コート パンツ コーデ

コート+カラーパンツの着こなし方

コートとカラーパンツを合わせる着こなし方

コート(黒)・カラーパンツ(ブラウン)・シャツ(白)・シューズ(黒)

 

黒のショートコートとブラウンのカラーパンツを合わせた着こなし画像

 

一点は持っておきたい黒のショート丈コートにぜひ合わせてみたいのが、カラーパンツです。写真では、シャツに上品なライトブラウンのパンツをコーデする事で、シックな着こなしに程良い抜け感を加えています。

 

カラーパンツはシルエットの綺麗なスリムストレッチを選べば、コートの上品さを損なわずにコーデできるのでおススメ。インナーに更にセーターやカーディガンをプラスしても、ぴったりです。

 

 

コート(ベージュ)・カラーパンツ(黒)・シャツ(白)・ブーツ(茶)

 

ベージュのステンカラーコートと黒のカラーパンツを合わせた着こなし画像

 

キレイめにもカジュアルにも使いやすいのが黒のカラーパンツ。ベージュのステンカラーコートに合わせれば外しのない正統派スタイルが簡単に作れます。インナーはもちろんホワイトシャツで決まりです。

 

この着こなしは黒のボトムを合わせることが多いビジネスシーンにも使えます。通勤スタイルが爽やかに決まれば、仕事終わりの予定もスマートにこなせそうです。足元はブラウンで。オフならブーツで男らしく仕上げるのもおすすめです。

 

 

コート(黒)・カラーパンツ(グレー)・シャツ(白)・シューズ(黒)

 

黒のトレンチコートとグレーのカラーパンツを合わせた着こなし画像

 

黒のトレンチコートはもたつき感が出やすいアイテムですが、こちらの写真で着用しているようなショート丈なら、スッキリと仕上げやすいです。

 

勉強会や美術鑑賞など、ちょっとカッチリとまとめたい休日にはチャコールのカラーパンツでシックに合わせます。ポイントは、コートとボトムの色の外しです。同じ黒にするのではなく、あえてちょっと外したチャコールを選ぶことで冬コーデ特有のもたつき感を抑えることができます。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

コートとカラーパンツをどんな風に着こなしていますか?【男性へアンケート調査】

 

コートとカラーパンツの組み合わせを実践するならば、春ごろがいいのではないでしょうか。春らしい明るめのパンツで試してみたいです。私ならベージュのコートに、グリーンかピンクのカラーパンツを持ってきたいです。カラーパンツはどちらかというと、インパクトが強いので、季節の変わり目、特に春がいいと思います。【男性 30代】

紺のピーコートを着ます。インナーはローリングストーンズみたいなロックな柄のTシャツに黒のカーディガンを着ます。カラーパンツは赤レンガ色で細身のシルエットのものを履きます。ピーコートは閉じて着て、赤がベースのチェックのマフラーを首に巻きます。靴はドクターマーチンの編み上げブーツかエンジニアブーツ。色は黒です。【男性 30代】

コートとカラーパンツの組み合わせはコートの性格によって変わりますが、カジュアルなコートの場合例えばブリティッシュグリーンやアーミーグリーンのライナーフード付のコートならば、カラーパンツはオフホワイトか黒をあわせます。中はシェットランドかラムウールのセーターです。ベルトは茶系の皮を。靴はデザートブーツを合わせます。学生の着こなしです。 【男性 40代】

今年の誕生日で40歳になりますので、そろそろ渋い大人のファッションを意識していきたいと思っています。そこで、着てみたいのが、フラノ地のロングコート。スーツと合わせるのが一般的でしょうが、ここではあえて、チノパンにしてみます。コートの色はベージュ。パンツはダークブラウン。厚手のウールのカーディガンは白地に茶の抽象的な柄物。インナーはパンツに近いけれど少しちがうブラウン。靴はキャメル色の短めのレザーのブーツで決めたいと思います。【男性 30代】

コートはグレーカラーのピーコートを着用します。細身のものです。インナーにはホワイトカラーのクルーネックのニットを合わせます。首にネイビーカラーのマフラーを巻きます。パンツのカラーはブラックで細身のストレートスタイルのものを合わせます。靴はブラウンカラーのシンプルなデザインのスエード素材のものを合わせます。【男性 30代】

 

好感のもてるコートとカラーパンツの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

カラーパンツを着る時には、全体のバランスに気を付けた着こなしをしてほしいです。コートを短め丈のものにしたり、足元に抜け感を作ったりすると、おしゃれな着こなしになると思います。カラーパンツは鮮やかな色のものより、くすんだオレンジやブルーといった色が好きですね。個性が強すぎるものはNGです。色の組み合わせは、反対色を合わせるとキツく見えてしまうから、同系色でまとめると柔らかい印象になってgoodです。【女性 20代】

カラーパンツはそれだけでインパクトのあるアイテムなので、コートと合わせる時にはネイビーや黒などベーシックながらはっきりとしたカラーを選び、カラーパンツはスリムタイプを選んだ着こなしが好感です。コート+カラーパンツは後ろ姿のチェックをして、色の分量を確認するといいと思います。重くなりがちな黒いコートもスリムなカラーパンツとあわせると一気にオシャレ度があがって目を惹きます。【女性 30代】

カラーパンツを穿くなら、コートは正反対の色がかっこいいと思う。同じような色だと全体がぼやけて見えるから。もし同じような色だったら、マフラーや小物で違う色を加えるとか、単色でおさまらないようにしてると、遊び心があって上手だなって思う。カラーパンツだけでも結構目を引くと思うから、後はシックにまとめるだけでもいいかも。【女性 30代】

 

コートの着こなし方一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


コート+カラーパンツの着こなし方関連ページ一覧

ダッフルコートの着こなし方
子供っぽい印象になってしまいがちなダッフルコートは、インナーにボタンダウンシャツ、靴にバブーシュシューズを合わせると大人っぽさがプラスされます。さらにデニムパンツを合わせればキレイめカジュアルの完成です。
ピーコートの着こなし方
白シャツ+黒のボトムスの定番コーデもピーコートを羽織るだけでオシャレを感じさせる装いになります。また、ピーコートはカジュアルアイテムとの相性も良いので、休日のキレイめカジュアルコーデにもピッタリです。
トレンチコートの着こなし方
スーツとセットで考えられがちなトレンチコートにデニムパンツを合わせると、キレイめカジュアルに仕上がります。インナーにはボタンダウンシャツをチョイス。軽く羽織る感覚で前開けに着てもカッコよく決まります。
モッズコートの着こなし方
ラフに着られがちなモッズコートをキレイめカジュアルにまとめれば、周りとオシャレに差が付きます。黒のモッズコートならライトブラウンのボトムスを合わせ、ダークブラウンのシューズで全体をまとめれば出来上がりです。
ステンカラーコートの着こなし方
キレイめアイテムでのコーディネートが定番のステンカラーコートに、あえてチノパンをチョイスした、大人のオシャレスタイルです。ボタンダウンシャツ、カーディガン、バブーシュシューズでまとめれば外しが無いです。
ニットコートの着こなし方
丈が長くVネック状になっているニットコートは、首元の見せ方まで意識したコーディネートをするとカッコ良く決まります。首元にアクセサリーをプラスしてもGOOD。ダメージ加工デニムやブーツで大人っぽく仕上げます。
デニムコートの着こなし方
カットソー、細身のボトムスにデニムコートを軽く羽織れば男の休日コーディネートに。また、シャツと合わせるとキレイめコーディネートに。気軽に羽織れるデニムコートでラフやキレイめカジュアルスタイルが楽しめます。
ロングコートの着こなし方
キレイめにコーディネートするのがロングコートを着こなすコツです。インナーに白シャツとグレーのニットを合わせ、デニムパンツで程良い抜け感を演出します。足元にレザーシューズをチョイスすれば大人コーデの完成です。
コート(黒)の着こなし方
黒をアウターにする時は、ホワイトとブラウン系のを合わせるとバランスよくまとまります。黒のコート、インナーに白シャツ、ボトムスにブラウン系のパンツ、そして靴に黒をチョイスすると外しのないコーデが完成します。
コート(グレー)の着こなし方
落ち着いた色のグレーはどのような色とでも合わせやすいのが特徴ですが、グレーのコートは、ホワイトやベージュ系と合わせると爽やかな印象に仕上がります。ホワイトシャツ、ベージュのパンツ、黒のシューズでまとめます。
コート(ベージュ)の着こなし方
ベージュは落ち着きと軽やかさを感じさせる色なので、重たく見せたくないコートコーデにピッタリです。インナー・ボトムスを暗めの色でまとめるとスッキリと見せる効果もあります。デニムパンツを合わせてもGOODです。
コート(ネイビー)の着こなし方
ネイビーのコート×黒色のボトムスはシルエットをキレイに見せるコーディネートです。インナーにシャツ、ボトムスをカーゴパンツで合わせてキレイめカジュアルスタイルに。映画館などの屋内デートにもピッタリです。
コート(チェック柄)の着こなし方
厚さがあり、見た目に重みを感じさせるコートは、細身のボトムスと白色のシューズでコーディネートすると軽さがプラスされ、重々しくならずに済みます。さらに、インナーとしてシャツを合わせれば清潔感もプラスです。
コート+カーディガンの着こなし方
コートの下に一枚着ておくと温かいカーディガン。白のシャツとコーディネートすると、シンプルで上品な大人っぽさが生まれます。ちょっとしたランチにも着て行ける、落ち着いた上質なオフスタイルの完成です。
コート+シャツの着こなし方
定番アウターのステンカラーコートは、オフでは少し崩し目に着こなすのがポイント。インナーにカジュアルな印象のあるシャツを合わせる事で、シックなだけでないオフのオシャレ感をプラスする事ができます。
コート+カットソーの着こなし方
コートとカットソーの組み合わせは定番のコーデだけに、一味違う着こなしが求められます。上品な印象の強いトレンチコートにカットソーを合わせれば、適度な抜け感が演出できます。デニムとの相性もぴったりです。
コート+セーターの着こなし方
シックで上品なステンカラーコートにセーターを合わせるなら、思い切ってさらに上品さをプラス。王道のアーガイル柄が、キレイ目な印象をさらにランクアップして、女性にも大好評なカジュアルスタイルを演出します。
コート+デニムパンツの着こなし方
コートにデニムパンツを合わせる時は、互いのデザインを引き立てるコーデが重要です。上品なトレンチコートに合わせるデニムは、深みのあるカラーのデニムパンツがおススメ。カジュアルでも美しさを損なわない着こなしです。
コート+カーゴパンツの着こなし方
コートとカーゴパンツのコーディネートでは、お互いのテイスト選びが重要なポイント。キレイめトレンチでもミリタリーテイストを強調すれば、男らしさを併せ持つキレイめカジュアルスタイルが演出できます。
コート+チノパンの着こなし方
タフなモッズコートにチノパンのコーディネートは、ともすればルーズな印象になりがち。シンプルでも上品なチノパンをチョイスする事で、綺麗で引き締まったシルエットをプラスし、着こなしにメリハリを与えます。
コート+マフラーの着こなし方
冬の小物使いでぜひマスターしたいのが、マフラーです。コートとのコーディネートは、差し色として楽しむのが定番。シンプルな装いに華やかさをプラスするつもりで、ぴったりのアイテムをチョイスします。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP