コート セーター

コート+セーターの着こなし方

コートとセーターを合わせる着こなし方

コート(モカ)・セーター(アーガイル)・シャツ(白)・パンツ(ベージュ)・シューズ(黒)

 

コートとセーターを合わせた着こなし画像

 

ラフに着こなすのもカッコいいステンカラーコートですが、シャツにセーターのキレイ目コーデを追求するのもおススメです。写真では、ホワイトシャツにアーガイルセーターの王道コーデを、ややミリタリーテイストなステンカラーコートと合わせています。

 

インナーの上品さにアウターの男らしさが加わって、余裕のある大人のキレイ目スタイルに。ボルドーなどの深みのあるセーターと合わせても好印象です。

 

 

コート(オリーブ)・セーター(グレー)・チノパン(黒)・シューズ(グレー)

 

オリーブのコートとグレーのセーターを合わせた着こなし画像

 

こちらはオリーブのショートカット丈トレンチコートをブラック系のアイテムで合わせた着こなしです。オリーブ×ブラックはミリタリー調にまとまりやすいですが、きれいめデザインのコートに優しい風合いのセーターを合わせることで品格のある大人コーデに仕上がります。

 

また、セーターは襟口が狭めのVネックを選べば嫌味なく着こなせます。ボトムスは黒のチノパンでゆったりと。グレーのスウェードバブーシュシューズを合わせて完成です。

 

 

コート(紺)・セーター(ジャガード)・シャツ(白)・カラーパンツ(茶)・シューズ(茶)

 

紺色のダッフルコートとジャガード柄セーターを合わせた着こなし画像

 

トレンドのダッフルコートはやや幼さのあるアイテムなので、セーターはちょっと渋めのカラーや柄の物を合わせるのもおすすめです。無地のセーターももちろん似合いますが、ジャガード柄などの大人っぽさのあるデザインならこなれ感が演出できます。

 

トップスが渋めのカラーだけでは重たくなってしまうので、インナーはホワイトシャツで軽さを加えます。最後に、カラーパンツ、シューズにブラウンを合わせてキレイめにまとめれば出来上がりです。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

コートとセーターをどんな風に着こなしますか?【男性へアンケート調査】

 

コートとセーターをあわせるのは学生の特権です。ダッフルコートとセーターは一番典型的です。ダッフルは重くて、フードがついているので日常着には適しません。大学院クラスの学生なら着こんだトレンチかステンカラーコートの下に丸首のシェットランドセーターにパンツはウールかチノパン靴はデザートブーツ。眼鏡をかけた知的な風貌が似合う着こなしです。【男性 40代】

ベージュがかったホワイトカラーのコートを持っています。少し細身のコートですのでホワイトカラーのシャツにピンクカラーの薄手のセーター、そしてグレーカラーの細身のパンツを合わせています。もし寒くなければコートの前はあけています。靴はブラウンカラーのデッキシューズです。スエードのブラウンカラーの靴を合わせることもあります。【男性 30代】

私がコートとセーターを着こなすとしたら、コートは黒色のウールのフォーマルな感じの、丈は長めのコートを着ます。それに合わせるセーターはグレーやシックな感じの色のアーガイル柄のものを合わせ、中には、白色のシャツを着ます。そのままだと、シックでフォーマルすぎるので、靴はごついめのブーツ(黒か茶)を合わせて、カジュアルダウンしようと思います。【男性 20代】

コートとセーターを着こなすとするとすっきりしたきれい目のスタイルにすることをおすすめします。上は黒っぽいトレンチコートにして、なかにセーター、例えば灰色やネイビーなんかが無難でしょうか、それらを合わせると上品に見えます。パンツもスキニーのスリムなシルエットのもので合わせると冬はもこもこと厚着になりがちなのを防げます。【男性 20代】

セーターなら前開きのカーディガンのようなタイプがいいですね。インナーにTシャツやBDシャツを使っても合うから幅が広がりますし。コートは、ピーコートが定番ですが最近はライダースにメルトン生地を使ったタイプがあるので、そちらも良いです。上記スタイルならサドルシューズに履き慣れたジーンズが良いです。 【男性 20代】

 

好感のもてるコートとセーターの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

ダークな色のコートを着ると、どうしても重たく見えてしまいます。インナーに明るい色のセーターを着ると、差し色になって上品なカジュアルさが出るので好印象ですね。単色のセーターだと印象が強すぎるから、柄モノが良いかも。明るめの色が使われたアーガイル柄だと、かわいくていいなと思います。男性は苦手かもしれませんが、ピンクが入っていると柔らかい印象になって、女性ウケは良いと思いますよ。 【女性 20代】

コートとセーターの組み合わせなら、断然ピーコート+ハイネックもしくはタートルネックニットが好きです。コートは前を開けている男性も多いと思うのですが、ヒップ丈のスタンダードレングスのピーコートなら前をしめている着こなしが好感です。数シーズン前から流行しているショート丈のピーコートなら、ニットの上にはおる感じで、前を開けての着こなしも好きです。【女性 30代】

男性のセーターはやっぱり無地が一番。淡い色じゃなくて、ハッキリとした赤や青、黒等、原色が引き締まって見えていい。それに合わせてコートも無地、出来れば長めかな。スマートに見えるし、男っぽい。色は茶色や黒等の暗い色。中のセーターが明るい色だったら、尚更コートは暗めじゃないとセーターの色が生きない。同じ色同士だったら素材で違い見せるとお洒落な感じがする。【女性 30代】

 

コートの着こなし方一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


コート+セーターの着こなし方関連ページ一覧

ダッフルコートの着こなし方
子供っぽい印象になってしまいがちなダッフルコートは、インナーにボタンダウンシャツ、靴にバブーシュシューズを合わせると大人っぽさがプラスされます。さらにデニムパンツを合わせればキレイめカジュアルの完成です。
ピーコートの着こなし方
白シャツ+黒のボトムスの定番コーデもピーコートを羽織るだけでオシャレを感じさせる装いになります。また、ピーコートはカジュアルアイテムとの相性も良いので、休日のキレイめカジュアルコーデにもピッタリです。
トレンチコートの着こなし方
スーツとセットで考えられがちなトレンチコートにデニムパンツを合わせると、キレイめカジュアルに仕上がります。インナーにはボタンダウンシャツをチョイス。軽く羽織る感覚で前開けに着てもカッコよく決まります。
モッズコートの着こなし方
ラフに着られがちなモッズコートをキレイめカジュアルにまとめれば、周りとオシャレに差が付きます。黒のモッズコートならライトブラウンのボトムスを合わせ、ダークブラウンのシューズで全体をまとめれば出来上がりです。
ステンカラーコートの着こなし方
キレイめアイテムでのコーディネートが定番のステンカラーコートに、あえてチノパンをチョイスした、大人のオシャレスタイルです。ボタンダウンシャツ、カーディガン、バブーシュシューズでまとめれば外しが無いです。
ニットコートの着こなし方
丈が長くVネック状になっているニットコートは、首元の見せ方まで意識したコーディネートをするとカッコ良く決まります。首元にアクセサリーをプラスしてもGOOD。ダメージ加工デニムやブーツで大人っぽく仕上げます。
デニムコートの着こなし方
カットソー、細身のボトムスにデニムコートを軽く羽織れば男の休日コーディネートに。また、シャツと合わせるとキレイめコーディネートに。気軽に羽織れるデニムコートでラフやキレイめカジュアルスタイルが楽しめます。
ロングコートの着こなし方
キレイめにコーディネートするのがロングコートを着こなすコツです。インナーに白シャツとグレーのニットを合わせ、デニムパンツで程良い抜け感を演出します。足元にレザーシューズをチョイスすれば大人コーデの完成です。
コート(黒)の着こなし方
黒をアウターにする時は、ホワイトとブラウン系のを合わせるとバランスよくまとまります。黒のコート、インナーに白シャツ、ボトムスにブラウン系のパンツ、そして靴に黒をチョイスすると外しのないコーデが完成します。
コート(グレー)の着こなし方
落ち着いた色のグレーはどのような色とでも合わせやすいのが特徴ですが、グレーのコートは、ホワイトやベージュ系と合わせると爽やかな印象に仕上がります。ホワイトシャツ、ベージュのパンツ、黒のシューズでまとめます。
コート(ベージュ)の着こなし方
ベージュは落ち着きと軽やかさを感じさせる色なので、重たく見せたくないコートコーデにピッタリです。インナー・ボトムスを暗めの色でまとめるとスッキリと見せる効果もあります。デニムパンツを合わせてもGOODです。
コート(ネイビー)の着こなし方
ネイビーのコート×黒色のボトムスはシルエットをキレイに見せるコーディネートです。インナーにシャツ、ボトムスをカーゴパンツで合わせてキレイめカジュアルスタイルに。映画館などの屋内デートにもピッタリです。
コート(チェック柄)の着こなし方
厚さがあり、見た目に重みを感じさせるコートは、細身のボトムスと白色のシューズでコーディネートすると軽さがプラスされ、重々しくならずに済みます。さらに、インナーとしてシャツを合わせれば清潔感もプラスです。
コート+カーディガンの着こなし方
コートの下に一枚着ておくと温かいカーディガン。白のシャツとコーディネートすると、シンプルで上品な大人っぽさが生まれます。ちょっとしたランチにも着て行ける、落ち着いた上質なオフスタイルの完成です。
コート+シャツの着こなし方
定番アウターのステンカラーコートは、オフでは少し崩し目に着こなすのがポイント。インナーにカジュアルな印象のあるシャツを合わせる事で、シックなだけでないオフのオシャレ感をプラスする事ができます。
コート+カットソーの着こなし方
コートとカットソーの組み合わせは定番のコーデだけに、一味違う着こなしが求められます。上品な印象の強いトレンチコートにカットソーを合わせれば、適度な抜け感が演出できます。デニムとの相性もぴったりです。
コート+デニムパンツの着こなし方
コートにデニムパンツを合わせる時は、互いのデザインを引き立てるコーデが重要です。上品なトレンチコートに合わせるデニムは、深みのあるカラーのデニムパンツがおススメ。カジュアルでも美しさを損なわない着こなしです。
コート+カラーパンツの着こなし方
ビジネスでも着回せるコートをオフにカジュアルに着こなしたいなら、カラーパンツとのコーデがおススメです。シンプルな着こなしの中にも程良くカジュアル感がプラスされ、周囲の視線を引き付けるオフコーデに変身します。
コート+カーゴパンツの着こなし方
コートとカーゴパンツのコーディネートでは、お互いのテイスト選びが重要なポイント。キレイめトレンチでもミリタリーテイストを強調すれば、男らしさを併せ持つキレイめカジュアルスタイルが演出できます。
コート+チノパンの着こなし方
タフなモッズコートにチノパンのコーディネートは、ともすればルーズな印象になりがち。シンプルでも上品なチノパンをチョイスする事で、綺麗で引き締まったシルエットをプラスし、着こなしにメリハリを与えます。
コート+マフラーの着こなし方
冬の小物使いでぜひマスターしたいのが、マフラーです。コートとのコーディネートは、差し色として楽しむのが定番。シンプルな装いに華やかさをプラスするつもりで、ぴったりのアイテムをチョイスします。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP