パーカーに合うパンツ

カラーパンツ+パーカーの着こなし方

カラーパンツとパーカーを合わせる着こなし方

カラーパンツ(黒)・パーカー(カーキ)・カットソー(グレー)・スニーカー(白)

 

黒のカラーパンツとカーキ色のパーカーを合わせた着こなし画像

 

ついつい定番のカットソーやシャツとばかり合わせてしまいがちなカラーパンツですが、着回しのしやすさを生かして、個性派デザインのパーカーと合わせてみるのもおススメです。

 

スリムタイプのカラーパンツと合わせるなら、パーカーもタイトなデザインを選ぶのがポイント。トップスからボトムまでスマートにまとめる事で、都会的なオシャレ感を演出できます。インナーやーシューズで、コーディネートにメリハリをつける事も大切です。

 

 

カラーパンツ(ベージュ)・パーカー(グレー)・ベルト(茶)・シューズ(黒)

 

ベージュのカラーパンツにグレーのパーカーを合わせた着こなし画像

 

綺麗めなパーカーを主役にしたコーディネートです。グレーの裏地もオシャレなパーカーはなら袖口を折り曲げてわざと見せてもOK。ボトムスはベージュのカラーパンツでシンプルなので、レザーの編み込みベルトでアクセントをプラスしています。

 

足元はブラックのリアルスウェードバブーシュシューズでさらに高級感もアップしています。ここぞという時にデートにピッタリのコーディネートに仕上がっています。

 

 

カラーパンツ(グリーン)・パーカー(グレー)・シャツ(白)・スニーカー(白)

 

グリーンのカラーパンツにグレーのパーカーを合わせた着こなし画像

 

目をひくレトロな雰囲気のあるブーツカットのカラーパンツをメインとしたコーディネートです。グリーンですが割とダークな色なので子供っぽくならず、大人カジュアルに決まります。

 

ベルボトムに脚長効果や美脚効果もあるのでオススメです。上半身はホワイトのボタンシャツに軽めのグレーのパーカーを羽織っており、足元はホワイトのスニーカー。ボトムスをいかすために他はシンプルな組み合わせとなっています。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

カラーパンツとパーカーをどんな風に着こなしますか?【男性へアンケート調査】

 

最近のお気に入りのカラーパンチはリーバイスの迷彩柄ですね。明細のオレンジの色が他にはない色合いを持っていて気に入ってます。パーカーはSTUUSYのモノであわせます。STUUSYのパーカーは生地が分厚いのと少しダボった感じが迷彩柄にマッチしていいですよ。頭はキャップをかぶって、靴はナイキの白のスニーカーを履きます。【男性 20代】

カラーパンツを履く場合、上にどのようなアイテムを持ってこようと、主役はカラーパンツにすべきだと思います。そのため、パーカーを持ってくる場合は、黒、白、茶、グレー程度に選択の幅は絞られます。逆にこの4色のパーカーであれば、どんなカラーパンツを合わせても大丈夫です。足元は特に狙ったりせずに、白いスニーカーくらいが好感を持てます。【男性 30代】

パーカーはプルオーバーで自分の体型よりワンサイズ大き目の黒をチョイス。フロントにあまり目立たない感じでロゴ、もしくはブランドタグが入っているスケーターブブランド。インナーは白Tシャツで。カラーパンツはバズリクソンズのチノパンでこれも自分の体型よりワンサイズ大きいのを選択。全体イメージはスケーター、フード被って寒さをしのぎます。【男性 30代】

パーカーとカラーパンツの着こなし方としては、私はまず形がシンプルな方なので中に着るインナーは派手な色にします。ピンクや赤をセレクトしてもいいでしょう。インナーが襟元から少し見えるくらいの首回りの緩いパーカーでカラーパンツはそのインナーに合わせます。靴はゴツイ感じのブーツやトレッキングシューズを合わせると全体的にまとまると思います。【男性 30代】

パーカーはグレーカラーの細身のものです。ジップアップのものであってもそうでなくてもOKです。そのうえにブラックカラーのナイロン素材のジップアップのベストを着用します。ネイビーカラーのマフラーを首に巻きます。カラーパンツはホワイトでスリムフィットタイプのものを合わせます。靴はベージュカラーのスエードのものを合わせます。【男性 30代】

 

好感のもてるカラーパンツとパーカーの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

カラーパンツにパーカーの組み合わせは、お洒落ですが少しリラックスした感じがしますので大好きです。コーディネートのポイントがカラーパンツになると思いますので、パーカーやインナーは大人しめのシンプルなデザインのものがいいと思いますが、パーカーがラフな印象を受けますので、柄物なんかも合いそうですね。とても好印象を受けるコーディネートです。【女性 20代】

えんじ色のカラーパンツに、薄いピンクのインナー、えんじ色のラインの入った薄グレーのパーカー。この間、街で見かけて思わず「あの人すごいおしゃれ!!あんな彼氏欲しい!!」と友達と盛り上がった人のコーディネートです。全部を落ち着いたトーンで合わせているから、色味をふんだんに使った着こなしでも落ち着いて見えました。【女性 20代】

派手な赤パンツをロールアップで、白いパーカー、インナーは紺色Tシャツでマリンな色合わせだと、楽しくデート出来そうですよね。海に行く感じで、少しちゃんとしたサンダル、ビーサンなんか合わせたら大人な感じがして、パーカーが少年ぽくさわやかで、やんちゃだけど大人な感じが好きです。派手めな色とかかっこ良く着られてると素敵だな。【女性 20代】

 

カラーパンツの着こなし方一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


カラーパンツ+パーカーの着こなし方関連ページ一覧

カラーパンツ(黒)の着こなし方
どんなコーディネートにもかちっとはまる、黒のカラーパンツ。グレーや白のトップスと組み合わせる事で、絶妙なカラーバランスが生まれます。定番カラーを履きこなす事で、周囲とはワンランク違うオシャレ感を楽しめます。
カラーパンツ(グレー)の着こなし方
カラーパンツの中でも特に上品な印象が強いのが、グレーです。シャツと合わせたコーデで、徹底的に大人のキレイ目スタイルを追求できます。さりげない柄を取り入れて、オシャレ感をプラスしてもおススメです。
カラーパンツ(ベージュ)の着こなし方
優しく、甘い印象のあるベージュのカラーパンツは、デートなどで好印象間違いなしのアイテムです。定番の白シャツと合わせたシンプルなコーディネートでは、パンツのシルエットが大きなおしゃれポイントになります。
カラーパンツ(ブラウン)の着こなし方
リッチで上品な味わいのあるブラウンのカラーパンツも、黒のカジュアルなトップスと合わせる事でぐっと男らしい雰囲気になります。シンプルなカラーパンツをスマートに履きこなせば、ワンランク上のオシャレ感を演出できます。
カラーパンツ(紫)の着こなし方
それ一本で周囲の視線をくぎ付けにできる、紫のカラーパンツ。華やかな分、手の出しにくいアイテムですが、オシャレ上級者を目指すなら、ぜひ着こなしをマスターしてコーディネートの幅を広げたい所です。
カラーパンツ(モカ)の着こなし方
ブラウンほどリッチでもなく、カーキほどマニッシュでもない、そんなモカのカラーパンツには、シンプルでキレイ目なトップスがぴったりです。ジャケットコーデも程良い抜け感でまとめられ、さりげなくオシャレなオフスタイルになります。
カラーパンツ(カーキ)の着こなし方
温かみのあるカーキのカラーパンツは、ややゆったり感のあるジャケットやトップスと合わせる事で、その魅力が引き立ちます。秋冬らしい着こなしをマスターする事で、コーディネートの幅もぐんと広がります。
カラーパンツ(ネイビー)の着こなし方
若々しいイメージの強いネイビーのカラーパンツは、思い切ってマリンテイストに着こなしてしまうのがおススメです。マリンボーダーや白のスニーカーで爽やかにまとめ、都会的なリゾートスタイルを楽しみます。
カラーパンツ(ブルー)の着こなし方
鮮やかな発色で視線を引き付ける、ブルーのカラーパンツ。ボトムスに負けないコーディネートを目指すなら、定番のグレーやホワイトの組み合わせがおススメです。素材や小物でリゾート感をプラスするのがポイントです。
カラーパンツ(グリーン)の着こなし方
鮮やかな色合いで都会的な印象を引き立てる、グリーンのカラーパンツ。あえて若干ルーズにはく事で、程良い抜け感を加え、力みのない自然なオフスタイルを演出できます。カラーパンツを主役にしたコーディネートです。
カラーパンツ(オレンジ)の着こなし方
着こなしの難しそうなオレンジのカラーパンツは、無理せず定番のトップスと組み合わせるのがおススメです。無難な着こなしに見えても、レイヤード使いなどのちょっとした工夫で、アクセントの効いたスタイルになります。
カラーパンツ+ジャケットの着こなし方
着回しのしやすいグレーのカラーパンツは、どんなジャケットとも好印象。存在感のあるブルゾンタイプのジャケットも、あえて同色系でまとめれば、シンプルな中にもオシャレが光る、大人っぽいコーディネートを楽しめます。
カラーパンツ+コートの着こなし方
シンプルでシルエットの綺麗なカラーパンツには、ピーコートを合わせても上品に決まります。質の良いシックな雰囲気に包まれたコーディネートは、ちょっとしたディナーにも着て行けそうな大人のスタイルです。
カラーパンツ+セーターの着こなし方
ボトムスの印象をシンプルに、スタイリッシュにまとめてくれる黒のカラーパンツには、主役級のセーターを合わせてファッションを楽しみたい所。上品なアーガイルも、リッチなブラックとマッチしてスマートに決まります。
カラーパンツ+カーディガンの着こなし方
カラーパンツにカーディガンをコーディネートするなら、思い切ってカーディガンを主役にするのがおススメです。着こなしの難しい柄物でも、カラーパンツとなら無理なくスマートに合わせられ、オシャレです。
カラーパンツ+シャツの着こなし方
キレイめカジュアルに欠かせないカラーパンツには、デニムシャツのようなかっちり目のアイテムも似合います。定番のネイビー×ベージュのコーデなら、女性にも好印象な甘さと上品さを備えた雰囲気に仕上がります。
カラーパンツ+カットソーの着こなし方
キレイめシルエットのカラーパンツも、時には男らしくカッコ良く履きたいもの。トップスのカットソーをリッチな黒にする事で、コーディネートに程良いタフさをプラスして、いつもと違うタフな着こなしを楽しめます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP