クロップドパンツ ジャケット

クロップドパンツ+ジャケットの着こなし方

クロップドパンツ+ジャケットの着こなし方

クロップドパンツ・ジャケット(黒)・シャツ(ストライプ)・ジレ(グレー)・シューズ(黒)

 

インディゴクロップドパンツにジャケットを合わせた着こなし画像

 

インディゴのクロップドパンツはワイルドに、黒のジャケットはビジネス風に見えます。インナーのシャツとジレを合わせて外に出すことで、一見ミスマッチなこの組み合わせも、オシャレカジュアルな印象に変わります。

 

インディゴのクロップドパンツは、ユーズド感のある独特なデザイン加工のものを選ぶとこなれた印象にもなります。足元の黒×茶のデザインシューズにすることで全体のバランスが取れています。

 

 

クロップドパンツ(チェック)・ジャケット(黒)・カットソー(ワイン)・ブーツ(ベージュ)

 

チェック柄のクロップドパンツにジャケットを合わせた着こなし画像

 

チェック柄のパンツはカジュアルな印象ですが、ジャケットはフォーマルな印象を受けます。写真のように両者を組み合わせて、インナーにワイン色カットソーが挿し色として使うと都会の男という感じになります。ジャケットとクロップドパンツの組み合わせは意外にいろんなコーディネートができます。

 

インナーをジャガードの黒カットソーにしても、足元をサンダルにしても、アウターをデニムジャケットにしてもよく、好みで色々とアレンジができます。チェック柄の七分丈パンツの組み合わせは、ちょっとしたお出かけの時にも使えます。

 

 

クロップド(ベージュ)・ジャケット(黒)・シャツ(白)・カーディガン・ブーツ(ベージュ)

 

ベージュのクロップドパンツにジャケットを合わせた着こなし画像

 

写真で使われているクロップドパンツは、3ジップで一見カジュアルに見えますが、キレイめシルエットのパンツなので、黒ジャケットと合わせることでラフになり過ぎることもありません。。

 

クロップドパンツのロールアップに合わせてジャケットの袖も折りかえすと硬い印象も薄れます。、シャツの上にカーディガンを入れることで知的な要素も加わり、遊び心のある大人カジュアルになります。

 

 

 

 

クロップドパンツとジャケットどんな風に着こなしていますか?【男性へアンケート】

 

ジャケットとクロップドパンツを合わせるというのは、かなり上級のお洒落さんに見えますが、案外、誰でも似合う便利な組み合わせです。私がいつもやってるのは、黒のジャケットにマリンボーダーのカットソー、白のクロップドパンツに本革のサンダル、または黒のジャケットにグレーのVネックカットソー、茶色のクロップドパンツにローファーです。前者は当然夏本番に、後者は夏以外ならいつでもピッタリのコーディネートです。【男性 30代】

まずコットン素材の無地のホワイトカラーの細身のシャツをトップスに持っていきます。その上にネイビーカラーの細身のジャケットを羽織ります。首にライトグレーカラーを基調としたストールを巻きます。クロップドパンツは細身のベージュカラーのもので、シャツはパンツの中にしまいます。足元はブラウンカラーのシンプルなデザインのデッキシューズを合わせます。【男性 30代】

ジャケットとクロップドパンツをあわせる場合は、ニット編みの一枚仕立てのジャケットを選びます。体にピッタリしたサイズの鮮やかなブルーのジャケットの下に白いTシャツを着ます。パンツはミディアムグレーか濃いベージュを合わせます。靴は素足にモカシンか白のスニーカーを履きます。淡いベージュのパナマ帽をかぶると似合います。【男性 40代】

ジャケットにシャツを合わせて上半身にカッチリとした雰囲気を出し、下半身を8分から9分丈くらいのクロップドパンツで遊ばせます。シューズは春夏ならスッキリとしたドライビングシューズやデッキシューズを素足で履いて肌の露出を多くします。ジャケットやパンツの配色に自信がなければ、シューズのみ季節に合った明るい発色のものを選ぶと、グッと全身がしまります。【男性 20代】

白のVネックのTシャツの上に定番のグレーのジャケットを着ます。あまりしっかりとしたジャケットでは無くカジュアルな雰囲気のある方がいいです。クロップドパンツは子供っぽくなりがちなので黒でチノパンの生地を選んで大人の雰囲気を出します。足元は真っ白なスニーカーを履いて堅苦しさを解消してジャケットを着こなします。【男性 20代】

 

好感のもてるクロップドパンツの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

ジャケットとクロップドパンツを組み合わせるなら、ストールを巻いてると上級者にみえて、一緒に歩きたいなって思います。クロップドパンツが暗めの色ならジャケット、もしくはストールを明るめの色で合わせると可愛い感じにもなりますよ。ジャケットはかっこよく着こなす方が多いので、可愛いイメージで着こなしてほしいです。それとジャケットには帽子が似合いますよ。【女性 20代】

クロップドパンツは、カジュアルスタイルにもきっちりしたスタイルにも似合う優秀アイテムですよね。ジャケットと合わせる場合は、今流行のセットアップを着こなしている男性がすごくおしゃれです!黒やネイビーなどシックな色を選べば、柄物のセットアップでも合わせやすいと思います。あとはチェックのクロップドパンツにシンプルな黒のジャケットを羽織ったMIXスタイルも好きです。チェックでカジュアルな印象を出しつつジャケットで引き締まるので、絶妙なバランスが女性心をくすぐられます!【女性 20代】

ジャケットを羽織るとかっちりした印象になるので、インナーは着崩した感じが出るようにTシャツと前空きのベストをボタンを外した状態で着るのがお勧めです。ベストはなくてもよいのですが、あった方が断然オシャレ度が上がります。小物は、アイボリーの帽子と、折りたたんだ時に無造作に掴んだ感じになる革の手提げバッグがいいと思います。足元は明るめの色のローファーに派手な足首までの短い靴下を合わせたら、少しだけ派手色がのぞく感じでセンスよく見せることができます。【女性 30代】

 

クロップドパンツの着こなし方一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


クロップドパンツ+ジャケットの着こなし方関連ページ一覧

クロップドパンツ(ベージュ)の着こなし方
ベージュのクロップドパンツはなんにでも合わせやすいアイテムです。デニムシャツで合わせれば爽やかになり。カットソーとベストに合わせれば涼しげな色合いのコーディネートになります。
クロップドパンツ(黒)の着こなし方
黒のクロップドパンツは、トップスはなんにでも合わせやすいパンツです。白やグレーのシャツやカットソーにあわせるもよし、細身に見せたい場合は、トップスもダークカラーにするもよしです。
クロップドパンツ(グレー)の着こなし方
グレーのパンツは基本的になんにでも合わせやすいカラーのパンツです。黒、ピンク、ネイビー、白が特に合わせやすく、白のアウターは爽やかな服装に。黒だとクールな服装になります。
クロップドパンツ(カーキ)の着こなし方
カーキのパンツは、黒やグレーのトップス、ベージュやブラウンのブーツなどが合わせやすいです。グレーの半袖パーカーやボーダーカットソー や黒のテーラードジャケットにも合わせられます。
クロップドパンツ(ネイビー)の着こなし方
ネイビーのクロップドパンツは、白などの明るい色をトップスにもってくると爽やかに着こなせます。カーディガンを羽織って高級感を出したり、チェックシャツと合わせれば若々しい印象にもなります。
クロップドパンツ(ストライプ柄)の着こなし方
個性の強いストライプパンツも、クロップド丈のデニムならシンプルに履きこなせます。シャツやカットソーとコーデして、爽やかで洗練されたスタイルを楽しんで。大人のセンスが光るスタイルの完成です。
クロップドパンツ(チェック柄)の着こなし方
オシャレに差が付くボトムス、チェックのクロップドパンツ。個性的なアイテムをよりスッキリと着こなすには、ボトムスやシューズでメリハリをつける事がポイントです。野暮ったくならず、華やかな印象で周囲の視線を引きつけます。
クロップドサルエルパンツの着こなし方
オフの日にぴったりな、クロップドタイプのサルエルパンツ。でも、大人らしいオシャレを目指すなら、ラフなばかりのルーズスタイルは控えめにしたいものです。ゆったりしたサルエルパンツで、キレイ目コーデにトライします。
クロップドカーゴパンツの着こなし方
男らしさを引き立てるカーゴパンツも、クロップドタイプならちょっと柔らかめの印象で着こなせて、スタイリングの幅が広がります。シャツやカットソーと組み合わせて、カーゴパンツを大人っぽく履きこなすコツをご紹介します。
クロップドパンツ+パーカーの着こなし方
クロップドパンツもパーカーも特徴的なアイテムのため、シンプルなデザインのパーカーでも充分な服装になります。トップスとボトムスの色合わせなどを参考にしてみてください。
クロップドパンツ+カーディガンの着こなし方
ベージュのクロップドパンツに合わせるカーディガンはグレーのものが合わせやすいです。インナーはカットソーやシャツが定番。カーディガンを前開けするか、閉じるかでも印象が変わります。
クロップドパンツ+シャツの着こなし方
柄や加工などのインパクトのあるクロップドパンツを穿くときは、シャツをシンプルなものにするとバランスが良くなります。パンツがシンプルな場合は、シワ加工のシャツなどを選ぶことができます。
クロップドパンツ+半袖シャツの着こなし方
クロップドパンツと半袖シャツはいろいろな着こなし方があります。シャツを前を全開にしたり、シャツの上にジレ、シャツの上にストールなど。足元はサンダルやブーツがよく合います。
クロップドパンツ+カットソーの着こなし方
クロップドパンツとカットソーはシンプルなコーディネートになりがちなので、どこか1点に特徴を持たせると単調になり過ぎずに済みます。柄物を選んだり、特徴的なブーツを選ぶのも1つの方法です。
クロップドパンツ+Tシャツの着こなし方
無地のTシャツだと、シンプルになり過ぎるのでお勧めできません。どういったデザインのTシャツを選ぶかで印象ががらりと変わります。自分のにあったものを選べるかどうかが大事。
クロップドパンツ+ポロシャツの着こなし方
夏に活躍する組み合わせです。ボーダーやネイビーを取り入れて夏にピッタリなマリン系ファッションにするもよしです。足元はサンダル、シューズ、ブーツを好みで合わせればOKです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP