コートの下は、黒のセーターなど、シンプルなトップスをあわせるのがいいかなと思います。コートをカジュアルに着こなすのはデニムが一番だと思います。【女性 20代】

まず、デニムパンツとコートとの組み合わせですが、私は大好きな組み合わせです。特に好きなのは細身の濃いめノージーンズにフードつきのダウンジャケットを合わせてもらえるとかっこいいなと思うんです。デニムはインディゴかダメージジーンズなんて素敵ですよね。ダウンジャケットは黒が良いです。フードには黒色のファーがついているのが良いですね。それに、シルバーアクセやブーツを合わせるとかっこよく決まるので、魅力的です。黒のブーツでブーツインすると素敵だと思います。【女性 30代】

デニムパンツに合わせるコートで好きなスタイルは、黒や紺、モスグリーンなどのショート丈のピーコートやジップアップタイプのジャケットコートが好きです。小さめのコートにニットのマフラーを短めに巻いた感じのカジュアルスタイルが好感もてます。ロング丈なら黒やネイビーのダッフルコートが可愛らしさがあって好きな組み合わせです。【女性 30代】

 

デニムパンツの着こなし方一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


デニムパンツ+コートの着こなし方関連ページ一覧

ストレートデニムの着こなし方
デニムパンツはオールシーズン着回せる定番アイテムですが、着こなすのが難しいアイテムでもあります。ストレートタイプのデニムをより綺麗なシルエットで着こなすためには、カジュアルなだけでない、工夫を凝らしたコーディネートが必要です。
デニムカーゴパンツの着こなし方
メンズの定番ボトムスの中でも、特に人気なのがデニム素材のカーゴパンツです。カジュアルな中にも確かな男らしさを持つアイテムを、よりスタイリッシュに着こなすためには、トップスやシューズとのコーデが欠かせません。
サルエルデニムの着こなし方
個性的なシルエットが人気のサルエルパンツも、デニム素材ならちょっとハードな印象がプラスでき、大人のカジュアルスタイルにおススメです。デニムサルエルの魅力を生かした個性的なコーデは、大人のオシャレ上級者ならではの楽しみです。
オールインワンデニムの着こなし方
男らしさを極限まで追求したデニムアイテム、それがオールインワンです。それ一着だけで着こなすもよし、トップスを脱いでインナーとのコーデを楽しむもよし、オーソドックスにトレンドに、幅広く楽しめる点がポイントです。
クロップドデニムの着こなし方
足元を軽く見せてくれるクロップドパンツは、カッコ良く着こなすのが以外と難しいアイテム。デニム生地のクロップドなら、大人っぽく着こなせておススメです。スリムなトップスと組み合わせて、キレイめシルエットを楽しみます。
ショートデニムの着こなし方
軽やかなスタイリングで人気の、ショート丈デニムパンツ。子供っぽくなりがちなショーツタイプデニムは、ダメージ加工のアイテムや少しハード目なトップスとの組み合わせで、可愛すぎないカジュアル感を演出するのがポイントです。
ローライズデニムの着こなし方
脚長効果で人気のローライズデニムパンツですが、シルエットに満足してコーディネートを忘れていませんか?メリハリの付いたコーディネートで、定番の美脚デニムをよりスマートにカッコよく履きこなすコツをご紹介します。
スキニーデニムの着こなし方
メンズファッションの定番ボトムスと言えば、デニム。中でも、ストレッチの効いたスキニーデニムは、美しいシルエットで抜群の存在感があります。ボトムスを主役にしたコーディネートは、シンプルかつスマートな物がおススメです。
ブーツカットデニムの着こなし方
美脚効果抜群のマストアイテム、ブーツカットデニム。さっと履いて歩くだけで様になるデニムスタイルは、トップスとの組み合わせでさらにカッコよく決まります。着こなしを工夫してさらにワンランク上のオシャレを目指します。
リーバイスのデニムパンツの着こなし方
男のデニムの定番、リーバイス501。デニム好きなら、一本は持っておきたいアイテムです。シャツに、カットソーに、レイヤードに、オールシーズン幅広く着回せる501の魅力を、写真と共にご紹介しています。
ヴィンテージ加工デニムの着こなし方
定番ボトムは数あれど、一本は持っておきたいのがヴィンテージ加工を施されたデニムです。色味、こなれ感、シルエット、どれを取ってもカッコいいヴィンテージデニムを、コーディネートに工夫を凝らして、個性豊かに着こなします。
ダメージ加工デニムの着こなし方
デニムスタイルをよりカッコ良く見せてくれるのが、ダメージ加工の施されたデニムパンツです。脚線美を意識したイマドキのデニムに、視線を引き付けるダメージ加工で男らしさをプラス。大人っぽいカジュアルデニムコーデの完成です。
ユーズド加工デニムの着こなし方
大胆なユーズド加工が施されたデニムパンツはカッコいいけど、シルエットは今風に、スタイリッシュに決めたい。シルエットやデザインにこだわったユーズドデニムを、トップスとの着こなしでさらに洗練されたオシャレに変えるコツをご紹介します。
クラッシュ加工デニムの着こなし方
様々な加工が施されたデニムパンツの中でも、程良い加工で人気のクラッシュウォッシュデニム。シンプルでスリムなトップスとコーディネートする事で、カジュアルながらも程良く上品な大人のデニムスタイルが楽しめます。
デニムサルエルカーゴパンツの着こなし方
カジュアルでラフな印象の強いカーゴパンツやサルエルパンツを、少し大人っぽく着こなしたいならデニム素材がおススメです。シンプルなシャツとのコーデでも、シルエットに個性を持たせて一味違うオシャレを楽しむ事ができます。
デニムパンツ(インディゴ)の着こなし方
男らしさのあるヴィンテージカラーのデニムも良いけれど、深みのあるインディゴブルーのデニムが一本あると、休日の着回しに重宝します。加工のないシンプルなデニムは、ホワイトシャツなどの上品なアイテムと好相性です。
デニムパンツ(ネイビー)の着こなし方
ついつい緩めのカジュアルばかりになりそうな休日のコーデも、キレイめシルエットのネイビーのデニムなら、清潔感ある大人のオシャレが楽しめます。ラフなカットソースタイルもネイビーカラーでよりスマートに決まります。
デニムパンツ(ベージュ)の着こなし方
周囲とは一味違うデニムスタイルを楽しみたいなら、ベージュカラーもおススメです。さっぱりとした色合いのボトムは、個性的なトップスを絶妙なバランスで引き立ててくれます。爽やかなイメージで、デートにもぴったりです。
デニムパンツ(カーキ)の着こなし方
渋みのあるカーキのデニムは、大人のカジュアルスタイルにぴったりのアイテムです。程良い男らしさを残しつつも、シャツやカーディガンなど上品で落ち付きのあるコーディネートのコツを、写真と共にご紹介します。
デニムパンツ+ジャケットの着こなし方
デニムパンツとジャケットの組み合わせは定番ですが、中でも鮮やかな色合いのカラージャケットとのコーデはおススメです。デニムだからこそ決まる、爽やかで若々しい着こなしで、ワンランク上のオシャレを楽しみます。
デニムパンツ+パーカーの着こなし方
デニムパンツとパーカーの組み合わせは地味な印象になってしまいがちですが、遊び心のあるデザインのパーカーならお洒落に着こなせます。例えば、ダブルジップの上下を開けてインナーをアクセントにしてもGOODです。
デニムパンツ+セーターの着こなし方
セーターは襟がやや高めのデザインになっている物だと大人っぽい雰囲気を演出することができます。襟口から白シャツをのぞかせるとさらに大人度UPです。デニムパンツと合わせてもお洒落な大人の雰囲気に仕上がります。
デニムパンツ+カーディガンの着こなし方
アウターにカーディガン、インナーに白のUネックカットソー、デニムパンツという定番のコーディネートも、カーディガンを襟・ボタン付きの物に、デニムをジンバブエコットンデニムパンツに代えると大人の装いになります。
デニムパンツ+シャツの着こなし方
シャツとデニムパンツの組み合わせはキレイめ大人カジュアルの定番とも言えるコーディネートですが、シャツの袖をロールアップにしたり、ユーズド感のあるデニムにしたりすると、さり気ないオシャレを演出できます。
デニムパンツ+カットソーの着こなし方
アウターに、インナーに、寒さを感じる季節に活躍するのがニットカットソーです。黒のニットカットソーならインナーにVネックカットソーで重ね着にし、細身のデニムパンツ、バブーシュシューズで大人っぽくまとめます。
デニムパンツ+Tシャツの着こなし方
デニムとTシャツは当たり前の着こなしになりがち、そこでユーズドのクロップドデニムにしてみたり、シューズをアレンジし、ネックレスや時計などをアクセントにするのもお勧めです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP