カラーパンツ カットソー

カラーパンツ+カットソーの着こなし方

カラーパンツとカットソーを合わせる着こなし方

カラーパンツ(オリーブ)・カットソー(黒)・シューズ(黒)

 

オリーブのカラーパンツと黒のカットソーを合わせた着こなし画像

 

キレイ目にも男らしくも履けるオリーブやカーキのカラーパンツには、時には黒のトップスを合わせてハード目に決めたい所です。黒のカットソーなら、男らしさと柔らかさをバランス良くプラスでき、いつものカラーパンツを一味違う着こなしで楽しめます。

 

レイヤード使いで襟や裾からインナーとチラリと見せれば、よりオシャレ感がアップ。大人っぽい落ち着きとワイルドさが同時に光る、ワンランク上のコーディネートの完成です。

 

 

カラーパンツ(黒)・カットソー(白)・ニット(黒)・スニーカー(白)

 

黒のカラーパンツに白のカットソーを合わせた着こなし画像

 

Uネックのホワイトカットソーにオシャレなブラックのアーガイルニットを合わせて、上半身はスタイリッシュなレイヤードスタイルになっています。下半身はブラックのカラーパンツですがブラックデニムのようにも見えるので、カジュアル感も出ています。

 

足元は白カットソーと合わせたホワイトのスニーカーで軽さと爽やかさを加わったコーディネートに仕上げています。ダークトーンでまとめていますが、ボトムスは明るい色でもマッチします。

 

 

カラーパンツ(グリーン)・カットソー(ボーダー)・Tシャツ(白プリント)・シューズ(茶)

 

グリーンのカラーパンツにボーダーのカットソーを合わせた着こなし画像

 

5分袖のボーダーカットソーに、シンプルなプリントTシャツを合わせてカジュアルなレイヤードスタイルにしています。ボトムスはカーキに近いグリーンのカラーパンツで少しミリタリーな要素も加わっています。

 

ルーズに着こなすと、トップスとマッチしてよりオシャレになります。バブーシュシューズはダークブラウンを選び、カジュアルとミリタリーをマッチさせたオシャレなコーディネートに仕上がっています。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

カラーパンツとカットソーをどんな風に着こなしますか?【男性へアンケート調査】

 

カットソーはグレーカラーで細身、生地が厚めのものを着用します。その上にブラックカラーのナイロンのベストを合わせます。アクセントとしてオレンジカラーのマフラーを首に巻きますパンツはブラウンカラーのスリムフィットタイプのものを合わせます。裾を折って短めにはくのもいいかもしれません。靴はホワイトカラーのシンプルなデザインのスニーカーです。【男性 30代】

私がカットソーとカラーパンツを着こなす際は、ボトムスをレッドやパープルのカラーパンツを履く事が多いため、トップスはモノトーンのトップスを選ぶ事が多いです。そうすることでパンツがアクセントとして全体のコーディネートを引き立ててくれてます。またシューズはエナメルレザーなどのローカットスニーカーやボリュームスニーカーなどで遊びを感じる着こなしをよくします。【男性 20代】

カットソーとカラーパンツを組み合わせる場合は、カラーパンツを活かすため、カットソーはあえて、無地の白のカットソーを持ってきます。そして、首元には何かしらの小物をアクセント代わりにつけるようにしています。あと、違いを出すためには、カットソーの袖丈を7分や5分で遊んでいます。スニーカーはいつもジャーマントレーナーの白を合わせています。【男性 30代】

白、もしくはアイボリーのカットソーで、黒の筆記体で英語が書いてあるようなものがいいです。テロンとしたやわらかめの素材です。カラーパンツはレンガっぽい赤い色で、かなり細身のスキニーなシルエットのものを履きます。靴はコンバースやバンズみたいな形のスニーカータイプでヒョウ柄のものを合わせてロックな感じに着こなしたいです。【男性 30代】

デニムのパンツで考えてみます。色はカーキ色にします。カットソーは同じ茶系の色の濃いものも合うとは思いますが、少し重くなりそうなので、明るいグレーのボーダー、もしくはちょっと冒険して薄い青。水色でもよさそうですが、もう少し濃い鮮やかな青でどうでしょうか。靴はカットソーが濃い茶色の時はあまり暗すぎないグレー。カットソーが青系の時は、紺。どちらもデッキシューズにします。【男性 30代】

 

好感のもてるカラーパンツとカットソーの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

カラーパンツとカットソーの組み合わせは、シンプルでお洒落な印象がするので大好きです。カラーパンツをコーディネートのポイントにした組み合わせが、すっきりとみえるのでいいと思います。カットソーはシンプルで大人しい色のものが合うと思います。ネックレスなどのシンプルなアクセサリーを組み合わせると、よりお洒落にみえて好印象です。【女性 20代】

カラーパンツを履いているとまずやっぱりそこに目が行くけど、上手に着こなしているな〜と思う人は大抵、合わせるカットソーがシンプルだけどおしゃれなものを着ていると思う。特にボーダーとか、2,3色のきれいめなのがいいなと思う。できたらネックレスか、ショールなんてあわせたりすると、めちゃくちゃおしゃれに見えるな。 【女性 20代】 

まず、カラーパンツの色は派手じゃない方がいいです。暗めのブルーやアイビーグリーンなどの方が無難ですし、この色が嫌いな女性はいないと思います。私の場合は、ブーツを合わせるスタイルが好きです。カットソーはシンプルでキレイ目の方が好感度が上がります。おっ!わかってるなぁ!って感じで。全体的には着崩しすぎず、ラフな感じがいいです。【女性 20代】

 

カラーパンツの着こなし方一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


カラーパンツ+カットソーの着こなし方関連ページ一覧

カラーパンツ(黒)の着こなし方
どんなコーディネートにもかちっとはまる、黒のカラーパンツ。グレーや白のトップスと組み合わせる事で、絶妙なカラーバランスが生まれます。定番カラーを履きこなす事で、周囲とはワンランク違うオシャレ感を楽しめます。
カラーパンツ(グレー)の着こなし方
カラーパンツの中でも特に上品な印象が強いのが、グレーです。シャツと合わせたコーデで、徹底的に大人のキレイ目スタイルを追求できます。さりげない柄を取り入れて、オシャレ感をプラスしてもおススメです。
カラーパンツ(ベージュ)の着こなし方
優しく、甘い印象のあるベージュのカラーパンツは、デートなどで好印象間違いなしのアイテムです。定番の白シャツと合わせたシンプルなコーディネートでは、パンツのシルエットが大きなおしゃれポイントになります。
カラーパンツ(ブラウン)の着こなし方
リッチで上品な味わいのあるブラウンのカラーパンツも、黒のカジュアルなトップスと合わせる事でぐっと男らしい雰囲気になります。シンプルなカラーパンツをスマートに履きこなせば、ワンランク上のオシャレ感を演出できます。
カラーパンツ(紫)の着こなし方
それ一本で周囲の視線をくぎ付けにできる、紫のカラーパンツ。華やかな分、手の出しにくいアイテムですが、オシャレ上級者を目指すなら、ぜひ着こなしをマスターしてコーディネートの幅を広げたい所です。
カラーパンツ(モカ)の着こなし方
ブラウンほどリッチでもなく、カーキほどマニッシュでもない、そんなモカのカラーパンツには、シンプルでキレイ目なトップスがぴったりです。ジャケットコーデも程良い抜け感でまとめられ、さりげなくオシャレなオフスタイルになります。
カラーパンツ(カーキ)の着こなし方
温かみのあるカーキのカラーパンツは、ややゆったり感のあるジャケットやトップスと合わせる事で、その魅力が引き立ちます。秋冬らしい着こなしをマスターする事で、コーディネートの幅もぐんと広がります。
カラーパンツ(ネイビー)の着こなし方
若々しいイメージの強いネイビーのカラーパンツは、思い切ってマリンテイストに着こなしてしまうのがおススメです。マリンボーダーや白のスニーカーで爽やかにまとめ、都会的なリゾートスタイルを楽しみます。
カラーパンツ(ブルー)の着こなし方
鮮やかな発色で視線を引き付ける、ブルーのカラーパンツ。ボトムスに負けないコーディネートを目指すなら、定番のグレーやホワイトの組み合わせがおススメです。素材や小物でリゾート感をプラスするのがポイントです。
カラーパンツ(グリーン)の着こなし方
鮮やかな色合いで都会的な印象を引き立てる、グリーンのカラーパンツ。あえて若干ルーズにはく事で、程良い抜け感を加え、力みのない自然なオフスタイルを演出できます。カラーパンツを主役にしたコーディネートです。
カラーパンツ(オレンジ)の着こなし方
着こなしの難しそうなオレンジのカラーパンツは、無理せず定番のトップスと組み合わせるのがおススメです。無難な着こなしに見えても、レイヤード使いなどのちょっとした工夫で、アクセントの効いたスタイルになります。
カラーパンツ+ジャケットの着こなし方
着回しのしやすいグレーのカラーパンツは、どんなジャケットとも好印象。存在感のあるブルゾンタイプのジャケットも、あえて同色系でまとめれば、シンプルな中にもオシャレが光る、大人っぽいコーディネートを楽しめます。
カラーパンツ+コートの着こなし方
シンプルでシルエットの綺麗なカラーパンツには、ピーコートを合わせても上品に決まります。質の良いシックな雰囲気に包まれたコーディネートは、ちょっとしたディナーにも着て行けそうな大人のスタイルです。
カラーパンツ+パーカーの着こなし方
どんなコーディネートにも着回せるのが、カラーパンツの最大の特徴です。ちょっと個性派デザインのパーカーとの組み合わせも、ブラックのカラーパンツならシンプルに、無理なく決まるのでおススメです。
カラーパンツ+セーターの着こなし方
ボトムスの印象をシンプルに、スタイリッシュにまとめてくれる黒のカラーパンツには、主役級のセーターを合わせてファッションを楽しみたい所。上品なアーガイルも、リッチなブラックとマッチしてスマートに決まります。
カラーパンツ+カーディガンの着こなし方
カラーパンツにカーディガンをコーディネートするなら、思い切ってカーディガンを主役にするのがおススメです。着こなしの難しい柄物でも、カラーパンツとなら無理なくスマートに合わせられ、オシャレです。
カラーパンツ+シャツの着こなし方
キレイめカジュアルに欠かせないカラーパンツには、デニムシャツのようなかっちり目のアイテムも似合います。定番のネイビー×ベージュのコーデなら、女性にも好印象な甘さと上品さを備えた雰囲気に仕上がります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP