パンツ グレー 着こなし

カラーパンツ(グレー)の着こなし方

カラーパンツ(グレー)の着こなし方

カラーパンツ(グレー)・シャツ(白)・シューズ(黒)

 

グレーのカラーパンツと白シャツを合わせた着こなし画像

 

オフだけでなく、ちょっとしたセミナーにも履いて行けそうな上品さを持つのが、グレーのカラーパンツです。白のシャツと合わせれば、優しくノーブルなデートスタイルが完成。女性からも好印象間違いなしです。

 

写真では、生地に施された細かなグレンチェックが、優しいだけでない都会のスタイリッシュさを演出しています。トップスを黒のカットソーなどに変えれば、男らしいキレイ目スタイルも楽しめます。

 

 

カラーパンツ(グレー)・シャツ(白)・ブルゾン(黒)・ブーツ(黒)

 

グレーのカラーパンツに白のシャツと黒のブルゾンを合わせた着こなし画像

 

ミリタリー感溢れるグレーのカラーパンツは、Tシャツなどに合わせてラフに着こなすのもそれはそれでかっこいいのですがカッチリめのシルエットにすることでよりワイルドに着こなすことができます。

 

今回は上半身をホワイトのボタンシャツとブラックのブルゾンで、ハードめのモノクロコーディネートにしています。足元はブラックのマウンテンブーツでとことんクールに決めています。

 

 

カラーパンツ(グレー)・ジャケット(グレー)・カットソー(白)・シューズ(黒)

 

グレーのカラーパンツにチャコールのジャケットを合わせた着こなし画像

 

カラーパンツはグレーやブラックなどのモノクロ系を持っておくと、着まわしがきくので大変便利なアイテムです。今回はそんなカラーパンツで、ちょっとおしゃれなカジュアルディナーを楽しめるスタイルです。

 

チャコールグレーのカラーパンツに合わせているのはVネックのカットソー。そして、同じくグレーのジャケットを着てカッチリと決めています。足元はバブーシュシューズでカジュアルにしてちょっと着崩しているところもオシャレです。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

グレーのカラーパンツをどんな風に着こなしていますか?【男性へアンケート調査】

 

グレーのカラーパンツを選ぶ上での注意点としてはやはりグレーの濃淡ではないでしょうか。色の薄いものになると一気に作業着感が増してしまいます。ほぼ黒に近いグレーパンツを選んでいます。上は黒〜灰系の同系色、もしくはダーク系の赤or青でしょうか。キッチリ系・ゆったり系どちらの上でも合わせることが出来ます。靴はパンツの色と合わせます。【男性 20代】

トップスはグリーンカラーのタートルネックで細身のニットを着用します。その上にナイロン素材のホワイトカラーの細身のジップアップジャケットを羽織ります。ジッパーを閉めて着るときはニットが少し見えるように完全に閉めてしまわないようにします。グレーのカラーパンツは細身でストレートタイプのもので、丈を少し短めに裾上げしたものを合わせます。靴はブラウンカラーのスエードのものです。【男性 30代】

明る目のグレーのデニムを春から夏の間、よく着ています。紺のポロシャツと合わせることが多いです。ざっくりした生地のもので、胸に臙脂色のワンポイントが入っています。靴は濃いグレーのデッキシューズにしてます。季節によって、上に紺のパーカーを着ることもあります。その時は、インナーは白いTシャツかカットソー。無地が好きです。靴は同じデッキか、紺のスニーカーにすることもあります。気分次第で。【男性 30代】

冬の季節にグレーのカラーパンツに僕が合わせるとしたらシャツはユニクロの白シャツを着て上から赤ベースのアーガイル柄のカーディガンを合わせますね。靴はドクターマーチンでハットをかぶって黒ぶちの太い伊達メガネをかけることもあります。グレーの色が落ち着いている分、大人しくならないように全体的にちょっとおとぼけたラフな感じに仕上げることが多いです。【男性 20代】

グレーのパンツはあわせるのが難しそうなイメージがありますが、意外と何にでも合わせやすいアイテムです。思いっきって、地味なトップスよりもカラフルなものと合わせてみるとオシャレにみせることができます。冬場であれば、ネルシャツみたいな彩りのあるものを重ね着してみると、何でもないようなものでも、イヤミなくオシャレ感が演出できます。【男性 40代】

 

好感のもてるグレーのカラーパンツの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

グレーのパンツなら、全身モノトーンのコーディネートが好きです。例えば、上半身のカーディガンやシャツなどは、パンツとは色の被らない白か黒がいいと思います。夏なら白だとさわやかな感じになるし、黒だとちょっとワイルドな感じでいいんじゃないかな。私は落ち着いた服装が好きなので、白のきっちり目のシャツと合わせて着ている人が素敵だなと思います。【女性 20代】

シンプルで大人っぽい雰囲気の男性が好きなので、暗めのシャツ(黒)でシンプルにまとめてくれるといいな。個人的な趣味になっちゃうけど眼鏡とかかけてくれると嬉しい。靴(黒)は革で上品に。髪もチャラチャラしていない黒髪が好きです。長髪ではなく清潔な感じでワックスで少し整えてくれるといいな。全体的に黒で統一【女性 20代】

夏だったのですが、グレーのカラーパンツにTシャツ、その上に半そでの爽やか系(水玉とか)柄の白シャツを合わせている人がいて、とても素敵でした。それから、ネイビーのTシャツやベースボールシャツ、パーカーなんかもよく合うと思います。あまり明るすぎない落ち着いた色のグレーが素敵だと思います。靴はコンバースなどのカジュアルなものと合わせているのが好きですね。【女性 30代】

 

カラーパンツの着こなし方一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


カラーパンツ(グレー)の着こなし方関連ページ一覧

カラーパンツ(黒)の着こなし方
どんなコーディネートにもかちっとはまる、黒のカラーパンツ。グレーや白のトップスと組み合わせる事で、絶妙なカラーバランスが生まれます。定番カラーを履きこなす事で、周囲とはワンランク違うオシャレ感を楽しめます。
カラーパンツ(ベージュ)の着こなし方
優しく、甘い印象のあるベージュのカラーパンツは、デートなどで好印象間違いなしのアイテムです。定番の白シャツと合わせたシンプルなコーディネートでは、パンツのシルエットが大きなおしゃれポイントになります。
カラーパンツ(ブラウン)の着こなし方
リッチで上品な味わいのあるブラウンのカラーパンツも、黒のカジュアルなトップスと合わせる事でぐっと男らしい雰囲気になります。シンプルなカラーパンツをスマートに履きこなせば、ワンランク上のオシャレ感を演出できます。
カラーパンツ(紫)の着こなし方
それ一本で周囲の視線をくぎ付けにできる、紫のカラーパンツ。華やかな分、手の出しにくいアイテムですが、オシャレ上級者を目指すなら、ぜひ着こなしをマスターしてコーディネートの幅を広げたい所です。
カラーパンツ(モカ)の着こなし方
ブラウンほどリッチでもなく、カーキほどマニッシュでもない、そんなモカのカラーパンツには、シンプルでキレイ目なトップスがぴったりです。ジャケットコーデも程良い抜け感でまとめられ、さりげなくオシャレなオフスタイルになります。
カラーパンツ(カーキ)の着こなし方
温かみのあるカーキのカラーパンツは、ややゆったり感のあるジャケットやトップスと合わせる事で、その魅力が引き立ちます。秋冬らしい着こなしをマスターする事で、コーディネートの幅もぐんと広がります。
カラーパンツ(ネイビー)の着こなし方
若々しいイメージの強いネイビーのカラーパンツは、思い切ってマリンテイストに着こなしてしまうのがおススメです。マリンボーダーや白のスニーカーで爽やかにまとめ、都会的なリゾートスタイルを楽しみます。
カラーパンツ(ブルー)の着こなし方
鮮やかな発色で視線を引き付ける、ブルーのカラーパンツ。ボトムスに負けないコーディネートを目指すなら、定番のグレーやホワイトの組み合わせがおススメです。素材や小物でリゾート感をプラスするのがポイントです。
カラーパンツ(グリーン)の着こなし方
鮮やかな色合いで都会的な印象を引き立てる、グリーンのカラーパンツ。あえて若干ルーズにはく事で、程良い抜け感を加え、力みのない自然なオフスタイルを演出できます。カラーパンツを主役にしたコーディネートです。
カラーパンツ(オレンジ)の着こなし方
着こなしの難しそうなオレンジのカラーパンツは、無理せず定番のトップスと組み合わせるのがおススメです。無難な着こなしに見えても、レイヤード使いなどのちょっとした工夫で、アクセントの効いたスタイルになります。
カラーパンツ+ジャケットの着こなし方
着回しのしやすいグレーのカラーパンツは、どんなジャケットとも好印象。存在感のあるブルゾンタイプのジャケットも、あえて同色系でまとめれば、シンプルな中にもオシャレが光る、大人っぽいコーディネートを楽しめます。
カラーパンツ+コートの着こなし方
シンプルでシルエットの綺麗なカラーパンツには、ピーコートを合わせても上品に決まります。質の良いシックな雰囲気に包まれたコーディネートは、ちょっとしたディナーにも着て行けそうな大人のスタイルです。
カラーパンツ+パーカーの着こなし方
どんなコーディネートにも着回せるのが、カラーパンツの最大の特徴です。ちょっと個性派デザインのパーカーとの組み合わせも、ブラックのカラーパンツならシンプルに、無理なく決まるのでおススメです。
カラーパンツ+セーターの着こなし方
ボトムスの印象をシンプルに、スタイリッシュにまとめてくれる黒のカラーパンツには、主役級のセーターを合わせてファッションを楽しみたい所。上品なアーガイルも、リッチなブラックとマッチしてスマートに決まります。
カラーパンツ+カーディガンの着こなし方
カラーパンツにカーディガンをコーディネートするなら、思い切ってカーディガンを主役にするのがおススメです。着こなしの難しい柄物でも、カラーパンツとなら無理なくスマートに合わせられ、オシャレです。
カラーパンツ+シャツの着こなし方
キレイめカジュアルに欠かせないカラーパンツには、デニムシャツのようなかっちり目のアイテムも似合います。定番のネイビー×ベージュのコーデなら、女性にも好印象な甘さと上品さを備えた雰囲気に仕上がります。
カラーパンツ+カットソーの着こなし方
キレイめシルエットのカラーパンツも、時には男らしくカッコ良く履きたいもの。トップスのカットソーをリッチな黒にする事で、コーディネートに程良いタフさをプラスして、いつもと違うタフな着こなしを楽しめます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP