ネイビーパンツ 着こなし

カラーパンツ(ネイビー)の着こなし方

カラーパンツ(ネイビー)の着こなし方

カラーパンツ(ネイビー)・カットソー(グレー)・8分袖カットソー(白)・スニーカー(白)

 

ネイビーのカラーパンツとカットソー2枚を合わせた着こなし画像

 

深海を思わせる深いネイビーのカラーパンツは、普通に履いてもオシャレですが、どうせなら思い切りマリンテイストに着こなして楽しむのもおススメです。

 

写真では、ボーダーカットソーにプリントシャツを重ねて、マリンな雰囲気を演出。足元は白スニーカーで軽やかにまとめています。爽やかでかわいらしいカジュアル感が、落ち着いたネイビーの色合いとマッチして、洗練された都会的な印象を醸し出しています。

 

 

カラーパンツ(ネイビー)・レイヤードカットソー(白×黒)・スニーカー(茶)

 

ネイビーのカラーパンツに白のカットソーを合わせた着こなし画像

 

ホワイトのカットソーはシンプルですが中にタンクトップなどを着て首元や裾からチラ見せさせたり、また上に何か羽織ることで寂しい印象になりません。ボトムスにはネイビーのデニム地のカラーパンツ。

 

足をスラッと長く見せるシルエットとなっており普通のカジュアルなデニムパンツとは一味違うシックな大人のイメージです。足元はブラウンとトレッキングブーツで優しい印象に仕上げています。

 

 

カラーパンツ(ネイビー)・ジャケット(カーキ)・ベスト(グレー)・シューズ(グレー)

 

ネイビーのカラーパンツにカーキのジャケットを合わせた着こなし画像

 

上半身は、薄いピンクのボタンシャツにグレーのカーディガン、更にカーキのジャケットを羽織っており、全ての洋服を見せることでオシャレなレイヤードスタイルに仕上がっています。

 

ホワイトでもいいですが、ピンクはグレーやカーキと相性がいいので、薄い色は結構合わせいアイテムのものが多いです。ボトムスは足のラインが綺麗なネイビーのカラーパンツを履き、下半身をスリムに見せています。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

ネイビーのカラーパンツをどんな風に着こなしていますか?【男性へアンケート調査】

 

ネイビーのカラーパンツの着こなしについてですが、私が注意していることはサイズ感です。特にネイビーのカラーパンツ自体は派手ではありませんが、ブラックよりも深みがあり大人っぽく着こなせるため、合わせるトップスはシンプルに白シャツなどがベストです。ただそれだけではシンプルになりすぎてしまうので、はずしでシューズは古着のコンバースだったり、ニットキャップなどで大人カジュアルを楽しんでいます。【男性 20代】

仕事でシャツスタイルをするときに着用しています。好きなスタイルはピンクカラーのクレリックシャツをノータイで、第一ボタンをはずして着用します。肩からブラウンカラーのレザーのショルダーバックを下げます。これがいいアクセントになっています。ネイビーのカラーパンツは細身で股上の浅いものです。形はストレートタイプ。靴はブラウンカラーの革靴です。【男性 30代】

ネイビーのカラーパンツは色がスーツのパンツと似たような色なので、上手に着ないとクールビズのサラリーマンのようになります。相性がいいのは薄い茶系の色です。無地・ストライプ・ギンガムチェックのボタンダウンシャツはどれも合います。ベルトは黒でなく茶であまり明るくないもの。靴も同色を。ソックスに赤や茶をはくとおしゃれに見えます。 【男性 40代】

ネイビーのパンツには、断然、白のトップスを推します。清潔感にあふれ、知的な演出もしてくれます。シンプルなのにインパクトがあるので、私は、かなりの頻度でこの組み合わせを仕事でもコンパにでも、勝負時にはしていきます。ネイビーと白には嫌味がまったくないイメージがあります。靴も何でもありになりますね。スニーカーで外してみるもよし、革靴でキメキメにするもよし。自由度が高いから、ネイビーのパンツは大好きです。【男性 30代】

ネイビーのカラーパンツは色々合わせやすいので5本ほど持っています。茶系のジャケットとも相性が良いので白ベースのボーダーシャツやチェック柄のシャツと合わせて仕事用に着ています。プライベートでショッピングや映画などを見るときには茶系の革のスニカーカーにハット系の帽子をかぶって出かけています。【男性 30代】

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


カラーパンツ(ネイビー)の着こなし方関連ページ一覧

カラーパンツ(黒)の着こなし方
どんなコーディネートにもかちっとはまる、黒のカラーパンツ。グレーや白のトップスと組み合わせる事で、絶妙なカラーバランスが生まれます。定番カラーを履きこなす事で、周囲とはワンランク違うオシャレ感を楽しめます。
カラーパンツ(グレー)の着こなし方
カラーパンツの中でも特に上品な印象が強いのが、グレーです。シャツと合わせたコーデで、徹底的に大人のキレイ目スタイルを追求できます。さりげない柄を取り入れて、オシャレ感をプラスしてもおススメです。
カラーパンツ(ベージュ)の着こなし方
優しく、甘い印象のあるベージュのカラーパンツは、デートなどで好印象間違いなしのアイテムです。定番の白シャツと合わせたシンプルなコーディネートでは、パンツのシルエットが大きなおしゃれポイントになります。
カラーパンツ(ブラウン)の着こなし方
リッチで上品な味わいのあるブラウンのカラーパンツも、黒のカジュアルなトップスと合わせる事でぐっと男らしい雰囲気になります。シンプルなカラーパンツをスマートに履きこなせば、ワンランク上のオシャレ感を演出できます。
カラーパンツ(紫)の着こなし方
それ一本で周囲の視線をくぎ付けにできる、紫のカラーパンツ。華やかな分、手の出しにくいアイテムですが、オシャレ上級者を目指すなら、ぜひ着こなしをマスターしてコーディネートの幅を広げたい所です。
カラーパンツ(モカ)の着こなし方
ブラウンほどリッチでもなく、カーキほどマニッシュでもない、そんなモカのカラーパンツには、シンプルでキレイ目なトップスがぴったりです。ジャケットコーデも程良い抜け感でまとめられ、さりげなくオシャレなオフスタイルになります。
カラーパンツ(カーキ)の着こなし方
温かみのあるカーキのカラーパンツは、ややゆったり感のあるジャケットやトップスと合わせる事で、その魅力が引き立ちます。秋冬らしい着こなしをマスターする事で、コーディネートの幅もぐんと広がります。
カラーパンツ(ブルー)の着こなし方
鮮やかな発色で視線を引き付ける、ブルーのカラーパンツ。ボトムスに負けないコーディネートを目指すなら、定番のグレーやホワイトの組み合わせがおススメです。素材や小物でリゾート感をプラスするのがポイントです。
カラーパンツ(グリーン)の着こなし方
鮮やかな色合いで都会的な印象を引き立てる、グリーンのカラーパンツ。あえて若干ルーズにはく事で、程良い抜け感を加え、力みのない自然なオフスタイルを演出できます。カラーパンツを主役にしたコーディネートです。
カラーパンツ(オレンジ)の着こなし方
着こなしの難しそうなオレンジのカラーパンツは、無理せず定番のトップスと組み合わせるのがおススメです。無難な着こなしに見えても、レイヤード使いなどのちょっとした工夫で、アクセントの効いたスタイルになります。
カラーパンツ+ジャケットの着こなし方
着回しのしやすいグレーのカラーパンツは、どんなジャケットとも好印象。存在感のあるブルゾンタイプのジャケットも、あえて同色系でまとめれば、シンプルな中にもオシャレが光る、大人っぽいコーディネートを楽しめます。
カラーパンツ+コートの着こなし方
シンプルでシルエットの綺麗なカラーパンツには、ピーコートを合わせても上品に決まります。質の良いシックな雰囲気に包まれたコーディネートは、ちょっとしたディナーにも着て行けそうな大人のスタイルです。
カラーパンツ+パーカーの着こなし方
どんなコーディネートにも着回せるのが、カラーパンツの最大の特徴です。ちょっと個性派デザインのパーカーとの組み合わせも、ブラックのカラーパンツならシンプルに、無理なく決まるのでおススメです。
カラーパンツ+セーターの着こなし方
ボトムスの印象をシンプルに、スタイリッシュにまとめてくれる黒のカラーパンツには、主役級のセーターを合わせてファッションを楽しみたい所。上品なアーガイルも、リッチなブラックとマッチしてスマートに決まります。
カラーパンツ+カーディガンの着こなし方
カラーパンツにカーディガンをコーディネートするなら、思い切ってカーディガンを主役にするのがおススメです。着こなしの難しい柄物でも、カラーパンツとなら無理なくスマートに合わせられ、オシャレです。
カラーパンツ+シャツの着こなし方
キレイめカジュアルに欠かせないカラーパンツには、デニムシャツのようなかっちり目のアイテムも似合います。定番のネイビー×ベージュのコーデなら、女性にも好印象な甘さと上品さを備えた雰囲気に仕上がります。
カラーパンツ+カットソーの着こなし方
キレイめシルエットのカラーパンツも、時には男らしくカッコ良く履きたいもの。トップスのカットソーをリッチな黒にする事で、コーディネートに程良いタフさをプラスして、いつもと違うタフな着こなしを楽しめます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP