クロップドパンツ 半袖シャツ

クロップドパンツ+半袖シャツの着こなし方

クロップドパンツ+半袖シャツの着こなし方

クロップドパンツ(紺)・半袖シャツ(緑チェック)・カットソー(白)・ブーツ(ゴールド)

 

クロップドパンツにチェック柄半そでシャツを合わせた着こなし画像

 

チェック柄シャツは無難なおしゃれアイテムで、カジュアルファッションの定番アイテムでもあります。シンプルなネイビーのチノパンは青緑のチェックシャツとの相性がよく夏らしい涼しげな印象の着こなしになります。

 

インナーは、チェック柄の白の部分と合わせた白のカットソーが合わせやすくいです。シャツを前開けして着こなせば爽やかさがアップします。ブーツは、キレイめデザインのものを選ぶと足元に清潔感が表れます。

 

 

クロップドパンツ(黒)・半袖シャツ(白)・ジレ(ベージュ)・サンダル(黒)

 

クロップドパンツにジレ付き半そでシャツを合わせた着こなし画像

 

ワンウォッシュのクロップドデニムのパンツはシンプルな着こなしになりがちですが、このクロップドパンツはサルエル気味でマリンボーダーをあしらっているため、独自のオシャレを楽しめます。

 

白のシャツにジレを合わせると、知的でインテリな印象をあたえるカジュアルコーディネートになります。メガネをシャツにぶら下げるそれもアクセントになります。パンツと同色のサンダルを組み合わせると、配色もシンプルでバランスがよくなります。

 

クロップドパンツ(デニム)・半袖シャツ(白)・ストール(黒)・ローブーツ(ワイン)

 

クロップドパンツに半そでシャツを合わせた着こなし画像

 

ストールを使った着こなしは清涼感があります。その清涼感を際立たせるのが白シャツ。白シャツとグラデーションの黒のストールは、夏の暑い日を、涼しげでおしゃれな服装に変えてくれます。クロップドパンツがサックスの色落ち加工のデニムなのでより涼しげです。

 

裏地がドット柄なので、ユーズド加工のパンツでもきれいめ要素が加わります。そのため、きれいめスタイルとしても使えて、着回しアイテムとしても便利に使えます。黒のストールに色が合うワインのローブーツがよく似合います。

 

 

 

 

クロップドパンツと半袖シャツをどんな風に着こなしていますか?【男性へアンケート】

 

できる限りシンプルになるように心がけます。僕だったらリゾートチックなゆったり系のサイジングをチョイスして半袖シャツなら白、クロップドパンツなら茶系のものにします。靴も同じく茶系で揃えます。そして、全身をシンプルで統一したら一箇所だけ崩します。それは靴下です。くるぶし辺りまでのものを選んで、出来るだけ派手な色のものを選択します。ボーダーや柄ものがオススメです。色は暖色系で合わせるとしたら赤がベストだと思います。小物に関しては涼しげな印象に仕上げるためにシルバーアクセサリーのブレスレットがいいかと思います。【男性 20代】

せっかくの半袖のシャツなので涼しさを感じる水色のオックスフォードの半袖シャツを着ます。ボタンは上から2つあけて開放感を出します。クロップドパンツは黒でしっかりとした生地の物を選びあまりラフになり過ぎないようにします。足元は爽やかさを出すためにサンダルを履きます。革の茶系のサンダルを選ぶと大人っぽさも出ていいです。【男性 20代】

濃いめの色の半袖シャツ(紺、濃い灰色、黒などで、無地、またはいそがしすぎない柄)にベージュのクロップドパンツを合わせます。革製のスニーカー(茶色かベージュ)がコンビネーションとしては最適です。靴下はくるぶし下までのスニーカーソックスで、灰色か紺がいいと思います。革製のバンドを使用したクロノグラフ(時計)を合わせるとなおいいです。【男性 10代】

クロップドパンツと半袖シャツを組み合わせるときは、シャツの色は白がメインになるかなって感じです。やはりクロップドパンツを履くときは爽やかな着こなしにしたいので、あわせるシャツも爽やかな色のものにしたいですね。あとはストールをさっと首に巻いたら日焼け対策と同時にワンポイントのお洒落アイテムにもなるのでいい感じかと思います。【男性 30代】

半袖シャツとクロップドパンツというのは、意外に難しい組み合わせだと思います。私はいつもインディゴブルーのデニムのボタンダウンの半袖シャツとベージュのコットンのクロップドパンツを合わせています。そんな中、先日、パンツと同じベージュの半袖シャツを合わせて、全身ベージュのコーディネートをしてみたところ、オシャレなつなぎの作業着の様に見えて、なんとなくカッコよかったので、ローテーションに入れてみようと思っています。【男性 30代】

 

好感のもてるクロップドパンツと半袖シャツの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

クロップドパンツのコーディネイトで一番好きなのはシンプルなシャツスタイルです。クロップドパンツ自体は、デニムやガラ入りのものは一昔前な感じがするので、アースカラーやブラック、デザインのあまりないもので、生地がぱりっとしたものが好感度高いです。あわせるシャツも清潔感のある青や白、コットンや麻のシャツがさわやかで好きです。色々と凝ったコーディネイトより、シンプルにパンツとシャツでも生地感がきちんとあるものだと、おしゃれ上級者に見えます。【女性 20代】

クロップドパンツのコーディネイトで一番好きなのはシンプルなシャツスタイルです。クロップドパンツ自体は、デニムやガラ入りのものは一昔前な感じがするので、アースカラーやブラック、デザインのあまりないもので、生地がぱりっとしたものが好感度高いです。あわせるシャツも清潔感のある青や白、コットンや麻のシャツがさわやかで好きです。色々と凝ったコーディネイトより、シンプルにパンツとシャツでも生地感がきちんとあるものだと、おしゃれ上級者に見えます。【女性 20代】

クロップドパンツにシャツを合わせる場合は着丈の長さにも気を配って欲しいですね。クロップドパンツとのバランスも考えた着丈にするとスタイル良く見えると思います。クロップドパンツだとカジュアルなイメージが強いのでシャツを合わせるなら、シューズにもこだわって欲しいと思います。エスパドリューのスリッポンなど合わせるのもおしゃれで高感度高いです。ストローハットなどを合わせてリゾートスタイルもこの時期にはとても素敵ですね。【女性 30代】

 

クロップドパンツの着こなし方一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


クロップドパンツ+半袖シャツの着こなし方関連ページ一覧

クロップドパンツ(ベージュ)の着こなし方
ベージュのクロップドパンツはなんにでも合わせやすいアイテムです。デニムシャツで合わせれば爽やかになり。カットソーとベストに合わせれば涼しげな色合いのコーディネートになります。
クロップドパンツ(黒)の着こなし方
黒のクロップドパンツは、トップスはなんにでも合わせやすいパンツです。白やグレーのシャツやカットソーにあわせるもよし、細身に見せたい場合は、トップスもダークカラーにするもよしです。
クロップドパンツ(グレー)の着こなし方
グレーのパンツは基本的になんにでも合わせやすいカラーのパンツです。黒、ピンク、ネイビー、白が特に合わせやすく、白のアウターは爽やかな服装に。黒だとクールな服装になります。
クロップドパンツ(カーキ)の着こなし方
カーキのパンツは、黒やグレーのトップス、ベージュやブラウンのブーツなどが合わせやすいです。グレーの半袖パーカーやボーダーカットソー や黒のテーラードジャケットにも合わせられます。
クロップドパンツ(ネイビー)の着こなし方
ネイビーのクロップドパンツは、白などの明るい色をトップスにもってくると爽やかに着こなせます。カーディガンを羽織って高級感を出したり、チェックシャツと合わせれば若々しい印象にもなります。
クロップドパンツ(ストライプ柄)の着こなし方
個性の強いストライプパンツも、クロップド丈のデニムならシンプルに履きこなせます。シャツやカットソーとコーデして、爽やかで洗練されたスタイルを楽しんで。大人のセンスが光るスタイルの完成です。
クロップドパンツ(チェック柄)の着こなし方
オシャレに差が付くボトムス、チェックのクロップドパンツ。個性的なアイテムをよりスッキリと着こなすには、ボトムスやシューズでメリハリをつける事がポイントです。野暮ったくならず、華やかな印象で周囲の視線を引きつけます。
クロップドパンツ+ジャケットの着こなし方
ジャケットはかっちりとした印象になり、クロップドパンツは遊び心のあるラフな印象があります。 その二つの組み合わせは上級者向けのようでも、真似てみれば案外簡単な着こなしだったりします。
クロップドサルエルパンツの着こなし方
オフの日にぴったりな、クロップドタイプのサルエルパンツ。でも、大人らしいオシャレを目指すなら、ラフなばかりのルーズスタイルは控えめにしたいものです。ゆったりしたサルエルパンツで、キレイ目コーデにトライします。
クロップドカーゴパンツの着こなし方
男らしさを引き立てるカーゴパンツも、クロップドタイプならちょっと柔らかめの印象で着こなせて、スタイリングの幅が広がります。シャツやカットソーと組み合わせて、カーゴパンツを大人っぽく履きこなすコツをご紹介します。
クロップドパンツ+パーカーの着こなし方
クロップドパンツもパーカーも特徴的なアイテムのため、シンプルなデザインのパーカーでも充分な服装になります。トップスとボトムスの色合わせなどを参考にしてみてください。
クロップドパンツ+カーディガンの着こなし方
ベージュのクロップドパンツに合わせるカーディガンはグレーのものが合わせやすいです。インナーはカットソーやシャツが定番。カーディガンを前開けするか、閉じるかでも印象が変わります。
クロップドパンツ+シャツの着こなし方
柄や加工などのインパクトのあるクロップドパンツを穿くときは、シャツをシンプルなものにするとバランスが良くなります。パンツがシンプルな場合は、シワ加工のシャツなどを選ぶことができます。
クロップドパンツ+カットソーの着こなし方
クロップドパンツとカットソーはシンプルなコーディネートになりがちなので、どこか1点に特徴を持たせると単調になり過ぎずに済みます。柄物を選んだり、特徴的なブーツを選ぶのも1つの方法です。
クロップドパンツ+Tシャツの着こなし方
無地のTシャツだと、シンプルになり過ぎるのでお勧めできません。どういったデザインのTシャツを選ぶかで印象ががらりと変わります。自分のにあったものを選べるかどうかが大事。
クロップドパンツ+ポロシャツの着こなし方
夏に活躍する組み合わせです。ボーダーやネイビーを取り入れて夏にピッタリなマリン系ファッションにするもよしです。足元はサンダル、シューズ、ブーツを好みで合わせればOKです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP