パンツ 黒 着こなし

カラーパンツ(黒)の着こなし方

カラーパンツ(黒)の着こなし方

カラーパンツ(黒)・カットソー(グレー)・タンクトップ(白)・シューズ(グレー)

 

黒のカラーパンツとグレーのカットソーを合わせた着こなし画像

 

カジュアルにもシックにも着こなせる黒のカラーパンツは、一本は持っておきたい定番アイテムです。どんなトップスと合わせても似合いますが、オシャレにこだわるなら、グレーのトップスとのグラデーションにトライするのがおススメです。

 

白のインナー等とレイヤードする事で、全身を絶妙なバランスでカラーコーディネートできます。シルエットはストレートにまとめ、すっきりとした印象を引き立てるのがポイントです。

 

 

カラーパンツ(黒)・デニムシャツ(ハードウォッシュ)・カットソー(白)・ブーツ(黒茶)

 

黒のカラーパンツにハードウォッシュのデニムシャツを合わせた着こなし画像

 

色々な着まわしができるのでとっても便利なブラックのカラーパンツ。ここではホワイトのVネックカットソーに薄手のボタンダウンデニムシャツを合わせています。

 

ボトムスが重い色の場合、ブーツはブラウンやグレーなど抑えめにすると足元が軽く見えるのでおすすめです。インナーをシンプルにすることで、鮮やかなブラウンのベルトやレザーネックレスなど小物を活かせるコーディネートになっています。

 

 

カラーパンツ(黒)・ジャケット(ワイン)・カットソー(白)・スニーカー(白)

 

ライトグレーのカラーパンツに白のシャツを合わせた着こなし画像

 

黒のカラーパンツと相性バッチリのワイン色ジャケットをアウターにした着こなしです。シワ加工に光沢感のあるPUレザーはシンプルに羽織るだけでも存在感があります。

 

春秋は、白シャツ・パーカー・カットソーのどれか一つをインナーに、寒い冬はシャツとパーカーの2枚をインナーに着こなしてもOK。似合う、似合わない、がはっきりと出やすいワイン色のレザージャケットですが顔が色白、髪が黒、なおかつ自分のキャラに合う人なら、かっこよく決まります。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

黒のカラーパンツをどんな風に着こなしていますか?【男性へアンケート調査】

 

私は黒のカラーパンツを着こなすときは全体をモノトーンで統一し、キレイ目なスタイルで着こなすようにしています。今の寒い季節ならばジャケットはブラックのピーコート、インナーに白目のシャツ、グレーのニットを重ね首元にレッドやブルーの入ったマフラーを持ってきて色を挿します。靴は白黒コンビの革靴といったところですね。【男性 20代】

全体的に落ち着いた雰囲気にまとめます。まず、トップスにはグレーカラーのVネックの細身のリブ編みのニットを着用します。その下にホワイトカラーのシャツを合わせて、襟が見えるように着ます。ブラックのカラーパンツは細身でストレートスタイルのものを合わせます。靴はブラウンカラーのスエードのものをもっていきます。【男性 30代】

黒のカラーパンツは基本どんな色も合わせやすいのでカラーコーディネイトに迷うこともありませんがあえてモノトーンのコーディネイトをすることが多くあります。白やグレーのシャツにして、グレーのセーターやカーディガンにします。シューズは黒にしてパンツからつながるようにして足が長く見えるように組み合わせるとすっきり見えます。【男性 40代】

黒のカラーパンツの着こなしについて、私がよく合わせる服はチェックシャツやパーカーなどが多いですが、パンツ自体のシルエットはタイトめのいわゆるスキニータイプをよく着用します。ただし、実際よりも色目のせいで細く見えてしまうので少しゆとりを持たせる事も必要です。トップスは派手色、柄などなんでも合わせてしまいます。ボトムがシンプルな分トップスで遊ぶ事ができると思います。【男性 20代】

黒のカラーパンツにはジーンズ素材のブルゾンを上にあわせるのが好きです。中には黒または紺のボタンダウンのシャツを着ます。シャツはパンツの中に入れて、茶系の皮のベルトをします。靴はベルトと同系色のローファーをはきます。まだ寒いシーズンにはシャツの代わりにフルタートルネックのセーターまたはカットソーを。色は黒・紺・こげ茶・ボルドー。

 

好感のもてる黒のカラーパンツの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

黒のカラーパンツと合わせるならモノトーンな印象のグレーのインナージャケットか、紺色のセーターやジャケットとの合わせがとってもシンプルで素敵だと思います。上着にまた黒を持って来てインナーに少し色を入れてもカッコいい印象かな。全身黒はちょっと引いちゃう。足下に茶色とかで差し色をつくったりシルバーアクセサリーで少し目を引くようにして貰えれば全体的にカッコいいと思います!【女性 20代】

黒のカラーパンツであれば、私は細身のものがスッキリ見えて好きですね。上はシャツとジャケットを着てもかっこいいし、カットソーをラフに着てもパンツが細身であればキレイ目に見えると思います。ただ、パンツが黒でシンプルな分、帽子やアクセサリー、巻き物などで色味を取り入れると一層オシャレに見えて良いと思います。【女性 30代】

黒のカーラーパンツは、やはり白のシャツを合わせて、キレイめに着こなして欲しいものです。前を開けて、中にカラーのタンクトップを合わせれば、いろいろな着こなしを楽しめそうです。または、パンチの効いたカラーのカットソーを合わせたり、カットソーの重ね着を合わせても、個性的で、でもシンプルでいい感じにまとまりそうです。【女性 30代】

 

カラーパンツの着こなし方一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


カラーパンツ(黒)の着こなし方関連ページ一覧

カラーパンツ(グレー)の着こなし方
カラーパンツの中でも特に上品な印象が強いのが、グレーです。シャツと合わせたコーデで、徹底的に大人のキレイ目スタイルを追求できます。さりげない柄を取り入れて、オシャレ感をプラスしてもおススメです。
カラーパンツ(ベージュ)の着こなし方
優しく、甘い印象のあるベージュのカラーパンツは、デートなどで好印象間違いなしのアイテムです。定番の白シャツと合わせたシンプルなコーディネートでは、パンツのシルエットが大きなおしゃれポイントになります。
カラーパンツ(ブラウン)の着こなし方
リッチで上品な味わいのあるブラウンのカラーパンツも、黒のカジュアルなトップスと合わせる事でぐっと男らしい雰囲気になります。シンプルなカラーパンツをスマートに履きこなせば、ワンランク上のオシャレ感を演出できます。
カラーパンツ(紫)の着こなし方
それ一本で周囲の視線をくぎ付けにできる、紫のカラーパンツ。華やかな分、手の出しにくいアイテムですが、オシャレ上級者を目指すなら、ぜひ着こなしをマスターしてコーディネートの幅を広げたい所です。
カラーパンツ(モカ)の着こなし方
ブラウンほどリッチでもなく、カーキほどマニッシュでもない、そんなモカのカラーパンツには、シンプルでキレイ目なトップスがぴったりです。ジャケットコーデも程良い抜け感でまとめられ、さりげなくオシャレなオフスタイルになります。
カラーパンツ(カーキ)の着こなし方
温かみのあるカーキのカラーパンツは、ややゆったり感のあるジャケットやトップスと合わせる事で、その魅力が引き立ちます。秋冬らしい着こなしをマスターする事で、コーディネートの幅もぐんと広がります。
カラーパンツ(ネイビー)の着こなし方
若々しいイメージの強いネイビーのカラーパンツは、思い切ってマリンテイストに着こなしてしまうのがおススメです。マリンボーダーや白のスニーカーで爽やかにまとめ、都会的なリゾートスタイルを楽しみます。
カラーパンツ(ブルー)の着こなし方
鮮やかな発色で視線を引き付ける、ブルーのカラーパンツ。ボトムスに負けないコーディネートを目指すなら、定番のグレーやホワイトの組み合わせがおススメです。素材や小物でリゾート感をプラスするのがポイントです。
カラーパンツ(グリーン)の着こなし方
鮮やかな色合いで都会的な印象を引き立てる、グリーンのカラーパンツ。あえて若干ルーズにはく事で、程良い抜け感を加え、力みのない自然なオフスタイルを演出できます。カラーパンツを主役にしたコーディネートです。
カラーパンツ(オレンジ)の着こなし方
着こなしの難しそうなオレンジのカラーパンツは、無理せず定番のトップスと組み合わせるのがおススメです。無難な着こなしに見えても、レイヤード使いなどのちょっとした工夫で、アクセントの効いたスタイルになります。
カラーパンツ+ジャケットの着こなし方
着回しのしやすいグレーのカラーパンツは、どんなジャケットとも好印象。存在感のあるブルゾンタイプのジャケットも、あえて同色系でまとめれば、シンプルな中にもオシャレが光る、大人っぽいコーディネートを楽しめます。
カラーパンツ+コートの着こなし方
シンプルでシルエットの綺麗なカラーパンツには、ピーコートを合わせても上品に決まります。質の良いシックな雰囲気に包まれたコーディネートは、ちょっとしたディナーにも着て行けそうな大人のスタイルです。
カラーパンツ+パーカーの着こなし方
どんなコーディネートにも着回せるのが、カラーパンツの最大の特徴です。ちょっと個性派デザインのパーカーとの組み合わせも、ブラックのカラーパンツならシンプルに、無理なく決まるのでおススメです。
カラーパンツ+セーターの着こなし方
ボトムスの印象をシンプルに、スタイリッシュにまとめてくれる黒のカラーパンツには、主役級のセーターを合わせてファッションを楽しみたい所。上品なアーガイルも、リッチなブラックとマッチしてスマートに決まります。
カラーパンツ+カーディガンの着こなし方
カラーパンツにカーディガンをコーディネートするなら、思い切ってカーディガンを主役にするのがおススメです。着こなしの難しい柄物でも、カラーパンツとなら無理なくスマートに合わせられ、オシャレです。
カラーパンツ+シャツの着こなし方
キレイめカジュアルに欠かせないカラーパンツには、デニムシャツのようなかっちり目のアイテムも似合います。定番のネイビー×ベージュのコーデなら、女性にも好印象な甘さと上品さを備えた雰囲気に仕上がります。
カラーパンツ+カットソーの着こなし方
キレイめシルエットのカラーパンツも、時には男らしくカッコ良く履きたいもの。トップスのカットソーをリッチな黒にする事で、コーディネートに程良いタフさをプラスして、いつもと違うタフな着こなしを楽しめます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP