パンツ ベージュ 着こなし

カラーパンツ(ベージュ)の着こなし方

カラーパンツ(ベージュ)の着こなし方

カラーパンツ(ベージュ)・シャツ(白)・シューズ(黒)

 

ベージュのカラーパンツと白シャツを合わせた着こなし画像

 

ベージュのカラーパンツは、特に白いトップスと合わせると、優しく印象になって女性にも好印象を得られやすくなります。最も人気があるのは白シャツとのコーディネートですが、シルエットを選び間違うと、とたんに野暮ったい印象になりがち。

 

カラーパンツのシルエットを決める時は、シャツのキレイ目テイストを損なわない、真っ直ぐ落ちるストレートラインを意識して選ぶのがポイントです。素材は、ストレッチの程良く聞いたタイプがおススメです。

 

 

カラーパンツ(ベージュ)・カットソー(白)・ジャケット(黒)・シューズ(茶)

 

ベージュのカラーパンツに白のカットソーと黒のジャケットを合わせた着こなし画像

 

ベージュのカラーパンツは意外と合わせやすいアイテム、しかもどんなテイストの服装にもマッチするものなので汎用性があります。そんなベージュのカラーパンツにブラウンのシューズを合わせ、下半身はほんわかと温かみのある印象にした着こなしです。

 

上半身はホワイトのVネックカットソーにブラックのテーラードジャケットを羽織ってクールな印象にし、上と下のコントラストが効いたコーディネートに仕上がっています。

 

 

カラーパンツ(ベージュ)・タンクトップ(グレー)・シャツ(赤チェック)

 

ベージュのカラーパンツにグレーのタンクトップと赤チェックのシャツを合わせた着こなし画像

 

グレーのタンクトップにベージュのカラーパンツと非常にシンプルな組み合わせの上に、パッと目を引く赤チェックのシャツを羽織っています。

 

赤チェックのシャツはとても派手なのでそれ以外のアイテムをダークトーンや中間色でまとめると合わせやすいです。足元がブラックのシューズで引き締めています。靴と同じブラックのレザーブレスレットやレザーのネックレスなどの小物を合わせてもとてもオシャレです。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

ベージュのカラーパンツをどんな風に着こなしていますか?【男性へアンケート調査】

 

ベージュのチノパンです。オーソドックスな着方ですが、シャツは白の綿のボタンダウンで、ワイシャツっぽくないナチュラルな生地のもの。上に、紺のブレザージャケット。これもスーツっぽくない感じのもの。ベルトは濃すぎない茶の皮。靴もそれに近い色のレザーにして、合わせます。注意しているのは、ベルトと靴の色が濃くなり過ぎないこと。シャツとパンツが明るい軽い色なので、そこだけ重くなると変に目立ってしまうので。少し赤味がかった茶のものを愛用しています。【男性 30代】

ベージュのカラーパンツには派手目のプリントTシャツを中に着て、上からナイキのナイロンジャケットを合わせることが多いですね。ベージュ系はどうしても大人の落ち着いた雰囲気になるので、ある程度の年代の方には落ち着いたコーディネートで合わせるのがいいでしょうが、僕はまだ若いので少し派手目ぐらいのモノを合わせるとバランスが取れていいんですよ。【男性 20代】

ベージュのカラーパンツはよく見る定番ではありますが、意外と着こなしが難しいものです。春先などであればトップスも白やグレーなど薄めの色で合わせられますが、秋冬の場合はそういった色味だとなかなか冴えません。秋冬に履く場合はトップスは黒がおすすめです。しかしダボっとしたコートなどはおしゃれに見えませんので、ラインが少し出るハーフコートが似合うと思います。【男性 30代】

ホワイトカラーの細身のシャツを着用し、その上にネイビーカラー、もしくはブラックカラーの細身のジャケットを着用します。アクセントとしてライトグリーンカラーのトートバッグを肩から下げます。ベージュのカラーパンツはスリムフィットタイプのものを合わせます。靴はダークブラウンカラーのレザー素材のデッキシューズを合わせます。【男性 30代】

ベージュのカラーパンツはおじさんの定番アイテムではありますが、それなりの上品さと品位をイメージできるアイテムです。なので上は襟のついた白シャツ系。靴は革靴です。靴の選択を誤ると一気におじさん化してしまうので注意が必要です。気をつけていることは、ベージュというと弱弱しいイメージがでてしまうのでアクセサリーなど別部位で男らしさを出すことです。【男性 20代】

 

好感のもてるべーシュのカラーパンツの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

ベージュのパンツなら、カーゴパンツが好きです。カーゴパンツに、黒のちょっと大き目のカーディガンと白いシャツにスニーカーとか素敵だと思います。いくつになってもそういう少年っぽい着こなしの出来る男性をみるとキュンとします。でも、ベージュは大人っぽい色でもあるから、ジャケットと合わせてきっちり目な服装でも素敵だと思います。【女性 20代】

ベージュのカラーパンツというとディッキーズのイメージが強いですかね。私はすらっとしとしたベージュのチノパンよりも、ディッキーズっぽいカジュアルな感じが好きです。Tシャツやポロシャツ、パーカーなどなんでも合うと思いますが、シンプルなコーディネートが好きです。黒のTシャツと合わせるのもいいと思います。ディッキーズでも太くなりすぎない感じが良いと思います。【女性 30代】

トップスは爽やかな白とかいいと思う。その上にブラウンのニットカーディガン(カラーパンツより濃い色)とか着てたらキュンとしちゃうかも。アクセサリーも大事で、この色合いにはゴールド系かな。ネックレスをさりげなくしている男性が好きって女性が結構いるんだけど、さりげないのが大事。ゴツいのはNG。【女性 20代】

 

カラーパンツの着こなし方一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


カラーパンツ(ベージュ)の着こなし方関連ページ一覧

カラーパンツ(黒)の着こなし方
どんなコーディネートにもかちっとはまる、黒のカラーパンツ。グレーや白のトップスと組み合わせる事で、絶妙なカラーバランスが生まれます。定番カラーを履きこなす事で、周囲とはワンランク違うオシャレ感を楽しめます。
カラーパンツ(グレー)の着こなし方
カラーパンツの中でも特に上品な印象が強いのが、グレーです。シャツと合わせたコーデで、徹底的に大人のキレイ目スタイルを追求できます。さりげない柄を取り入れて、オシャレ感をプラスしてもおススメです。
カラーパンツ(ブラウン)の着こなし方
リッチで上品な味わいのあるブラウンのカラーパンツも、黒のカジュアルなトップスと合わせる事でぐっと男らしい雰囲気になります。シンプルなカラーパンツをスマートに履きこなせば、ワンランク上のオシャレ感を演出できます。
カラーパンツ(紫)の着こなし方
それ一本で周囲の視線をくぎ付けにできる、紫のカラーパンツ。華やかな分、手の出しにくいアイテムですが、オシャレ上級者を目指すなら、ぜひ着こなしをマスターしてコーディネートの幅を広げたい所です。
カラーパンツ(モカ)の着こなし方
ブラウンほどリッチでもなく、カーキほどマニッシュでもない、そんなモカのカラーパンツには、シンプルでキレイ目なトップスがぴったりです。ジャケットコーデも程良い抜け感でまとめられ、さりげなくオシャレなオフスタイルになります。
カラーパンツ(カーキ)の着こなし方
温かみのあるカーキのカラーパンツは、ややゆったり感のあるジャケットやトップスと合わせる事で、その魅力が引き立ちます。秋冬らしい着こなしをマスターする事で、コーディネートの幅もぐんと広がります。
カラーパンツ(ネイビー)の着こなし方
若々しいイメージの強いネイビーのカラーパンツは、思い切ってマリンテイストに着こなしてしまうのがおススメです。マリンボーダーや白のスニーカーで爽やかにまとめ、都会的なリゾートスタイルを楽しみます。
カラーパンツ(ブルー)の着こなし方
鮮やかな発色で視線を引き付ける、ブルーのカラーパンツ。ボトムスに負けないコーディネートを目指すなら、定番のグレーやホワイトの組み合わせがおススメです。素材や小物でリゾート感をプラスするのがポイントです。
カラーパンツ(グリーン)の着こなし方
鮮やかな色合いで都会的な印象を引き立てる、グリーンのカラーパンツ。あえて若干ルーズにはく事で、程良い抜け感を加え、力みのない自然なオフスタイルを演出できます。カラーパンツを主役にしたコーディネートです。
カラーパンツ(オレンジ)の着こなし方
着こなしの難しそうなオレンジのカラーパンツは、無理せず定番のトップスと組み合わせるのがおススメです。無難な着こなしに見えても、レイヤード使いなどのちょっとした工夫で、アクセントの効いたスタイルになります。
カラーパンツ+ジャケットの着こなし方
着回しのしやすいグレーのカラーパンツは、どんなジャケットとも好印象。存在感のあるブルゾンタイプのジャケットも、あえて同色系でまとめれば、シンプルな中にもオシャレが光る、大人っぽいコーディネートを楽しめます。
カラーパンツ+コートの着こなし方
シンプルでシルエットの綺麗なカラーパンツには、ピーコートを合わせても上品に決まります。質の良いシックな雰囲気に包まれたコーディネートは、ちょっとしたディナーにも着て行けそうな大人のスタイルです。
カラーパンツ+パーカーの着こなし方
どんなコーディネートにも着回せるのが、カラーパンツの最大の特徴です。ちょっと個性派デザインのパーカーとの組み合わせも、ブラックのカラーパンツならシンプルに、無理なく決まるのでおススメです。
カラーパンツ+セーターの着こなし方
ボトムスの印象をシンプルに、スタイリッシュにまとめてくれる黒のカラーパンツには、主役級のセーターを合わせてファッションを楽しみたい所。上品なアーガイルも、リッチなブラックとマッチしてスマートに決まります。
カラーパンツ+カーディガンの着こなし方
カラーパンツにカーディガンをコーディネートするなら、思い切ってカーディガンを主役にするのがおススメです。着こなしの難しい柄物でも、カラーパンツとなら無理なくスマートに合わせられ、オシャレです。
カラーパンツ+シャツの着こなし方
キレイめカジュアルに欠かせないカラーパンツには、デニムシャツのようなかっちり目のアイテムも似合います。定番のネイビー×ベージュのコーデなら、女性にも好印象な甘さと上品さを備えた雰囲気に仕上がります。
カラーパンツ+カットソーの着こなし方
キレイめシルエットのカラーパンツも、時には男らしくカッコ良く履きたいもの。トップスのカットソーをリッチな黒にする事で、コーディネートに程良いタフさをプラスして、いつもと違うタフな着こなしを楽しめます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP