カーディガンに合うパンツ

カラーパンツ+カーディガンの着こなし方

カラーパンツとカーディガンを合わせる着こなし方

カラーパンツ(ベージュ)・カーディガン(ジャガード)・カットソー(白)・シューズ(黒)

 

ベージュのカラーパンツとジャガード柄のカーディガンを合わせた着こなし画像

 

カラーパンツを使ったコーディネートに幅を持たせたいなら、思い切った柄物のニットカーディガンとの組み合わせがおススメです。どんなトップスとも合わせやすいカラーパンツなので、カーディガンも自由度高くチョイスする事ができます。

 

トレンドのジャガード、定番のボーダーなど、着こなしの難しいアイテムにどんどんトライして、これはと思うコーディネートを見つるのもおすすめ。同色系でまとめるようにすれば、初心者でもスマートに着こなせます。

 

 

カラーパンツ(カーキ)・カーディガン(黒)・シャツ(白)・シューズ(黒)

 

カーキのカラーパンツに黒のカーディガンを合わせた着こなし画像

 

ホワイトのボタンダウンシャツにブラックのカーディガンをさらっと羽織れば女性にも好評の組み合わせになります。前のボタンを留めてもスッキリしたシルエットになるのでおすすめです。

 

ボトムスはカーキのカラーパンツで落ち着いた大人の印象をプラス。また、カジュアル感もあるのでデートの際に着てもピッタリです。ブラックのバブーシュシューズはリアルスウェードなので高級感があります。

 

 

カラーパンツ(黒)・カーディガン(ネイビー)・シャツ(サックス)・シューズ(黒)

 

黒のカラーパンツにネイビーのカーディガンを合わせた着こなし画像

 

サックスのボタンダウンシャツをラフに着て、その上にはショールカラーがオシャレなネイビーのカーディガンを着ています。秋・冬はカーディガンの上にアウターを着てもいいですし、まだ肌寒い春先にも着れるので長い間楽しむことができます。

 

ボトムスはスラっとした足を演出するブラックのカラーパンツに、リアルスウェードのバブーシュシューズを合わせて、全体的にきれいめなコーディネートに仕上げています。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

カラーパンツとカーディガンをどんな風に着こなしますか?【男性へアンケート調査】

 

カーディガンとカラーパンツの組み合わせ大好きです。なぜかというと、どちらもバリエーションが豊富なので、個性がいくらでも出せるからです。カラーパンツは赤がお気に入りで、カーディガンはボタンを停めず、あえてだらしなくきこなします。カラーパンツはスキニーなんかが合うんじゃないかなって思ってます。僕くらいの年でも大丈夫。【男性 30代】

インナーに暗色系シャツとカジュアルネクタイを着ることが多いので、カーディガンはワンポイントにハデじゃない程度の少し明るめを着ています。カラーパンツはスキニーに出来るだけベージュなどナチュラル色にしてトレッキングブーツを履いて、小奇麗な大人っぽくスマートなスタイル見えるよう心掛けています。【男性 40代】

ホワイトカラーのシャツにネイビーカラーのカーディガンを合わせます。首にグレーカラーのマフラーを巻きます。パンツはブルカラーのスリムフィットスタイルのものを合わせます。靴はブラックカラーのレザーのブーツでブーツの中にパンツの裾を入れて履きます。サングラスをしたりブラックカラーのトートバッグを下げたりしてシックなイメージに仕上げます。【男性 30代】

色がチャコールのカーディガン、濃紺のカラーパンツを使用します。インナーは白色のシャツ。靴はライトブラウンの皮靴。バッグの紐など、そういう小さなものがライトブラウンだと良いでしょう。髪の毛は黒でも茶髪でも良いですが、爽やかな雰囲気にするため髪型は整えてください。無難ですが、だから良い。【男性 20代】

素材は特に何でもいいです。例えばニットのカーディガンなら、黒のニットを選んで、インナーは白のシャツ、カラーパンツは赤でシンプルにきめます。靴は白いスニーカーでもいいし、もうちょっと落ち着いた印象にするなら革の靴、ダークブラウンなどを合わせます。注意したい事はやはり色の相性を気をつけます。緑のカーディガンならブラウン系のパンツなど。【男性 30代】

 

好感のもてるのカラーパンツとカーディガンの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

Vネックのカーディガンに白いシャツを合わせている男性にぐっときます。ボタンは全部締めているほうが好きです。まじめな先生風な感じで。防寒のためにしかたなく羽織っているのではなく、自分を演出する1アイテムとして選択してほしいです。厚手でぼてっとした物よりも、すっきりしたシルエットのカーディガンの方がいいなと思います。【女性 30代】

カーディガンは生地が薄めなので、カラーパンツもぴったりとしたものを選ぶと引き締まってかっこいい。カーディガンは茶色やカーキのような渋い色だと、おじいちゃんのようになってしまうので、あえて原色や明るいカラーを使い、インナーは抑え気味のカラーで、パンツは目立ちすぎない無難な配色にすると、派手すぎず良いと思います。【女性 20代】

黒いカラーパンツに色の強いカーディガンを着て欲しい。派手な色はNGです。ワインレッドのような色のカーディガンかカーキとかも可愛いと思います。ボーダーやアーガイルのよな柄物も好きです。カーディガンの中は白シャツか普通のtシャツがいいと思います。逆にカーディガンの中にも毛糸系の服を着るのは嫌です。【女性 20代】

 

カラーパンツの着こなし方一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


カラーパンツ+カーディガンの着こなし方関連ページ一覧

カラーパンツ(黒)の着こなし方
どんなコーディネートにもかちっとはまる、黒のカラーパンツ。グレーや白のトップスと組み合わせる事で、絶妙なカラーバランスが生まれます。定番カラーを履きこなす事で、周囲とはワンランク違うオシャレ感を楽しめます。
カラーパンツ(グレー)の着こなし方
カラーパンツの中でも特に上品な印象が強いのが、グレーです。シャツと合わせたコーデで、徹底的に大人のキレイ目スタイルを追求できます。さりげない柄を取り入れて、オシャレ感をプラスしてもおススメです。
カラーパンツ(ベージュ)の着こなし方
優しく、甘い印象のあるベージュのカラーパンツは、デートなどで好印象間違いなしのアイテムです。定番の白シャツと合わせたシンプルなコーディネートでは、パンツのシルエットが大きなおしゃれポイントになります。
カラーパンツ(ブラウン)の着こなし方
リッチで上品な味わいのあるブラウンのカラーパンツも、黒のカジュアルなトップスと合わせる事でぐっと男らしい雰囲気になります。シンプルなカラーパンツをスマートに履きこなせば、ワンランク上のオシャレ感を演出できます。
カラーパンツ(紫)の着こなし方
それ一本で周囲の視線をくぎ付けにできる、紫のカラーパンツ。華やかな分、手の出しにくいアイテムですが、オシャレ上級者を目指すなら、ぜひ着こなしをマスターしてコーディネートの幅を広げたい所です。
カラーパンツ(モカ)の着こなし方
ブラウンほどリッチでもなく、カーキほどマニッシュでもない、そんなモカのカラーパンツには、シンプルでキレイ目なトップスがぴったりです。ジャケットコーデも程良い抜け感でまとめられ、さりげなくオシャレなオフスタイルになります。
カラーパンツ(カーキ)の着こなし方
温かみのあるカーキのカラーパンツは、ややゆったり感のあるジャケットやトップスと合わせる事で、その魅力が引き立ちます。秋冬らしい着こなしをマスターする事で、コーディネートの幅もぐんと広がります。
カラーパンツ(ネイビー)の着こなし方
若々しいイメージの強いネイビーのカラーパンツは、思い切ってマリンテイストに着こなしてしまうのがおススメです。マリンボーダーや白のスニーカーで爽やかにまとめ、都会的なリゾートスタイルを楽しみます。
カラーパンツ(ブルー)の着こなし方
鮮やかな発色で視線を引き付ける、ブルーのカラーパンツ。ボトムスに負けないコーディネートを目指すなら、定番のグレーやホワイトの組み合わせがおススメです。素材や小物でリゾート感をプラスするのがポイントです。
カラーパンツ(グリーン)の着こなし方
鮮やかな色合いで都会的な印象を引き立てる、グリーンのカラーパンツ。あえて若干ルーズにはく事で、程良い抜け感を加え、力みのない自然なオフスタイルを演出できます。カラーパンツを主役にしたコーディネートです。
カラーパンツ(オレンジ)の着こなし方
着こなしの難しそうなオレンジのカラーパンツは、無理せず定番のトップスと組み合わせるのがおススメです。無難な着こなしに見えても、レイヤード使いなどのちょっとした工夫で、アクセントの効いたスタイルになります。
カラーパンツ+ジャケットの着こなし方
着回しのしやすいグレーのカラーパンツは、どんなジャケットとも好印象。存在感のあるブルゾンタイプのジャケットも、あえて同色系でまとめれば、シンプルな中にもオシャレが光る、大人っぽいコーディネートを楽しめます。
カラーパンツ+コートの着こなし方
シンプルでシルエットの綺麗なカラーパンツには、ピーコートを合わせても上品に決まります。質の良いシックな雰囲気に包まれたコーディネートは、ちょっとしたディナーにも着て行けそうな大人のスタイルです。
カラーパンツ+パーカーの着こなし方
どんなコーディネートにも着回せるのが、カラーパンツの最大の特徴です。ちょっと個性派デザインのパーカーとの組み合わせも、ブラックのカラーパンツならシンプルに、無理なく決まるのでおススメです。
カラーパンツ+セーターの着こなし方
ボトムスの印象をシンプルに、スタイリッシュにまとめてくれる黒のカラーパンツには、主役級のセーターを合わせてファッションを楽しみたい所。上品なアーガイルも、リッチなブラックとマッチしてスマートに決まります。
カラーパンツ+シャツの着こなし方
キレイめカジュアルに欠かせないカラーパンツには、デニムシャツのようなかっちり目のアイテムも似合います。定番のネイビー×ベージュのコーデなら、女性にも好印象な甘さと上品さを備えた雰囲気に仕上がります。
カラーパンツ+カットソーの着こなし方
キレイめシルエットのカラーパンツも、時には男らしくカッコ良く履きたいもの。トップスのカットソーをリッチな黒にする事で、コーディネートに程良いタフさをプラスして、いつもと違うタフな着こなしを楽しめます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP