パンツ カーキ 着こなし

カラーパンツ(カーキ)の着こなし方

カラーパンツ(カーキ)の着こなし方

カラーパンツ(カーキ)・ジャケット(黒)・カットソー(白)・スニーカー(白)

 

カーキのカラーパンツと黒のジャケットを合わせた着こなし画像

 

カーキのカラーパンツの特徴は、いかにも秋冬らしい、温かみのある優しい雰囲気です。その魅力を最大限に生かすには、ふんわり感のあるジャケットやセーター、ニットカーディガンでトップスにボリュームを持たせてあげるのがポイント。

 

柔らかく落ち着いたコーディネートは、余裕のある大人らしさを感じさせ、ちょっと気取った集まりでも好印象です。柄物セーターを合わせて、その存在感を主張するのもおススメです。

 

 

カラーパンツ(カーキ)・カーディガン(グレー)・カットソー(白)・シューズ(茶)

 

カーキのカラーパンツにグレーのカーディガンを合わせた着こなし画像

 

カーキは一見、ブラウンやベージュに近いようなものなどあり、あいまいな面もありまが、こちらは明るい印象のカーキのカラーパンツになります。トップスはホワイトのVネックカットソー、さらにアウターにグレーのカーディガンを羽織り、シンプルなカジュアルコーデとなっています。

 

オシャレのユーズド感が特徴のバブーシュシューズは、リアルスウェードなので高級感があります。全てのアイテムが違う色ですが、色のトーンを合わせることでチグハグにならないオシャレなカラフルコーデに仕上がっています。

 

 

カラーパンツ(カーキ)・シャツ(青)・カットソー(白)・シューズ(黒)

 

カーキのカラーパンツに青のシャツを合わせた着こなし画像

 

さわやかな青のボタンダウンシャツはカジュアルなコーディネートに欠かせません。袖を軽く折り曲げてオシャレ度もアップ。ブレスレットなどをつけても似合いますね。

 

ボトムスはカーキのカラーパンツで青とミスマッチと思われがちですが、両方とも色の濃さが同じくらいなのでうまくまとまっています。淡い色のコーディネートは足元にガツンとした色を持ってくると全体が引き締まるので、足元はブラックのリアルレザーのバブーシュシューズを。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

カーキ色のカラーパンツをどんな風に着こなしていますか?【男性へアンケート調査】

 

カーキのカラーパンツは何色とも相性がいいのですが、お互いに相乗効果が出るのは白いシャツではないでしょうか。ブロード地でもオックスフォード地でもスリムなシルエットの白いシャツをパンツの中に入れて、茶系の皮のベルトで着こなします。上からサンドベージュやシルバーグレーの淡いジレを着るのも好きです。靴はベルトと同色の革靴を。 【男性 40代】

やや大きめのモヘアの黒×白のボーダーのセーターを着ます。ボーダーの幅はやや太めのタイプです。カーキ色のカラーパンツは細身でスキニーなシルエットのものを履きます。帽子はフエルト素材のグレーのボーラーハットを浅めにかぶります。レイバンのウェイファーラーのようなレンズ部分が大きめのメガネをかけます。靴はドクターマーチンの8ホールのオレンジ色もしくは黄色をはきます。【男性 30代】

カーキのパンツは、カジュアルコーディネートでは便利ですよね、結構合う色が多いし。僕がヘビロテで着ているのは、ポケットデザインの凝った細身のカーゴパンツで、カジュアルシャツやカットソーに合わせてます。トップスの色は、黒、茶、黄色、ベージュ、紺などが合わせやすいですね。逆に、合わない色(紫系、赤系、薄灰、同トーンのカーキ)をトップスに持ってこないように注意しています。靴は、茶など近い色が無難だと思います(脚長効果を考えても)。僕はオーソドックスに茶の革ブーツを合わせていますが、たまに白ベースのデザインスニーカーも合わせます。これはこれでオシャレ感が出ます。

トップスはブラックカラーのVネックのニットです。その上にグレーカラーの細身のジップアップのパーカーを羽織ります。ジッパーは閉めません。カーキのカラーパンツはスリムフィットタイプのものを着用しています。アーミースタイルがあまり好きではないのでストレートで太めのものではなくこのスタイルを選びました。靴はブラックカラーのシンプルなデザインのスニーカーです。【男性30代】

カーキのパンツは比較的合わせやすいので、カーゴパンツや、チノパンなどヘビーローテーションアイテムとして重宝しています。私が一番好きな着こなしついては、ベタかもしれませんが、赤系のチェックシャツとカーキのパンツです。とりあえず、困った時は、この鉄板の組み合わせで100%おしゃれに見えます。あと、カーキは基本的に何でも合うので、淡いピンクとか白とかでさわやかにするのもありですね。

 

好感のもてるカーキ色のカラーパンツの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

カーキ色のカラーパンツは、男性らしい雰囲気がしてとても大好きなアイテムです。タイトなものよりも、少し余裕のあるタイプのものの方が素敵にみえます。足元に黒や茶色の革靴を合わせられると、キレイめな感じがしてとても好印象です。トップスは、ベージュやモノトーン系のものを組み合わせるとお洒落にみえて好印象です。【女性 20代】

カーキのカジュアルなパンツとか素敵ですね。トップスに黒か白のちょっとかわいいプリントがされてるTシャツとあわせるといいんじゃないかなと思います。あと、ワーキングキャップなんかも合うと思います。パンツの色身が落ち着いた感じなので、ちょっと派手目なプリントのされてるスニーカーとか取り入れると、おしゃれ度があがっていいと思います。【女性 20代】

カーキのカラーパンツは、少しゆったりめの太さで、ポケットは大きくてもすっきりしたものが良いな。同じカーキ系のごついブーツにインしてほしい。インナーは、白と薄いグレーの太いボーダーTシャツに、アウターには、ネイビーのダッフルコートなんかカワイイかも。首もとに、赤系のチェックのストールかマフラーを、コンパクトに巻いて、少し明るく。【女性 20代】

 

カラーパンツの着こなし方一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


カラーパンツ(カーキ)の着こなし方関連ページ一覧

カラーパンツ(黒)の着こなし方
どんなコーディネートにもかちっとはまる、黒のカラーパンツ。グレーや白のトップスと組み合わせる事で、絶妙なカラーバランスが生まれます。定番カラーを履きこなす事で、周囲とはワンランク違うオシャレ感を楽しめます。
カラーパンツ(グレー)の着こなし方
カラーパンツの中でも特に上品な印象が強いのが、グレーです。シャツと合わせたコーデで、徹底的に大人のキレイ目スタイルを追求できます。さりげない柄を取り入れて、オシャレ感をプラスしてもおススメです。
カラーパンツ(ベージュ)の着こなし方
優しく、甘い印象のあるベージュのカラーパンツは、デートなどで好印象間違いなしのアイテムです。定番の白シャツと合わせたシンプルなコーディネートでは、パンツのシルエットが大きなおしゃれポイントになります。
カラーパンツ(ブラウン)の着こなし方
リッチで上品な味わいのあるブラウンのカラーパンツも、黒のカジュアルなトップスと合わせる事でぐっと男らしい雰囲気になります。シンプルなカラーパンツをスマートに履きこなせば、ワンランク上のオシャレ感を演出できます。
カラーパンツ(紫)の着こなし方
それ一本で周囲の視線をくぎ付けにできる、紫のカラーパンツ。華やかな分、手の出しにくいアイテムですが、オシャレ上級者を目指すなら、ぜひ着こなしをマスターしてコーディネートの幅を広げたい所です。
カラーパンツ(モカ)の着こなし方
ブラウンほどリッチでもなく、カーキほどマニッシュでもない、そんなモカのカラーパンツには、シンプルでキレイ目なトップスがぴったりです。ジャケットコーデも程良い抜け感でまとめられ、さりげなくオシャレなオフスタイルになります。
カラーパンツ(ネイビー)の着こなし方
若々しいイメージの強いネイビーのカラーパンツは、思い切ってマリンテイストに着こなしてしまうのがおススメです。マリンボーダーや白のスニーカーで爽やかにまとめ、都会的なリゾートスタイルを楽しみます。
カラーパンツ(ブルー)の着こなし方
鮮やかな発色で視線を引き付ける、ブルーのカラーパンツ。ボトムスに負けないコーディネートを目指すなら、定番のグレーやホワイトの組み合わせがおススメです。素材や小物でリゾート感をプラスするのがポイントです。
カラーパンツ(グリーン)の着こなし方
鮮やかな色合いで都会的な印象を引き立てる、グリーンのカラーパンツ。あえて若干ルーズにはく事で、程良い抜け感を加え、力みのない自然なオフスタイルを演出できます。カラーパンツを主役にしたコーディネートです。
カラーパンツ(オレンジ)の着こなし方
着こなしの難しそうなオレンジのカラーパンツは、無理せず定番のトップスと組み合わせるのがおススメです。無難な着こなしに見えても、レイヤード使いなどのちょっとした工夫で、アクセントの効いたスタイルになります。
カラーパンツ+ジャケットの着こなし方
着回しのしやすいグレーのカラーパンツは、どんなジャケットとも好印象。存在感のあるブルゾンタイプのジャケットも、あえて同色系でまとめれば、シンプルな中にもオシャレが光る、大人っぽいコーディネートを楽しめます。
カラーパンツ+コートの着こなし方
シンプルでシルエットの綺麗なカラーパンツには、ピーコートを合わせても上品に決まります。質の良いシックな雰囲気に包まれたコーディネートは、ちょっとしたディナーにも着て行けそうな大人のスタイルです。
カラーパンツ+パーカーの着こなし方
どんなコーディネートにも着回せるのが、カラーパンツの最大の特徴です。ちょっと個性派デザインのパーカーとの組み合わせも、ブラックのカラーパンツならシンプルに、無理なく決まるのでおススメです。
カラーパンツ+セーターの着こなし方
ボトムスの印象をシンプルに、スタイリッシュにまとめてくれる黒のカラーパンツには、主役級のセーターを合わせてファッションを楽しみたい所。上品なアーガイルも、リッチなブラックとマッチしてスマートに決まります。
カラーパンツ+カーディガンの着こなし方
カラーパンツにカーディガンをコーディネートするなら、思い切ってカーディガンを主役にするのがおススメです。着こなしの難しい柄物でも、カラーパンツとなら無理なくスマートに合わせられ、オシャレです。
カラーパンツ+シャツの着こなし方
キレイめカジュアルに欠かせないカラーパンツには、デニムシャツのようなかっちり目のアイテムも似合います。定番のネイビー×ベージュのコーデなら、女性にも好印象な甘さと上品さを備えた雰囲気に仕上がります。
カラーパンツ+カットソーの着こなし方
キレイめシルエットのカラーパンツも、時には男らしくカッコ良く履きたいもの。トップスのカットソーをリッチな黒にする事で、コーディネートに程良いタフさをプラスして、いつもと違うタフな着こなしを楽しめます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP