ローライズデニム メンズ

ローライズデニムの着こなし方

ローライズデニムの着こなし方

ローライズデニム(紺)・カーディガン(チャコール)・シャツ(白)・靴(黒)

 

紺色のローライズのデニムパンツとシャツとカーディガンの重ね着を合わせた着こなし画像

 

脚を長く見せる効果のあるローライズデニムは、シルエットも美脚効果のあるブーツカットもおススメです。ボトムのシルエットがぴたりと決まるのでトップスは程良い抜け感のあるパーカーやカットソーでまとめてもスッキリ。

 

ラフに着こなす事で、オシャレ上級者の雰囲気を楽しむ事ができます。シャツやカーディガンとのコーデなら、上品なカジュアルスタイルが完成。大人っぽく、落ち付きのあるスタイルには、シンプルな革靴がぴったりです。

 

 

ローライズデニム(黒)・ジャケット(黒)・カットソー(白)・スニーカー(黒)

 

黒のローライズのデニムパンツと黒のジャケットを合わせた着こなし画像

 

男らしさのあるカジュアルスタイルなら、ローライズデニムでもややゆったり感があるシルエットがおすすめです。ボトムスにボリューム感があるので、トップスは白や黒でスッキリと。アウターを使う場合には、アウターを黒、インナーを白でチョイスすると全体のバランスをまとめやすいです。

 

足元は黒で男らしく、でも裾上げしないとこうなります。カジュアルに仕上げたい時にはスニーカーを、大人っぽさを足したい時にはバブーシュシューズやブーツを合わせると良いです。

 

 

ローライズデニム(黒)・ジャケット(黒)・カットソー(グレー)・ブーツ(茶)

 

ローライズのデニムパンツと黒のテーラードジャケットを合わせた着こなし画像

 

黒やグレーなどのシックカラーでスタイリングすると、大人っぽい印象に仕上げやすいです。また、大人の魅力を演出するなら、インナーはVネックを選ぶと程よいラフ感が首元に色気を持たせてくれます。

 

インナーがVネックなら、アウターがテーラードジャケットのようなカッチリめのアイテムでも堅苦しい印象になりにくいです。前開けで着るとなおGOOD。ボトムスはブラックデニムなら大人っぽさが、ブルーのデニムならカジュアル感が増します。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

ローライズデニムの着こなし方 A

ローライズデニム(ダメージ)・ジャケット(黒)・シャツ(白)カットソー(茶)・ブーツ(茶)

 

ローライズデニムにジャケットを合わせた着こなし画像

 

ある程度ダメージのあるローライズデニムをはくならトップスはハードでまとめます。ハードの必須アイテムがジャケット。この写真では固すぎない、ラフなジャケットを選んでいます。

 

ジャケットの中に茶系のVネックカットソー、さらに中に白襟のシャツを合わせることで大人の男性という印象に。足元にブーツを選ぶと、遊び心あるカジュアルスタイルになります。

 

 

ローライズデニム・ジャケット(黒)・カーデ(グレー)・シャツ(白)・ブーツ(茶)

 

ローライズデニムにレザーベルトジャケットを合わせた着こなし画像

 

ブラスト加工が施された茶系色のローライズデニムで遊び心を演出。トップスをハード系のジャケットにすると、ハード&ソフトですらっとして見えます。写真のジャケットは衿元にレザーベルトを使われた特徴のあるアイテムでちょいわる風にも見えますがインナーにグレーのカーディガンを合わせることでソフトな印象になります。

 

他にも、インナーをシャツだけにしてジャケットの前を閉じて着こなしても、インナーをカットソーのみにして、ジャケットをロールアップして着こなすこともできます。

 

 

ローライズデニム(オーバーダイ)・チェックシャツ(赤×青)・Tシャツ(白)・ブーツ(茶)

 

ローライズデニムにチェック柄のシャツを合わせた着こなし画像

 

ローライズデニムをはくなら、カジュアルスタイルにできるチェックシャツを一枚持っておくと便利です。赤×青×白の大きめのチェック柄のシャツは、柄の一色である白をインナーに取り入れることで颯爽とした印象になります。

 

シャツの丈はTシャツよりシャツの方を少し長めに、あまり丈は長くし過ぎないようにまとめると、バランスも重たく見えません。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

ローライズデニムをどんな風に着こなしていますか?【男性へアンケート調査】

 

ローライズのデニムパンツは足が長く見えるので、スタイルを良く見せる効果があります。そのためつま先の尖った靴などと合わせて足の長さを強調する人が多いですが、個人的にはとんがり靴はヤンキーっぽくて嫌いなため、自分はスニーカータイプの革靴と合わせたり、思い切ってブーツインしたりすることもあります。もともと足が長いのでできるのかもしれません。【男性 30代】

ローライズのデニムパンツを履くときは割とぴったりめ、もしくは若干小さめのシャツを着るようにしています。もちろんブーツを履いて、脚を長く、お尻を小さく見えるような着こなしをしています。でもローライズを履く時に一番気をつけているのはへそ毛、いわゆるギャランドゥがはみ出ないように処理しています。毛がベルトのバックルなどに挟んでしまうと痛いですし、見栄えも良くないですからね。【男性 20代】

ローライズのデニムパンツの着こなし方ですが、まず、私はブランドだとユニクロとリュリュのデニムパンツを着ています。着こなし方は、ボーダーの冬場はロンTにダウンやモッズコートを着て合わせたり、夏場はペイントされたTシャツなどと合わせて着こなしています。靴は冬場はムートンブーツやパンプスをはいたりしていて、夏場はもっぱらサンダルを合わせてはいています。【男性 30代】

 

好感のもてる男性のローライズデニムの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

ローライズデニムは、あまり下げすぎて着るのは高校生の制服みたいなのでNG。また細身過ぎるのも女性的になるので、ほどよいサイズ感を意識してえらんでほしいです。個人的にトップスは丈が気持ち長めのものを選んだ方が腰も寒くないし、バランスもよくなるのではないかと思います。チャラチャラした印象にならないように、シンプルなコットンのボタンダウンシャツにクルーネックのニットなどを合わせてほしいです。【女性 30代】

ローライズデニムにはパーカーを合わせて、アウターにピーコートをさらっと羽織って草食系男子っぽい格好が可愛くて好き。ローライズデニムは子どもっぽくなりそうなアイテムだけど、ウールのアウターやキチンと感のあるブーツとか合わせたらデートにもばっちり着て行けそう。ローライズだからインナーには気をつけて欲しいかな。【女性 30代】

ローライズのデニムパンツはかっこいいですが、場所によってはラフすぎたりだらしなく見えてしまう場合もありますよね。なのでローライズに合わせるのは、清潔感のあるシンプルなシャツが素敵だと思います。無地とかボーダーで地味な色を着てほしい!トップスまでカジュアルすぎるものを着てしまうと、ちょっと全体的に締まらない気がしますしね。【女性 30代】

 

デニムパンツの着こなし方一覧に戻る

 

ローライズデニムの着こなし画像集(迷ったときのコーディネートの参考に!)

このエントリーをはてなブックマークに追加


ローライズデニムの着こなし方関連ページ一覧

ストレートデニムの着こなし方
デニムパンツはオールシーズン着回せる定番アイテムですが、着こなすのが難しいアイテムでもあります。ストレートタイプのデニムをより綺麗なシルエットで着こなすためには、カジュアルなだけでない、工夫を凝らしたコーディネートが必要です。
デニムカーゴパンツの着こなし方
メンズの定番ボトムスの中でも、特に人気なのがデニム素材のカーゴパンツです。カジュアルな中にも確かな男らしさを持つアイテムを、よりスタイリッシュに着こなすためには、トップスやシューズとのコーデが欠かせません。
サルエルデニムの着こなし方
個性的なシルエットが人気のサルエルパンツも、デニム素材ならちょっとハードな印象がプラスでき、大人のカジュアルスタイルにおススメです。デニムサルエルの魅力を生かした個性的なコーデは、大人のオシャレ上級者ならではの楽しみです。
オールインワンデニムの着こなし方
男らしさを極限まで追求したデニムアイテム、それがオールインワンです。それ一着だけで着こなすもよし、トップスを脱いでインナーとのコーデを楽しむもよし、オーソドックスにトレンドに、幅広く楽しめる点がポイントです。
クロップドデニムの着こなし方
足元を軽く見せてくれるクロップドパンツは、カッコ良く着こなすのが以外と難しいアイテム。デニム生地のクロップドなら、大人っぽく着こなせておススメです。スリムなトップスと組み合わせて、キレイめシルエットを楽しみます。
ショートデニムの着こなし方
軽やかなスタイリングで人気の、ショート丈デニムパンツ。子供っぽくなりがちなショーツタイプデニムは、ダメージ加工のアイテムや少しハード目なトップスとの組み合わせで、可愛すぎないカジュアル感を演出するのがポイントです。
スキニーデニムの着こなし方
メンズファッションの定番ボトムスと言えば、デニム。中でも、ストレッチの効いたスキニーデニムは、美しいシルエットで抜群の存在感があります。ボトムスを主役にしたコーディネートは、シンプルかつスマートな物がおススメです。
ブーツカットデニムの着こなし方
美脚効果抜群のマストアイテム、ブーツカットデニム。さっと履いて歩くだけで様になるデニムスタイルは、トップスとの組み合わせでさらにカッコよく決まります。着こなしを工夫してさらにワンランク上のオシャレを目指します。
リーバイスのデニムパンツの着こなし方
男のデニムの定番、リーバイス501。デニム好きなら、一本は持っておきたいアイテムです。シャツに、カットソーに、レイヤードに、オールシーズン幅広く着回せる501の魅力を、写真と共にご紹介しています。
ヴィンテージ加工デニムの着こなし方
定番ボトムは数あれど、一本は持っておきたいのがヴィンテージ加工を施されたデニムです。色味、こなれ感、シルエット、どれを取ってもカッコいいヴィンテージデニムを、コーディネートに工夫を凝らして、個性豊かに着こなします。
ダメージ加工デニムの着こなし方
デニムスタイルをよりカッコ良く見せてくれるのが、ダメージ加工の施されたデニムパンツです。脚線美を意識したイマドキのデニムに、視線を引き付けるダメージ加工で男らしさをプラス。大人っぽいカジュアルデニムコーデの完成です。
ユーズド加工デニムの着こなし方
大胆なユーズド加工が施されたデニムパンツはカッコいいけど、シルエットは今風に、スタイリッシュに決めたい。シルエットやデザインにこだわったユーズドデニムを、トップスとの着こなしでさらに洗練されたオシャレに変えるコツをご紹介します。
クラッシュ加工デニムの着こなし方
様々な加工が施されたデニムパンツの中でも、程良い加工で人気のクラッシュウォッシュデニム。シンプルでスリムなトップスとコーディネートする事で、カジュアルながらも程良く上品な大人のデニムスタイルが楽しめます。
デニムサルエルカーゴパンツの着こなし方
カジュアルでラフな印象の強いカーゴパンツやサルエルパンツを、少し大人っぽく着こなしたいならデニム素材がおススメです。シンプルなシャツとのコーデでも、シルエットに個性を持たせて一味違うオシャレを楽しむ事ができます。
デニムパンツ(インディゴ)の着こなし方
男らしさのあるヴィンテージカラーのデニムも良いけれど、深みのあるインディゴブルーのデニムが一本あると、休日の着回しに重宝します。加工のないシンプルなデニムは、ホワイトシャツなどの上品なアイテムと好相性です。
デニムパンツ(ネイビー)の着こなし方
ついつい緩めのカジュアルばかりになりそうな休日のコーデも、キレイめシルエットのネイビーのデニムなら、清潔感ある大人のオシャレが楽しめます。ラフなカットソースタイルもネイビーカラーでよりスマートに決まります。
デニムパンツ(ベージュ)の着こなし方
周囲とは一味違うデニムスタイルを楽しみたいなら、ベージュカラーもおススメです。さっぱりとした色合いのボトムは、個性的なトップスを絶妙なバランスで引き立ててくれます。爽やかなイメージで、デートにもぴったりです。
デニムパンツ(カーキ)の着こなし方
渋みのあるカーキのデニムは、大人のカジュアルスタイルにぴったりのアイテムです。程良い男らしさを残しつつも、シャツやカーディガンなど上品で落ち付きのあるコーディネートのコツを、写真と共にご紹介します。
デニムパンツ+ジャケットの着こなし方
デニムパンツとジャケットの組み合わせは定番ですが、中でも鮮やかな色合いのカラージャケットとのコーデはおススメです。デニムだからこそ決まる、爽やかで若々しい着こなしで、ワンランク上のオシャレを楽しみます。
デニムパンツ+コートの着こなし方
デニムパンツに合わせるコートはショート丈のものがおすすめです。さらにキレイめなデザインの物ならダボッとした印象にならず、デニムパンツやインナーにカットソーを合わせてもキレイめカジュアルに仕上がります。
デニムパンツ+パーカーの着こなし方
デニムパンツとパーカーの組み合わせは地味な印象になってしまいがちですが、遊び心のあるデザインのパーカーならお洒落に着こなせます。例えば、ダブルジップの上下を開けてインナーをアクセントにしてもGOODです。
デニムパンツ+セーターの着こなし方
セーターは襟がやや高めのデザインになっている物だと大人っぽい雰囲気を演出することができます。襟口から白シャツをのぞかせるとさらに大人度UPです。デニムパンツと合わせてもお洒落な大人の雰囲気に仕上がります。
デニムパンツ+カーディガンの着こなし方
アウターにカーディガン、インナーに白のUネックカットソー、デニムパンツという定番のコーディネートも、カーディガンを襟・ボタン付きの物に、デニムをジンバブエコットンデニムパンツに代えると大人の装いになります。
デニムパンツ+シャツの着こなし方
シャツとデニムパンツの組み合わせはキレイめ大人カジュアルの定番とも言えるコーディネートですが、シャツの袖をロールアップにしたり、ユーズド感のあるデニムにしたりすると、さり気ないオシャレを演出できます。
デニムパンツ+カットソーの着こなし方
アウターに、インナーに、寒さを感じる季節に活躍するのがニットカットソーです。黒のニットカットソーならインナーにVネックカットソーで重ね着にし、細身のデニムパンツ、バブーシュシューズで大人っぽくまとめます。
デニムパンツ+Tシャツの着こなし方
デニムとTシャツは当たり前の着こなしになりがち、そこでユーズドのクロップドデニムにしてみたり、シューズをアレンジし、ネックレスや時計などをアクセントにするのもお勧めです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP