カラーパンツ オレンジ コーデ

カラーパンツ(オレンジ)の着こなし方

カラーパンツ(オレンジ)の着こなし方

カラーパンツ(オレンジ)・カットソー(白)・タンクトップ(グレー)・サンダル(黒)

 

オレンジのカラーパンツと白のカットソーを合わせた着こなし画像

 

華やかだけど、赤よりは落ち着きのあるオレンジのカラーパンツですが着こなしが難しそうで、ついつい敬遠してしまうカラーです。どんなボトムにも似合う定番のカットソーなら、そんな心配も不要です。

 

ボトムスの印象に負けないよう、さりげないレイヤー使いやアクセサリでアクセントを付けると、よりメリハリの利いたオシャレが楽しめます。シンプルなジレや、ジャケットとのコーディネートもおススメです。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

オレンジのカラーパンツをどんな風に着こなしますか?【男性へアンケート調査】

 

僕がオレンジのカラーパンツを吐く時は、紺色のジャージを合わせることが多いです。アディダスのジャージで3本のラインがオレンジのものを選んで、トップスとボトムのコーディネートをしています。もちろんスニーカーもアディダスで揃えますが、色はシンプルに白を使っています。あとは伊達眼鏡や帽子なんかで若作りして頑張ってます。【男性 30代】

オレンジのカラーパンツの着こなしについてですが、私が着こなしの際に注意しているのは、全体の色相を合わせる事です。具体的にはトップスは白い大きめカットソーを合わせ、オレンジ色のカラーパンツはタイトめに合わせます。シューズはヒョウ柄のジョージコックスタイプを合わせて、あとはスタッズベルトなどの小物を合わせてパンキッシュな着こなしにします。【男性 20代】

休みの日はオレンジのカラーパンツをカジュアルに着こなしています。靴は革靴の様なデザインと形で茶系のものが合うので良く履いています。服は今の時期ですとクリーム系の色のタートルを着て、靴と同じ様な色の茶系のジャケットを上から着ます。更に同色の帽子もかぶる時もあります。オレンジのパンツですので、色に負けない配色でコーディネートしています。【男性 40代】

趣味で乗馬をしています。公式の場では制服ですが普段の練習の時はオレンジのカラーパンツをはいてます、馬に乗るのは日常からかけ離れた現実離れした世界です、その世界感を楽しむ為に普段の生活では一番着ない衣装で行く事にしてます。だからカラーパンツを履きます、それ以外はモノトーンで合わせます、馬が私を認識してくれるように人参色で楽しんでます。【男性 40代】

オレンジのカラーパンツは普通の街中ではくと目立ちます。目立つのを狙って着るのであれば、シャツはネイビーブルーの無地を着て上にイエロー系のジャケットを合わせます。ただし誰にでも似合うコーディネートではありません。オレンジのパンツは個性が強烈すぎて普通のものを合わせたら、パンツだけ浮いてしまうからです。

 

好感のもてるオレンジのカラーパンツの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

オレンジのカラーパンツを着られるときは、全体的に大人しめの色のコーディネートにされるとまとまってオシャレに見えるので好感が持てます。トップスなど、パンツ以外の物は茶色いアイテムを合わせられるとやわらかい印象をうけます。逆にカラフルなコーディネートでも、色の組み合わせがオシャレだととても好印象ですね。【女性 20代】

オレンジのカラーパンツの場合は、オレンジ色が中性的なイメージなので、全体はカジュアルで、ちょっと可愛さがプラスされてるコーディネートだと好感が持てます。Tシャツにキャラクターが少しついていたり、ピンクをどこかに取り入れたり、トップスの柄がドットやチェックなど、女性も着られるようなファッションが可愛さを感じられるし、個性的でいいと思います。【女性 20代】

オレンジのカラーパンツは、、個人的にはとっても難しい色だと思ってしまうというのが本音です。色々想像してみましたが、思い浮かぶのはK-POPアイドルみたいな感じでしょうか(笑)。色白めな短髪のすらっとした男性が来ていたら素敵に見える気はします。合わせるなら白のTシャツですかね。でもやっぱりモデルさんや芸能人の方っていう限定かもしれません。ごめんなさい。【女性 30代】

 

カラーパンツの着こなし方一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


カラーパンツ(オレンジ)の着こなし方関連ページ一覧

カラーパンツ(黒)の着こなし方
どんなコーディネートにもかちっとはまる、黒のカラーパンツ。グレーや白のトップスと組み合わせる事で、絶妙なカラーバランスが生まれます。定番カラーを履きこなす事で、周囲とはワンランク違うオシャレ感を楽しめます。
カラーパンツ(グレー)の着こなし方
カラーパンツの中でも特に上品な印象が強いのが、グレーです。シャツと合わせたコーデで、徹底的に大人のキレイ目スタイルを追求できます。さりげない柄を取り入れて、オシャレ感をプラスしてもおススメです。
カラーパンツ(ベージュ)の着こなし方
優しく、甘い印象のあるベージュのカラーパンツは、デートなどで好印象間違いなしのアイテムです。定番の白シャツと合わせたシンプルなコーディネートでは、パンツのシルエットが大きなおしゃれポイントになります。
カラーパンツ(ブラウン)の着こなし方
リッチで上品な味わいのあるブラウンのカラーパンツも、黒のカジュアルなトップスと合わせる事でぐっと男らしい雰囲気になります。シンプルなカラーパンツをスマートに履きこなせば、ワンランク上のオシャレ感を演出できます。
カラーパンツ(紫)の着こなし方
それ一本で周囲の視線をくぎ付けにできる、紫のカラーパンツ。華やかな分、手の出しにくいアイテムですが、オシャレ上級者を目指すなら、ぜひ着こなしをマスターしてコーディネートの幅を広げたい所です。
カラーパンツ(モカ)の着こなし方
ブラウンほどリッチでもなく、カーキほどマニッシュでもない、そんなモカのカラーパンツには、シンプルでキレイ目なトップスがぴったりです。ジャケットコーデも程良い抜け感でまとめられ、さりげなくオシャレなオフスタイルになります。
カラーパンツ(カーキ)の着こなし方
温かみのあるカーキのカラーパンツは、ややゆったり感のあるジャケットやトップスと合わせる事で、その魅力が引き立ちます。秋冬らしい着こなしをマスターする事で、コーディネートの幅もぐんと広がります。
カラーパンツ(ネイビー)の着こなし方
若々しいイメージの強いネイビーのカラーパンツは、思い切ってマリンテイストに着こなしてしまうのがおススメです。マリンボーダーや白のスニーカーで爽やかにまとめ、都会的なリゾートスタイルを楽しみます。
カラーパンツ(ブルー)の着こなし方
鮮やかな発色で視線を引き付ける、ブルーのカラーパンツ。ボトムスに負けないコーディネートを目指すなら、定番のグレーやホワイトの組み合わせがおススメです。素材や小物でリゾート感をプラスするのがポイントです。
カラーパンツ(グリーン)の着こなし方
鮮やかな色合いで都会的な印象を引き立てる、グリーンのカラーパンツ。あえて若干ルーズにはく事で、程良い抜け感を加え、力みのない自然なオフスタイルを演出できます。カラーパンツを主役にしたコーディネートです。
カラーパンツ+ジャケットの着こなし方
着回しのしやすいグレーのカラーパンツは、どんなジャケットとも好印象。存在感のあるブルゾンタイプのジャケットも、あえて同色系でまとめれば、シンプルな中にもオシャレが光る、大人っぽいコーディネートを楽しめます。
カラーパンツ+コートの着こなし方
シンプルでシルエットの綺麗なカラーパンツには、ピーコートを合わせても上品に決まります。質の良いシックな雰囲気に包まれたコーディネートは、ちょっとしたディナーにも着て行けそうな大人のスタイルです。
カラーパンツ+パーカーの着こなし方
どんなコーディネートにも着回せるのが、カラーパンツの最大の特徴です。ちょっと個性派デザインのパーカーとの組み合わせも、ブラックのカラーパンツならシンプルに、無理なく決まるのでおススメです。
カラーパンツ+セーターの着こなし方
ボトムスの印象をシンプルに、スタイリッシュにまとめてくれる黒のカラーパンツには、主役級のセーターを合わせてファッションを楽しみたい所。上品なアーガイルも、リッチなブラックとマッチしてスマートに決まります。
カラーパンツ+カーディガンの着こなし方
カラーパンツにカーディガンをコーディネートするなら、思い切ってカーディガンを主役にするのがおススメです。着こなしの難しい柄物でも、カラーパンツとなら無理なくスマートに合わせられ、オシャレです。
カラーパンツ+シャツの着こなし方
キレイめカジュアルに欠かせないカラーパンツには、デニムシャツのようなかっちり目のアイテムも似合います。定番のネイビー×ベージュのコーデなら、女性にも好印象な甘さと上品さを備えた雰囲気に仕上がります。
カラーパンツ+カットソーの着こなし方
キレイめシルエットのカラーパンツも、時には男らしくカッコ良く履きたいもの。トップスのカットソーをリッチな黒にする事で、コーディネートに程良いタフさをプラスして、いつもと違うタフな着こなしを楽しめます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP