パンツに合うコート

カラーパンツ+コートの着こなし方

カラーパンツとコートを合わせる着こなし方

カラーパンツ(ベージュ)・コート(黒)・カーディガン(グレー)・シャツ(白)・靴(黒)

 

ベージュのカラーパンツと黒のピーコートを合わせた着こなし画像

 

カラーパンツの中でも特に優しい印象のあるベージュは、上品なコートとコーディネートしてとことんキレイ目に着こなすのもおススメです。ビジネスシーンでも活躍するピーコートを合わせると、ちょっとしたセミナーやディナーにも着て行けそうな、品の良いカジュアルスタイルが完成。

 

柔らかなベージュのカラーが全体の印象を温かくまとめ、堅すぎない大人っぽさを演出します。ショート丈のコートなら、パンツのシルエットも美しく見せられて、更に好感度アップです。

 

 

カラーパンツ(黒)・コート(ベージュ)・シャツ(白)・ブーツ(茶)

 

黒のカラーパンツにベージュのコートを合わせた着こなし画像

 

ホワイトのボタンダウンシャツの上にベージュのステンカラーコートを着用したコーデです。一見シンプルですが、襟元にこだわりがありきれいめのオシャレになっています。

 

ボトムスはブラックのカラーパンツでスラッと足を長く見せる効果を発揮。レースアップブーツはブラウンで軽めな印象にしています。カッチリコーデですが、コートがベージュなので優しい印象に。ブラックなどのダークトーンであればクールな着こなしになります。

 

 

カラーパンツ(茶)・コート(黒)・シャツ(白)・シューズ(黒)

 

茶のカラーパンツに黒のコートを合わせた着こなし画像

 

ホワイトのシンプルなボタンダウンシャツの上にブラックのステンカラーコートを羽織っています。ボトムスはブラウンのストレートのカラーパンツを履いています。

 

スリムなラインな上に、上半身のコートやシャツの丈が長くないので美脚・足長効果のある着こなしです。靴はブラックのスウェードバブーシュシューズで足元を引き締めると同時にラグジュアリー感もプラス。上品な大人カジュアルに仕上がっています。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

カラーパンツとコートをどんな風に着こなしますか?【男性へアンケート調査】

 

僕がおススメするコートとカラーパンツの組み合わせは、コートは紺色のPコート、パンツは迷彩柄のパンツを合わせます。迷彩柄って結構どんなものにも合わせやすいんですよ。グレーのマフラーを合わせればコートの紺色が生えていいですし、靴もブーツを合わせればパンツが生えますよ!これなら若い学生でも全然子供っぽさが消えてカッコよく見えると思います♪【男性 20代】 

コートとカラーパンツを着ることになったら、まずカラーパンツの色ですが、ネイビーを選んでジーンズのように合わせれば合わせやすいし、他には赤も意外と合わせやすいです。カラーパンツの色を引き立たせるにはトップス、今の時期ならアウターは必然的に落ち着いた色、黒やネイビー、ブラウン、オリーブなどを選びます。インナーで白を合わせれば全体的にバランスが取りやすいと思います。靴は黒や茶、グレーや白などが無難です。【男性 30代】

以前にグレーカラーのジャケットを買ったとき、店員さんにパープルカラーのパンツなどが合いあいます、と言われたことがあります。実際に合わせてみて、グレーカラーとパープルカラーは合うと思います。グレーカラーのナイロン素材のコートにタートルネックのグリーンカラーのニットをインナーに持っていき、パープルカラーの細身のパンツに靴はホワイトカラーのスニーカーです。【男性 30代】 

私がコートとカラーパンツを合わせる際に実践している着こなしについてですが、コートについてはブラックのステンカラーコートを選びます。インナーはチェックになっているモノを選び、カラーパンツに着いては鮮やかなレッドのパンツを選びます。シューズにはダークブラウンのレザーシューズを合わせ、ロールアップして同系色の柄靴下を見せて着こなします。【男性 20代】

カラーパンツは合わせるのが難しいですね。私なら今の季節ですし暖色系のパンツにして、コートは黒か茶色にします。黒か紺色のピーコートでもいいかもしれません。インナーは黒のハイネックとかVネックがいいですね。靴はカジュアルな感じの革靴が合うと思います。濃い茶系の靴がいいんじゃないですか。スニーカーでもおかしくないですね。 【男性 20代】

 

好感のもてるカラーパンツとコートの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

カラーパンツとコートの組み合わせは、お洒落ですがきちんとした印象を持ちますので大好きです。コートはロングでもショートでも似合うと思います。インナーはシンプルなデザインものが好印象です。カラーパンツがポイントとなるかと思いますので、コートはシンプルで大人しめのお色のものを合わせられますと、とても好印象です。【女性 20代】

コートはコーディネートのほとんどの部分を占めてしまうから、あえて水色や、グリーン系のパンツで合わせてほしい。普通の人ならデニムを吐いてしまいがちなところが、きれいな青系のカラーパンツだったりするとかっこいいなと思ってしまいます。個人的には、きれいめPコートとカラーパンツとニット帽を合わせている人が好きです(笑)【女性 20代】

ブルー系のカラーパンツに、長めの紺色ダッフルコート、全体をブルー系統でまとめられていると、清潔感を感じ好感が持てそうです!パンツは、ブルーが濃いめならシックな感じに、明るめならハズシな感じで靴もそれに合わせて選ばれてるといいです。パンツが主役になるように、インナーはクラシカルな丸襟セーターをピッためできてほしい。【女性 20代】

 

カラーパンツの着こなし方一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


カラーパンツ+コートの着こなし方関連ページ一覧

カラーパンツ(黒)の着こなし方
どんなコーディネートにもかちっとはまる、黒のカラーパンツ。グレーや白のトップスと組み合わせる事で、絶妙なカラーバランスが生まれます。定番カラーを履きこなす事で、周囲とはワンランク違うオシャレ感を楽しめます。
カラーパンツ(グレー)の着こなし方
カラーパンツの中でも特に上品な印象が強いのが、グレーです。シャツと合わせたコーデで、徹底的に大人のキレイ目スタイルを追求できます。さりげない柄を取り入れて、オシャレ感をプラスしてもおススメです。
カラーパンツ(ベージュ)の着こなし方
優しく、甘い印象のあるベージュのカラーパンツは、デートなどで好印象間違いなしのアイテムです。定番の白シャツと合わせたシンプルなコーディネートでは、パンツのシルエットが大きなおしゃれポイントになります。
カラーパンツ(ブラウン)の着こなし方
リッチで上品な味わいのあるブラウンのカラーパンツも、黒のカジュアルなトップスと合わせる事でぐっと男らしい雰囲気になります。シンプルなカラーパンツをスマートに履きこなせば、ワンランク上のオシャレ感を演出できます。
カラーパンツ(紫)の着こなし方
それ一本で周囲の視線をくぎ付けにできる、紫のカラーパンツ。華やかな分、手の出しにくいアイテムですが、オシャレ上級者を目指すなら、ぜひ着こなしをマスターしてコーディネートの幅を広げたい所です。
カラーパンツ(モカ)の着こなし方
ブラウンほどリッチでもなく、カーキほどマニッシュでもない、そんなモカのカラーパンツには、シンプルでキレイ目なトップスがぴったりです。ジャケットコーデも程良い抜け感でまとめられ、さりげなくオシャレなオフスタイルになります。
カラーパンツ(カーキ)の着こなし方
温かみのあるカーキのカラーパンツは、ややゆったり感のあるジャケットやトップスと合わせる事で、その魅力が引き立ちます。秋冬らしい着こなしをマスターする事で、コーディネートの幅もぐんと広がります。
カラーパンツ(ネイビー)の着こなし方
若々しいイメージの強いネイビーのカラーパンツは、思い切ってマリンテイストに着こなしてしまうのがおススメです。マリンボーダーや白のスニーカーで爽やかにまとめ、都会的なリゾートスタイルを楽しみます。
カラーパンツ(ブルー)の着こなし方
鮮やかな発色で視線を引き付ける、ブルーのカラーパンツ。ボトムスに負けないコーディネートを目指すなら、定番のグレーやホワイトの組み合わせがおススメです。素材や小物でリゾート感をプラスするのがポイントです。
カラーパンツ(グリーン)の着こなし方
鮮やかな色合いで都会的な印象を引き立てる、グリーンのカラーパンツ。あえて若干ルーズにはく事で、程良い抜け感を加え、力みのない自然なオフスタイルを演出できます。カラーパンツを主役にしたコーディネートです。
カラーパンツ(オレンジ)の着こなし方
着こなしの難しそうなオレンジのカラーパンツは、無理せず定番のトップスと組み合わせるのがおススメです。無難な着こなしに見えても、レイヤード使いなどのちょっとした工夫で、アクセントの効いたスタイルになります。
カラーパンツ+ジャケットの着こなし方
着回しのしやすいグレーのカラーパンツは、どんなジャケットとも好印象。存在感のあるブルゾンタイプのジャケットも、あえて同色系でまとめれば、シンプルな中にもオシャレが光る、大人っぽいコーディネートを楽しめます。
カラーパンツ+パーカーの着こなし方
どんなコーディネートにも着回せるのが、カラーパンツの最大の特徴です。ちょっと個性派デザインのパーカーとの組み合わせも、ブラックのカラーパンツならシンプルに、無理なく決まるのでおススメです。
カラーパンツ+セーターの着こなし方
ボトムスの印象をシンプルに、スタイリッシュにまとめてくれる黒のカラーパンツには、主役級のセーターを合わせてファッションを楽しみたい所。上品なアーガイルも、リッチなブラックとマッチしてスマートに決まります。
カラーパンツ+カーディガンの着こなし方
カラーパンツにカーディガンをコーディネートするなら、思い切ってカーディガンを主役にするのがおススメです。着こなしの難しい柄物でも、カラーパンツとなら無理なくスマートに合わせられ、オシャレです。
カラーパンツ+シャツの着こなし方
キレイめカジュアルに欠かせないカラーパンツには、デニムシャツのようなかっちり目のアイテムも似合います。定番のネイビー×ベージュのコーデなら、女性にも好印象な甘さと上品さを備えた雰囲気に仕上がります。
カラーパンツ+カットソーの着こなし方
キレイめシルエットのカラーパンツも、時には男らしくカッコ良く履きたいもの。トップスのカットソーをリッチな黒にする事で、コーディネートに程良いタフさをプラスして、いつもと違うタフな着こなしを楽しめます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP