セーター パンツ

カラーパンツ+セーターの着こなし方

カラーパンツとセーター合わせる着こなし方

カラーパンツ(黒)・セーター(アーガイル)・ブーツ(黒)

 

黒のカラーパンツとアーガイル柄のセーターを合わせた着こなし画像

 

シルエットにこだわったブラックのカラーパンツは、履いているだけで全身の印象をスマートに引き締めてくれる優れもの。そこで、トップスには着こなしの難しい柄物のセーターを合わせて、周囲とワンランク差をつけるオシャレを楽しむのがおススメです。

 

上品な印象のあるアーガイル柄も、ブラックのカラーパンツとコーデする事で、ちょっと男らしい印象がプラス。さりげない着こなしの中にセンスが光る、大人のカジュアルスタイルです。

 

 

カラーパンツ(モカ)・セーター(グレー)・ブーツ(黒)

 

モカのカラーパンツとタイトなグレーのセーターを合わせた着こなし画像

 

トップスはタイトな形状、リブ効果のあるスリムな印象を与えるグレーのセーターを着ています。タートルネックなので、上にアウターを羽織る場合はジャケットなどが似合います。ボトムスは落ち着いたモカのカラーパンツ。

 

わりと合わせやすい色なので、大人のコーデに仕上げたい時や、いつもと違う雰囲気を演出したい時に1つ持っておくのもおすすめです。足元はシックなブラックのレースアップブーツで全体の印象をまとめています。

 

 

カラーパンツ(ベージュ)・セーター(ネイビー)・シャツ(白)・ブーツ(黒)

 

ベージュのカラーパンツにネイビーのセーターを合わせた着こなし画像

 

ネイビーのセーターは一見シンプルですがケーブル編みならオシャレで華やかさをプラスします。中に着たホワイトのボタンダウンシャツの襟をチラ見せすることでオシャレ度アップ。

 

薄手のためインナーを着てもラインに響かないのが特徴です。ボトムスはベージュのカラーパンツを履きさらに爽やかさを加えています。足元はブラックのレースアップブーツで重厚感を出すとともにアクセントに。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

カラーパンツとセーターをどんな風に着こなしますか?【男性へアンケート調査】

 

明るい臙脂のデニム。これにセーターを合わせてみます。厚手の手編み系、白地に明るい茶の柄もの、柄は抽象的なもの。インナーはコーデュロイの濃い臙脂のシャツ。襟の小さめのもの。パンツは焦げ茶かチャコールグレーのチノパン。靴はキャメル色のレザー。あるいは黒のスニーカー。パンツが強い色なので、黒で締めるというイメージです。主役がパンツになるように、靴があまり主張しすぎないようにしたいと思います。シャツはダンガリーでもいいでしょうが、やっぱりコーデュロイ。ここは、コーデュロイにこだわりたいと思います。【男性 30代】

ボルドーカラーのVネックセーターにインナーは白のシャツかカットソー、いずれも無地、カラーパンツは黒。サイズ感は全体的にタイトな感じにまとめます。靴は黒の革靴を合わせます。Vネックセーターのインナーにカットソーを持ってくる場合は、あまりUネック過ぎず、丸首過ぎずでVネックのセーターから適度にインナーが見えるようにします。Uネックでインナーが見えない着こなしもしますがノーマルの丸首だけはなんかダサいのでNGにします。【男性 30代】

セーターはデザイン的に大きめにデザインした、編み方の目のあらいざっくりしたブラックの色目を選びます。カラーパンツはレッドやパープルの彩度のはっきりとした派手めの色を選び、シルエットもスキニータイプを選んでロックに着こなしたいです。シューズは黒のボリュームスニーカーや、ローファーなどを合わせるように工夫してごりごりのロックな感じにならないような外しをして着こなします。【男性 20代】

モスグリーンの、縫い目の大きいニットのセーターを着て、インナーは目立たないように白色のTシャツを着ます。パンツの柄は単色ではなく、パッチワークのようないくつかの柄と色が混ざったものを選びます。これでスニーカーなどを合わせると全体の印象が軽いものになりがちなので、黒のエナメルの紐靴を履くことで、安定感を出します。アウターは黒のシンプルなコートが良いと思います。【男性 30代】

細身のクルーネックのホワイトカラーのセーターを着用します。その下に着ているものが見えないように注意します。アクセントとしてネイビーカラーのマフラーを首に巻きます。パンツはスリムフィットスタイルのブランンカラー、もしくはライトブランカラーのものを合わせます。足元にはホワイトカラー、もしくはグレーカラーのシンプルなスニーカーをもっていきます。【男性 30代】

 

好感のもてるカラーパンツとセーターの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

セーターは落ち着いた寒色系で、あまりダボっとしていないほうがいい。カラーパンツは、カーキやキャメルなど、優しい色使いで合わせてほしいです。カラーパンツを原色にするなら、セーターは暗めの色にインナーや靴も、その同系色のカラーでまとめ、カラーパンツの原色を惹き立てる着こなしが好きです。また、原色は緑、青、赤などの明度の高すぎないものを選んでほしいです。【女性 20代】

細身のパンツに細身のセーターという組み合わせが大好きです。上下モノトーンやどちらかを黒やグレーで無難にまとめている方より、上手に色×色を組み合わせている方は好印象です。派手すぎず、地味すぎず、自分のカラーとその場の雰囲気をわかって色同士を合わせられる方はとってもおしゃれだと思います。日照時間が少ない秋〜冬の時期にきれいな色のセーターを着こなしていただきたいです。【女性30代】

カラーパンツの派手な色は嫌です。黄色とかピンクとかはできるだけ避けて欲しいと思います。落ち着いたカラーのパンツにシャツを着てセーターを着て欲しい。セーターには可愛い柄が入ってると個人的にはいいと思います。しっかりしているタイプの人が可愛めのセーターを着ているとキュンとしてしまします。セーターの色も派手なものではなくシンプルな色がいいです。黒に近いvネックのセーターから少し見えるインナーの白も好きです。【女性 20代】

 

カラーパンツの着こなし方一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


カラーパンツ+セーターの着こなし方関連ページ一覧

カラーパンツ(黒)の着こなし方
どんなコーディネートにもかちっとはまる、黒のカラーパンツ。グレーや白のトップスと組み合わせる事で、絶妙なカラーバランスが生まれます。定番カラーを履きこなす事で、周囲とはワンランク違うオシャレ感を楽しめます。
カラーパンツ(グレー)の着こなし方
カラーパンツの中でも特に上品な印象が強いのが、グレーです。シャツと合わせたコーデで、徹底的に大人のキレイ目スタイルを追求できます。さりげない柄を取り入れて、オシャレ感をプラスしてもおススメです。
カラーパンツ(ベージュ)の着こなし方
優しく、甘い印象のあるベージュのカラーパンツは、デートなどで好印象間違いなしのアイテムです。定番の白シャツと合わせたシンプルなコーディネートでは、パンツのシルエットが大きなおしゃれポイントになります。
カラーパンツ(ブラウン)の着こなし方
リッチで上品な味わいのあるブラウンのカラーパンツも、黒のカジュアルなトップスと合わせる事でぐっと男らしい雰囲気になります。シンプルなカラーパンツをスマートに履きこなせば、ワンランク上のオシャレ感を演出できます。
カラーパンツ(紫)の着こなし方
それ一本で周囲の視線をくぎ付けにできる、紫のカラーパンツ。華やかな分、手の出しにくいアイテムですが、オシャレ上級者を目指すなら、ぜひ着こなしをマスターしてコーディネートの幅を広げたい所です。
カラーパンツ(モカ)の着こなし方
ブラウンほどリッチでもなく、カーキほどマニッシュでもない、そんなモカのカラーパンツには、シンプルでキレイ目なトップスがぴったりです。ジャケットコーデも程良い抜け感でまとめられ、さりげなくオシャレなオフスタイルになります。
カラーパンツ(カーキ)の着こなし方
温かみのあるカーキのカラーパンツは、ややゆったり感のあるジャケットやトップスと合わせる事で、その魅力が引き立ちます。秋冬らしい着こなしをマスターする事で、コーディネートの幅もぐんと広がります。
カラーパンツ(ネイビー)の着こなし方
若々しいイメージの強いネイビーのカラーパンツは、思い切ってマリンテイストに着こなしてしまうのがおススメです。マリンボーダーや白のスニーカーで爽やかにまとめ、都会的なリゾートスタイルを楽しみます。
カラーパンツ(ブルー)の着こなし方
鮮やかな発色で視線を引き付ける、ブルーのカラーパンツ。ボトムスに負けないコーディネートを目指すなら、定番のグレーやホワイトの組み合わせがおススメです。素材や小物でリゾート感をプラスするのがポイントです。
カラーパンツ(グリーン)の着こなし方
鮮やかな色合いで都会的な印象を引き立てる、グリーンのカラーパンツ。あえて若干ルーズにはく事で、程良い抜け感を加え、力みのない自然なオフスタイルを演出できます。カラーパンツを主役にしたコーディネートです。
カラーパンツ(オレンジ)の着こなし方
着こなしの難しそうなオレンジのカラーパンツは、無理せず定番のトップスと組み合わせるのがおススメです。無難な着こなしに見えても、レイヤード使いなどのちょっとした工夫で、アクセントの効いたスタイルになります。
カラーパンツ+ジャケットの着こなし方
着回しのしやすいグレーのカラーパンツは、どんなジャケットとも好印象。存在感のあるブルゾンタイプのジャケットも、あえて同色系でまとめれば、シンプルな中にもオシャレが光る、大人っぽいコーディネートを楽しめます。
カラーパンツ+コートの着こなし方
シンプルでシルエットの綺麗なカラーパンツには、ピーコートを合わせても上品に決まります。質の良いシックな雰囲気に包まれたコーディネートは、ちょっとしたディナーにも着て行けそうな大人のスタイルです。
カラーパンツ+パーカーの着こなし方
どんなコーディネートにも着回せるのが、カラーパンツの最大の特徴です。ちょっと個性派デザインのパーカーとの組み合わせも、ブラックのカラーパンツならシンプルに、無理なく決まるのでおススメです。
カラーパンツ+カーディガンの着こなし方
カラーパンツにカーディガンをコーディネートするなら、思い切ってカーディガンを主役にするのがおススメです。着こなしの難しい柄物でも、カラーパンツとなら無理なくスマートに合わせられ、オシャレです。
カラーパンツ+シャツの着こなし方
キレイめカジュアルに欠かせないカラーパンツには、デニムシャツのようなかっちり目のアイテムも似合います。定番のネイビー×ベージュのコーデなら、女性にも好印象な甘さと上品さを備えた雰囲気に仕上がります。
カラーパンツ+カットソーの着こなし方
キレイめシルエットのカラーパンツも、時には男らしくカッコ良く履きたいもの。トップスのカットソーをリッチな黒にする事で、コーディネートに程良いタフさをプラスして、いつもと違うタフな着こなしを楽しめます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP