クロップド ストライプ

クロップドパンツ(ストライプ柄)の着こなし方

クロップドパンツ(ストライプ柄)の着こなし方

クロップドパンツ(ストライプ)・シャツ(白)・シューズ(黒茶)

 

ストライプ柄のクロップドパンツと白シャツを合わせた着こなし画像

 

ストライプパンツを履きこなせればカッコいいけど、コーディネートが難しい。そんな悩みも、クロップド丈デニムなら解決です。深みのあるインディゴブルーは、ホワイトシャツなどの爽やかなアイテムと好相性。

 

シンプルでも落ち着きのあるキレイめスタイルを印象付けます。明るめカットソーと組み合わせれば、よりカジュアルなスタイルに。スッキリとしたシルエットが、ストライプを華やかに見せてくれます。

 

 

クロップドパンツ(ストライプ)・Tシャツ(グレー)・サンダル(黒)

 

ストライプ柄のクロップドパンツとグレーのTシャツを合わせた着こなし画像

 

カットソーを合わせただけの気取らない装いでもクロップドパンツならオシャレ感が効いています。さらに、ストライプ柄がスッキリと見せてくれ野暮ったい印象もカット。お買い物や散歩など、ちょっとしたお出掛けにはサンダルを合わせて気軽に外出。

 

友人と会う時にはスニーカーでカジュアルに。こちらの写真では黒のサンダルを合わせていますがスニーカーならゴツくないデザインが合わせやすいです。この着こなしなら、シャツを足してもOKです。

 

 

クロップドパンツ(ストライプ)・シャツ(赤チェック)・カットソー(グレー)・靴(ベージュ)

 

ストライプ柄のクロップドパンツと赤チェックのシャツを合わせた着こなし画像

 

こちらはストライプ柄のクロップドパンツにカットソー+シャツの着こなしです。ボトムが濃いめのカラーなので、チェック柄を合わせても派手な印象にならずにすみます。

 

ただ、全身が柄だらけになってしまわないようにインナーは控えめカラーで。迷った時は、黒、白、グレーのいずれかを選ぶと失敗が少ないです。白なら爽やかさUP、黒なら男らしくキマります。ドライブや海辺の散歩、気軽に出掛ける日にピッタリな着こなしです。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

好感のもてるストライプ柄クロップドパンツの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

個人的にはストライプ柄は好みなので、着ているだけで「おっ」と思ってしまいますね。色はネイビーかブルーなどのマリンっぽいのが素敵だと思います。クロップドパンツは季節的には初夏〜夏のイメージなので、トップスにはぜひシンプルなポロシャツをあわせてください。そして足元はもちろん「素足にデッキシューズ」で決まりです!【女性 30代】

ストライプのクロップドパンツは、がっちりしていると太って見えるので、細身の男性にシンプルに着こなしてほしいです。ベージュに紺や黒のストライプが入っているパンツに白や紺のシャツ、またしっかりとした生地で大きすぎず小さすぎないサイズのTシャツでもいいですね。靴はあまりボリューム感のないスニーカーやカジュアルな韻書の革靴が合うと思います。【女性 30代】

クロップドパンツというと緩めでカジュアルな感じなので、ストライプ柄と組み合わせるなら無地の綿シャツ、または柄の入ったTシャツにパーカーが好感持てると思います。また足元の露出があるため、靴のセンスも問われます。スニーカーよりはカジュアル感もキレイ目感も備えたデッキシューズやさほど肌が出ない程度のサンダルが合うと思われます。【女性 30代】

 

クロップドパンツの着こなし方一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


クロップドパンツ(ストライプ柄)の着こなし方関連ページ一覧

クロップドパンツ(ベージュ)の着こなし方
ベージュのクロップドパンツはなんにでも合わせやすいアイテムです。デニムシャツで合わせれば爽やかになり。カットソーとベストに合わせれば涼しげな色合いのコーディネートになります。
クロップドパンツ(黒)の着こなし方
黒のクロップドパンツは、トップスはなんにでも合わせやすいパンツです。白やグレーのシャツやカットソーにあわせるもよし、細身に見せたい場合は、トップスもダークカラーにするもよしです。
クロップドパンツ(グレー)の着こなし方
グレーのパンツは基本的になんにでも合わせやすいカラーのパンツです。黒、ピンク、ネイビー、白が特に合わせやすく、白のアウターは爽やかな服装に。黒だとクールな服装になります。
クロップドパンツ(カーキ)の着こなし方
カーキのパンツは、黒やグレーのトップス、ベージュやブラウンのブーツなどが合わせやすいです。グレーの半袖パーカーやボーダーカットソー や黒のテーラードジャケットにも合わせられます。
クロップドパンツ(ネイビー)の着こなし方
ネイビーのクロップドパンツは、白などの明るい色をトップスにもってくると爽やかに着こなせます。カーディガンを羽織って高級感を出したり、チェックシャツと合わせれば若々しい印象にもなります。
クロップドパンツ(チェック柄)の着こなし方
オシャレに差が付くボトムス、チェックのクロップドパンツ。個性的なアイテムをよりスッキリと着こなすには、ボトムスやシューズでメリハリをつける事がポイントです。野暮ったくならず、華やかな印象で周囲の視線を引きつけます。
クロップドパンツ+ジャケットの着こなし方
ジャケットはかっちりとした印象になり、クロップドパンツは遊び心のあるラフな印象があります。 その二つの組み合わせは上級者向けのようでも、真似てみれば案外簡単な着こなしだったりします。
クロップドサルエルパンツの着こなし方
オフの日にぴったりな、クロップドタイプのサルエルパンツ。でも、大人らしいオシャレを目指すなら、ラフなばかりのルーズスタイルは控えめにしたいものです。ゆったりしたサルエルパンツで、キレイ目コーデにトライします。
クロップドカーゴパンツの着こなし方
男らしさを引き立てるカーゴパンツも、クロップドタイプならちょっと柔らかめの印象で着こなせて、スタイリングの幅が広がります。シャツやカットソーと組み合わせて、カーゴパンツを大人っぽく履きこなすコツをご紹介します。
クロップドパンツ+パーカーの着こなし方
クロップドパンツもパーカーも特徴的なアイテムのため、シンプルなデザインのパーカーでも充分な服装になります。トップスとボトムスの色合わせなどを参考にしてみてください。
クロップドパンツ+カーディガンの着こなし方
ベージュのクロップドパンツに合わせるカーディガンはグレーのものが合わせやすいです。インナーはカットソーやシャツが定番。カーディガンを前開けするか、閉じるかでも印象が変わります。
クロップドパンツ+シャツの着こなし方
柄や加工などのインパクトのあるクロップドパンツを穿くときは、シャツをシンプルなものにするとバランスが良くなります。パンツがシンプルな場合は、シワ加工のシャツなどを選ぶことができます。
クロップドパンツ+半袖シャツの着こなし方
クロップドパンツと半袖シャツはいろいろな着こなし方があります。シャツを前を全開にしたり、シャツの上にジレ、シャツの上にストールなど。足元はサンダルやブーツがよく合います。
クロップドパンツ+カットソーの着こなし方
クロップドパンツとカットソーはシンプルなコーディネートになりがちなので、どこか1点に特徴を持たせると単調になり過ぎずに済みます。柄物を選んだり、特徴的なブーツを選ぶのも1つの方法です。
クロップドパンツ+Tシャツの着こなし方
無地のTシャツだと、シンプルになり過ぎるのでお勧めできません。どういったデザインのTシャツを選ぶかで印象ががらりと変わります。自分のにあったものを選べるかどうかが大事。
クロップドパンツ+ポロシャツの着こなし方
夏に活躍する組み合わせです。ボーダーやネイビーを取り入れて夏にピッタリなマリン系ファッションにするもよしです。足元はサンダル、シューズ、ブーツを好みで合わせればOKです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP