カラーパンツ シャツ

カラーパンツ+シャツの着こなし方

カラーパンツとシャツを合わせる着こなし方

カラーパンツ(ベージュ)・シャツ(ネイビー)・カットソー(白)・ブーツ(黒)

 

ベージュのカラーパンツとネイビーのシャツを合わせた着こなし画像

 

カジュアルスタイルで過ごしたいけど、キレイ目な印象も外せない、そんな時におススメなのがカラーパンツとシャツのコーディネートです。写真では、かっちりとしたシルエットが美しいデニムシャツと組み合わせて、スマートな印象に仕上げています。

 

ネイビー×ベージュのコーデは上品さをプラスする鉄板カラーですから、ベージュのカラーパンツを持っているならぜひ、デニムシャツはトライして欲しいアイテムです。

 

 

カラーパンツ(グレージュ)・シャツ(黒)・カットソー(白)・ブーツ(黒)

 

グレージュのカラーパンツに黒のシャツを合わせた着こなし画像

 

ブラックのシャツというのはシックでクール感のある男性を演出します。写真ではミリタリーテイストのシャツを着用、カジュアル感もプラスされています。インナーはホワイトのUネックカットソーを着用し、着こなしがシンプルなのでレザーのネックレスが良いアクセントとなっています。

 

ボトムスのカラーパンツはグレージュという色でグレーとベージュの中間の色です。他人と一歩差をつけるアイテムで、ダークカラーとの相性が良く、軽い印象になります。

 

カラーパンツ(モカ)・シャツ(黒)・カットソー(白)・シューズ(黒)

 

モカのカラーパンツに黒のシャツを合わせた着こなし画像

 

上半身はホワイトのVネックカットソーの上にブラックのシャツを着ています。前のボタンは開けるとカジュアル感を演出、閉じるとシックな印象になります。

 

ボトムスのモカのカラーパンツとの組み合わせでクールな印象をプラス。シャツの首元は開けているので、短めのネックレスなどをつけるとオシャレです。ブラックのバブーシュシューズで全体を綺麗にまとめています。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

カラーパンツとシャツをどんな風に着こなしますか?【男性へアンケート調査】

 

シャツとカラーパンツの着こなしについて、注意したいポイントについてはサイズ間と色の合わせかたです。まずサイズ間について、パンツは特にスキニータイプのものを選ぶとスマートに見えると思います。シャツについてはジャストサイズ、もしくはワンサイズオーバーのものを選ぶとこなれた感じにまとまります。【男性 20代】

ホワイトカラーのシャツを着用します。その上にナイロンのグレーカラーのジャケットを羽織ります。ジャケットはタイトであり丈が長すぎないものであれば前はボタンでもジップアップでもかまいません。パンツはパープルカラーでスリムフィットタイプのものを合わせます。靴はホワイトカラーでデザインのシンプルなものを履きます。【男性 30代】

私は白や灰色、黒等のモノトーンな色が好きなのでシャツはそういった色を主体に決めています。たまに自分の好きな柄のシャツがあれば、紺やほかの色のものも着たりします。種類は特に決めていませんが、インナーはシャツから見えないものにしています。靴は本当はいろいろ選びたいのですが、私は足の甲が太すぎてスニーカーだと履くとパンパンに膨らんでしまいみっともないのでスポーツシューズで色を服に合わせて変えています。着こなす上で注意しているのは服を着てからの行き先や目的、季節感ですね。どんなによくても周りとあってなければ場違いな服装になりますから。【男性 30代】

シャツとカラーパンツの組み合わせの場合は、カラーパンツの色とシルエットがポイントになります。チノパンより色が鮮やかで、シルエットもスリムなものが多いので、シャープなイメージの着こなしです。鮮やかなブルーのパンツにブルーのストライプのワイドスプレッドのぴったりフィットしたシャツの組み合わせが好きです。ベルトと靴は革製品です。【男性 40代】

カラーパンツを履きますとそこが全体を見た際の「インパクト」になると思います。そこでシャツは前提としてはカラーパンツを同色のものにはしないことがあります。次に目に行く所が二カ所にならぬようにシャツをパンツより目立たない色にするようにいたします。同時に靴も同じです。【男性 30代】

 

好感のもてるカラーパンツとシャツの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

シャツにカラーパンツのコーデは個人的に好みのファッションです。ですが、シャツは第一ボタンまで締めていないと台無し。シャツの下のインナーを配色を考えて裾から少し出している人を見るとお洒落だなあと感じます。また、シャツは変わったデザインのものが多いので、その人のセンスが表れやすいファッションでもあると思います。【女性 20代】

濃い色のパンツに色物のシャツを着て欲しい。原色や蛍光色はNGです。真っ白よりはカラー系がいい。真っ白だと仕事みたいで個人的にはいやです。ハワイのような柄もちょっとやめて欲しいです。黒のストライプとかも可愛いと思います。ホストの人が来るような光沢のあるシャツは避けて欲しいです。シャツの色と柄の色が同じようなシャツだと、柄がうるさくなくていいと思います。【女性 20代】

シャツだけの場合は清潔感を求めます。白いシャツをすっきり着こなしている方は、きちんとした人なんだろうなと感じます。生地の織りや糸の風合いなどにもこだわっている方もいいですね。近づいて良く見ないと気がつかない部分ですが、そういう細かい部分もこだわって物を選ぶ方はおしゃれだと思います。もちろん体型にシャツであることが大前提です。シルエットは大切です。【女性 30代】

 

カラーパンツの着こなし方一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


カラーパンツ+シャツの着こなし方関連ページ一覧

カラーパンツ(黒)の着こなし方
どんなコーディネートにもかちっとはまる、黒のカラーパンツ。グレーや白のトップスと組み合わせる事で、絶妙なカラーバランスが生まれます。定番カラーを履きこなす事で、周囲とはワンランク違うオシャレ感を楽しめます。
カラーパンツ(グレー)の着こなし方
カラーパンツの中でも特に上品な印象が強いのが、グレーです。シャツと合わせたコーデで、徹底的に大人のキレイ目スタイルを追求できます。さりげない柄を取り入れて、オシャレ感をプラスしてもおススメです。
カラーパンツ(ベージュ)の着こなし方
優しく、甘い印象のあるベージュのカラーパンツは、デートなどで好印象間違いなしのアイテムです。定番の白シャツと合わせたシンプルなコーディネートでは、パンツのシルエットが大きなおしゃれポイントになります。
カラーパンツ(ブラウン)の着こなし方
リッチで上品な味わいのあるブラウンのカラーパンツも、黒のカジュアルなトップスと合わせる事でぐっと男らしい雰囲気になります。シンプルなカラーパンツをスマートに履きこなせば、ワンランク上のオシャレ感を演出できます。
カラーパンツ(紫)の着こなし方
それ一本で周囲の視線をくぎ付けにできる、紫のカラーパンツ。華やかな分、手の出しにくいアイテムですが、オシャレ上級者を目指すなら、ぜひ着こなしをマスターしてコーディネートの幅を広げたい所です。
カラーパンツ(モカ)の着こなし方
ブラウンほどリッチでもなく、カーキほどマニッシュでもない、そんなモカのカラーパンツには、シンプルでキレイ目なトップスがぴったりです。ジャケットコーデも程良い抜け感でまとめられ、さりげなくオシャレなオフスタイルになります。
カラーパンツ(カーキ)の着こなし方
温かみのあるカーキのカラーパンツは、ややゆったり感のあるジャケットやトップスと合わせる事で、その魅力が引き立ちます。秋冬らしい着こなしをマスターする事で、コーディネートの幅もぐんと広がります。
カラーパンツ(ネイビー)の着こなし方
若々しいイメージの強いネイビーのカラーパンツは、思い切ってマリンテイストに着こなしてしまうのがおススメです。マリンボーダーや白のスニーカーで爽やかにまとめ、都会的なリゾートスタイルを楽しみます。
カラーパンツ(ブルー)の着こなし方
鮮やかな発色で視線を引き付ける、ブルーのカラーパンツ。ボトムスに負けないコーディネートを目指すなら、定番のグレーやホワイトの組み合わせがおススメです。素材や小物でリゾート感をプラスするのがポイントです。
カラーパンツ(グリーン)の着こなし方
鮮やかな色合いで都会的な印象を引き立てる、グリーンのカラーパンツ。あえて若干ルーズにはく事で、程良い抜け感を加え、力みのない自然なオフスタイルを演出できます。カラーパンツを主役にしたコーディネートです。
カラーパンツ(オレンジ)の着こなし方
着こなしの難しそうなオレンジのカラーパンツは、無理せず定番のトップスと組み合わせるのがおススメです。無難な着こなしに見えても、レイヤード使いなどのちょっとした工夫で、アクセントの効いたスタイルになります。
カラーパンツ+ジャケットの着こなし方
着回しのしやすいグレーのカラーパンツは、どんなジャケットとも好印象。存在感のあるブルゾンタイプのジャケットも、あえて同色系でまとめれば、シンプルな中にもオシャレが光る、大人っぽいコーディネートを楽しめます。
カラーパンツ+コートの着こなし方
シンプルでシルエットの綺麗なカラーパンツには、ピーコートを合わせても上品に決まります。質の良いシックな雰囲気に包まれたコーディネートは、ちょっとしたディナーにも着て行けそうな大人のスタイルです。
カラーパンツ+パーカーの着こなし方
どんなコーディネートにも着回せるのが、カラーパンツの最大の特徴です。ちょっと個性派デザインのパーカーとの組み合わせも、ブラックのカラーパンツならシンプルに、無理なく決まるのでおススメです。
カラーパンツ+セーターの着こなし方
ボトムスの印象をシンプルに、スタイリッシュにまとめてくれる黒のカラーパンツには、主役級のセーターを合わせてファッションを楽しみたい所。上品なアーガイルも、リッチなブラックとマッチしてスマートに決まります。
カラーパンツ+カーディガンの着こなし方
カラーパンツにカーディガンをコーディネートするなら、思い切ってカーディガンを主役にするのがおススメです。着こなしの難しい柄物でも、カラーパンツとなら無理なくスマートに合わせられ、オシャレです。
カラーパンツ+カットソーの着こなし方
キレイめシルエットのカラーパンツも、時には男らしくカッコ良く履きたいもの。トップスのカットソーをリッチな黒にする事で、コーディネートに程良いタフさをプラスして、いつもと違うタフな着こなしを楽しめます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP