クロップドパンツ ポロシャツ

クロップドパンツ+ポロシャツの着こなし方

クロップドパンツ+ポロシャツの着こなし方

クロップドパンツ(ネイビー)・ポロシャツ(ボーダー)・ローブーツ(茶)

 

ネイビーのクロップドパンツにボーダー柄ポロシャツを合わせた着こなし画像

 

ネイビーのクロップドパンツはボーダー柄のポロシャツと相性がよく、マリン系スタイルとしてシンプルに着こなせます。

 

ネイビーのクロップドパンツは他にも、白のポロシャツと黒のサンダルに合わせたり、白カットソーの上に青系のチェックシャツを合わせたり、着回しもいろいろとできます。靴はシューズやサンダルでもいいですが、ここでは茶色のブーツを選ぶと、全体のバランスが整って見えます。

 

 

クロップドパンツ(インディゴ)・ドット柄ポロシャツ(黒)・シューズ(黒)

 

クロップドパンツにドット柄のポロシャツを合わせた着こなし画像

 

加工が施されたインディゴのクロップドパンツは、イメージチェンジしたい時などに使うと、がらっと印象が変わります。トップスは、ピンクの挿し色が入った着丈が短めのポロシャツを選び、ベルトが見えるように着こなすのもポイント。

 

ポロシャツとクロップドパンツのみのシンプルな着こなしでも、こなれた感じが出るのは独特なパンツとポロシャツのデザインのおかげ。黒は細身に見せてくれますので、体型が気になる方にオススメです。

 

 

クロップドパンツ(ベージュ×ドット)・ポロシャツ(黒)・サンダル(白×茶)

 

ベージュのクロップドパンツに黒のポロシャツを合わせた着こなし画像

 

黒のポロシャツはすっきりとして見えますが、チェック柄を所々に取り入れたポロシャツと、裏地がドット柄のパンツの組み合わせは、遊び心とかわいらしさが加わります。

 

シンプルな組み合わせですが、柄や2枚襟になっているものを着るだけで平凡過ぎる着こなしになるのを防いでくれます。サンダルを履くことでラフな感じが残り、、アンクレットを使うことで足元がおしゃれになってバランスがとれます。

 

 

 

クロップドパンツとポロシャツをどんな風に着こなしていますか?【男性へアンケート】

 

ポロシャツはダークネイビーカラーで細身のものを合わせます。無地、もしくは胸にワンポイントのあるもので、襟を立てて着用します。腕にはシルバーカラーを基調とした腕時計をつけます。クロップドパンツは細身のもので、カラーはベージュです。足元にはブラウンカラーのシンプルなデザインのデッキシューズを合わせます。【男性 30代】

ポロシャツは白系でクロップドパンツは薄めのブルーまたはグリーンにします。サイジングはタイトな感じが合いますね。清潔感のある男性といった印象を与えることができます。小さめのショルダーバッグやハンチングといった小物と合わせるとグッドです。靴はトップスの色と合わせる感じで白系のスニーカーが爽やかさをアップさせます。この組み合わせにアクセサリー類はつけすぎるとチャラい感じになるので控えめにしておきましょう。【男性 20代】

私だったらポロシャツはジャストサイズのものをセレクトし、絶対エリは立てずに着ます。色は紺か青系の単色カラーにします。クロップドパンツはベージュのシンプルなタイプにして、足元は素足(又はベリーショートソックス)にローファーのようなスリッポンタイプのレザーシューズを合わせ全体的に大人っぽい雰囲気でまとめます。パンツの後ろポケットにブランド物の長財布を半分くらい出して入れるのは見苦しいので避けます。足首にあまり派手すぎないアンクレットなどをさりげなく着けるのもよいでしょう。【男性 40代】

ポロシャツとクロップドパンツの組みあわせは、涼しげなコーディネートの代表格です。今となっては、クールビズの一環として職場でこういったファッションも見かけます。私は職場ではやりませんが、プライベートではよくこのコーディネートを利用します。ややもすれば幼い印象を与えがちな組み合わせですが、モノトーンでまとめると大人でもしっくりきます。私は黒のポロシャツに茶色のクロップドパンツ、足元は黒サンダルに頭には黒ハットで決めています。【男性 30代】

ポロシャツとクロップドパンツを着こなす場合は、ポロシャツは体にピッタリしたスリムフィットのサイズを選ぶのがポイントです。ホワイトか鮮やかな青か濃紺のポロシャツがお勧めです。クロップドパンツは濃いベージュ・タンが似合います。靴は素足に茶系のインディアンモカシンか白いスニーカーを合わせます。ハンチングをかぶると似合います。【男性 40代】

 

好感のもてるクロップドパンツとポロシャツの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

クロップドパンツに合わせるポロシャツは、どちらかというと暖色系の色がいいですね。陽気なカジュアル感が出ると思います。クロップドパンツはどんな色でも基本的にはカッコいいと思いますが、派手過ぎる色のモノは個人的にNGです。靴はローヒールのスニーカー、靴下は無しか目立たない足袋タイプのソックス でお願いしたいです。【女性 30代】

ポロシャツは襟がついているのでカジュアルすぎずとても好きなアイテムです。Tシャツだとちょっとという場所でもポロシャツならおしゃれ感がありながらも清潔感もあるので良いと思います。またぽろシャツに普通のパンツだとちょっと重たくなりがちですが、クロップドパンツを合わせる事で夏らしさも感じられる着こなしだと思います。あまり堅苦しくなくしかも砕けすぎない感じが男性のセンスを感じます。

男性のポロシャツにクロップドパンツのコーディネートで私が好きなのは、比較的ルーズな感じで着こなした感じが好きです。ちょっとオーバーサイズのポロシャツにルーズ感のあるデニムのクロップドパンツでスリッポンのようなスニーカーを履いている感じが気負っていない感じがして好きです。それで休日の街中を歩いても素敵だと思います。【女性 30代】

 

クロップドパンツの着こなし方一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


クロップドパンツ+ポロシャツの着こなし方関連ページ一覧

クロップドパンツ(ベージュ)の着こなし方
ベージュのクロップドパンツはなんにでも合わせやすいアイテムです。デニムシャツで合わせれば爽やかになり。カットソーとベストに合わせれば涼しげな色合いのコーディネートになります。
クロップドパンツ(黒)の着こなし方
黒のクロップドパンツは、トップスはなんにでも合わせやすいパンツです。白やグレーのシャツやカットソーにあわせるもよし、細身に見せたい場合は、トップスもダークカラーにするもよしです。
クロップドパンツ(グレー)の着こなし方
グレーのパンツは基本的になんにでも合わせやすいカラーのパンツです。黒、ピンク、ネイビー、白が特に合わせやすく、白のアウターは爽やかな服装に。黒だとクールな服装になります。
クロップドパンツ(カーキ)の着こなし方
カーキのパンツは、黒やグレーのトップス、ベージュやブラウンのブーツなどが合わせやすいです。グレーの半袖パーカーやボーダーカットソー や黒のテーラードジャケットにも合わせられます。
クロップドパンツ(ネイビー)の着こなし方
ネイビーのクロップドパンツは、白などの明るい色をトップスにもってくると爽やかに着こなせます。カーディガンを羽織って高級感を出したり、チェックシャツと合わせれば若々しい印象にもなります。
クロップドパンツ(ストライプ柄)の着こなし方
個性の強いストライプパンツも、クロップド丈のデニムならシンプルに履きこなせます。シャツやカットソーとコーデして、爽やかで洗練されたスタイルを楽しんで。大人のセンスが光るスタイルの完成です。
クロップドパンツ(チェック柄)の着こなし方
オシャレに差が付くボトムス、チェックのクロップドパンツ。個性的なアイテムをよりスッキリと着こなすには、ボトムスやシューズでメリハリをつける事がポイントです。野暮ったくならず、華やかな印象で周囲の視線を引きつけます。
クロップドパンツ+ジャケットの着こなし方
ジャケットはかっちりとした印象になり、クロップドパンツは遊び心のあるラフな印象があります。 その二つの組み合わせは上級者向けのようでも、真似てみれば案外簡単な着こなしだったりします。
クロップドサルエルパンツの着こなし方
オフの日にぴったりな、クロップドタイプのサルエルパンツ。でも、大人らしいオシャレを目指すなら、ラフなばかりのルーズスタイルは控えめにしたいものです。ゆったりしたサルエルパンツで、キレイ目コーデにトライします。
クロップドカーゴパンツの着こなし方
男らしさを引き立てるカーゴパンツも、クロップドタイプならちょっと柔らかめの印象で着こなせて、スタイリングの幅が広がります。シャツやカットソーと組み合わせて、カーゴパンツを大人っぽく履きこなすコツをご紹介します。
クロップドパンツ+パーカーの着こなし方
クロップドパンツもパーカーも特徴的なアイテムのため、シンプルなデザインのパーカーでも充分な服装になります。トップスとボトムスの色合わせなどを参考にしてみてください。
クロップドパンツ+カーディガンの着こなし方
ベージュのクロップドパンツに合わせるカーディガンはグレーのものが合わせやすいです。インナーはカットソーやシャツが定番。カーディガンを前開けするか、閉じるかでも印象が変わります。
クロップドパンツ+シャツの着こなし方
柄や加工などのインパクトのあるクロップドパンツを穿くときは、シャツをシンプルなものにするとバランスが良くなります。パンツがシンプルな場合は、シワ加工のシャツなどを選ぶことができます。
クロップドパンツ+半袖シャツの着こなし方
クロップドパンツと半袖シャツはいろいろな着こなし方があります。シャツを前を全開にしたり、シャツの上にジレ、シャツの上にストールなど。足元はサンダルやブーツがよく合います。
クロップドパンツ+カットソーの着こなし方
クロップドパンツとカットソーはシンプルなコーディネートになりがちなので、どこか1点に特徴を持たせると単調になり過ぎずに済みます。柄物を選んだり、特徴的なブーツを選ぶのも1つの方法です。
クロップドパンツ+Tシャツの着こなし方
無地のTシャツだと、シンプルになり過ぎるのでお勧めできません。どういったデザインのTシャツを選ぶかで印象ががらりと変わります。自分のにあったものを選べるかどうかが大事。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP