パンツ ジャケット 組み合わせ

カラーパンツ+ジャケットの着こなし方

カラーパンツとジャケットを合わせる着こなし方

カラーパンツ(グレー)・ジャケット(グレー)・セーター(ジャガード)・シューズ(黒)

 

グレーのカラーパンツにグレーのジャケットを合わせた着こなし画像

 

どんなトップスとも好相性のグレーのカラーパンツは、存在感の強いジャケットと合わせてあげるとスタイリッシュな印象が増します。写真では、あえて同色系のジャケットを合わせる事で、シンプルな中にも大人の余裕が感じられるカジュアルスタイルになっています。

 

着こなしにメリハリを付けたい時は、インナーで差を付けるのがおススメ。デニムよりスマートな雰囲気が、デートスタイルにもぴったりです。

 

 

カラーパンツ(茶)・ジャケット(黒)・カットソー(白)・マフラー(黒)・ブーツ(黒)

 

茶のカラーパンツに黒のジャケットを合わせた着こなし画像

 

カッチリとしたジャケットはフォーマルな服装にも使えそうなアイテム。こちらはカジュアルなコーディネートに合わせて大人っぽい雰囲気を出しています。下半身は薄めのブラウンでカジュアル感を強め、上半身とのバランスをとっています。

 

足元はジャケットと合わせたブラックで全体をまとめています。アクセントはなんといっても首元に巻いたチェックのマフラーです。ジャケットがシンプルだからこそチェックのマフラーがマッチしています。

 

 

カラーパンツ(カーキ)・ジャケット(黒)・カットソー(白×ボーダー)・スニーカー(黒)

 

カーキのカラーパンツに黒のジャケットを合わせた着こなし画像

 

上半身は首元が開いたホワイトのUネックカットソー、その下にボーダーのカットソーを着て、レイヤード感を強く出した個性派スタイルです。アウターに黒のジャケットを羽織り、ボリューム感もアップしています。

 

ですがカットソーがホワイトなので、重くなり過ぎません。一方、下半身はカーキブラウンという個性的かつ合わせやすい色のカラーパンツに、スニーカーという組み合わせでシンプルに決めています。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

カラーパンツとジャケットをどんな風に着こなしますか?【男性へアンケート調査】

 

カーキー色のスエードのジャケットはボトムをグレー、グリーンのボトムスと合わせて着ています。紺色のジャケットにはグレーか赤のボトムスにして着こなしています。インナーのシャツはホワイトがほとんどですが、気分によって暖色系のシャツで合わせるのが気に入っています。靴下はパンツとおなじ色もしくは同系色で合わせています。【男性 30代】

自分はジャケットもカラーパンツも合わせやすい色のものしか持っていません。自分が好きなスタイルはブラックカラーのコーデュロイのジャケットにホワイトカラーのシャツ、ブラウンカラーのパンツにグレーカラーのスニーカーといった感じです。パンツがカラーものなので足元にスニーカーを持ってきても違和感がありません。【男性 30代】

ジャケットとカラーパンツを合わせるとしたら、ジャケットは黒のテーラードジャケット。インナーにボタンダウンの白シャツまたはVネックのカットソー、パンツは赤のカラーパンツ。細身をセレクトしてスーツのように着ます。靴は黒の革靴。好みでネクタイ、ハット、メガネなどを合わせます。【男性 30代】

私がジャケットとカラーパンツを合わせる際に気を付けることはサイズ感です。具体的にはトップスのジャケットは大きめのシルエットのモノを選び、パンツについてはタイトめのカラーパンツを合わせます。ジャケットについてはブラックのテーラードジャケットを合わせ、インナーは白のVネックカットソー。パンツはレッドのスキニーカラーパンツを合わせ、シューズはヒョウ柄などのスニーカーを合わせてロックテイストに着こなします。【男性 20代】

黒のジャケットにワインレッドのカラーパンツを合わせるといいかもしれません。インナーにはホワイトのシャツを選びます。ベルトとシューズは黒いものを選び、落ち着いた感じにします。カラーパンツは派手なので、ジャケットやインナー、小物などは落ち着いたものでコーディネートしたほうがよいのかな、と私は思います。【男性 20代】

 

好感のもてるのカラーパンツとジャケットの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

カラーパンツとジャケットを合わせた着こなしは、キレイめでお洒落な印象を受けますので大好きです。カラーパンツはタイトなものやジャストサイズのもののほうが、すっきりした印象で好感が持てます。カラーパンツに目が行きがちになりますので、ジャケットはモノトーンカラーのすっきりとしたシンプルなものが好印象ですね。【女性 20代】

何色のカラーパンツでもいいけれど、ジャケットは黒・グレー・紺のキチント感が出るものを合わせてほしい。色味がカーキやベージュだったりジャケットの形がこだわりすぎているものだとカジュアルになりすぎて好きじゃないかも。中に着るインナーのアクセントになっている色とパンツの色があってたりするととてもおしゃれな人だなー。と思います。【女性 20代】

薄めのピンクベージュみたいな、ストレートパンツに、ジャケットは紺色で、八分袖。パンツはロールアップで、ヤンチャなチョイマリンなんか素敵だと思います。インナーはシンプルな感じで、白Tシャツ、靴はデッキシューズや、ローファーなんかも可愛いかも!ベルトも個性あるようなこだわりがあったらおしゃれなんじゃないでしょうか?【女性 20代】

 

カラーパンツの着こなし方一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


カラーパンツ+ジャケットの着こなし方関連ページ一覧

カラーパンツ(黒)の着こなし方
どんなコーディネートにもかちっとはまる、黒のカラーパンツ。グレーや白のトップスと組み合わせる事で、絶妙なカラーバランスが生まれます。定番カラーを履きこなす事で、周囲とはワンランク違うオシャレ感を楽しめます。
カラーパンツ(グレー)の着こなし方
カラーパンツの中でも特に上品な印象が強いのが、グレーです。シャツと合わせたコーデで、徹底的に大人のキレイ目スタイルを追求できます。さりげない柄を取り入れて、オシャレ感をプラスしてもおススメです。
カラーパンツ(ベージュ)の着こなし方
優しく、甘い印象のあるベージュのカラーパンツは、デートなどで好印象間違いなしのアイテムです。定番の白シャツと合わせたシンプルなコーディネートでは、パンツのシルエットが大きなおしゃれポイントになります。
カラーパンツ(ブラウン)の着こなし方
リッチで上品な味わいのあるブラウンのカラーパンツも、黒のカジュアルなトップスと合わせる事でぐっと男らしい雰囲気になります。シンプルなカラーパンツをスマートに履きこなせば、ワンランク上のオシャレ感を演出できます。
カラーパンツ(紫)の着こなし方
それ一本で周囲の視線をくぎ付けにできる、紫のカラーパンツ。華やかな分、手の出しにくいアイテムですが、オシャレ上級者を目指すなら、ぜひ着こなしをマスターしてコーディネートの幅を広げたい所です。
カラーパンツ(モカ)の着こなし方
ブラウンほどリッチでもなく、カーキほどマニッシュでもない、そんなモカのカラーパンツには、シンプルでキレイ目なトップスがぴったりです。ジャケットコーデも程良い抜け感でまとめられ、さりげなくオシャレなオフスタイルになります。
カラーパンツ(カーキ)の着こなし方
温かみのあるカーキのカラーパンツは、ややゆったり感のあるジャケットやトップスと合わせる事で、その魅力が引き立ちます。秋冬らしい着こなしをマスターする事で、コーディネートの幅もぐんと広がります。
カラーパンツ(ネイビー)の着こなし方
若々しいイメージの強いネイビーのカラーパンツは、思い切ってマリンテイストに着こなしてしまうのがおススメです。マリンボーダーや白のスニーカーで爽やかにまとめ、都会的なリゾートスタイルを楽しみます。
カラーパンツ(ブルー)の着こなし方
鮮やかな発色で視線を引き付ける、ブルーのカラーパンツ。ボトムスに負けないコーディネートを目指すなら、定番のグレーやホワイトの組み合わせがおススメです。素材や小物でリゾート感をプラスするのがポイントです。
カラーパンツ(グリーン)の着こなし方
鮮やかな色合いで都会的な印象を引き立てる、グリーンのカラーパンツ。あえて若干ルーズにはく事で、程良い抜け感を加え、力みのない自然なオフスタイルを演出できます。カラーパンツを主役にしたコーディネートです。
カラーパンツ(オレンジ)の着こなし方
着こなしの難しそうなオレンジのカラーパンツは、無理せず定番のトップスと組み合わせるのがおススメです。無難な着こなしに見えても、レイヤード使いなどのちょっとした工夫で、アクセントの効いたスタイルになります。
カラーパンツ+コートの着こなし方
シンプルでシルエットの綺麗なカラーパンツには、ピーコートを合わせても上品に決まります。質の良いシックな雰囲気に包まれたコーディネートは、ちょっとしたディナーにも着て行けそうな大人のスタイルです。
カラーパンツ+パーカーの着こなし方
どんなコーディネートにも着回せるのが、カラーパンツの最大の特徴です。ちょっと個性派デザインのパーカーとの組み合わせも、ブラックのカラーパンツならシンプルに、無理なく決まるのでおススメです。
カラーパンツ+セーターの着こなし方
ボトムスの印象をシンプルに、スタイリッシュにまとめてくれる黒のカラーパンツには、主役級のセーターを合わせてファッションを楽しみたい所。上品なアーガイルも、リッチなブラックとマッチしてスマートに決まります。
カラーパンツ+カーディガンの着こなし方
カラーパンツにカーディガンをコーディネートするなら、思い切ってカーディガンを主役にするのがおススメです。着こなしの難しい柄物でも、カラーパンツとなら無理なくスマートに合わせられ、オシャレです。
カラーパンツ+シャツの着こなし方
キレイめカジュアルに欠かせないカラーパンツには、デニムシャツのようなかっちり目のアイテムも似合います。定番のネイビー×ベージュのコーデなら、女性にも好印象な甘さと上品さを備えた雰囲気に仕上がります。
カラーパンツ+カットソーの着こなし方
キレイめシルエットのカラーパンツも、時には男らしくカッコ良く履きたいもの。トップスのカットソーをリッチな黒にする事で、コーディネートに程良いタフさをプラスして、いつもと違うタフな着こなしを楽しめます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP