ロングコート 着こなし

ロングコートの着こなし方

ロングコートの着こなし方

ロングコート(カーキ)・ニット(グレー)・シャツ(白)・デニムパンツ・シューズ(黒)

 

ロングコートの着こなし画像

 

ロングコートはキレイめにコーディネートするのが定番です。インナーには白のボタンダウンシャツ、さらにグレーのニット、シューズにしっかりとした質感のレザーシューズをチョイス。デニムパンツで抜け感を出しています。

 

コートとボトムスをどのような色で合わせるかにもよりますが、シャツの上に着るニットはグレーがおすすめです。グレーはどのような色とでも合わせやすく、2色以上の配色ではそれぞれを繋げる役割をする為です。

 

 

ロングコート(カーキ)・シャツ(白)・カーゴパンツ(黒)・シューズ(茶)

 

コートの着こなし画像

 

清潔感のあるホワイトシャツをインナーにカーゴパンツでカジュアル感をプラス。大人っぽくロングコートを羽織って足元にブラウンのシューズを合わせれば、堅苦しさのないキレイめコーデの完成です。

 

清楚にするべきかカジュアルにするべきか、外出時の装いで迷った時におすすめのコーデです。特別な日の予定や、普段は行き慣れないこじゃれたレストランでのお食事でも外しが少ないです。男らしい装いなので、女性からの好感UPも期待できます。

 

 

ロングコート(黒)・ニット(グレー)・チノパン・シューズ(黒茶)

 

コートの着こなし画像

 

こちらは淡い黒のロングコートでソフトな印象に仕上がっているコーデです。インナーはVネックニットとカットソーのアンサンブル、ボトムスはチノパン、シューズはスウェードバブーシュシューズです。

 

スタンドネック型のコートなら、地味になりすぎる心配がないです。黒×白というように色合いにあえてメリハリをつけないソフトカラーのコーディネートは家族での外出やドライブデートなど、のんびりと出かけたいオフにピッタリです。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

好感のもてる男性のロングコートの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

身長の高い人にだったら着てもらいたいです。モッズやミリタリーなどはロングを着ている人はおしゃれだなあと思います。カーキ系のロングコートだったらピンク系などの色味のインナーにぱきっとした色のデニムをはいて欲しいです。グレーのロングだったら黒いパンツに黒い靴、インナーにはカーデやセーターなどを合わせて知的な感じのコーデをしてもらいたいです!【女性 20代】

ロングコート。私のイメージだと……ちょっと、男性のお仕事コートと思いがちなんだけど、最近はオシャレに着て楽しんでいる方を良く見ます。モノとしては、カッチリしてるんだけど〜そこが堪らなく男らしくてイイ。仕事用と兼用でも、ストールなどのアイテムで普段着としても使えます☆ゴテゴテしたモノよりも、シンプルなロングコートを用いる事で男の色気が演出できると思います♪ 【女性 20代】

背の高さや体系によって似合う丈がありますので、かっこ良く見えるバランスのものを着て欲しいです。丈によっては短足に見えたり、コートに着られてる感が出てしまったりするので、それは避けるようにして欲しいです。中途半端に感じる丈もNGです。また、シルエットが目立つコートだからか、意外と肩のラインが気になります。肩幅がしっかりと合っているものがいいですね。コーディネートの主役となるコートなので、一枚でさまになるものを選ぶのが何より大事だと思います。重量感を感じさせてしまうので、上を開けてインナーの色やネクタイの色を見せたりして、視点を上に持って行くようにすると良いと思います。【女性 30代】

 

コートの着こなし方一覧に戻る

 

ロングコートの着こなし画像集【迷ったときのコーディネートの参考に!】

このエントリーをはてなブックマークに追加


ロングコートの着こなし方関連ページ一覧

ダッフルコートの着こなし方
子供っぽい印象になってしまいがちなダッフルコートは、インナーにボタンダウンシャツ、靴にバブーシュシューズを合わせると大人っぽさがプラスされます。さらにデニムパンツを合わせればキレイめカジュアルの完成です。
ピーコートの着こなし方
白シャツ+黒のボトムスの定番コーデもピーコートを羽織るだけでオシャレを感じさせる装いになります。また、ピーコートはカジュアルアイテムとの相性も良いので、休日のキレイめカジュアルコーデにもピッタリです。
トレンチコートの着こなし方
スーツとセットで考えられがちなトレンチコートにデニムパンツを合わせると、キレイめカジュアルに仕上がります。インナーにはボタンダウンシャツをチョイス。軽く羽織る感覚で前開けに着てもカッコよく決まります。
モッズコートの着こなし方
ラフに着られがちなモッズコートをキレイめカジュアルにまとめれば、周りとオシャレに差が付きます。黒のモッズコートならライトブラウンのボトムスを合わせ、ダークブラウンのシューズで全体をまとめれば出来上がりです。
ステンカラーコートの着こなし方
キレイめアイテムでのコーディネートが定番のステンカラーコートに、あえてチノパンをチョイスした、大人のオシャレスタイルです。ボタンダウンシャツ、カーディガン、バブーシュシューズでまとめれば外しが無いです。
ニットコートの着こなし方
丈が長くVネック状になっているニットコートは、首元の見せ方まで意識したコーディネートをするとカッコ良く決まります。首元にアクセサリーをプラスしてもGOOD。ダメージ加工デニムやブーツで大人っぽく仕上げます。
デニムコートの着こなし方
カットソー、細身のボトムスにデニムコートを軽く羽織れば男の休日コーディネートに。また、シャツと合わせるとキレイめコーディネートに。気軽に羽織れるデニムコートでラフやキレイめカジュアルスタイルが楽しめます。
コート(黒)の着こなし方
黒をアウターにする時は、ホワイトとブラウン系のを合わせるとバランスよくまとまります。黒のコート、インナーに白シャツ、ボトムスにブラウン系のパンツ、そして靴に黒をチョイスすると外しのないコーデが完成します。
コート(グレー)の着こなし方
落ち着いた色のグレーはどのような色とでも合わせやすいのが特徴ですが、グレーのコートは、ホワイトやベージュ系と合わせると爽やかな印象に仕上がります。ホワイトシャツ、ベージュのパンツ、黒のシューズでまとめます。
コート(ベージュ)の着こなし方
ベージュは落ち着きと軽やかさを感じさせる色なので、重たく見せたくないコートコーデにピッタリです。インナー・ボトムスを暗めの色でまとめるとスッキリと見せる効果もあります。デニムパンツを合わせてもGOODです。
コート(ネイビー)の着こなし方
ネイビーのコート×黒色のボトムスはシルエットをキレイに見せるコーディネートです。インナーにシャツ、ボトムスをカーゴパンツで合わせてキレイめカジュアルスタイルに。映画館などの屋内デートにもピッタリです。
コート(チェック柄)の着こなし方
厚さがあり、見た目に重みを感じさせるコートは、細身のボトムスと白色のシューズでコーディネートすると軽さがプラスされ、重々しくならずに済みます。さらに、インナーとしてシャツを合わせれば清潔感もプラスです。
コート+カーディガンの着こなし方
コートの下に一枚着ておくと温かいカーディガン。白のシャツとコーディネートすると、シンプルで上品な大人っぽさが生まれます。ちょっとしたランチにも着て行ける、落ち着いた上質なオフスタイルの完成です。
コート+シャツの着こなし方
定番アウターのステンカラーコートは、オフでは少し崩し目に着こなすのがポイント。インナーにカジュアルな印象のあるシャツを合わせる事で、シックなだけでないオフのオシャレ感をプラスする事ができます。
コート+カットソーの着こなし方
コートとカットソーの組み合わせは定番のコーデだけに、一味違う着こなしが求められます。上品な印象の強いトレンチコートにカットソーを合わせれば、適度な抜け感が演出できます。デニムとの相性もぴったりです。
コート+セーターの着こなし方
シックで上品なステンカラーコートにセーターを合わせるなら、思い切ってさらに上品さをプラス。王道のアーガイル柄が、キレイ目な印象をさらにランクアップして、女性にも大好評なカジュアルスタイルを演出します。
コート+デニムパンツの着こなし方
コートにデニムパンツを合わせる時は、互いのデザインを引き立てるコーデが重要です。上品なトレンチコートに合わせるデニムは、深みのあるカラーのデニムパンツがおススメ。カジュアルでも美しさを損なわない着こなしです。
コート+カラーパンツの着こなし方
ビジネスでも着回せるコートをオフにカジュアルに着こなしたいなら、カラーパンツとのコーデがおススメです。シンプルな着こなしの中にも程良くカジュアル感がプラスされ、周囲の視線を引き付けるオフコーデに変身します。
コート+カーゴパンツの着こなし方
コートとカーゴパンツのコーディネートでは、お互いのテイスト選びが重要なポイント。キレイめトレンチでもミリタリーテイストを強調すれば、男らしさを併せ持つキレイめカジュアルスタイルが演出できます。
コート+チノパンの着こなし方
タフなモッズコートにチノパンのコーディネートは、ともすればルーズな印象になりがち。シンプルでも上品なチノパンをチョイスする事で、綺麗で引き締まったシルエットをプラスし、着こなしにメリハリを与えます。
コート+マフラーの着こなし方
冬の小物使いでぜひマスターしたいのが、マフラーです。コートとのコーディネートは、差し色として楽しむのが定番。シンプルな装いに華やかさをプラスするつもりで、ぴったりのアイテムをチョイスします。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP