カラーパンツ ブルー 着こなし

カラーパンツ(ブルー)の着こなし方

カラーパンツ(ブルー)の着こなし方

カラーパンツ(ブルー)・シワ加工シャツ(白)・カットソー(グレー)・シューズ(黒)

 

ブルーのカラーパンツとシワ加工の白シャツを合わせた着こなし画像

 

ブルーのカラーパンツは、その鮮やかな色合いで周囲の視線を引き付けるオシャレアイテム。しかしその分、着こなしが難しいと言う難点があります。

 

おススメは、定番のグレーのインナーや、ホワイトシャツとのコーディネート。重ね着する事でトップスに奥行きを持たせ、ボトムスの印象を程良く緩和します。シャツの素材やアクセサリーに一工夫を加えて、リゾート感を演出するのもおススメです。

 

 

カラーパンツ(ブルー)・パーカー(グレー)・シャツ(白)・カットソー(白)・ベルト(白)

 

ブルーのカラーパンツとグレーのパーカーを合わせた着こなし画像

 

上半身はホワイトのボタンシャツにグレーのリバーシブルパーカーを合わせたカジュアルな組み合わせです。下半身のブーツカットのカラーパンツはとても個性的で足を長くスリムに見せています。

 

ベルトをつけてチラ見せさせることでさらにオシャレ度がアップ。シューズはシャツと同じホワイトで合わせれば、さわやかなコーディネートが完成します。鮮やかなブルーが春先のデートにピッタリです。

 

 

カラーパンツ(ブルー)・7分袖シャツ(白)・カットソー(グレー)・シューズ(茶)

 

ブルーのカラーパンツに白の七分袖シャツを合わせた着こなし画像

 

上半身はグレートカットソーにホワイトの七分袖シャツという、非常にシンプルな組み合わせです。そこに合わせているのは、ブルーのクロップドタイプのカラーパンツ。

 

ラフに着こなしているものの、大人のカジュアル感溢れる上級者スタイルになっています。足元のバブーシュシューズはブラウンで優しい印象に。シンプルなコーディネートなので帽子やネックレスなどの小物類をつけてもOK。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

ブルーのカラーパンツをどんな風に着こなしていますか?【男性へアンケート調査】

 

ブルーのカラーパンツを合わせる時はトップス等他のアイテムはシンプルに合わせます。トップスは黒のシンプルなテーラードジャケットや黒か濃い茶系のレザーのライダース等も良いと思います。インナーも色は白黒グレー等のモノトーンを選びます。靴はアウターと近い色の物を選び、ゴチャゴチャしていないシンプルなブーツ等が良いかと思います。コーディネートに色を足したい時はブルーに近い紺や水色を合わせるとまとまりが出てオシャレな印象になります。【男性 20代】

青のカラーパンツはスキニーのようなピッタリしたものをはきます。トップスはグレーのTシャツ。無地ではなく、黒色で何かしらロゴや絵などが描いてあるといいです。アウターに黒のライダースやテーラードジャケットを合わせます。靴はオレンジ色のコンバースを合わせます。青にインパクトを持たせるために、靴に青の補色であるオレンジを合わせてみました。【男性 30代】

ブルーのカラーパンツは色が鮮やか過ぎてゴルフスタイルのように見えるので、着こなしが難しい色です。白はもちろんあいますが間が抜けて面白くありません。カジュアル感が強いので、ストライプのシャツとの相性がいいでしょう。薄いブルー・オリーブ・エンジと白のストライプを合わせます。ベルトと靴は茶系の皮を合わせます。【男性 40代】

ブルーのカラーパンツには同じ青色系のシャツで会わせるのも好きですが、中でもブルーに白のボーダーカットソーと合わせるのが気に入ってます。靴はグリーンかグレーのキャンパス地のシューズにあわせて着ています。ジャケットを着る場合は白いシャツに紺のジャケットに合わせて清潔感のある着こなしが好きです。【男性 30代】

青のカラーパンツに合わせるのなら白ベースのプリントTシャツにステューシーの黄色のパーカーを合わせてキャップはお気に入りのアディダスのベージュを被るよ。靴はDCの白のハイカットシューズがカラーパンツのブルーと相性がいいよね。最後にクロムハーツのウォレットチェーンを垂らせばナイスなスケーター系コーディネートの出来上がりさ! 【男性 20代】

 

好感のもてるブルーのカラーパンツの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

ブルーのカラーパンツでは「さわやかな男の子っぽさ」が出ていると素敵だと思います。デニムと合わせる時よりももう少し「かわいさ「や「遊び心」がプラスされた、そんなイメージが好きです。パーカーやボーダーのTシャツ、かわいい系の柄の半そでシャツなどで、色は白や明るめのグレーがよく合うと思います。主張の少ない定番のスニーカーでまとめるとかわいいと思います。【女性 30代】

ブルーのカラーパンツを男性が着られる場合は、ブルーのパンツがコーディネートの主役になるようなコーディネートが素敵ですね。全体的にモノトーンのコーディネートがよく合いそうです。逆に、全体的にカラフルなコーディネートも、色の組み合わせが素敵ですとおしゃれに見えますので好感がもてます。ブルーの小物類を合わせてもオシャレですね。【女性 20代】

ブルーのカラーパンツの着こなしは、ブルーはクールなイメージなので、黒髪の男性がブルーのパンツに黒やグレーの暗めの色のカーディガン、カーディガンの下のインナーは白のVネックや、胸元がわりと広めに開いたシャツで、靴はスマートな形のワークブーツやスニーカーだと好感が持てます!他には、黒と白の柄物のTシャツで、バンドマンチックな着こなしもカッコイイと思います。【女性 20代】

 

カラーパンツの着こなし方一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


カラーパンツ(ブルー)の着こなし方関連ページ一覧

カラーパンツ(黒)の着こなし方
どんなコーディネートにもかちっとはまる、黒のカラーパンツ。グレーや白のトップスと組み合わせる事で、絶妙なカラーバランスが生まれます。定番カラーを履きこなす事で、周囲とはワンランク違うオシャレ感を楽しめます。
カラーパンツ(グレー)の着こなし方
カラーパンツの中でも特に上品な印象が強いのが、グレーです。シャツと合わせたコーデで、徹底的に大人のキレイ目スタイルを追求できます。さりげない柄を取り入れて、オシャレ感をプラスしてもおススメです。
カラーパンツ(ベージュ)の着こなし方
優しく、甘い印象のあるベージュのカラーパンツは、デートなどで好印象間違いなしのアイテムです。定番の白シャツと合わせたシンプルなコーディネートでは、パンツのシルエットが大きなおしゃれポイントになります。
カラーパンツ(ブラウン)の着こなし方
リッチで上品な味わいのあるブラウンのカラーパンツも、黒のカジュアルなトップスと合わせる事でぐっと男らしい雰囲気になります。シンプルなカラーパンツをスマートに履きこなせば、ワンランク上のオシャレ感を演出できます。
カラーパンツ(紫)の着こなし方
それ一本で周囲の視線をくぎ付けにできる、紫のカラーパンツ。華やかな分、手の出しにくいアイテムですが、オシャレ上級者を目指すなら、ぜひ着こなしをマスターしてコーディネートの幅を広げたい所です。
カラーパンツ(モカ)の着こなし方
ブラウンほどリッチでもなく、カーキほどマニッシュでもない、そんなモカのカラーパンツには、シンプルでキレイ目なトップスがぴったりです。ジャケットコーデも程良い抜け感でまとめられ、さりげなくオシャレなオフスタイルになります。
カラーパンツ(カーキ)の着こなし方
温かみのあるカーキのカラーパンツは、ややゆったり感のあるジャケットやトップスと合わせる事で、その魅力が引き立ちます。秋冬らしい着こなしをマスターする事で、コーディネートの幅もぐんと広がります。
カラーパンツ(ネイビー)の着こなし方
若々しいイメージの強いネイビーのカラーパンツは、思い切ってマリンテイストに着こなしてしまうのがおススメです。マリンボーダーや白のスニーカーで爽やかにまとめ、都会的なリゾートスタイルを楽しみます。
カラーパンツ(グリーン)の着こなし方
鮮やかな色合いで都会的な印象を引き立てる、グリーンのカラーパンツ。あえて若干ルーズにはく事で、程良い抜け感を加え、力みのない自然なオフスタイルを演出できます。カラーパンツを主役にしたコーディネートです。
カラーパンツ(オレンジ)の着こなし方
着こなしの難しそうなオレンジのカラーパンツは、無理せず定番のトップスと組み合わせるのがおススメです。無難な着こなしに見えても、レイヤード使いなどのちょっとした工夫で、アクセントの効いたスタイルになります。
カラーパンツ+ジャケットの着こなし方
着回しのしやすいグレーのカラーパンツは、どんなジャケットとも好印象。存在感のあるブルゾンタイプのジャケットも、あえて同色系でまとめれば、シンプルな中にもオシャレが光る、大人っぽいコーディネートを楽しめます。
カラーパンツ+コートの着こなし方
シンプルでシルエットの綺麗なカラーパンツには、ピーコートを合わせても上品に決まります。質の良いシックな雰囲気に包まれたコーディネートは、ちょっとしたディナーにも着て行けそうな大人のスタイルです。
カラーパンツ+パーカーの着こなし方
どんなコーディネートにも着回せるのが、カラーパンツの最大の特徴です。ちょっと個性派デザインのパーカーとの組み合わせも、ブラックのカラーパンツならシンプルに、無理なく決まるのでおススメです。
カラーパンツ+セーターの着こなし方
ボトムスの印象をシンプルに、スタイリッシュにまとめてくれる黒のカラーパンツには、主役級のセーターを合わせてファッションを楽しみたい所。上品なアーガイルも、リッチなブラックとマッチしてスマートに決まります。
カラーパンツ+カーディガンの着こなし方
カラーパンツにカーディガンをコーディネートするなら、思い切ってカーディガンを主役にするのがおススメです。着こなしの難しい柄物でも、カラーパンツとなら無理なくスマートに合わせられ、オシャレです。
カラーパンツ+シャツの着こなし方
キレイめカジュアルに欠かせないカラーパンツには、デニムシャツのようなかっちり目のアイテムも似合います。定番のネイビー×ベージュのコーデなら、女性にも好印象な甘さと上品さを備えた雰囲気に仕上がります。
カラーパンツ+カットソーの着こなし方
キレイめシルエットのカラーパンツも、時には男らしくカッコ良く履きたいもの。トップスのカットソーをリッチな黒にする事で、コーディネートに程良いタフさをプラスして、いつもと違うタフな着こなしを楽しめます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP