カラーパンツ グリーン 着こなし

カラーパンツ(グリーン)の着こなし方

カラーパンツ(グリーン)の着こなし方

カラーパンツ(グリーン)・パーカー(グレー)・シャツ(白)・ブーツ(黒)

 

グリーンのカラーパンツとグレーのパーカーを合わせた着こなし画像

 

カットソーにパーカー、ゆったり目のチノパンのコーディネートは、ともすればだらしなく見えがち。しかし、都会的で洗練された印象の強い、鮮やかなグリーンのカラーパンツなら、足元をぴしっと引き締めてくれます。

 

ボトムが主役のコーディネートは、トップスをグレーや白、ベージュなどでシンプルにまとめる事で魅力が倍増。カジュアルだけど、周囲とは一味違う、オシャレ上級者の雰囲気を演出できます。

 

 

カラーパンツ(グリーン)・Tシャツ(白)・カットソー(ボーダー)・シューズ(茶)

 

グリーンのカラーパンツに白のTシャツとボーダーカットソーを合わせた着こなし画像

 

上半身は、ボーダーの五分袖カットソーに少し小さめのホワイトのTシャツを合わせ、おしゃれなカジュアルレイヤードスタイルに仕上がっています。

 

ボトムスはややミリタリー感のあるグリーンのカラーパンツなので、ワイルド感もプラスされ、かっこよさもアップ。ブラウンのシューズで足元の色を優しくすることで、グリーンがより引き立ちます。腕にブレスレットなどをつけるとアクセントになって素敵です。

 

 

カラーパンツ(グリーン)・パーカー(黒)・カットソー(ボーダー)・スニーカー(白)

 

グリーンのカラーパンツに黒のパーカーを合わせた着こなし画像

 

上半身はボーダーのカットソーにブラックのパーカーを合わせ、モノクロでクールなカジュアルコーデに。首元がかなり開いているので、紐が短めのネックレスが似合います。

 

ボトムスはグリーンのカラーパンツでややラフなイメージになっています。足元はホワイトのスニーカーで爽やかで軽い印象に仕上げています。友人との遊びや、デートにもピッタリなコーディネートとなっています。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

グリーンのカラーパンツをどんな風に着こなしますか?【男性へアンケート調査】

 

緑色のカラーパンツの着こなしについてですが、私がよくやる着こなしのテーマはアメカジです。緑色のカラーパンツの上に合わせるトップスは赤系の厚手のネルシャツなどで、ウォレットチェーンなどで遊びを加えてやると大人っぽくまとまります。シューズはスニーカーではなくエンジニアブーツなどの男らしいアイテムもよく合います【男性 20代】

モスグリーンのチノパンです。落ち着いた渋い色なので、秋から冬に愛用しています。秋の着こなしを書きます。厚手のウールのカーディガン、色は薄茶と明るいグレーの柄物で、ボタンは明るい茶色、大きめの木製のものです。インナーは深めの色のグレーの無地のシャツ。襟が小さめのデザインでやわらかい質感のコットンです。靴は茶のレザー。今は持っていないのですが、今年の秋にはショートブーツを買って合わせてみたいと、今思いつきました。【男性 30代】

グリーンのカラーパンツは合わせるのがむずかしい色です。補色がイエローなのでレモンイエローは合いますが、教科書どおりなのと、日本人にはあまり合わない配色です。グリーンの色にもよりますが、ブルーかグリーンのストライプのシャツが合います。ブルーは薄いものから鮮やかなものまでストライプでも無地でも大丈夫です。グリーンはストライプのみ。ベルトと靴は黒の皮を。 【男性 40代】

トップスは黒と白のボーダーのTシャツを着ます。ボーダーの幅は細めのものです。その上に無地の黒のパーカーを着ます。グリーンのカラーパンツは細身なシルエットのものです。アウターは薄いグレーの革のジャケットを着ます。パーカーのフード部分は出します。靴はローカットの黒のコンバースを履きます。帽子は黒のニット帽を。できたらポンポン付きのがいいです。【男性 30代】

緑のカラーパンツにはグレー、紺、オレンジのカットソーやオレンジとグレーの長袖のボーダーシャツなどをあわせて着ることが多いです。またチェック柄のボタンダウンのシャツとあわせるもよくあわせて着こなしています。靴はカットソーや長袖のボーダーシャツのときはキャンパス地のシューズで、ボタンダウンのシャツやジャケットのときには茶系の紐靴にしてます。 【男性 30代】

 

好感のもてるグリーンのカラーパンツの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

グリーンのカラーパンツを男性がはかれるときは、グリーンのカラーパンツがコーディネートのポイントになるようなコーディネートがオシャレで好感をもちます。全体的に大人しめのカラーのトップスや靴、小物類などを合わせると、オシャレに見えると思います。逆にカラフルなコーディネートにされても、素敵ですので好感がもてます。【女性 20代】

グリーンのカラーパンツは「アクティブ感」とか、「アウトドアでも頼りになりそう感」とか、そんな感じのイメージが持てる合わせ方に好感が持てる気がします。明るめのグリーンではなく、暗めの落ち着いたグリーンが好きです。黒や茶色を上手に合わせたり、ダウンジャケットなどと合わせる着こなしも素敵だと思います。キャンプやBBQ、釣りなんかの時に来てほしい色です。【女性 30代】

グリーンのカラーパンツだと、とにかくカジュアルに。カラーパンツはスキニーのようにタイトめのシルエットで、トップスは暗めでも明るめでもいいのでパーカーやカジュアルな印象のカーディガン、インナーはTシャツにして、靴はスニーカーで全部カジュアルなコーディネートがいいです。全体がカジュアルで、キャップをかぶってる人も全体がまとまってて好感が持てます!【女性 20代】

 

カラーパンツの着こなし方一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


カラーパンツ(グリーン)の着こなし方関連ページ一覧

カラーパンツ(黒)の着こなし方
どんなコーディネートにもかちっとはまる、黒のカラーパンツ。グレーや白のトップスと組み合わせる事で、絶妙なカラーバランスが生まれます。定番カラーを履きこなす事で、周囲とはワンランク違うオシャレ感を楽しめます。
カラーパンツ(グレー)の着こなし方
カラーパンツの中でも特に上品な印象が強いのが、グレーです。シャツと合わせたコーデで、徹底的に大人のキレイ目スタイルを追求できます。さりげない柄を取り入れて、オシャレ感をプラスしてもおススメです。
カラーパンツ(ベージュ)の着こなし方
優しく、甘い印象のあるベージュのカラーパンツは、デートなどで好印象間違いなしのアイテムです。定番の白シャツと合わせたシンプルなコーディネートでは、パンツのシルエットが大きなおしゃれポイントになります。
カラーパンツ(ブラウン)の着こなし方
リッチで上品な味わいのあるブラウンのカラーパンツも、黒のカジュアルなトップスと合わせる事でぐっと男らしい雰囲気になります。シンプルなカラーパンツをスマートに履きこなせば、ワンランク上のオシャレ感を演出できます。
カラーパンツ(紫)の着こなし方
それ一本で周囲の視線をくぎ付けにできる、紫のカラーパンツ。華やかな分、手の出しにくいアイテムですが、オシャレ上級者を目指すなら、ぜひ着こなしをマスターしてコーディネートの幅を広げたい所です。
カラーパンツ(モカ)の着こなし方
ブラウンほどリッチでもなく、カーキほどマニッシュでもない、そんなモカのカラーパンツには、シンプルでキレイ目なトップスがぴったりです。ジャケットコーデも程良い抜け感でまとめられ、さりげなくオシャレなオフスタイルになります。
カラーパンツ(カーキ)の着こなし方
温かみのあるカーキのカラーパンツは、ややゆったり感のあるジャケットやトップスと合わせる事で、その魅力が引き立ちます。秋冬らしい着こなしをマスターする事で、コーディネートの幅もぐんと広がります。
カラーパンツ(ネイビー)の着こなし方
若々しいイメージの強いネイビーのカラーパンツは、思い切ってマリンテイストに着こなしてしまうのがおススメです。マリンボーダーや白のスニーカーで爽やかにまとめ、都会的なリゾートスタイルを楽しみます。
カラーパンツ(ブルー)の着こなし方
鮮やかな発色で視線を引き付ける、ブルーのカラーパンツ。ボトムスに負けないコーディネートを目指すなら、定番のグレーやホワイトの組み合わせがおススメです。素材や小物でリゾート感をプラスするのがポイントです。
カラーパンツ(オレンジ)の着こなし方
着こなしの難しそうなオレンジのカラーパンツは、無理せず定番のトップスと組み合わせるのがおススメです。無難な着こなしに見えても、レイヤード使いなどのちょっとした工夫で、アクセントの効いたスタイルになります。
カラーパンツ+ジャケットの着こなし方
着回しのしやすいグレーのカラーパンツは、どんなジャケットとも好印象。存在感のあるブルゾンタイプのジャケットも、あえて同色系でまとめれば、シンプルな中にもオシャレが光る、大人っぽいコーディネートを楽しめます。
カラーパンツ+コートの着こなし方
シンプルでシルエットの綺麗なカラーパンツには、ピーコートを合わせても上品に決まります。質の良いシックな雰囲気に包まれたコーディネートは、ちょっとしたディナーにも着て行けそうな大人のスタイルです。
カラーパンツ+パーカーの着こなし方
どんなコーディネートにも着回せるのが、カラーパンツの最大の特徴です。ちょっと個性派デザインのパーカーとの組み合わせも、ブラックのカラーパンツならシンプルに、無理なく決まるのでおススメです。
カラーパンツ+セーターの着こなし方
ボトムスの印象をシンプルに、スタイリッシュにまとめてくれる黒のカラーパンツには、主役級のセーターを合わせてファッションを楽しみたい所。上品なアーガイルも、リッチなブラックとマッチしてスマートに決まります。
カラーパンツ+カーディガンの着こなし方
カラーパンツにカーディガンをコーディネートするなら、思い切ってカーディガンを主役にするのがおススメです。着こなしの難しい柄物でも、カラーパンツとなら無理なくスマートに合わせられ、オシャレです。
カラーパンツ+シャツの着こなし方
キレイめカジュアルに欠かせないカラーパンツには、デニムシャツのようなかっちり目のアイテムも似合います。定番のネイビー×ベージュのコーデなら、女性にも好印象な甘さと上品さを備えた雰囲気に仕上がります。
カラーパンツ+カットソーの着こなし方
キレイめシルエットのカラーパンツも、時には男らしくカッコ良く履きたいもの。トップスのカットソーをリッチな黒にする事で、コーディネートに程良いタフさをプラスして、いつもと違うタフな着こなしを楽しめます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP