コート ベージュ 着こなし

コート(ベージュ)の着こなし方

コート(ベージュ)の着こなし方

コート(ベージュ)・ニット(黒)・カットソー(ボーダー)・デニム(黒)・シューズ(茶)

 

ベージュのコートと黒のデニムパンツを合わせた着こなし画像

 

ベージュのコートをアウターにし、インナーにはボーダーとVネックのアンサンブル、ボトムスにデニムパンツ、足元にスウェードバブーシュシューズを合わせたコーディネートです。デニムでカジュアルに仕上がっています。

 

ベージュは落ち着きと軽やかさを感じさせる色なので、インナーを暗めの色でまとめても重苦しい雰囲気にならずにすみます。またインナー、ボトムスを暗めの色で合わせる事でスッキリとして見えるという効果もあります

 

 

コート(ベージュ)・ニット(黒)・カットソー(ボーダー)・デニムカーゴ・靴(黒)

 

ベージュのコートとデニムカーゴパンツを合わせた着こなし画像

 

ベージュのコートをカジュアルに着こなしたい時はワンウォッシュやダメージ加工など、ユーズド感のあるデニムパンツを合わせるとオシャレに着こなすことができます。インナーは黒のニットソーで大人っぽく。

 

ボーダー柄のチラ見せがオシャレを感じさせるポイントです。このコーデはニット×カットソーアンサンブルをインナーに、デニムカーゴパンツを合わせ、足元はトレッキングスニーカーでまとめています。靴はブーツにしてもOKです。

 

 

コート(ベージュ)・カットソー(黒)・スキニ−デニム・ブーツ(黒)

 

ベージュのコートとスキニ−のデニムパンツを合わせた着こなし画像

 

インナーに長袖カットソー、ボトムスにスキニーデニムパンツ、ファー付きのベージュコートを羽織り、レザー編み上げブーツを合わせたコーデです。ボリューム感のあるファー付きコートは、タイトなボトムスとあわせるとスタイリッシュに決まります。

 

襟元や袖口からのぞく黒のインナーが良いアクセントとなり、全体の配色をうまくまとめてくれています。また、足元にも黒を持ってくることで、男らしいカジュアルスタイルが完成します。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

好感のもてる男性のコート(ベージュ)の着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

ベージュ色のコートってなんだか大人な感じが漂っていて私は好きなんですけど、着こなしでだいぶ印象が変わってしまうんですよね。私としては、やはりシックな感じでせめた方が良いと思います。なので中は黒を基調とした色使いをして欲しいですね。あまり柄っぷくもなく、シンプルなもので合わせた着こなしをしてほしいです。【女性 20代】

ベージュ色のコートは上品に見えるのでデートで着てくれたらキュンとします!インナーはブルーのシャツにカーデやニットなど、ボトムはクロップドパンツなどを合わせていたら理想です。大人っぽいコーデならデニムも良いと思うし、柄物のパンツなんかも合うのではないかなあと思いますし、そういうコーデも好きです。ベージュコートに黒いデニム、黒いブーツなんていう大人コーデもして欲しいです。【女性 20代】

ベージュのコートには、少し柔らかい感じの服装が似合うと思います。たとえば同系色のカーディガンに同系色のパンツなどですね。ダブっとしているとしまりがなくなってしまうので、細身の服がいいと思います。それに、赤や青など明るい色のマフラーをすると、優しさの中にもクール感があってかっこいいですね。または、スーツを着た上にベージュのコートもさわやかな感じを受けます。【女性 20代】

 

コートの着こなし方一覧に戻る

 

コート(ベージュ)の着こなし画像集【迷ったときのコーディネートの参考に!】

このエントリーをはてなブックマークに追加


コート(ベージュ)の着こなし方関連ページ一覧

ダッフルコートの着こなし方
子供っぽい印象になってしまいがちなダッフルコートは、インナーにボタンダウンシャツ、靴にバブーシュシューズを合わせると大人っぽさがプラスされます。さらにデニムパンツを合わせればキレイめカジュアルの完成です。
ピーコートの着こなし方
白シャツ+黒のボトムスの定番コーデもピーコートを羽織るだけでオシャレを感じさせる装いになります。また、ピーコートはカジュアルアイテムとの相性も良いので、休日のキレイめカジュアルコーデにもピッタリです。
トレンチコートの着こなし方
スーツとセットで考えられがちなトレンチコートにデニムパンツを合わせると、キレイめカジュアルに仕上がります。インナーにはボタンダウンシャツをチョイス。軽く羽織る感覚で前開けに着てもカッコよく決まります。
モッズコートの着こなし方
ラフに着られがちなモッズコートをキレイめカジュアルにまとめれば、周りとオシャレに差が付きます。黒のモッズコートならライトブラウンのボトムスを合わせ、ダークブラウンのシューズで全体をまとめれば出来上がりです。
ステンカラーコートの着こなし方
キレイめアイテムでのコーディネートが定番のステンカラーコートに、あえてチノパンをチョイスした、大人のオシャレスタイルです。ボタンダウンシャツ、カーディガン、バブーシュシューズでまとめれば外しが無いです。
ニットコートの着こなし方
丈が長くVネック状になっているニットコートは、首元の見せ方まで意識したコーディネートをするとカッコ良く決まります。首元にアクセサリーをプラスしてもGOOD。ダメージ加工デニムやブーツで大人っぽく仕上げます。
デニムコートの着こなし方
カットソー、細身のボトムスにデニムコートを軽く羽織れば男の休日コーディネートに。また、シャツと合わせるとキレイめコーディネートに。気軽に羽織れるデニムコートでラフやキレイめカジュアルスタイルが楽しめます。
ロングコートの着こなし方
キレイめにコーディネートするのがロングコートを着こなすコツです。インナーに白シャツとグレーのニットを合わせ、デニムパンツで程良い抜け感を演出します。足元にレザーシューズをチョイスすれば大人コーデの完成です。
コート(黒)の着こなし方
黒をアウターにする時は、ホワイトとブラウン系のを合わせるとバランスよくまとまります。黒のコート、インナーに白シャツ、ボトムスにブラウン系のパンツ、そして靴に黒をチョイスすると外しのないコーデが完成します。
コート(グレー)の着こなし方
落ち着いた色のグレーはどのような色とでも合わせやすいのが特徴ですが、グレーのコートは、ホワイトやベージュ系と合わせると爽やかな印象に仕上がります。ホワイトシャツ、ベージュのパンツ、黒のシューズでまとめます。
コート(ネイビー)の着こなし方
ネイビーのコート×黒色のボトムスはシルエットをキレイに見せるコーディネートです。インナーにシャツ、ボトムスをカーゴパンツで合わせてキレイめカジュアルスタイルに。映画館などの屋内デートにもピッタリです。
コート(チェック柄)の着こなし方
厚さがあり、見た目に重みを感じさせるコートは、細身のボトムスと白色のシューズでコーディネートすると軽さがプラスされ、重々しくならずに済みます。さらに、インナーとしてシャツを合わせれば清潔感もプラスです。
コート+カーディガンの着こなし方
コートの下に一枚着ておくと温かいカーディガン。白のシャツとコーディネートすると、シンプルで上品な大人っぽさが生まれます。ちょっとしたランチにも着て行ける、落ち着いた上質なオフスタイルの完成です。
コート+シャツの着こなし方
定番アウターのステンカラーコートは、オフでは少し崩し目に着こなすのがポイント。インナーにカジュアルな印象のあるシャツを合わせる事で、シックなだけでないオフのオシャレ感をプラスする事ができます。
コート+カットソーの着こなし方
コートとカットソーの組み合わせは定番のコーデだけに、一味違う着こなしが求められます。上品な印象の強いトレンチコートにカットソーを合わせれば、適度な抜け感が演出できます。デニムとの相性もぴったりです。
コート+セーターの着こなし方
シックで上品なステンカラーコートにセーターを合わせるなら、思い切ってさらに上品さをプラス。王道のアーガイル柄が、キレイ目な印象をさらにランクアップして、女性にも大好評なカジュアルスタイルを演出します。
コート+デニムパンツの着こなし方
コートにデニムパンツを合わせる時は、互いのデザインを引き立てるコーデが重要です。上品なトレンチコートに合わせるデニムは、深みのあるカラーのデニムパンツがおススメ。カジュアルでも美しさを損なわない着こなしです。
コート+カラーパンツの着こなし方
ビジネスでも着回せるコートをオフにカジュアルに着こなしたいなら、カラーパンツとのコーデがおススメです。シンプルな着こなしの中にも程良くカジュアル感がプラスされ、周囲の視線を引き付けるオフコーデに変身します。
コート+カーゴパンツの着こなし方
コートとカーゴパンツのコーディネートでは、お互いのテイスト選びが重要なポイント。キレイめトレンチでもミリタリーテイストを強調すれば、男らしさを併せ持つキレイめカジュアルスタイルが演出できます。
コート+チノパンの着こなし方
タフなモッズコートにチノパンのコーディネートは、ともすればルーズな印象になりがち。シンプルでも上品なチノパンをチョイスする事で、綺麗で引き締まったシルエットをプラスし、着こなしにメリハリを与えます。
コート+マフラーの着こなし方
冬の小物使いでぜひマスターしたいのが、マフラーです。コートとのコーディネートは、差し色として楽しむのが定番。シンプルな装いに華やかさをプラスするつもりで、ぴったりのアイテムをチョイスします。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP