紫 パンツ 着こなし

カラーパンツ(紫)の着こなし方

カラーパンツ(紫)の着こなし方

カラーパンツ(紫)・レザージャケット(黒)・スニーカー(黒)

 

紫のカラーパンツと黒のレザージャケットを合わせた着こなし画像

 

カラーパンツと言っても、つい黒やベージュばかり買ってしまい、本当の色物には手が出せない人も多いもの。例えば写真では、鮮やかな紫のカラーパンツを、レザーテイストのジャケットとコーディネートする事で、シンプルに、男らしく履きこなしています。

 

ジャケットのツヤ感が、ボトムの紫に負けることなく存在感を発揮。トップスとボトムがお互いの魅力を引き立てる、スパイシーなコーディネートになっています。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

紫のカラーパンツをどんな風に着こなしていますか?【男性へアンケート調査】

 

紫にはグレーが映えるので上は灰色のシャツを着ます。基本的に冬などにコートとあわせることはほとんど無いです。靴は黒・茶などの暗め系をはきます。紫のカラーパンツを選ぶ上で注意することは淡い紫を選ばないことです。理由ははいているとなよなよしくみえるからです。また明るすぎる紫は安っぽく見えるのでこれも選びません。落ち着いた紫がベストだと思っています。【男性 20代】

紫のカラーパンツに合わせるならシャツは白系のカットソーシャツを着て、上からグレーのカーディガンを着ます。靴下は白地のモノがいいですね。靴はコンバースの白のジャックパーセルを履いて、帽子はベージュのハットをかぶります。紫の色って結構強く主張してくるので、全体的に色を落ち着かせたものを合わせて、紫の強い色を抑えたコーディネートです。【男性 20代】

紫のカラーパンツにはグリーンのカーディガンやカッソソーを合わせて着ることが多いです。少し奇抜な組み合わせですが赤色のトップスと合わせるのも気に入ってよく着ます。赤色のトップスの場合にはブラックかグレーもしくはブルー系の靴を履く事が多いです。明るめなグリーン系のスニーカーとも良く合います。【男性 30代】

紫のカラーパンツには白のシャツを合わせます。シャツの裾は全部パンツの中にインして、上に黒のV開きのカーディガンを着ます。カーディガンの前のボタンは全部とめます。襟元には黒×白のギンガムチェックの蝶ネクタイを付けます。靴は黒×白のウイングチップの靴を履きます。帽子はグレーのフエルト素材の中折れハットをかぶります。【男性 30代】

紫のカラーパンツに合うトップの色は黒とネイビーブルーです。どちらも無地のボタンダウンシャツをあわせます。ベルトと靴は黒の皮を。シャツの上に黒いジャケットをきるのもシックです。もうすこしカジュアルにしたい場合は、ジーンズ素材のブルゾンを合わせます。色の濃いジャケットやブルゾンを着るときは、中のシャツを淡いグレーからミディアムグレーにする手もあります。

 

好感のもてる紫のカラーパンツの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

紫色のカラーパンツは、全体のコーディネートの差し色となっているような着こなしが好感をもちます。シンプルな服装やモノトーン系のコーディネートのときに、一つ目を引く紫色のカラーパンツのようなアイテムがあればお洒落に見えますね。個性的な色のアイテムですが、モノトーンコーディネートの男性が多い中目を引きますのでとても好印象です。【女性 20代】

紫は個性的な色なので、トップスも個性的なものを合わせているとおしゃれだなと思います。といっても、ビジュアル系みたいな全面的に超個性的みたいな感じじゃなくて、あくまでカジュアルで、ちょっと他ではないようなプリントのTシャツとか、襟の一部のデザインが個性的みたいなちょっとしたセンスのよさみたいなのを感じるとこの人素敵な人だなと思います。【女性 20代】

紫のカラーパンツは、コーデュロイ素材の、少しサルエルパンツのような形のもの(極端に股下が短いものでなく、程よくゆとりがあって、裾はすっきりしたもの)が良いかな。パツパツしたのはNG。インナーは、モノトーンのシンプルなTシャツで、アウターはグレーのフルジップパーカーが良いです。足元は、ごつめの黒いブーツか、ベージュのムートンブーツ。それにニット帽をプラス。【女性 20代】

 

カラーパンツの着こなし方一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


カラーパンツ(紫)の着こなし方関連ページ一覧

カラーパンツ(黒)の着こなし方
どんなコーディネートにもかちっとはまる、黒のカラーパンツ。グレーや白のトップスと組み合わせる事で、絶妙なカラーバランスが生まれます。定番カラーを履きこなす事で、周囲とはワンランク違うオシャレ感を楽しめます。
カラーパンツ(グレー)の着こなし方
カラーパンツの中でも特に上品な印象が強いのが、グレーです。シャツと合わせたコーデで、徹底的に大人のキレイ目スタイルを追求できます。さりげない柄を取り入れて、オシャレ感をプラスしてもおススメです。
カラーパンツ(ベージュ)の着こなし方
優しく、甘い印象のあるベージュのカラーパンツは、デートなどで好印象間違いなしのアイテムです。定番の白シャツと合わせたシンプルなコーディネートでは、パンツのシルエットが大きなおしゃれポイントになります。
カラーパンツ(ブラウン)の着こなし方
リッチで上品な味わいのあるブラウンのカラーパンツも、黒のカジュアルなトップスと合わせる事でぐっと男らしい雰囲気になります。シンプルなカラーパンツをスマートに履きこなせば、ワンランク上のオシャレ感を演出できます。
カラーパンツ(モカ)の着こなし方
ブラウンほどリッチでもなく、カーキほどマニッシュでもない、そんなモカのカラーパンツには、シンプルでキレイ目なトップスがぴったりです。ジャケットコーデも程良い抜け感でまとめられ、さりげなくオシャレなオフスタイルになります。
カラーパンツ(カーキ)の着こなし方
温かみのあるカーキのカラーパンツは、ややゆったり感のあるジャケットやトップスと合わせる事で、その魅力が引き立ちます。秋冬らしい着こなしをマスターする事で、コーディネートの幅もぐんと広がります。
カラーパンツ(ネイビー)の着こなし方
若々しいイメージの強いネイビーのカラーパンツは、思い切ってマリンテイストに着こなしてしまうのがおススメです。マリンボーダーや白のスニーカーで爽やかにまとめ、都会的なリゾートスタイルを楽しみます。
カラーパンツ(ブルー)の着こなし方
鮮やかな発色で視線を引き付ける、ブルーのカラーパンツ。ボトムスに負けないコーディネートを目指すなら、定番のグレーやホワイトの組み合わせがおススメです。素材や小物でリゾート感をプラスするのがポイントです。
カラーパンツ(グリーン)の着こなし方
鮮やかな色合いで都会的な印象を引き立てる、グリーンのカラーパンツ。あえて若干ルーズにはく事で、程良い抜け感を加え、力みのない自然なオフスタイルを演出できます。カラーパンツを主役にしたコーディネートです。
カラーパンツ(オレンジ)の着こなし方
着こなしの難しそうなオレンジのカラーパンツは、無理せず定番のトップスと組み合わせるのがおススメです。無難な着こなしに見えても、レイヤード使いなどのちょっとした工夫で、アクセントの効いたスタイルになります。
カラーパンツ+ジャケットの着こなし方
着回しのしやすいグレーのカラーパンツは、どんなジャケットとも好印象。存在感のあるブルゾンタイプのジャケットも、あえて同色系でまとめれば、シンプルな中にもオシャレが光る、大人っぽいコーディネートを楽しめます。
カラーパンツ+コートの着こなし方
シンプルでシルエットの綺麗なカラーパンツには、ピーコートを合わせても上品に決まります。質の良いシックな雰囲気に包まれたコーディネートは、ちょっとしたディナーにも着て行けそうな大人のスタイルです。
カラーパンツ+パーカーの着こなし方
どんなコーディネートにも着回せるのが、カラーパンツの最大の特徴です。ちょっと個性派デザインのパーカーとの組み合わせも、ブラックのカラーパンツならシンプルに、無理なく決まるのでおススメです。
カラーパンツ+セーターの着こなし方
ボトムスの印象をシンプルに、スタイリッシュにまとめてくれる黒のカラーパンツには、主役級のセーターを合わせてファッションを楽しみたい所。上品なアーガイルも、リッチなブラックとマッチしてスマートに決まります。
カラーパンツ+カーディガンの着こなし方
カラーパンツにカーディガンをコーディネートするなら、思い切ってカーディガンを主役にするのがおススメです。着こなしの難しい柄物でも、カラーパンツとなら無理なくスマートに合わせられ、オシャレです。
カラーパンツ+シャツの着こなし方
キレイめカジュアルに欠かせないカラーパンツには、デニムシャツのようなかっちり目のアイテムも似合います。定番のネイビー×ベージュのコーデなら、女性にも好印象な甘さと上品さを備えた雰囲気に仕上がります。
カラーパンツ+カットソーの着こなし方
キレイめシルエットのカラーパンツも、時には男らしくカッコ良く履きたいもの。トップスのカットソーをリッチな黒にする事で、コーディネートに程良いタフさをプラスして、いつもと違うタフな着こなしを楽しめます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP